« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

J.Horh

引き続き朝から夕方までチームミーティング。
激しい質問と意見のやり取りで大半のトピックは時間切れ。

本日もチームビルディング。
夕方からワインのテイスティング。J.Horh 
たくさんのワインがちょっとずつ飲めるのは嬉しい。
私は最初から赤一辺倒。
これって反則なのかな~???

室内のディナーで飲むよりも、屋外で昼間に飲むと楽しいだろうと思うワインだった。

私の着いたテーブルは、ヨーロッパ+アメリカ+アジアで共通の話題を探すのに互いに四苦八苦。

しかし、言葉がよくわからなくても人間の性格って透けて見えるものだなぁとしみじみ辺りを見回した。
言葉がわからないほうが、結構伝わってくるものがあるのかもしれない。

| コメント (0)

Dave&Busters

今回の出張はチームのディスカッションがメインなので、英語のスピードが速いし、人が喋っている途中で喋り出す人も多いから聞き取りにくい~。
興味のある話題はまだついていけるけれど、ここでそれ話し合ってもなぁ・・・というような話題だと集中力が途切れ、完全にアウト。
しかしこのレベル英語の聞き取りなんていうのは、英会話学校で習得って難しいと思うな、慣れるしかない!という気がする。

集中力がないと全く聞けない・・・・母国語ならちょっと気を抜いていても、気になる話になったらさっと注意が向けられるが、そういうことは私の英語力では全然できない。完全に聞くモードに入らないと聞けないのだ・・・・・。
英語圏以外の人の英語は結構聞けるのだが、声が小さい人の英語は全然聞き取れない。ここも母国語と違う点。

・・・・って、できないことはよくわかっているのに、もうちょっと学んでできるようになろう・・・・と、どうして英語に関しては全く思わないんだろう・・・・・。

夕方のミーティング終了後は、チームビルディング。
Dave&Bustersというレストラン+ゲームセンターが一緒になったようなところで、軽くディナーを食べて、チームに分かれてゲームをする。
チームビルディングというと言葉が大げさだけれど、ようは皆で仕事の話から離れた場所でコミュニケーションを深めるという会。
ただの飲み会じゃないところが肝。
まぁ、昔の社員旅行とか社内運動会とかの、ライト版って感じかなぁ。
ちなみに前回のチームビルディングは料理教室だった。
アメリカには結構そういう施設がたくさんある。日本でもうまくやれば結構ビジネスになると思う。ただの研修よりぐーっと親密度は深まる。

ラテンアメリカの同僚が、日本で言うところのUFOキャッチャーみたいなもので、熊のぬいぐるみを取って私にくれた。
彼女のくれた熊のぬいぐるみは、顔がひしゃげて、耳もつぶれていて日本だったら絶対に不良品扱いになるだろうという不細工なもの。
でも何だかすごく嬉しかったのだ。
私のいたチームは私のドライビングテクニックで大幅に足を引っ張ったにも係わらず、優勝してしまい、メダルももらった。

ホテルに帰る車の中で、もらった熊を抱きながらまだ明かりのつくオフィスとオフィスのロゴを眺めた。
色んなミーティングの思い出が急にあふれ出してきて、自分でもとまどった。多分もらった熊が何かに触れたのだと思う。
よくもまぁ、あんなに英語ができなかった私なのに、本社の相手もミーティングに出てくれたものだ・・・・。
しかも熱心にわかるように何度も説明してくれた。
そのうち何人かの同僚やマネージャは、今でも本社にいて私が退職し独立して仕事を引き受けるようになっても、折に触れて温かい言葉をかけてくれる。

部屋に戻り、ハーブティーを入れ、もらった熊にもらったメダルをかけた。
「頑張らない」というより、生来の性格で根気が無く「頑張れない」と思っていたけれど、こうやって熊を眺めていると、結構私って頑張れる人間なんじゃない?なーんて思えてきた。

| コメント (2)

US到着

行きの飛行機はアップグレードが取れず、エコノミー。
まぁ、空いていたから良しとするかな。

ホテルは会社指定でHilton Santa Clara。 
まぁ、指定じゃなくてもSan Jose出張の場合は、オフィスへの利便性を考えて、ここが大体常宿なのだ。

今回は代理店が一緒ではなくて、All社内ミーティングなので、全部ノー・メイクで通そうかな~と企んでいる。
シリコンバレーでがっちりフルメイクという人はほとんんど見かけないし、メイクをしていてもアイメイクだけというのもかなり多い。New Yorkなんかだとまた違うんだろうけどなぁ。

ホテルで少し休憩。
ラベンダーとグレープフルーツのエッセンシャルオイルを持参してきた。
お風呂にラベンダーのオイルを少し垂らして、ゆっくり 司馬遼太郎全講演 (1) (朝日文庫)を読む。
この人の言葉遣いは本当に素敵だと思う。

時間があるので、Valifareのショッピングモールでお買い物。日本で手に入りにくいオーガニックのホワイトティーとクリスマスのカードを選ぶ。

夜は取引先のオーストリア人と中華を食べる。

SAFEWAYでハーブティーやらお菓子やらを買い物をし、BARNES & NOBLEに寄って帰る。

部屋の温度調節がうまくいかない~・・・・・とやっているうちに何だか胃が痛くなってきた。

忘れていたけれど、出張に出るとよく胃が痛くなるのだ。

夫に言えば、「妻は、弱虫で甘ったれで駄目だなぁ」と言われるが、ああ、夫と眠りたい~。

3時過ぎにようやく寝付く。

| コメント (0)

古伊万里

久しぶりにわーっと時間を使って、事務処理を片付ける。
個人事業主というワーキングスタイルというのは、私には非常に合っていると思うのだが、事務処理だけは何とかできないかなぁ・・・としみじみ思う。
アドミン仕事というのは、本当に苦手な上にどうやっても好きにもなれないのである。
若い頃はこれでも社長秘書とか営業アシスタントとかやった経験もあり、ソコソコ自分では向いているつもりだったが、大きな勘違いだったようだ。

お昼は夫とTINUN 錦糸町店へタイ料理を食べに行く。満足。

ヨドバシカメラでプリンタのトナーを買って、本屋を冷やかし、赤坂のオフィスに行く。
出張に必要な電子辞書、ヘッドセット等を取りに行き、しばらく読書。昨日に引き続き、偽装管理職関連の本を読了し、民法物権の本を読む。

勉強の詳細については、中央大学通信教育日記に書いているが、どうも本気で勉強し始めると全然時間が足りないということに気がついた。
家族とも仲良くしたいし、友人とも逢いたいし、犬と散歩もしたいし、コーチングもしたいし、家の中だってできればちゃんとしたい、仕事だって根本的には好きだしなぁ・・・・なんてところに、ちょっとがっつり法律勉強してやろうかな~なんて思えば、当然時間は足りないんだな。そりゃそうだ。
何か捨てなきゃ、新しいものは入ってこない。
少し考えなくては・・・・。

昨日買えなかった結婚祝いのプレゼントを買いに日本橋三越へ。
切子もずいぶん見たが、日本人から見ると美しさは値段に比例しているのがよくわかるのだが、これが果たしてアメリカ人にわかるのか、と大いに疑問だったので止めた。
私だったら塗りの器とかのほうが嬉しいけれどと思いながら・・・、古伊万里のペアワインカップに決まった。
まぁ、わかりやすくて、使いやすいものがいいだろう・・・。

| コメント (0)

ユニオン

昨夜はうまく眠れず、起きたら8時。
慌てて支度をして、恵比寿の病院へ・・・・。
「時差のあるところの出張は薦められないんですけどね~」と言われる。そりゃそうだ。

自宅の石鹸がそろそろ切れるので、ロクシタンで買い物。石鹸って安いけれど、満足感の高い買い物だよなぁ・・・としみじみ。
私は髪も石鹸で洗って、リンスの替わりにはクエン酸を使っているので、石鹸はやっぱり好きな香りのものがいい。

移動中は「偽装管理職」を読む。
事例はとんでもない会社ばかりを挙げていて、そうじゃない会社に勤める人から見ると唖然とするのかもしれない
・・・・が、私なんかはあちこちの会社に首を突っ込んでいたので、そういうのって結構普通にあるんだよね・・・という感じ。
個人事業主になったのも、会社の意向で、自分の将来が決まるのって嫌だなぁ・・・というのが大きな理由だし。

とはいえ、そこでユニオンに入って会社と戦おうという時代になってきたのか・・・というのは、結構新鮮。

しかし、戦う相手側の人事担当者や企業から見ると、まったくやり難い話だろう、事例としてあがっている同期がみんな昇進しているのに、一人が昇進していないから不当な取り扱いだというのは、かなり微妙な問題だと思うのだが・・・・・。

恵比寿からMTに移動。
結構仕事が溜まっているので、端から片付ける。
やっと少し頭が動くようになってきた。

昼休みは、結婚祝いのプレゼントを探しにMT内を散策。
昨年の5月からMTにいるのに、ほとんど初散策。
素敵な器があれこれあって、楽しい。これからもっとちょこちょこ覗いてみよう。
我が家は食器は、結婚式の引き出物ばかりなのだが、もうそろそろ良い食器もいいなぁ・・・等としみじみ思う。
まぁ、ご飯も作れないのに、何様だ・・・とパパには怒られるだろう。

気がつけば結構仕事は片付いていた。
夕方は社内の打ち合わせが一件。
自宅で家族で夕食を食べて、なんだか調子が悪いので早めに休む。何はともあれ金曜まで持ちこたえたので、よかったよかった。

| コメント (0)

IOS

うまく起きられず、7時半に「お母さん、お金ちょうだい」の娘の一言で起こされた。まったくもう・・・。

MTに出勤。
計ってみたら、自宅から24FのオフィスまではDoor to Doorでちょうど1時間だった。
まぁ、そうそうMTに行くわけでもないし、空いた時間の電車に乗っているのでこれ以上文句も言えまい・・・。

午前中は社内ミーティング。
PCのバッテリが突然充電できなくなってしまった。
なんだか動きも遅いし、新しいPCに取り替えてくれないかなぁと期待しつつ、社内ヘルプデスクに電話したら、案の定バッテリだけ交換だった。
まぁ、そうだろうなぁ。

午後からは代理店に出かけて、そのまま仕事飯。

23時から電話会議。

電話会議終わったら、またまた電話。
スイッチのVLANなんて、概念は憶えていますがコンフィグレーションはまったく憶えていません。
そもそもIOSコマンド一つも憶えてないし、ルータもスイッチもずんぶんと長いこと触っていないので・・・・。
そんなわけで、せっかくもらった電話はまったく相談に乗れず終了。

CCNA( Cisco Certified Network Associate )とCCDA(Cisco Certified Design Associate)の資格取得者がそんなことで困ると言われましても、その資格とっくに期限切れていますし、私今やただのエンドユーザですから・・・・・・。

| コメント (0)

時間

本日から在宅勤務で仕事再開。
外は秋晴れの良いお天気。
たまったMailの返信。

夫がお休みで家にいたので、一緒に犬の散歩に出かけて、それから黒船でラーメンをいただく。

元気がない・・・というわけじゃないのだけれど、どうも頭も身体もうごかない。
やること為すこと全てゆっくりゆっくりになってしまい、ぼんやりしてしまう。

時間が経つのも遅い、まだ14時なのか?とびっくりして時計を見る。
こんなことは私にはずいぶんと珍しいことだ。

| コメント (0)

脱力

平日に戻った。。脱力
さすがに今日は疲れが出ることは予期していたのでアポイントは無し、仕事も休みをもらった。

ゆっくり起きて少しずつ家を片付けて、洗濯機を回す。
朝のうちに降っていた雨がお昼前に止んだ。

昼ごろ、夫が帰ってきた(今日は試験で、給食はお休みなのだが、あれこれあって学校に出勤)。
一緒にお昼を食べに自宅の裏の韓国料理屋へ行く。
食べ終わって一緒に家に帰るのかと思っていたら、夫はそのまま学校に戻っていった。
ああ、そうか私を気遣って一度家に帰ってきて一緒にご飯を食べてくれたのか・・・、と気がつくのにずいぶんと時間がかかった。

午後から妹が来る予定だったが、姪にじんましんが出たとのことで急遽中止。
やることは山ほどあるのだけれど、なんだかぼーっとしてしまって取り掛かる気力がない。
時間が経つのが遅いんだか、早いんだかよくわかんない。
家にいても何もしないので、とりあえず区役所に戸籍謄本と印鑑証明を取りに行く。

外は秋晴れ。

仕事の電話とお見舞いの電話をいただく。
こうやって誰かに葬儀の様子を何回も語っているうちに、きっと自分の中で折り合いがついていくんだろうな・・・とぼんやり思う。

| コメント (0)

お花

ひっそりと身内だけの葬儀のつもりだったが、父本人の交友関係が広かったために精進落しの席もにぎやかに終了。
私が出棺の挨拶というのもかなり奇妙だと思うのだが、入り婿でもない夫がやるのはなんだかもっとおかしな気がするので自分でやることにした。

終わって父の家にお骨を持って戻り、いろいろと話をして夕方に引き上げる。
49日は東京で食事の席を設けて、お骨はその後に父の実家である富山の墓に入れる。
そこまで決まってやれやれという感じである。

妹と自分の家に戻り、待っていた姪たち3人、母、娘、夫とみんなでご飯をいただく。
夫があれこれとたくさん作ってくれて、にぎやかな食卓だった。
久しぶりにちゃんとしたご飯を食べた気がする。やっぱり家のご飯が一番いい。

みんなが帰った後に、あれこれ夫と話をする。
夫はしみじみと、「俺の葬式では、最後に花を入れるのはやめてくれ」というので、爆笑してしまった。
確かにお花に囲まれた父は、それに5月に亡くなった義父も、二人ともちょっと違和感があった。
棺にお花が入ると急に少女マンガみたいになってしまうのだ。

ちなみに私は、「私の葬式は、絶対に美味しいものを出すように、酒もケチるな」と言っておいた。
みんなが、帰りに「あれはうまかった」というのだけ憶えてくれていたら、大成功である。

二人の共通事項は、棺桶には、あれこれ思い出の品を入れなくて結構だ・・・・ということだ。
身一つで焼いてもらいたい。

| コメント (0)

計算ドリル

父が亡くなった。享年69歳。

背が高くて、男前で、お酒が好きで、大きなことを言うが寂しがりで、人が大好きだった。
ちょうど20年前に脳内出血で倒れてから、右半身に麻痺が出て、言語機能などにも障害が出た。

この20年しょっちゅう危ないという連絡をもらってはらはらし通しだったが、それもようやく終わった。
泣くより先に、とにかく長かった・・・と感じた。父自身にも家族にとっても長い20年の闘病生活だった。

眠るように呼吸を止めたようで、苦しむことも痛みなく安らかに亡くなったそうだ。

父はリハビリの一つとして、計算問題や文字の練習をしていた。ノートを開いた。左手で書かれた字だけれども、確かに父の字だった。
本当に我が家は、字が下手な人ばっかりだ・・・と苦笑いしたら、涙が落ちた。

大体何においても器用でスポーツも得意な人だった。
何事においても少々自信過剰な父が、絵のついた文字の大きく書かれた小学生の計算ドリルでリハビリをしていたと思うと、どんな気持ちでその問題を解いたのかと思うと、もう涙が止まらなかった。

| コメント (0)

脱稿

なんだか疲れが全然取れないまま、MTに出社。
お昼はチームランチで四川飯店でおそばをいただく。
書きあぐねていたニュースリリースは、ようやく脱稿。関係者各位のレビューを待つ。

夕方自宅に戻るもなんだか胃が痛くてしょうがない。
薬を飲んで、20時過ぎから横になる。
やれやれ・・・・・。

| コメント (0)

マンダリンオリエンタルホテル

代理店へ直行。
海外からのお客様がきていて、そのまま一緒に食事ということで、この日はみそのでステーキをいただく。

オフィスに戻ってがっつり仕事。
急ぎ書かなきゃならないニュースリリースの原稿にようやく手をつけるが、社内からあれこれ問い合わせがあり、中断が多く、どうにも集中力が維持できない。
なんだか最近、社内からの問い合わせがどんどん増えている気がする。
あんまり、顔とか売らないように気をつけているんだけれど、おかしいなぁ。

ばたばたと仕事を片付け。

夜からは、昼にあった海外からのお客様と赤羽橋でお鮨をいただく。英語飯。
ときどきお会いする常連のお客様から、超セレブ話を伺う。
やっぱりお金持ちっているんだよねぇ。

やれやれ、これで帰れると思ったら、今度はマンダリンオリエンタルホテルのバーに連れて行かれた。何このラグジュアリーさはいったい・・・・。しかも、火曜日の晩なのに、ほぼ満席。
インテリアはすばらしいし、夜景も美しい。カクテルも美味しいし、葉巻の香りも良いし、スタッフはみんな英語できるし・・・・・、不景気不景気って騒いでも、儲かっているところはちゃんとやっているわけだねぇ。

自宅に帰ったのは24時近く。

なんか嫌な疲れ方だなぁ・・・・・昼も夜も会食って、胃腸がすごく疲れるんだよなぁ。

| コメント (0)

タバコ

6時半起床。目覚めはいまひとつ。
先週から、瞑想をしている。
ところが、どうも本で読んだところ瞑想は神様の言葉を心の中でとなえるようなので、私のは瞑想ではなくて、単に座っているというべきみたいだ。
まぁ、それでも落ち着くから効果ありってことにしておこう。

MTのオフィスに出勤。
今日から新しい人が入るので、手続きやらなにやらの慣れないAdmin業務にふりまわされる。
あれこれ教えたりなんだりで、ほとんど一日私の仕事は進まず・・・・、まぁしばらくこんな日々が続くだろう。
それにしても、仕事がすっかり営業になっているので、なかなか教えるのも難しい。
背景説明ばかりになってしまうのだ。聞くほうも消化するのが大変だと思う。まぁ、おいおい慣れてくれればね。

夜は夫と亀戸でご飯。予定していたお店がお休みで、初めてのお店へ。
悪くないんだけれど、良くはない。お店で、もう1回行こうという気にはなれないなぁ、残念。
お酒の品揃えはGoodなんだけどね。

飲み屋で夫のタバコを一本もらって、びっくり。
滅茶苦茶うまいのである。
いかに普段自分が味の落ちたタバコを吸っているかに驚愕した。
私はMAX一日3本ぐらいしか吸わないので、どんどんタバコがしけって味が落ちてしまう。
どうも最近タバコ美味しくないなぁ・・・と思っていたら、単に味が落ちていたのか。
うーん、常にフレッシュなタバコを吸うにはどうすればいいのかしら~。今度シガーバーにでも行って相談してみよう。

ちなみに1日三本というのは、吸える場所と時間がその程度しかないからであり、別に健康上の理由は特にない。

| コメント (0)

ケンタッキー

なんだか目覚めがすっきりしない感じ。重たい目覚め。
それでも夫と食べる白いご飯はいつも美味しくて、うれしい。

夫と犬の散歩に出かける。
百日紅の華やかな色がうれしい。百日紅は樹も花も大好きだ。

うだうだしながら、フランクリンプランナーとGoogleカレンダーを並べて、週間計画を立てる。
やっているうちに身体の内側から、エネルギーが出てきた感じ。先週のテーマは、「成長・拡大」結構よくやったと自分では満足。
来週のテーマは「平静」。なかなかタイムリーなテーマだと自分で感じる。

ちょっと元気になってきたので、図書館まで歩く。
目的は図書館よりも、途中のケンタッキー。
ひゃぁー、ジャンクフード大好き。チキンもビスケットも食べて、手もべたべたにして大満足。
もぐもぐしながら、「今、最高に幸せ」を感じる。

図書館で本を借りた。これは普段に読む用。
本屋で文庫と新書をまとめて購入。これは出張用。

公園でしばらく本を読む。
樹のあるところで本を読むのが好きで、自宅にいるときもしょっちゅう本を持っては公園に行く。

夫は草野球に出かけて帰ってきたので、あまり晩御飯は作りたくない様子。
ノンノンも友達と遊びに行っているし、じゃぁ今日は亀戸の蕎麦屋でも開拓しましょう・・・・と話していたら、雷が鳴り始めた。
雷嫌いの犬がぶるぶると震え始め・・・・、仕方なく蕎麦屋案は流れた。
まぁいいんだけどね、私はケンタッキーで満足したから。

| コメント (0)

子ヤギ

起きたらすでにお昼だった。
さすがに頭もすっきりしない。一日ぼんやり。

途中、母親がやってきて、フランスへの旅行の話をあれこれする。(10月半ばに二人でパリに行くことになっている)
鎌倉の祖母(大正生まれ)は一人でスズメバチの巣を退治しようとして、襲撃にあったそうだが、一応元気らしい。
しかし、どうしてそういうとんでもないことを幾つになってもするのか・・・・。なんで我が家はそういう血が濃いのかなぁ~。

夕方になってようやく頭が動き出して、コーチングの資料作りやら、Webサイトのリニューアルの構成案などを作る。
新しいPCのセットアップも8割がた完了。

こうしてみると結構生産性のある一日だったような気もする。

PCのセットアップはずいぶんと長いこと放置していたのにようやく手をつけることができて、心の重荷が取れたかんじ。
やらなきゃやらなきゃと思いながら放置しているものってエネルギーを奪うんだよなぁ。

犬は美容院に行って、子ヤギみたいになって帰ってきた。たいへん疲れたらしく、よれよれしている。

| コメント (2)

Housekeeping

今日は自宅で仕事。
家事と仕事を交互に片付ける。
毎日会社に行く仕事だと、昼間クッションを陽にあてる・・・なんてこともできないんだけれど、家で仕事というのは、こういうことが普通にできるのが有り難い。

Housekeepingという言葉は、まさにうまい言い方だと思う。
家を維持する仕事は、溜め込むと結構面倒だし、やっかいだ。結局毎日ちょっとずつというのが私には一番合っているみたい。
週末にまとめて・・・なんていうと絶対できないタイプなのだ。

犬と散歩に出かける。夏も終わりだな~という感じ。
芝生を刈った公園からは、草の匂いが強く香る。

代理店との電話で、長く関係を作るには、「言うことは言う、そして聞くことは聞く」という姿勢が必要なんだよねぇ・・・と、しみじみ思う。
まぁ、人間関係も一緒か・・・。

夕方からは、コーチングの勉強仲間と赤坂でご飯。
久方に皆に会えて、すごく嬉しい。みんな話したいことをすごく抱えていたようで、しゃべりっぱなし。
2次会にも参加して、自宅に着いたら・・・・・朝帰りでございました。

| コメント (0)

成長

午前中は緑内障の検査で眼科へ。当面問題なし。
午後からは代理店とのミーティング。US出張前にあれこれ片付けていかなくては。
しばらく気忙しいかも。
寒くなる前に、地方出張もある程度片付けたい~。

「自分はできる人だ」と思った時点で、仕事の成長は止まる・・・・と思うことが多い、今日この頃。
自信を持つのも大事だけれど、足りてない、足りてない・・・と学び続ける姿勢は大事。

Theoryのインナー2枚&カーディガンを半額で手に入れる。
定番のシンプルな形。
何度か着ている素材なので、安心。

最近洋服の選択基準は、デザインよりも着心地重視になってきた気がする。

| コメント (0)

金のがちょう

5時にばっちり目が覚めたので、犬と出かけてラジオ体操にも参加。
朝の空気が柔らかくて気持ちよい。

赤坂のオフィスに10時に到着して、あれこれと溜まっている仕事を片付け、何本か代理店と電話をしているとあっという間にお昼。

今日は夜はがっちり食べるので、量の少ないイタリアンに行くことにする。
以前はサービスの男性がすごく丁寧に接客してくれたのだが、今日は違う方で、何だかいつもの空気もゆるんでしまい、BGMが妙にだらしなく聞こえる。
テーブルクロスもこれまでに無いことだが、汚れている。
味は相変わらず美味しいが、これじゃ、もう友人とランチには使えないなぁ。
結構使い勝手の良いお店だったので、残念に思う。心の中でお店リストに×をつける。

ランチの帰りに、TAILOR&CLOTHSをのぞいたらセール中だったので、すごく手触りの良いブラウスを2枚ついつい購入。半額だった。フランスのDDPというメーカーのものだそうだ。

午後からもオフィスであれこれ片付ける。今日はだいぶ色々と進んだ。
7つの習慣で言うところの第二領域への取り組みがあれこれできると、本当に気持ちが良い。

夜は赤羽橋でわんわんさんと鮨を堪能。随分ご無沙汰してしまったが、相変わらず気持ちの良い店。二次会はいつものBar510に繰り出す。みかんのカクテルが本当にみかんそのものの味で美味しかった。
営業という仕事について熱く語り合う。楽しかった。
やっぱり深く仕事している人って、すごいのである。全然口だけじゃないからなぁ・・・・大変勉強になった。
金のがちょうを殺しちゃいかんね。

自宅で春夏秋冬占いをやってみたら、私は夏1年目だった。まだまだしばらく楽しめそうである。

充実した一日である。

| コメント (0) | トラックバック (0)

からすのパンやさん

5時半に目が覚めて、そのまま起きた。珍しく目覚めの良い朝だった。

朝ごはん食べて、Mail打って、夫と娘を送り出して、掃除して、瞑想して、お風呂入って・・・・MTに行く。
これだけやって、9時半にMTにいるんだから、朝の時間って貴重。

お昼から赤坂のオフィスに移動。
夕方は有楽町にパスポートを受け取りに行く。
パスポートの写真があまりに母にそっくりで、のけぞる。

有楽町の三省堂にて、コヴィーの「7つの習慣 原則中心のリーダーシップ」を買ってかえり、帰りの電車でこれは昔読んだことに気がつく。確かめてみると2004年の初版だった。
多分、2004年に出版されてすぐ読んだはずだと思うが、読んでみるとほとんど記憶に無い。(だから買っても損したとは思わない・・・・)
何となく前のマンションにあった気がするのだが、「パワーの原則―影響力を発揮しつづけるパワーとは」とごっちゃになっている。
どっちの本も無いんだけれど、いったいどこにいったのか?

三省堂では「からすのパンやさん」のトランプが売っていて、買うかどうかかなり悩んで、結局買わないで帰ってきた。
私の中ではかなり上位にいる絵本だけれど(かこさとしのファンである)、トランプが出ているほどメジャーだとは知らなかった。
やっぱり買うべきだったかも~。

有楽町に丸井ができてから、有楽町と銀座の位置感覚がわからなくなってしまった。
銀座の駅まで出るのにしばし考え込む。

| コメント (4)

多読

朝一番のミーティングが中止になったので、朝は時間もあって久々に瞑想をするも、リビングが散らかっていて、ちっとも集中できないので、リビングの片付けをする。

おざなりにしている英語の勉強。このところ仕事以外にも英語を使う機会が増えて、重い腰を上げる。

すっかりご無沙汰している「多読」を再開。

しかし、鞄に多読用の薄い本を入れても、基本英語嫌いなので、絶対勉強しないのは見えている。
そこで下記のようなルールを決めた。
「電車で座れたら、多読用の本を読もう!」

・・・そう思って、MTのオフィスまで電車に乗ったら、これが決結構座れちゃうんだなぁ。
よく考えれば、混まない電車に乗らないスケジュールを綿密に立てているわけだし、そもそも混んだ電車に乗るのが嫌いだから自分でビジネスしているようなものだから、当たり前といえば、当たり前である。
渋々、行きも帰りも多読の本を読み、自分の設定したルールに、「失敗したな~」などとつぶやく。

MTのオフィスはレイアウト変更があり、キャビネを移動する必要があるため、今日は業者から人を寄越してもらって、キャビネの中身を全てダンボールへ。
きてくれた人は20代前半の女性だった。
(それが彼女の仕事なのであるが)作業は全て彼女で私は横で指示を出すだけ。傍からそこだけ見たら、絶対に嫌なおばさんである。
(また業者にそういう作業だって言っておいたのに、彼女スーツにハイヒールで来るし・・・尚更・・・・)
きっとこういうことがまた、yoshikooさんて怖い人だよね・・・みたいなイメージ作りに一役買っているのである。
まぁ、いいんですけど・・・・別に。

自宅に帰ったら、片付けたリビングはまたまた散らかっていて、なんじゃこれ?と思ったら、
知人の葬儀に出るために、一度戻った夫があれこれ散らかし、脱いだものもそのままに出て行ったらしい。

知人、友人、親戚の間では、yoshikooさんの夫・・・というのは、ご飯も作ってくれるし、(子供の小さい頃は)育児も9割方やるし、残業もしないし(単にそういう業界なんだけど)、妻が我侭いっても面倒みてくれるし、犬の世話もするし、たまにはエアコン掃除したりリビングにワックスかけたり・・良いこと尽くめみたいな話しになっているが、

実は、夫は超短気で(今日もリビングのLANケーブルの口を壊したらしい・・・、時々とんでもないことをする)、とにかく片付けないで散らかす人である。
持ち物が少ないから、まだ何とかなるが、片付けたそばから汚すのを何とも思わないらしい。

こういう夫の事実を、知っているのはごく少数の夫の近親者のみである。
そういう面そのものに腹が立つというよりも、皆が夫のことを「すごくできた人」・・・・みたいに思っているのが、私と娘には結構腹立たしく、今日は夫が留守なので、二人でドミノピザでピザを頼んで盛り上がった。

一緒に観ようと思って借りてきたDVDは、他の映画の宣伝は綺麗に見えるのに、本編は傷がついているのか、さっぱり進まない。

娘は寝る前に、成績表を持ってきて保護者の通信欄に何か書け・・・という。
もう何年もこういうのを毎年書いているが、未だに何を書くべきなのかわからない。ここには、「親がもっと勉強させます・・」と書くべきなのか、「本人は勉強すると言っています・・・」と書くべきなのだろうか?

前者であれば、そんなの本人の問題だし・・・という気がするし、
後者であれば、そんな他人事みたいな書き方していいのか・・・という気がする。

何だか今日は微妙な一日だった。

| コメント (2)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »