神田食べ歩き

今朝の血圧は正常範囲。
血圧というのは、食事(塩分控えめ)と気分の安定が一番大切なような気がするなぁ。
運動は全体には大切なのだろうけれど、それほど顕著に数字に影響しないような気がする。

MacBook Airの調子がおかしい。

右クリックが突然効かなくなったり、GoogleChromeのメニューが表示されなくなったり‥、ドックが表示されなかったりとあれこれと。
ショートカットでカバーしているが面倒で仕方がない。

先週のスクーリングでもかなり何度もアプリが落ちたりしているので、本格的に買い替え検討中なのだが、新しいMacBookが出るのを待っていて、うーん‥という感じ。
もう待たずに買わないと仕事に支障が出てきそうな気もする。

何年かぶりに「かんだやぶそば」を訪問。
久しぶりの蕎麦屋の昼酒だ。
最後に来たのは、火事になる前だから、相当前だと思う。
この界隈は、20代の頃によく上司につられて呑みにきたが、最近はさっぱりだ。

10年以上ぶりに「竹むら」の揚げまんじゅうもいただいた。
レジのところに、注意事項が英語・中国語の記載があって、お店の内装も外観も変わっていないけれど、客層が変わったのだなぁと思う。
店内には若い男性同士も多く、スマホで写真撮影している人も多い。
当たり前だが、昔にはなかった光景だ。

一日大したことはしていないのだが、なんだか妙に疲れて20時前から寝てしまう。

入浴中にKindleで読んでいる三浦綾子さんの「愛すること信ずること」。
クリスチャン同士のとても仲のいいご夫婦であるお二人の話をベースに、結婚にまつわる訓話が出ている。
今の時代に読むと、ものすごく古臭く感じる部分も多い。
旦那様や旦那家族を立てる、安易に離婚を考えるな、なんていうのは時代錯誤だと感じる人も多いと思うのだが、一方でこういう考え方がないからなんだかギスギスしていきている部分も確かにあるよな‥と思わされる部分もある。
夫を一方的に立てるなどと読むと、ん?と思うこともあるだろうが、これって結婚においてパートナーが双方に対して思っていれば、本当に素晴らしいことだよな‥と感じられることが多い。
それを実践しているのがこの三浦夫妻ということだろう。


三浦綾子 電子全集 愛すること信ずること

スマホをやめたら生まれ変わった

| コメント (0) | トラックバック (0)

«更年期外来