« Award | トップページ | 次の一歩 »

ワークライフバランス?

今回の四半期報告(QBR)は出席者が多くてかなり緊張。
電話でプレゼン(英語)というのは、相手の顔が見えなくてかなりやりにくい。
私にしては、かなり上出来。手ごたえありました。
まぁ、今回は準備に時間かけましたしね。
とは言え、改善すべき点は多々ある。
(まぁもうこの先、一生英語でプレゼンなんてしないつもりですが・・・)

昨晩はこの準備のためにあまり眠っていないので、午後には家に帰って昏々と眠る。
もそもそと起きだして、家族と夕飯食べてまたすぐ眠る。
完全に電池切れ状態。

仕事を辞めるのはもったいないと言われることは多いが、時間的拘束は少なくてもこの仕事をしている限り、私にプライベートは無い(プライベートにまでエネルギーが維持できない)。
我ながら自分の能力以上の仕事に就いている自覚はあるので、そこにはどうしても120%の力を出し切らないとならない。
そして、仕事というのは、結局詰まるところどのぐらい準備に時間がかけられているかに比例するのだ。

プレッシャー、英語、政治、スピード・・・・・、ハードルやら落とし穴やらがあちこちにあって、全く気が抜けない。
自身の成長を促す職場かもしれないけれど、ワークライフバランスなんて言葉はそこには無いんだよねぇ。
ビジネスの現場は戦いの場なのである。


« Award | トップページ | 次の一歩 »

コメント

>自身の成長を促す職場かもしれないけれど、ワー>クライフバランスなんて言葉はそこには無いんだ>よねぇ。
>ビジネスの現場は戦いの場なのである。

本当にその通り。
でも、バランスをうまく取っている人たちもいるのをみると、やはり、自分が能力以上の仕事をしようしているためにそういうことになるのだな、と実感。

yoshikooさんにこうやって文字で書かれると、あーそうだったんだ、と納得でき安心します。

投稿: ピレネー | 2009年2月28日 (土) 17時03分

じゃぁ、能力以上の仕事じゃないほうが良いというか・・・・と言うと、能力以上の仕事のほうがずっと刺激があって楽しいですね、やっぱり。

投稿: yoshikoo | 2009年3月 1日 (日) 10時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« Award | トップページ | 次の一歩 »