« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

ちんまり

我が家の犬は、満足していると、とても小さく「ちんまり」しているように見える。
彼の満足は
・お腹が満たされていること
・その日の散歩に行ったこと
・家族が家にいること

・・・・なのである。
この3点がそろうお天気の良い日曜の午後などは、「ちんまり」していて静かである。

満足していないときは逆で、大きく見えやたらに騒がしく落ち着きがない。

夫と気づいたのだけれど、これは我が家のその他の家族(つまり私たち)も同様らしい。家族がそろって、お腹が満たされていて、家の中が内実ともに温かい状態だと私たちはそれぞれ皆「ちんまり」していて静かなのである。

幸せな人は大きく華やかなのではなくて、案外ちんまりしているのかもしれないなぁと思う。

| コメント (0)

ぬか床

しばらく海外に行くことも無いので、冷蔵庫にしまってあったぬか床を復活させた。

ぬか漬けだけは、私の係りなのである。
夫はお世話をしてくれない。

おうちで漬ける漬物は皮ごと漬けてしまえて、美味しい。
人参も大根も皮付きで漬けてしまう。
私はしっかり漬かったものが好きなので、味が調整できるのも嬉しい。

追加のぬかを買ってきた。袋の裏には

「ぬか漬けは「作る」のではなく、「育てる」つもりで」

・・・と書いてあった。なるほど・・・・と思う

| コメント (0)

朝焼け

朝まだ暗いうちに、家のドアをそっと開け冷たい空気の様子を見ながら、恐る恐る外にでる。
今日の空気は冷たいけれど、刺すような冷気は少しずつ弱まっている気がする。
新しいジョギングシューズでゆっくり走り出す。

体調を崩した約2年。その間早起きが苦手になってしまったが、ようやく朝も起きられるようになって、こうしてまた走ることもできるようになった。
たった2年とも思うが、家族にとっても私にとっても気が遠くなるように感じた時間だった。

走っていると川の向こうに朝焼け見えてきた。
今日も良いお天気になるだろう。

| コメント (0)

梅の咲くこの時期、散歩は公園内の梅の木を順番に見て歩きます。
夫と犬と一緒に、マンション前の公園の梅(一番最初に咲いた)を見て、通りの向こうの公園の梅を見て(ここの梅の木は立派)、川沿いの梅(ここは未だ咲いていない)を見て、家に帰ります。

一番好きな花は、梅と水仙。
どちらも花束にならず、なぜかどちらも冬の花。

| コメント (0)

セブ島

昨日、フィリピンのセブ島から帰ってきました。
娘と二人のバカンスでした。
こんなに娘と朝から晩まで一緒にいたのは産まれてすぐ以来では?

目が覚めたら、朝ごはんをビーチが見えるレストランで一緒にいただき、そのままビーチやプールで読書とおしゃべり、途中また御飯とお酒。部屋に帰ってはまた読書とお喋り、お昼寝。もちろん夕食も二人。途中なぜか卓球・・・・。

私はすっかりワイン⇔チーズの繰り返し。
朝から晩まで呑みっ放し。
娘が少しお相伴に預かっては、酔っぱらって、「あつーい、あつーい」とのた打ち回っていた。
さほど大きくないこのリゾートホテルでは、顔の似た二人のJapaneseの組み合わせは目立つらしく、あちこちで声をかけてくれる。

ノンノンはSPA初体験。これもまた隣で目を白黒させてる様子が手に取るようにわかって面白かった。(二度とやらないそうだ)

笑い皺がかなり深く刻まれてしまった。5日間。
貴重な体験だ。

※ちなみに夫は自宅で犬の世話をし、ホームパーティを開いたり、飲みに行ったり、一人暮らしを満喫したそうだ。

| コメント (0)

ふぅぅ。

夫のぎっくり腰がようやく良くなり始めてきた。
妻は何もせず眺めていただけだれど、良くなってきて、ようやく「ふぅぅ」と一呼吸つけた感じ。

夫が具合が悪くなるのが嫌いだ。忙しいのも嫌いだ。
いつでも好きなときに甘えたいのだ。だって、そのために結婚したんだもの・・・・と思う。

娘も似たようなもので、夫の具合が良くなってきたら、見る見る本人も機嫌が良くなってきた。
二人は夫依存症だと思う。

ふぅぅ。長い一週間だったよぉ。まったく。

| コメント (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »