« オゥレギューム | トップページ | Nicolai Bergman »

門限

夫と二人。久しぶりに蕎麦屋の昼酒。
本日は最近お気に入りの亀戸の山水
たっぷり朝寝坊して、ゆっくりお風呂に入って、ウールの着物を着て、ビールそして日本酒へと・・・・。
うーん、幸せ。

年明けから平日の晩は、予定がぎっしりでほとんど外食。
すれちがいになることが多い。

分かり合っているから、一緒にいる時間が少なくて良い・・・・というのは、我が家には無くて、
大事に思っているというのだったら、(互いのための)時間を取れ・・・・・と。

一番大事なのは、家族と言いながら、一番居る場所は会社である(または家の外である)というのは、話がおかしいだろう?と我が家の二人は思うのだ。

「最近思うのですが、我が家の近所は大きな公園も近くにあって夜中は物騒なので、迎えがあったほうが良いような気がします」と夫に話したところ、「23時までは起きていてあげますから、それまでに帰ってきなさい」と言われてしまいました。
まぁ、23時門限って結構妥当かもねぇ。
しかし何となく門限になってしまい、藪蛇だったような・・・・。

可愛い(?)妻が心配なら起きて待ってろー!!!
・・・と思うのだが、

7時に出勤して、朝ごはん作って、娘のお弁当作ってる夫の前では、ごにゃごにゃ言いながら、引き下がるしかない・・・・。


« オゥレギューム | トップページ | Nicolai Bergman »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オゥレギューム | トップページ | Nicolai Bergman »