ずっとやりたかったことを、やりなさい

突然ぱっちり目が覚めて、2時半起床。
大根飴のお湯割りをのみながら、仕事のメールを片付けて一日のプランニングして、ブログアップなどのルーティンをこなす。

4時から6時までもう一眠り。
目が覚めたら、外は曇り空だった。今日は一日こんな感じの天気予報だ。
朝食は、ハムトースト&チーズトーストに温かい紅茶。(スープを作る予定だったが、二度寝したら面倒になり中止)

お昼は、久しぶりにお茶漬け(河豚の子、人参のぬか漬けみじん切り、みょうが、白米)。

一日曇りという話だったが、外は小雨がずっと降っていて、犬の散歩に出られず、買いに行きたいものもあるのだが、食材的には今日出かけなくてもなんとかなりそうなので、自宅でできる仕事を粛々と片付ける。

途中途中ちょっと身体を動かしたり(ラジオ体操、スクワット10回)、お昼寝を30分ほどしたり、それから英語の勉強と称して「アバウト・シュミット」をAmazonで観たりする。
「アバウト・シュミット」は今朝読んだオンラインのビジネス系の記事で、定年後が辛いのは、日本もアメリカも同じという話でこの映画が紹介されていたからだ。

先日、友人と逢った時に、フュチャーマッピングのトレーニングを受講した話をしたら、そういう「右脳より」の研修を受けるタイプだと思わなかった…という話になり、なるほどな…と思った。
マインドマップ→フォトリーディング→フューチャーマッピングと受講しており、その次はジーニアスコードを予定している。
確かにどんどん右脳よりになってきている。

ちなみにコースが進むほど、言葉で説明できないものが増えてきていて、マインドマップぐらいなら勉強すればなんとか人に教えることもできそうだが、その他については全く無理。
自分自身がロジックとして腑に落ちていないのだが、実践してみるとたしかに効果があってすごいと思っているだけだからだ。

そのような話から、「ずっとやりたかったことを、やりなさい。」を読むと、すごく合うかもしれない‥と教えてもらい、Kindle版があったのでポチッとしてみた。この本は何度か書店や図書館で見かけていたのだが、まぁよくある自己啓発本だろうとタイトルと表紙から考えていたのだが、読み始めてみると自分の中に閉じ込めている創造性をいかに押し広げていくかの本のようで、こういう本を読んだ経験が少ないので、面白そうだ。

晩御飯、ブルーチーズのペンネ、母親に分けてもらったどこかの牧場のチーズ、ベビーリーフのサラダ+アンチョビドレッシング、塩豆腐、ソーセージ、ゆで卵とブロッコリーのサラダ with ハム 








| コメント (0) | トラックバック (0)

«作家の仕事