« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

Mariage Freres

MTにて電話会議、社内会議、社内会議、社内会議。
お昼御飯を食べる暇がなかった。

16時過ぎにMTを出て、小川町のオフィスへ。
コンビニのサンドイッチだって、きちんとお皿に出して、
ちゃんと淹れたお茶を飲みながら、静かに食べれば十分美味しい・・・としみじみ思う。
Mariage Freresの紅茶って、どの葉っぱを選んでも、うっとりするぐらいどれも香りが高い。贅沢である。

今日で6月も最後。
色鉛筆でマインドマップを描いて、下期のテーマは「循環」
我ながら、良いテーマじゃないの!と自画自賛。

24時から電話会議。2時半終了。3時就寝。

なんだかこう書くとものすごく仕事が忙しいみたいなんだけど、結構微妙。
本来は忙しくないはずのところで、忙しくなっているだけで、同じところをぐるぐる回っている感じ。
なんかこうイマヒトツ発展的じゃないような・・・。

| コメント (0)

視野検査

家事と仕事で午前中は終了。雨が降らなかったので、洗濯物が外に干せるのが嬉しい。

休み明けだと、エネルギーが高いので、集中力が出てきて、疲れているときの三分の一ぐらいの時間で一つ一つが片付く。
結局きちんと休んだほうが、仕事にかける総時間数は減るんだよね。

午後は眼科の視野検査を受けて、眼圧/視野ともに問題なし。次の検査は一年後になった。
病院の待合室では、お年寄りたちにたくさん話しかけられて、モテモテ状態だった。
私はその人自身の話をしてくれる人の話を聞くのなら、いくらでも聞いてられる。全然苦痛じゃないし、むしろ楽しいし、嬉しい。
苦手なのは、その人自身の素が全然見えない(もしくは見せない)人の話を聞くことである。(聞いてる時間がものすごく無駄に感じるのだ)

そのまま代理店に直行。
途中、Soup Stock Tokyoでクイックランチ。
不況になるとスープ一杯で、\610という価格設定は厳しいのではないか?と思うが、ぜひとも無くなって欲しくないお店なので、頑張って欲しいものである。
(家とオフィスの近所に欲しいお店だ)

帰りはオフィスに寄ってあれこれ片付けて、ハーブティーを飲みながら、30分ほど集中して本を読む。

家族で晩御飯。

| コメント (0)

大学復帰

今日の予定は夫と蕎麦屋に行くこと!

・・・と、朝からそれに合わせて、ばっちり準備していたが、いつもの蕎麦屋は満席。
しかも、全然席が空きそうにない上に蕎麦が品切れ。
泣く泣く別の蕎麦屋へ。
もう一軒の蕎麦屋は、酒の肴も美味しいし(何よりいつも野菜が美味しいのが嬉しい)、店の雰囲気も良いのだが、肝心の蕎麦だけがイマヒトツという微妙な店である。

フランクリン・プランナーのおかげで、随分と生活が整理整頓されてきたおかげで、昨年からから全く手をつけてない重要事項を思い出した。

大学である。

ブログも完全ストップ状態で、今回のホームページリニューアルから、リンクすら削除してしまった。
去年は身内の葬儀が多かったり、コーチングの勉強が忙しかったりで、ほぼほぼ休学状態。
(というか、ここ3年ぐらいほとんどストップしているような・・・)

法律の勉強は好きだけど、まぁ、今更、大学卒業してもねぇ・・・と私自身はゆるゆるなのだが・・・

そもそも、大学のスクーリングでは散々夫に迷惑をかけまくっていたので、「絶対卒業しろ」というのが厳命である。

ブログの更新はともかく、新しいオフィスのおかげで、本棚にも空きが出てきたし、まぁ、今年は少し片付けますかねぇ。
そもそも私の今年の大きなテーマは、「整理整頓」であるから、こういう大きなもの片付けないとね。

・・・とまぁ、改めて足りない単位やら手続書類やら見ていたら、本も注文しないといけないし、事務手続きもあって、勉強再開する前にあれこれやることがあって、とりあえずそれを片付けるだけで、時間がなくなってしまった。

とりあえず、毎日の計画の中に落とし込む習慣から作らねば

| コメント (0)

遊ぶ。京都。

久しぶりの京都。
小ぶりの紫陽花があちこちで咲いていて愛らしい。

延暦寺三井寺を訪れる。
どちらも広くて見所多し、とても仕事帰りのヒールの靴では回りきれない。今度はゆっくり訪れよう。
お天気に恵まれて、緑が美しかった。

自宅へのお土産は、原了郭の黒七味と鍵善の竹入羊羹。

私、俗に言う、「京都好き」ではないのだけれど・・・、行くと結構遊んじゃうね、なんだかんだいって・・・・。

| コメント (0)

大阪・京都

8時半過ぎの新幹線で大阪へ。
出張用に用意した本は全く目新しいところがなくて、放り出して、ひたすら眠る。
車内のニュースを見ていたら、マイケル・ジャクソンが亡くなったらしい。老衰で普通に亡くなる人ではないと思っていたが、急である。
と言っても、あのマイケルだって、50歳である、私が高校生のときが多分全盛期だったのかな。

お昼は打ち合わせを兼ねたランチをヒルトン・ホテルにて

ハービス大阪にて、午後いっぱいセミナー。

終わって、京都に出て食事。
祇園「いっしん」にて、近江牛の肉会席。

宿はハイアットリージェンシー(元のパークホテルね)
落ち着いていて、好きなホテルの一つである。

| コメント (0)

ハンディキャップ

午前中は立て続けに三件電話会議。
来月は年度末なので、US本社も年度内に片付けたい・・・と思っていることが多くて、このところやたらに電話会議が多い。

今でも(日本人にしては)十分文句を言っている方だと思うが・・・・、英語ができたら今の30倍ぐらいは文句言ってやるのに!・・・と思う。
口喧嘩なら、絶対に負けないと思うのだが、英語のハンディキャップは重い・・・・。

読まなきゃいけない資料もMailも山ほどあるのだけれど、何しろ今週は目が疲れていて、どうにも進まない。
進まないなぁ・・・と思っていると、じゃかじゃか電話が入ってきて、また進まない。厄日である。
とりあえず急ぎの仕事と出張用のプレゼンだけ片付ける。
プレゼンは主催者に送っておく。これで明日はPCを持っていく必要が無くなった。

夕方は代理店とのミーティングで駒沢大学まで出かける。

帰りは反対側の電車に乗ってしまい、気がつけば電車は地上に出ている。
あれあれ、二子玉川である。

| コメント (0)

片付け

午前中は朝1番にコーチングで、その後はお昼過ぎまで黙々と仕事を片付ける。
午後からは、あれこれ溜まった用事を片付ける。

家の中を片付けて、赤坂のオフィスの残りのものを全て片付けて撤収完了。
表参道に靴を引き取りに行き、小川町のオフィスの掃除・洗濯をする、最後に恵比寿の病院に行って薬をもらい、新幹線の時間変更をして、出張で読む本を購入して終了。

自宅に着いたのは、21時近く。
帰宅して買ってきたサンドウィッチを食べ、仕事のMailを片付けて、22時にはベッドへ。

| コメント (0)

All Hands

目が覚めたら、猛烈な頭痛。
とは言え、今日はどうしてもMTに行く必要があって、仕方なくタクシー通勤。

9時から来客。10時から部内のミーティング、午後からはセミナーでプレゼン。
19時過ぎに、帰宅。

22時から上司と電話打ち合わせ。
23時から1時まで、Web電話会議。All Hands Meetingと呼ばれるWorldWideチーム(21人だったかな?)のミーティングである。
ミーティング自体は結構面白かった。

しかし、1時なんて時間に電話会議終わって、すぐにすやすや寝付ける人もいないだろうなぁ。私なんて、睡眠薬頼みなので、まぁ、それほど大変じゃないけど。
夜中の会議は身体のリズムを崩すので、よっぽど気をつけないと・・・と思うのだ。

| コメント (0)

電話会議

とにかく今週の目標は、「体調を崩さず乗り切ること」
スケジュールされているもの以外は、全て後回しでOKというぐらい、エネルギーを消耗するスケジュールが多い。

・・が、スタートの月曜日。朝から、8時間ぶっ通しWeb会議。うち半分微妙に通訳。

終わったときには、へろへろで、ハイテンションで頭ぐるぐる回って、テンションを下げる方法が見つからず、色々やった結果、一番効いたのは、お風呂である。
シャワーではとても無理。

しかし、US本社の人間だって、同じぐらい集中してやっているわけだし、しかも相手は夜中だし、
つくづくタフだと感心した。
World Wideな会社で働くって、命懸け?

本社というのは、プログラムをコントロールしているので、世界中の地域に合わせて、おそらくかなりの量の電話会議である。
もちろん、はWeb会議システムは自宅からもコールインできるのであるが、このような会議ばかり続き、しかも移動は車でほとんど歩かない・・・のだから、そりゃぁ、アメリカ人は太るよなぁ・・・としみじみ思う。

| コメント (0)

リズム

8時起床。外はどしゃぶりの雨。
朝ごはんの後に、何となく横になったら、そのままうとうと二度寝したら、何だかリズムが狂って、却って一日眠かった。

娘の買い物に付き合う。(私がスポンサーなんだから、付き合う・・・ではなく、ねだられたという言うべきか?)
靴と洋服とそしてヘッドフォン。
最後に書斎の照明を見てこようと思っていたが、たくさんの人を目にしたせいか、なんだか面倒くさくなって、そのまま帰宅。

家族で晩御飯。

しかし、休みというのは、あっという間である。

| コメント (0)

6時半起床。
朝のうちに、前日使ったお金を集計して領収書を整理すること、英語の勉強を15分やること、ブログをアップすること、Mailの返信を出すこと・・・というのが、きちんと習慣化されて、うまく回るようになってきた。

早めに夫と犬の散歩に出かけて、11時過ぎに小川町のオフィスに行く。溜まった仕事をしばらく片付ける。
コーチング仲間が遊びに来てくれて、タイ料理にタイビール。今日は暑いので、ビールがまた美味しい。
その後はオフィスでお茶を飲みながら、あれこれ話す。
すっかりきれいになった彼女に、あれこれ美の秘訣を教わる。プロの話はやっぱり違う。骨も皮膚も動くのだね。

夕方、自宅に戻りまたまた仕事を片付ける。
今週はどこかで、絶対に計算が甘かった気がする。そうでなければ土日が仕事が入ってくるはずないのだ。
代理店から問い合わせが増えてきているというのも、同じく何か仕事にゆるみが出てきているからなのだ、一回一回きちんと締める、考え抜くというのが、たぶんどこかでできていなかった。

土日にビジネス書を読むとか、調べ物をするとかはOKにしているし、仕事の勉強もするけれど、仕事そのものが入ってくるのは駄目だと決めている。それは私の計画の甘さなのだ。いたづらに仕事の時間を増やせば、仕事の質が落ちて、具体的にはミーティングの質が落ちて、Mailの返信その他はミスが増える。結局さらに時間がかかってしまい、悪循環になる。しっかりしなくては。

家族で晩御飯。オフィス移転のお祝いにいただいた果実酢を使った、さつまいもの飴煮がすごく品の良いお味になっていて、美味しい。果実酢いいかもー・・・・(って、夫がもちろん作ったんだけど)

帰りがけに、ハードカバーのから、早く文庫になって!と祈っていた「秀吉の枷」を上中下の三冊を購入。
通勤時に読もう。最初の章から、あまりに面白くて、そのまま家に帰れず(家で読むと全部読んじゃうので)、公園のベンチでしばらく読む。竹中半兵衛(秀吉の軍師ね・・・)格好良すぎて、眩暈がしそう・・・・。

夜は、「相互依存」ってどうすれば良いんだっけ?と思うことがあり、また「7つの習慣」を読み返す。

読み返してみると、うーん、何度も読んでいるけど、相変わらず全然できてないぞ・・・と思う。

私がブログで「7つの習慣」をよく取り上げるので、「そんなに良いですか?他の本に比べても?」と聞かれるが、正直言うと他の本の比較については、よくわからないが、私にとってこの本に書いてあることは、時間を掛けてでも、身につけておくべきこと・・・だと読み返す度に思うので、ついついここに戻ってしまうし、これが身につかない限り、「7つの習慣」からは卒業できないんじゃないかと思うのだ。

読むたびに自分の足りなさを、しみじみ感じて、且つ、何とかしなくちゃ!と思うのが私にとってはこの本だということだ。







| コメント (0)

Face to Face

午前中は眼科の定期健診。来週に視野検査を受けることになった。

待合室には、2歳ぐらいの双子のお子さんを連れたお父さんがいて、看護婦さんに「物を見るときに、斜めから見ているようなんです。ええ、二人とも」と症状を説明している。
毎日の子供の様子から何かおかしい・・・と気がつけるのはやっぱり親である。
それも圧倒的に母親が多いだろうと思うが、中にはこういうお父さんもいるんだな・・・と感心する。子供とのやり取りを見ていても、普段からたっぷり時間を割いている様子が伺える。
なんだかんだ言っても、家事は手伝います・・・という奥さんの補助的立場ではなく、家事をやります・・・という男の人自身が、家事を自分の仕事と捉えて、自発的にやっているケースは実はまだまだ少ない。

予定より少し早く病院が終わったので、自宅に帰って家の掃除。

午後からはMTでミーティング。来週プレゼンをミッドタウンホールlと、ハービス大阪でやる予定だが、まだ全然スライドができていない。取り急ぎのものをお見せして、セミナーの打ち合わせ。
その他あれこれ宿題をたくさんいただく。

終わって、チームのスタッフの仕事をレビュー。

その後に来客。

来客終了後は、上司を始め、あちこちの社内関係者に声をかけ、スモールトーク、スモールディスカッションにて情報を収集する。
MTにいる時は、MTでなければできない仕事をやろうと心がけている。
Mailの返信なんかは、どこででもできるのだから・・・・。Face to Faceの仕事がここでは中心。

・・・というものの、何だか仕事が溜まりすぎてしまった。これは土日は間違いなく仕事である。

夕方は娘と犬の散歩に出かける。

夫がお出かけなので、今日は娘とピザのデリバリーの晩御飯。先日、劇団四季のウィキッドを観てきた娘に、あれこれ感想を聞く。日本のミュージカルは観たことがないのだけれど、なかなか面白そう。
今度二人で行ってみよう。

| コメント (0)

献本

朝は5時半に起きて娘(17歳)とウォーキング2km(うち800m ランニング)

午前中は小川町から電話会議への参加。
インド人の英語にもだいぶ慣れたが、やっぱりまだまだ。プレゼン資料があるから話がわかるものの、完全に電話のみだとお手上げかな。
WorldWideのメンバーで働くと言うのは、こちらももちろんネイティブではないが、相手もネイティブではないことが多々ある。誰もが必ずしもきれいな英語を話してくれるとは限らない。

お昼ごはんを食べる暇なく、午後からはミッドタウンでプロジェクトのミーティングを2時間。
カットオーバーに合わせて、そろそろマーケティングプランを詰めきらなくては。

ほとんど席にいるまもなく、代理店訪問でビジネスディスカッション。
終わってそのまま会食。

来期(8月スタート)は代理店の数がおそらく増えるので、そのマネジメントに相当時間を取られるだろうな~と思うものの、競争が激しくなるのが実のところ楽しみでもある。

最近にしては珍しく帰宅後1時間ほど、仕事のMailを片付ける。まぁ、今晩中にUSに何本かMailを出しておけば、明日には回答が得られるだろう。
仕事はさっさと着手したほうが、結局トータルにかかる時間は少ない。

眠る前に少しずつ読み進めているハワーズ・エンド。
このユーモアあふれる登場人物たちの物語の中に入るのが、今の私の最大のリラックスかも。
少しずつ大事に読んでいる。
河出書房新社の世界文学全集との出会いは、直近10年の中でも上位に入る出来事だと思う。

村上春樹の新作「1Q84」がようやく、Amazonから発送されたらしい。
神保町の書店にはとっくに増刷分が入荷されて平積みされていたのを指をくわえてみていたので、本当に「やれやれ」という感じ。しかし、ここで村上春樹が入ってくると読みかけの本は全部留め置きになり、村上春樹に入ってしまうというのもまずいね。(仕事しないで読んじゃいそうだし)
しばらく本棚の見えにくいところに置いておくか・・・・。
もしくは夫に先に読ませるかだな。自宅に送る手配にしておけば良かったな。

本と言えば、出版社の方からビジネス書を献本させてください・・・というMailをいただいた。
ブログで取り上げていた本の出版社の方からだった。これまでも著者の方からブログに直接コメントをいただいたこととかはあったけれど、ブログを通じての献本は初めて。
なんか一端のブロガーになったみたいな気分・・・・笑。







| コメント (0)

虎視眈々

午前中は小川町のオフィスでコーチング。
「yoshikooさん、すごく楽しそうですね」と言われるが、小川町のオフィスに移ってから毎日本当に楽しくて仕方がない。

お昼は外で食べようかな~とぶらぶらしていたら、コーチング仲間にばったり会う。そうそう彼女のお勤め先はこのあたりだった。

そうか!お弁当を買って食べるというのもアリか!と気づき、この日は五穀米のおにぎりを買って食べることにした。
サービスいうことでなぜかWall Street Journalがオフィスのポストに投函されており、おにぎりを食べながらパラパラ眺める。

20代前半に、証券会社に派遣の形態で勤めていて、その頃は業務必要でよくよく読まされたが、それ以来すっかりご無沙汰である。随分と久しぶりに読むと広告が増えたような気がする。
英字新聞というのは、英語を学ぶ教材としては、やっぱり良いな・・・と思う。
何しろ材料(記事)が新しいのが良いし、写真もすごく記事をあらわしていて、読んでいても面白い。難しいものは見出しだけ読んでいれば良いしね。

15時からは、以前勤めていた人材派遣会社であれこれ情報交換。
会社の雰囲気も変わっていなければ、経営陣も変わっていないらしい。
久しぶりに若い人の多い会社に行くと、何だか新鮮だ。

少し時間があったので、行きつけの靴屋プリーズアーチに寄る。もう3年は履いているお気に入りのサンダルのヒール部分の革が削れてしまったのでその相談と、そのサンダルが修理の間に履くサンダルが無いので、サンダルを購入。
ここの靴を履くようになってから、足が痛くて困ったということはほとんどなくなった。足の形にあった木型のものだけ薦めてくれるし、必ずバックルをつけてもらって、足が前に滑り落ちないようにしてもらい、さらに足底を自分に合うように必ず調整をしてもらっているので、ヒールで一日過ごしていてもほとんど問題ない。

バッグやスーツは適当なものでも、女性は靴だけは多少高くても足にあったものを履いたほうが良いと思う。
たまに席でそれとなく、靴を脱いで足を休ませている女性を見かけるが、あれはとてもみっともない。

そこまで書いていて、ふと思ったが私は一緒に仕事をする女性の靴を、無意識にかなり注目しているかもしれない。
華奢な歩きにくそうな靴を履く人は、何となくがっつり仕事しようと決めているようには思えないのだ。
靴だけで疲れちゃうようでは、とてもビジネスの現場で戦えない。
靴は戦場にでるための大切なアイテムだ。履いていることがほとんど気にならないぐらいの履き心地が良い靴。
かつオフィスで見て、悪目立ちしない靴が私が最も納得のいく靴なのかもしれない。

夕方はベンチャー・キャピタル時代の上司と食事。
シーフード専門の中華料理「海鮮酒家 海皇」にてご馳走になる。サービスもお料理も美味しくて、あ、これから接待でちょくちょく使おう!というお店だった。
最近は、もっぱら赤羽橋の鮨屋に入り浸っているので、新しいお店を知るチャンスがどうも減っている。

仕事の中の知恵比べで負けるということが、しばしある。
そういうことがあると私は猛烈に悔しい。
自分には全く思いつかなかった画期的なアイデアとか考えぬかれた新しいビジネスモデルとか見ると「うーん、まいった」と思う反面、絶対次はそれができるようになってやる!と思うのだ。
だから、知恵深い大人の話を聞く機会は大好きである。「まだまだ未熟である」と思い知らされる反面。
絶対どこかに(私にだって)勝機はあるはずだと虎視眈々考える。

| コメント (0)

STEADTLERの色鉛筆

午前中は小川町のオフィスから、U.S.のカウンターパートと電話会議。気心の知れている彼女との仕事はいつも楽しい。
期末が近づくと色々と気忙しい。

お昼はすばやでソーキそばをいただく。サービスも、味も、インテリアも全体的にかなりあっさり。(よく行く、ものすごくねっとりとした宮古島料理の店と比較しているのかも)
使いやすいお店だと思う。夜もさくっと飲むには良さそうな感じ。
小川町の初一人ランチ。

午後からはミッドタウンで社内ミーティング3件。

ミッドタウンの文房具屋さんにて、最近お気に入りの付箋をまとめ買い。
貼った場所に文字がきれいに浮き出るのが癖になり、今や手放せない状態である。
あちこちの本に貼っては、うっとり眺めている。

STEADTLERの色鉛筆が鉛筆削りとセットになっていて、その可愛らしさに思わず購入。
そういえば、色鉛筆は夫に譲ったきり、使っていなかった。

小川町のオフィスで、早速新しい色鉛筆でマインドマップを書く。うーん、なかなか良い買い物だった。

大好きなマルコム・グラッドウェルの「天才!」を読み始める。
最初から、ぞくぞくするぐらい面白いが、「Outlier」と「天才」はたぶん微妙に違う。
両方の言葉が使われていることに、やや混乱する。
・・・が、まぁ確かにそう訳す以外にあるまい・・・・と、翻訳者の苦労がしのばれる本である。
この人の本は原文で読むと、著者のインテリジェンスの高さがよくわかって、すごく勉強になる。とは言え、文章は平易だが、使われているボキャブラリーが私の英語力より著しく高いので、オーダーするかどうかかなり迷うところである。

(↑後日、読んでいるうちにやっぱりいくつか原文にあたりたい部分が出てきて購入することにした)

家族で晩御飯。
10450歩。ぎりぎりである。








| コメント (0)

知的な英語?

朝は5時半に起こされて、娘とウォーキング。
一日小川町のオフィスでお仕事。
結構はかどった。

合間に英語の勉強を入れる。一日30分というのが勉強の目安で、
今の「通じりゃいいんでしょ英語」からの脱却というのが目標。
外資系で毎日英語を使っていると、英語ができるようになって良いですね・・・と言われる。確かに英語は使うので、一定まではできるようになるが、間違っていても誰も注意してくれるわけではないので、英語のレベルが上がるか?というとかなり微妙。

今年は書く英語に重点をおいて、勉強を・・・・。目標は「知的な英語」かな?

夕方は、コーチング仲間が遊びに来てくれた。宅配のパエリヤとワインで乾杯。
いつも議論が超濃くなってしまうし、美味しいものそっちのけで、話に入ってしまうので、コーチングの仲間と会うときは、小川町のオフィスで会うのが良いかもしれない。
やっぱりソファー置こうかな・・・・と悩む。あと、おしぼり用意しておかんとね・・・と気がついた。

書棚に並ぶ河合隼雄先生の本は、娘が読むと良いなぁ・・・と思って置いてあるの・・・と説明すると、「18歳で河合隼雄に出会うってすごいことだね」と言ってくれた。
そうそう、そうなのよ!そういうことが、わかってくれる人がいるのは嬉しい。




PCとの付き合い方

朝のうちにMailの処理を済ませて、前日の残りのタスクを片付けて、Weeklyのプランニング。
このところ、なるべく心がけているのは、PCの電源を落とすこと、PCの前に向かう時間を減らすこと。
これだけで、随分と一日の「謎(何してたんだっけ?)」という時間が減ってくる。
何となくPCに向かいたくなったら、フランクリン・プランナーに向かうか、そのあたりに散らばっているものを片付けるようにしている。
夜は21時以降はPCを使わない。どうも寝る直前にPCを使うと眠りが浅くなるので・・・。

お昼からは夫の買い物にお付き合い&タイ料理のランチ。
ユニクロはたくさんの人でにぎわっていた。老若男女問わずという感じ。
書斎の照明を見てくるが、微妙に決まらない。まぁ、なんだかんだ急ぎで決めようという気がないのかもしれない。(小川町行けばいいや・・・と思っている)

夕方前に帰宅して、あれこれ片付ける。ようやく給付金の申請を出す。大学の手続もほったらかしで、今日気がつかなかったら除籍である。ぎりぎり。
昨年から忙しくて、大学はお休み状態なのだけれど、なんだか書斎が片付いてきたら、ひょっとしたら、今年は結構時間が取れるような気もしてきた。とは言え、また卒論のテーマ決めなおして、文献集め・・・と、すっかり法律モードから離れているので、エンジンをかけるのにハードルは高い。
まぁ、とにかくもっと書斎を片付けて、本棚に空きスペースが出れば、やる気も出るだろう。

夜は家族で外食。
ひどい雨で帰りはびしょ濡れ。

一万歩は軽くクリア。

| コメント (0)

Twyla Harp

午前中はあれこれ家事を片付ける。掃除、洗濯、犬の散歩。
家事労働は、生産性アップにブレーキをかける・・・時間の無駄という見方もあるだろうけれど、家の中を整えるというのは、時間があれば結構楽しいものだと思う。
それに家族の居心地をよくするより、大事な仕事なんて、そんなに世の中にたくさんあるかね?とも思うのだ。

そうそう、それからゆっくりお風呂。池澤夏樹の短編を楽しむ。

お昼は家の裏の韓国料理屋さんに夫と出かける。
洗練された・・・というのではなくて、むしろ家庭の味、実家で食べるご飯みたいな美味しさがここにはいつもある。
二人で御飯を食べながら、韓国のお笑い番組を見る。(もちろん、さっぱりわからない・・そこがまた良い)

午後からは小川町のオフィスでコーチング。

夕方からはTwyla Harpの本を読みふける。
Harvad Business Reviewの数ページのインタビューに出ていたのを読んで、直感的に惹かれるものがあり、Amazonで翻訳をオーダーした(白水社の本というのも決め手だったけれど)

読んでみたら、あんまり良くて原文でも読みたくなり、これまたAmazonにオーダーしてしまった。
こういう本も珍しい。

「忙しい」という言葉は、「心を亡くす」という字を書くが、「忙しい」と実際のところ、感度もものすごく下がるので、良い本も見つけられないし、・・・、さらには満足度も下がる。
結局、長期的に見ればあんまり良いことはない・・・というのが、私の見解である。

コミットメントはなるべく少ないほうが良いと思うのだが、きっと世の中では、少ない時間でたくさんのタスクをやることが良いという風潮なのかな・・とも思う。

昔も今も一日は24時間しかないし、昔も今も大事なことというのは、ある程度時間がかかるものだと思うんだよねぇ。
河合先生の本を電車の中で読みながら、しみじみそう思う。

そういう大切なこと(本当の知恵)を教えてくれる年長の人が尊ばれる世の中にならないとねぇ・・・と思うのだ。





| コメント (0)

三者面談

朝から小川町でたまった仕事をがーっと片付ける。・・・・が、仕事の山は少し崩れたぐらいで、時間切れ。
とは言え、急ぎの案件はとりあえず全部投げ返した。

お昼からは娘の学校で三者面談。
話しがまとまってない担任にプチ切れ。
自分の職場まで呼びつけて、人と面談するときは、何が話したいのかちゃんと準備してから来い。大人なんだからさ・・・・。
サクッと話をまとめて、さっさと上がる。
面談所要時間10分。娘曰く他の親子は40分もやっているそうだ。

せっかくなので、花田に寄って、器を見ていく。オフィスにちょっとした取り皿がないので、少し購入。
ここのお店はいつきても静かで、落ち着いた柄の品の良い品が揃っており、大好きなお店である。
自宅の土鍋が壊れたら、絶対ここで購入しようと前から思っているが、土鍋というのは壊れないものだね。

娘と神保町に出て、柏水堂でケーキを購入し、小川町のオフィスでお茶とケーキ。
柏水堂はお店も昔風なら、味も懐かしい感じである。

東京堂書店でハードカバーを3冊購入。小川町のオフィスをオープンしてから、俄然本読みモードに入り、今は少しの時間でも本を読みたいと言う感じで、なるべくPCも立ち上げないようにしている。

お茶を飲みながら、結局娘と4時間ぐらい喋っていた。やっぱり健康は大事だよねとか・・・・バランスの取れた生活しなくちゃね・・・とか・・・。(私が言ったのじゃなくて、娘が近頃そう思うという話をしてきた)
何となく、娘との会話が、妹との会話に似てきたような気がするこのごろ・・・・。

夕方は夫と犬の散歩にお出かけ。
夕方になるとだいぶ涼しくて、過ごしやすくなる。

家族で晩御飯。

本日は、たぶん10000歩達成。なんだか盛りだくさんの一日だった。

| コメント (2)

カチッ。

午前中はコーチング。
コーチングを始めて集中してそのことについて考えると、思いもかけない方面から扉が開いて、クライアントの状況が一変することがある。
しかもこれは結構少なくない。
奇跡と呼ぶには、あまりに頻度が高い。
何か良いものをクライアントが引き寄せるかのようである。(神様を味方につける・・・とでも言うべきだろうか)
カチッと何かがはまり、状況が動く。これに立ち会えるのもコーチの醍醐味である。

電話会議を使って、地方の代理店へのサポートを1時間程度行う。

午後からはMT。ひたすら来客で夕方ようやく席に戻る

仕事は山積みだが、何だかすっかり疲れてしまい、頭が回らないので、早々に引き上げる。

小川町に戻り、PCを置いて、神保町から自宅に戻る。
途中、東京堂書店でリフレッシュ。
思ったより欲しい本が多かったので、週末改めて行くことにした。

家族で晩御飯。

20時過ぎに寝室に引き上げるが、何だか頭がやけにに動いてしまい、うまく眠れず、夫に背中やら腰やらマッサージをしてもらって、少し話をしてようやく落ち着いて眠りに落ちる。

| コメント (0)

夜食

午前中は病院に薬を取りに出かけ、そのまま直行で五反田で代理店の方々とランチ、そこから大崎のオフィスにてビジネスディスカッション。
終了後、そのまま大崎にて上司と打ち合わせ。
小川町のオフィスに戻り、ザーッとお掃除。

夕方、クライアントがお見えになってコーチングセッション。
新しいオフィスも大変気に入っていただけたようだし、場所もわかりやすかったとのことで、ほっとする。

帰宅は22時半。夫が待っていてくれて、冷麺を作ってもらう。

以前は、19時以降に帰ったら、御飯はありません!というのが我が家のルールだったのだが、最近は日によってお夜食の作ってくれるようになって、非常に有難い。
夫の作ったものを食べると元気が持続する。

最近なんだかモチベーションが下がるような話が多くて、
馬鹿馬鹿しくてつきあいきれん・・・・という気分だったので、夫の作った心にしみた。

私の生活の質というのは、夫のフォローなくしては維持できないなぁとしみじみ思うが、夫がいなければとっくに仕事も放り出しているだろう。

| コメント (0)

「グリーンパッタイ

7時に目が覚めて、あれこれ片付け。
わずかずつではあるが、書斎もようやく床が見えてきた。今月中には何とかきれいにしたい。

午前中は夫と犬の散歩。今日は随分と暑い一日になりそうだ。

お昼は車で小川町まで送ってもらって、オフィスの裏手のタイ屋台料理「グリーンパッタイ」というお店で、タイ料理をいただく。日曜日も空いているのが嬉しい。食堂っぽいつくりで、夜飲みにきたら、楽しそうなお店だ。
小川町での初ランチである。

昼食後はひたすら仕事を片付ける。
四半期報告のプレゼンを作るのに、まったく材料が思いつかず、うーんうーんと無い知恵を絞る。
それでも少しずつ材料を集めているうちに何となく、この線で行こうというのが見えてきた。
とは言え、夕方までやったがスライドはほとんど手付かず。やっぱり明日の晩は徹夜になりそうな気がする。

夕方からは、夫と友人と3人で浅草の「まるきちや」さんでお酒をいただく。
このお店は何を食べても、何を飲んでも美味しい貴重なお店である。

| コメント (0)

夫の機嫌

7時に目が覚めて、Mailの返信をしたり、ブログを更新したりと思いついた順に片付ける。

後から振り返ると、思いつきであれこれ片付けるのは効率が悪い。何でもフランクリン・プランナー(FP)のタスクリストにおとしてから、やったほうが良いなと反省。

午前中は北海道の友人とSkype。7月に二泊三日で訪問予定。
出張ではたびたび訪問する北海道だが、プライベートはこれが初めて。
先週はまでは、なんだか色々忙しくて、訪問をキャンセルしようかと弱気になっていたけれど、そういうときにこそリフレッシュしないとね・・・と思い始めた。
彼女の声を聞いていて、ますますその思いを激しくする。
それに、このまま会わないと、お互いトークのもちネタ増えすぎて、消化しきれない感じである~。

お昼は夫とパスタを食べに出かけて、そのまま車で小川町に送ってもらう。
全体に夫が不機嫌なのは、土曜日がコーチングでいないのは、前もって納得済みなのだが、明日も仕事の資料作りで自宅を空けることが不満なのだと思う。
だからと言って、四半期報告の英語のプレゼンなのでかなり集中して準備しないと乗り切れないし・・・、まぁ、諦めてもらうしかない。
イマヒトツ私が夫に対して、強く出られないのは、6月も仕事はかなり忙しいだろうという嫌な予感がするせいである~。
(しかも、仕事モードに入ったときの私は、四六時中仕事のばかり考えているので、自分でも思うが家族に対しては、かなり感じの悪い人間である)
先に謝っておこう。ごめん・・・という感じ。

学校が夏休みに入ると、夫は給食の仕事から別の現場に入るので忙しくて、たぶんかなりすれ違いになるので、お互い連絡事項のみ伝達!みたいになるのだが・・・。
夏休みに入るまでは、きっと不機嫌はおさまないだろ~・・・・。
針のむしろ・・・・である。

・・・とは言いながら、そんなの続けば夫に逆切れするのが私のパターンなのだけど。。。。

赤坂のオフィスでコーチング。赤坂でおこなうコーチングは今回が最後。
まだ少し荷物があるので、あとはそれらの引き取りのみ。

小川町のオフィスに戻って、1時間ほどあれこれプランニング。
タイムマネジメントという言葉は好きではないのだけれど、これからやろうとしていることを全部考えると、絶対にタイムマネジメントとエネルギー管理が必要である。

オフィスを出ると、湿気を含んだ夕方の風が柔らかかった。

| コメント (0)

1 on 1

終日MT.
午前中はスタッフへのレビュー。この2ヶ月なかなか1 on 1 の時間が取れず、色々相談にものれなかったので、これからは週に1回定期的に時間を取ることにした。
続いて社内打ち合わせ。
午後夕方までは来客。
仕事は山積みである。大体来週の四半期報告の仕事が全く手付かずである。
とは言え、なんだか疲れたので19時過ぎにMTを出て、小川町のオフィスに向かう。

先日購入した「アインシュタイン・ファクター」はなかなか面白い。
強引な箇所も多いし、飛躍しているな・・・と思う部分が多々あるのだが、とにかく色々と詰め込んであるという印象。
本を丸呑みにするというより、時々使えるエッセンスがあるなぐらいかな・・・。

小川町のオフィスで、パッヘルベルのカノンのCDをかけて、お茶を入れてしばらくぼんやりする。
一人暮らしはきっと大変だけれど、一人になれる場所があるって贅沢で気持ちが良いなぁとしみじみ思う。

1時間ほどあれこれ片付けて、引き上げる。

自宅に戻って、とりあえずビール。
このところ、体重は変わらないがお腹まわりの肉がゆるむようになってきて、何となくビールを止めているのだが(ビールのせいだけじゃないと思うが)、今日は金曜日。
今週もよく頑張ったということで、エビスビールで乾杯。本日の御飯は、コンビニで買ってきた「クノール・スープパスタ」モッツァレラ&4種のチーズ、。お気に入りである。
最近のインスタント食品って本当に美味しくなっていると思う。






| コメント (0)

pomera

朝一番で、婦人科の受診に行く。
終わって、午前中は小川町のオフィスでいくつか仕事を片付けて、お昼からMTへ出勤。

まったく建設的ではないことに膨大な時間が取られて、かなりうんざり。

神保町の三省堂に寄って、
Excelの本を買う。「Excelの極意(4) 「魅せるグラフ」を極める」
昔は全部優秀なアドミにまかせていたので、複雑なグラフ&見栄えのよいグラフを作るのが私はそう得意ではないのだ。
なんで今更私が・・・と・、正直思うし、しかもそれ単なる社内資料でいくら作ったところで、売上が1円でも上がるわけでもない。
社内プレゼンの資料に膨大な時間をかけるのって、ものすごい対時間効果の低いことの一つだと思う。
魅力的に魅せるためのグラフの色の調整とかって、実はすごい作業時間がかかるのだ。

さらに「アインシュタイン・ファクター」という怪しげな、(たぶん)能力開発本に吸い寄せられて、ついつい買ってしまった。
きこ書房、田中孝顕訳、かつ神田昌典推薦・・・・これ絶対怪しいけど、面白いだろうと期待。

文具コーナーではpomeraの実物を始めてみた。
うーむなるほど・・・このキータッチなら結構使えるかも・・・と思うが、軽いといっても370グラムをさらに持って歩くのは、ちとつらい。
残念ながら見送り。

何となく疲れたので、公園で30分ほどリラックスしてから家に帰る。
芝生の上のベンチで、とろとろ桃のフルーニュ(最近のお気に入り)をゆっくり飲んで、リラックスする。

家族で晩御飯。ノンノンは(娘)今年の夏休みも夫の職場でバイトをするらしい。
しかも、夫に夜のジョギングに付き合え、と言い出した。
二人はなんだかまた突然ラブラブ期に突入したらしい・・・・。なんだかね。

21時就寝。





| コメント (0)

初めてのお客様

新しいオフィスへ初めてのお客様。
お越しいただいてみると、あれこれ足りないものが見えてきて、まだまだ改良の余地がたくさんあることに気がつく。

たとえば、
靴べらがない・・・・とか、テーブルももう少し大きいものに変えても良いかな・・・とか、マンションの玄関からの案内方法とかね。

コーチング終了後に、美味しいものを食べに出かけて、
話がすっかり盛り上がり、気がつけば自宅に着いたは2時半だった。

日本人は、ビジネスにおいても、人生においても、もうち少し時間対効果を考えるべきではないか?・・・というのが本日の大きなテーマかな(笑)。
彼女の視点はいつもとてもユニークで刺激になる。

| コメント (0)

クラッシック音楽

夕方少し前に、監査は完了。
結局、監査に丸4日間取られてしまい、その他の仕事は全面ストップ。夕方からは小川町のオフィスで急ぎの仕事を片付ける。
本日、ネットワーク開通。

監査ファームは、監査が終わればそれで仕事が終わりだけれど、こちらは監査レポートで明らかになったアクション・アイテムのフォローをし続けなくてはならないので、監査後もかなり忙しい。
来週、前半には四半期報告もあるので、当分英語の仕事ばかりが続く予定。
夕方上司から電話があり、プロジェクトの今後について1時間半ほど打ち合わせる。

Amazonから本とCDが届く。
クラッシックのCDって、1枚1000円でこんな名盤が手に入るのか・・・・とびっくりする。知らなかった。これからじゃんじゃん聞こう(こういうことができるのも自分オフィスの嬉しい点だ)

家族で晩御飯。

ホームページのリニューアルがようやく終わり、コンテンツをアップ。

就寝前に読みかけになっていた「ハワーズ・エンド」をまた頭から読み始める。寝る前の30分ぐらいをこの河出書房の世界文学全集を読む時間に充てられると一日の終わりがかなり贅沢になった気がする。

23時就寝。









| コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »