« 利休庵 | トップページ | 一休 »

源氏物語

週に1回、夫とジムに行って、あとは犬の散歩と移動ぐらいしか身体を動かすことってない。
プラスもう1日ぐらい身体を動かせると、随分体調も良いだろうなと思う。できればその1回はプールかヨガに行きたいな~。

昼間はぽかぽかと暖かくて、散歩というか日向ぼっこというか・・・、犬と公園でずいぶんゆっくりとぼんやしてきた。
きっとあんまり暇そうに見えたのだろう。
通りがかりの人が、自分の書き溜めた絵を見せてくれた。
つるつるとした紙に、ボールペンで彫るように点で書いたその絵は、ちょっとシャガールの描く女の人に似ていた。

夜は久しぶりに美々卯でうどんすき。
仕事でお世話になった方が退職されるというので、一席を設けた。
この方には随分長いことお世話になった。新天地でもきっとご活躍されるだろう。
会社として何度もチャンスも恵まれたものの、どうにもいつもチャンスを活かすことができず、大事な人材まで手放されることになってしまい、本当に残念に思う。

読み始めた円地文子訳の「源氏物語」。文章が華やかですっかり魅せられてしまった。
源氏物語の新訳というのは、与謝野晶子、谷崎潤一郎訳、 田辺聖子訳、橋本治訳、瀬戸内寂聴訳の他、たくさんある。それだけたくさんの作家が魅了されているということだろう。このまま源氏物語にはまると次は別の人の新訳が読みたくなり、源氏一色になってしまいそうだ。

自宅に着いたら、帰りがけに三越前の駅でエルメスのオレンジのマフラーを落としてしまったことに気がついた。
暖かいし、色味も気に入っていたので、とてもショック。
うーん、これは冬のマストアイテムなので、買わざるえないかなぁ。次は赤だな。


« 利休庵 | トップページ | 一休 »

コメント

私は実家にあった谷崎潤一郎で読んでますが、瀬戸内寂聴をそのうち読んでみたいないと思っています。

投稿: めりーべる | 2008年11月19日 (水) 07時11分

瀬戸内寂聴のは女人の視点から書いたものでしたよね。
主に移動中の電車で読んでいるのですが、車内で一人雅な気分にひたってます~。

投稿: yoshikoo | 2008年11月19日 (水) 11時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 利休庵 | トップページ | 一休 »