« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

マルタのやさしい刺繍

6時半起床。

家族を送り出してから、「マルタのやさしい刺繍」のDVDを観る。
ほのぼのとしていて、気持ちが温かくなる映画。やっぱりHappy Endの映画が好きだなぁとしみじみ思う。
フランス語の勉強になるかも・・・と借りてみたが、どうもよくわからない。
あちこちのWebサイトで調べてみたら、ドイツ語、フランス語が入り混じっている・・・との記載があったので、勉強時間にはとりあえず、含められず・・・・。

午後からMTに出社。プロジェクトについてのミーティング。
マーケティング、オペレーション、営業活動すべての面について大幅に改善が必要で、まだまだ当分手がかかりそうだ。

夜はオフィスでコーチング。
終わって、神保町で食事をして一日終了。

<本日の学習時間>

英語:30分 多読





| コメント (0)

英語で情報発信

6時半起床。外は曇り空。

MTに出社。朝1一番は電話会議。続いて部内の定例会議。珍しくその後ミーティングが入っていなかったので、小川町へ移動。
途中、神保町に出て、オフィスに置いておく六法などを買い揃える。
自宅だけじゃとても大学の勉強が終わりそうにない。

MacのOSアップグレード作業を行う。バッテリが全く充電しなくなってしまったのはなぜだろう。
まぁ、いいか有線でも特に問題はない。

途中、備え付けの洗濯乾燥機の修理の人がやってくる。対象製品全てリコールということで、マンション中を回っているらしい。なかなか大変な仕事である。

夜は家族で晩御飯。
電話によるコーチングが二件。

<本日の学習時間>

英語:105分 多読+リスニング+精読

夕方は暗くなるのが早くなってきた。外が暗いと、何かを聞きながら歩くのはちょっと危険なので、iPodも外している。リスニング時間が減ってしまう。
朝、通勤とは別にウォーキングをして聞けるようになると良いんだけどな。
多読はそろそろ読むものがなくなってきたので、Amazonに発注。この勉強法非常に良いのだけれど、教材にある程度お金がかかるのが難点か。
最近は娘も多読に興味を持っているので、二人で使うと思えば、まぁいいか・・・。

大学:労働法1時間+レポート清書20分

このところ、しみじみ思うが自分が続けられる勉強法を早め早めに見つけ出すのが、すごく大事だなと思う。
私の場合は、15分~30分ぐらいしか集中時間が持たないので、如何にこまぎれ時間に勉強するかがポイント。

英語の場合は、問題集を解くというの非常に苦手な上に、いざ英語を使う実践ではさっぱり効果が出ないのでこれは絶対やらない。
それからフレーズを単体で憶えるというのも無理みたい。
全体の流れのあるものを聞いて憶えるという形が一番適しているようだ。
コンテンツそのものが面白くないと、どうも勉強のモチベーションが続かない。

来年にはブログやTwitterで英語で情報発信をする・・・というのを目標に頑張りましょう・・・と、コーチングのクライアントさんと固い契りを結ぶ。


コミュニケーションの幅

6時半起床。
朝のうちに社会政策のレポートの清書を終わらせる。
社会政策の試験は過去問題を見ると、どうも日々新聞をきちんと読むのが一番の対策になるみたい。

朝からMTに出社。
仕事が結構溜まってきてしまっているので、がりがりと片付ける。
午後は社内のミーティング。

16時には引き上げる。公園でしばらく読書をしてから帰宅。あー携帯用の灰皿欲しいかも。でもまた荷物が増えるな

夜は家族で晩御飯。最近夫の作る御飯は気合が入っていて、とても美味しい。
これじゃぁ、ますます外食嫌いになりそうである。

寝しなに読んでいる「巨匠とマルガリータ」は登場人物がやたらに出てきて、しかもロシア人の名前なのでさっぱり覚えられないのだが、そのシュールな描写にぐいぐい引き込まれ、ぶんぶん振り回されている。

最近、若い世代を見ていると、自分と同じ世代の人としか付き合いがないのだろうな・・・と思う人が増えてきているように思う。
相手の年代に応じたコミュニケーションというのが取れず、コミュニケーションがワンパターンである。

もっとたくさんの年代、たくさんの階層の違う人や、他の国の人と付き合うと自分の思考の枠から飛び出すことができて、随分と世界は開けてくるだろうと思う。
現実にはなかなかそういう出会いを求めるのが難しいというケースの場合は、ぜひこういった素晴らしい文学作品を通じて多様な考えを味わってみると良いと思うのだ。

<本日の学習時間>

英語:100分 多読+リスニング 

Two lives読了。
英語の本で泣ける日が来るなんて・・・と思うと感動。

大学:フランス語30分 独占禁止法1時間

フランス語ようやく全体が少しつながってきた感じ。薄日が差してきたかも。
独占禁止法はロースクールで使うようなレベルが高い教材をある程度こなさないと試験突破はないみたい。なかなか厳しい。







| コメント (0)

頭がよくなる思考法 天才の「考え方」をワザ化する

なんだか朝から調子が悪い。疲れがばーっと出てしまったような感じで午前中はダウン。

昼からノンノン(娘18歳)の買い物に付き合う。

私の買い物は5本指ソックス。一度履いたら、気持ちよくて止められないねぇ、これは。かなり色気のないものだとは思うけれど(笑)

そのまま実家に帰って、実家で晩御飯。
(旦那様はデートで出かけてしまって、御飯を作ってくれる人がいない~)
久しぶりの母の煮物はやっぱり美味しかった。

まだ会社でバリバリで営業取締役をやっている母もさすがに還暦を過ぎ、歳をとったなぁという感じ。
本人もあと1,2年で引退したいようだ。
そろそろ一緒に住みたいなぁ・・・と思う。

<本日の学習時間>

英語・大学ともにゼロ

代わりと言っては何だが、斉藤孝先生の「頭がよくなる思考法」を読了。(ソフトバンクパブリッシング様から献本いただいた。ありがとうございます)
この本は、現象学、弁証法を使用して、自分の思考のワザとして体得するということが非常にわかりやすく書かれています。斉藤先生の本というのはいつもわかりやすいし、先生が自分のすぐそはにいて教えてくれるように感じられます。

印象に残っているところを以下にメモ。
量が質に変化する・・・と信じることができると結構頑張れる気になれると思うのだ。

私は瞬間記憶や大量記憶が比較的得意で、たとえば英単語なら、テストの前日に一時間も見れば、二百ぐらい覚えられたものです。しかし、ではそれがいつまで残っているかというと、時間をかけなかった記憶は、ほとんど残りません。それに対して、半年くらいの期間をかけて、五回とか十回とかちゃんと繰り返した記憶は、二十年経っても忘れないのです。

 試験に受かるだけなら一夜漬けもいいでしょう。けれど、生涯の財産にしたいなら、やはり量的な反復が必要なのです。瞬間記憶的な器用さに頼っていていはダメだ、というのが私の実感です。
 本にしてもそうです。何回も繰り返し読んだり、その本についてしゃべったりしていると、内容が自分に定着します。そうやって自家薬籠中のワザにしてしまうと、本は汲めども尽きない源泉の一つとなってきます。
「いつか質的変化が起きる」と考えると、これまで「同じことの繰り返しはつらい」「無意味な反復だ」と思っていたことも、楽しみに変わってきます。量質転化を信じることは、努力を楽しくし、地味な反復のステップをとらえる前向きな気持ちを与えてくれるのです。






| コメント (0)

Two Lives

目が覚めたら9時だった。まぁ、夜中電話会議だったからね。
お昼からMTに出社。この木・金もお休みを取っている人が多くて、オフィスの中は少し閑散としている。

プロジェクト関連のミーティング。ようやく今日は1歩進んだ感じ。

それから社内の打ち合わせを終えて帰宅。

英語の勉強は通勤時の多読とリスニング。
多読は「Two Lives」という恋愛小説を読んでいるのだが、これがなかなか面白くて結構はまる。
多読はもはや英語の勉強というより、趣味の域に段々入ってきている。

通勤時のリスニングにはノイズキャンセリングヘッドフォンが手放せない。
これがあるとないとでは勉強の質が全然違うのだ。まぁ、この話はコーチングのブログにでも書こう。

娘と犬の散歩に出かける。三日月がきれいに光っている。

旦那様は会社の送別会で留守。

夜は娘とドミノピザ。オーダーしてから20分以内に届いたよ。すごいな。
ピザを食べながら、二人でMステを見る。

今や親子で共通した曲を聴いているというのは、結構普通にあるようだけれど、私が子供の頃なんていうのは親と子というのは全然別の音楽を聴いてたような気がする。親と音楽の話なんてしたことないわー。
父親なんて演歌一本だったから、大人の男性というのは演歌しか聴かないと思っていたぐらいである。

大学の社会政策のレポートは完了。とりあえず、レポートはこれでお休みしてあとは11月試験と1月試験の準備に入ろうかと思う。並行して卒論準備かな。
今になって残っている科目というのは、まぁ当然だが苦手な科目ばかりで頭が痛い。
特に厳しいのは知的財産。

本日の勉強は、英語2時間、大学1時間。



| コメント (0)

神田ツアー

連休明け。朝一番はコーチング。変化の波が起こってきた感じ。
コーチングを受けると必ず何か大きい環境変化が起こるのは、本当に不思議だと思うが、やりたいことにフォーカスするとそれに関するアンテナが立ち、ピピっときた波をするどくキャッチできるようになるのかな。
それから今までなら無理だと思っていたことが、できるのではないか?という勇気がじんわり溜まってくるからじゃないかと思う。

小川町のオフィスで一日お仕事。
この連休の間にたまりに溜まった英語のMailにうんざりしてしまい、ため息をつく。
ぽつぽつ片付けるがどうにもイマヒトツ気分がならない。休み過ぎというのも考え物だなぁ。
前日の晩には次の日の仕事に備えて調子を整えておかないととしきりに反省する。
仕事の出来の大半は準備にかかっている・・・・と最近しみじみ思う。

15時ごろ、まつやに散歩がてら、納豆そばを食べに行く。昼酒を楽しむ人でいっぱいである。
蕎麦屋の昼酒って本当に楽しいよねぇ。
yoshikoo亭には、まつやで昼酒、竹むらで揚げ饅頭、そしてyoshikoo亭にてゆっくりお茶・・・というコースも入れたいが、平日の昼間に遊べる人がいないんだなぁ・・・・これが。
最近、夜遅い会が苦手なので、こうやって遊べると嬉しいんだけど。

晩御飯は家族で、今日は旦那様が蒸し餃子を作ってくれた。お店の餃子みたいだね・・・大絶賛。

夜は23時から電話会議。
英米人の英語はわかるのだが、南米、アジア圏の英語がさっぱりわからない・・・この会議はしばらく続くのでかなりまずい。しかももっとまずいことに今まであんまり英語が得意じゃなかった他国のメンバーも英語がかなり上達している。
こりゃ悠長にやっている暇はない・・・とかなり焦る。
ヒアリング・マラソン即効申込だ。

毎日英語2時間、大学2時間の時間を取りたい。できないことはないと思うから、ちょっと時間を計ってやってみよう。

| コメント (0)

私の生活流儀

連休最終日。

5時に起きて、PCを立ち上げて、PCを使う作業は全部終わらせる。
パソコンというのは、夜に作業すると目がさえてしまうが、反対にいきない朝から使うとと目が覚めるので、それはそれで良いかもしれない。
あれこれ2時間ばかりやったら、身体も冷えてきたので旦那様によって温められたベッドに戻って二度寝する。
次に起きたら、朝御飯ができていた。

犬も一緒に一家で旦那様の実家訪問とお墓参り。

この連休は着物の整理ばかりしていたような気がする。
何だかよくわからないうちに、買ったりもらったりで着物や帯も増えたが、これはもうこのままでは絶対出番なし・・・というものがこうしてみると結構ある。
今、頭の中をぐるぐる廻っているのは、「仕立て直し」。
ネットや本をあれこれ見て、研究中。
本当に着物というのは奥が深くて面白い。そのうえ、お金がなくても知恵とセンスがあれば、結構洒落た組み合わせができるところがすごい。
その点、洋服というのは何だかんだ言っても、やっぱりスタイルが良くないと最終的にはどうにもならない気がする・・・・。

友人のオススメで本多静六の「私の生活流儀」を図書館から借りて読んだ。
頭と身体を等分に使うというのはなるほど・・・・という感じ。
私にとっては、仕事は頭。コーチングは五感をフルに使うので身体という感じ。あとは家事をもう少し増やすとちょうど良いのかも。

4分の1貯金で財産を増やそう・・・というのは、なるほど・・・という気がするが、その後の運用についてはやっぱりある程度才能だろうと思う。
私にはどうもそのあたりの才能は無いようなので、せいぜい著者を見習って、日々学習を怠らずに自分自身に一つ一つ何かを丁寧に身につけていくことを目標としていこうと思う。





| コメント (0)

土鍋御飯

連休4日目。旦那様はお仕事。ノンノン(娘18歳)は中学時代の友人と遊びに行った。
洗濯と掃除をして、ごろごろしては着物の本を読んだりゆっくり過ごす。

外は曇り空だけれど、風が優しくそよいで気持ちが良い。犬とゆっくり1時間ほど遊ぶ。
クローバーの中をかけまわる犬をぼんやり眺めて、「あー、しあわせ」とつぶやく。

本日は阿波しじらの着物に、博多正絹の半幅帯。この軽さはたまらない。博多正絹の帯って本当に締めやすい。

午後から、ぼつぼつと社会政策のレポートの清書と、レポート書き。それぞれ半分ずつ終了。何となく先が見えてきた。

このところ、旦那様は土鍋で御飯を炊いてくれる。
土鍋の御飯は、なぜだろう?
お米が伸びていて、粒が大きく見える。甘みが引き立つ気がする。

このところ、夜あまりよく眠れなかったのは、疲れたまま布団に入るからみたい。
リラックスできるCDを聞いて、しばらく座禅を組んでゆっくり呼吸を繰り返していると、一日の疲れがするーっと降りていって、気分がずっと静かになる。
それから寝付くほうが、ゆっくり眠れる。
平日こんな風な時間を取るのは、なかなか難しいんだけど、心がけようと思う。

本日のCDはオススメのCDをお借りしたもの。
お水の音がとっても気持ちが良い。ペースがゆっくり過ぎないのも良い感じ



| コメント (0)

久留米絣

連休3日目。寝室・玄関のお掃除と着物の整理。
社会政策のレポートが完了。次も同じく社会政策。こんどのお題は年金制度の持続性と国民生活の最低保障について。

お昼は旦那様と水天宮のイタリアンへ。久しぶりに訪れたら、随分と愛想の良いお店に変わっていた。ここも不景気なのかな。
ここの薄いピザは私達の大好物。次回はぜひそれを食べたいね、と話す。

今日は久留米絣を着たら、やや汗ばむほど。
どうも貝の口という帯結びは私には似合わない気がする。お尻の大きさとうまくバランスしない。

だんな様とたっぷり犬の散歩。
犬はずっと家に家族がいるのが嬉しいのか、上機嫌である。

| コメント (0)

鎌倉

見事な秋晴れの一日。

娘と鎌倉に住む祖母を訪問。阿波しじらの着物に、木綿の帯を角出しにして出かけたが、それでも日中は汗ばむほど。

行楽日和のこの日、鎌倉の駅は人であふれていて、江ノ電は入場制限、タクシー乗り場は大混雑。
私達は二人で裏駅に出て、トンネルをくぐり抜け、長谷にある祖母と母の待つ家までてくてくと歩く。
お天気が良いと気持ちも明るい。

92歳になる祖母はとても元気そうで、相変わらずトークも冴えている。
娘の進学先も決まったという明るいニュースもあり、女4人でひたすらおしゃべりをし、食事をご馳走になる。

ベランダに上がって大仏様を眺める。大仏様の周りも随分と家が増えた。
周囲に住宅が増えたとは言っても、東京に比べるともちろんずっと緑は多いし、静かだ。
夜は真っ暗だし、鎌倉は相変わらず晩御飯が食べられるお店は少ない。

昼間の混雑が嘘のように、帰りの横須賀線はがらがら。

群ようこの「きもの365日」を読みながら帰る。
うーん、やっぱりお針ができないと着物ライフ極められないな~・・・としみじみ思う。





| コメント (2)

Mac

木綿の縦じまの着物に、あじゃんの赤い半襟とそろいの半幅帯。

朝からコーチング。
途中、知人が自転車用のメッセンジャーバッグを買うというので、小川町のオフィス立ち寄ってくれ、それにお付き合い。
神保町でのなかやで鰻をご馳走になる。

午後からまたコーチング。

終わってオフィスに新登場したMacBookProでしばし遊ぶ。
それにしても、Macを使っているとWindowsのデザインの醜悪さがつらくなり、本当に困る。
だから、Macを置くのに躊躇していたのだ・・・。まぁ、こうしてやってきてしまった以上しょうがない。思う存分愛でることにしよう。

夕方図書館によって、大学の推薦図書を借りて、自宅に戻る。

夜は家族で晩御飯。

| コメント (0)

小松屋

初めての草履は絶対ここで買う!と以前から決めていたのが、赤坂にある小松屋。
以前からショーウィンドーを眺めては、その美しさにため息をついていたが、この秋は着物でお出かけの会が結構ありそうなので、勇気を出して行ってみた。

とにかく見るもの見るものみんな美しいー。
全然知らなかったが、小松屋さんは大正時代からの履き物屋さんで、宮内庁御用達、赤坂のお店は赤坂芸者のお姉さんたちに長く愛用されてきた有名なお店とのこと。
(昼間でお店にお客さんがいなかったので、あれこれ聞いてきました)

初めての草履なのですが、と相談して、普段着る着物のお話をあれこれ聞いていただいて、決まったのが上品なピンクの草履。。

「皮の草履なので、手入れをすれば40年ぐらい持ちます」・・・・というお話。

着物もそうだけど着物周りの小物も何年もずーっと使えるのが本当にうれしい。
これが洋服関係だけど、どうしてもデザイン古くなって、他所に差し上げるわけにも行かず、泣く泣く捨てるということが多いからね。

赤坂にはもう一軒以前から憧れの呉服屋さんがある。
ここのショーウィンドーにはいつも、ハッとするような「粋」な着物や帯が出ていて、以前からぜひ一度行ってみたいと思っていたのだけれど、この秋冬はぜひここのお店で一枚何か作ってもらいたい。まだお店あるかどうかがやや不安・・・・。

この連休は着物三昧。今や頭の中は着物のことでいっぱいである。

夜は旦那様の職場の同僚(私の着付けのお師匠でもある)と蕎麦屋で日本酒。
着付けのあれこれについて、これまた色々と教わる。
彼女などは、家がちゃんとしていて、小さな時からきちんと着物のある環境にいる人なので、本当に色んなことを知っている。
そういう環境で育ってきた人って羨ましいなぁとしみじみ思う。

| コメント (0)

友来る

午前中はSkypeでコーチング。
今月から新たなクライアントが3名増えたのだけれど、今回は皆さんお住まいが遠方で全てSkype。

午後はプロジェクトのビジネスディスカッション4時間。
終わって、しばらくMailなどを片付け。
お隣の本部長から、「絶対儲かる話にするから、今日の飲み会出てよー」と誘われるが、あいにくと今日は大事な約束があるので、ニコニコしながらかわす。
第一、その話儲かるのは当分先だと思う。(だまされないわよー)

急いで駆けつけた先は東京駅。大阪から友人が出張で着ているのだ。
八重洲口の適当な居酒屋であれこれお喋り。
この日は、絶対終電で大阪に戻るというので、ピッチも上がる。

「おまえが可愛ないから、そんな目にあうんや。」と言うので、「あんた、私が本気で可愛いところ見せたりしたら、あんたなんかイチコロで、毎週大阪から通ってきちゃうわよー」と言い返したら、「アホか、見せれるもんなら、見せてみぃ」と言われた。長い付き合いだというのに、まだ私の可愛さが理解できないなんて、アホはおまえや・・・という感じである。

ヤツは確信犯で、残り時間7分というところで、自分の淡い恋について語りだした。時間不足で突っ込みきれないー。くー、くやしい。

若い頃だったら、絶対に朝まで引きずりまわして、最後の新幹線などに乗せるわけがないのだが、それにはさすがにこちらも体力も気力が落ちている。今回は勘弁しておいてやった。
まぁ次回は恋の話が進展しているといいな・・・と思う。
気持ちの良いお酒だった。

| コメント (0)

ROUGE OU BLANC

午前中はMTにてプロジェクトの打ち合わせ。
終わって、恵比寿の病院に薬を取りに行く。

久しぶりにROUGE OU BLANCにてランチ。
もちろんランチそのものもとても美味しいのだけれど、何より嬉しいのは、煙草が吸えること。
コーヒーもついて1000円以下というのは、結構お値打ちだと思う。

恵比寿のアトレで、半襟にちょうど良さそうな柄のてぬぐいを発見。
今週末はこれを半襟にしてみよう。

午後は仕事の打ち合わせ。終わってそのまま会食。

社会政策のレポートは約4分の3終了。もうあと一息だ。
次のレポートのために取り寄せた資料が図書館に届いている。この連休にあともう1通社会政策のレポートを書いて、それから一息に民法物権のレポートを書き上げてしまいたいわ。


ゆとり世代

5時起床。
朝一番で早速ディクテーションをやってみるが、いやいや思ったとおり、細かい部分が全然聞き取れていない。前置詞、冠詞がすっぽり抜けているし、そもそもスペリングミスが多い。スペルチェッカー頼みじゃいかんね、やっぱり。
少しは身体を動かそうかな・・・という気になり(きっと先日のヨガのおかげだと思うのだが)、公園をウォーキング+ラジオ体操。

帰って朝ごはんを食べたら、猛烈な眠気に襲われて、そのまま1時間半ぐっすり眠る(早起き意味ないなー)
午前中は自宅から電話会議。

ランチは自宅の裏の韓国料理屋さんにて。ここのランチを食べるととにかく元気になる。
お店のお客さんは相変わらず韓国の人ばかりで、異国ムード満載である。

午後は、Mailの片付けやら代理店の電話。あれこれ雑務の処理。

夕方は娘と犬の散歩。温泉に行きたいねーと話す。
みんなから、受験生は大変でしょう?と言われるが、行ける範囲に無理せず行きます・・・という娘はとにかく受験勉強と無縁である。
まぁ、突然、勉強に目覚めて予備校通いますとか言われても、困るのだけれど(犬の散歩と洗濯、洗物係りなので・・・・)。

ゆとり世代ってヤツですかね

私は10年色々とスキルアップやらキャリアアップを紆余曲折やった末に、こりゃどうもやればやるほど忙しくなるばかりで割りに合わん・・・・との境地に達したが、どうも娘は早くもその境地のようである。
たまには頑張ったほうが良いと思うのだが、「じゃ、頑張るとどんな良いことがあるの?」と正面切って聞かれると、首を傾げることばかりなのが、どうも今の日本の状態だと思う。

| コメント (0)

田舎暮らし

午前中は自宅で仕事。午後からは代理店訪問。
夕方早めに自宅に戻り、ノンノン(娘18歳)と犬の散歩。今日も秋晴れで気持ちの良いお天気だ。
珍しく仕事が立て込んでいて、その後もなんだかんだとPCの前から離れられない。

旦那様は本日お休みで、義母と千葉の家と土地を見にスバルで出かけた。
茂原に移り住もう・・・という案は、案外すぐに現実化するのかも。
まぁ、ノンノンが大学卒業してからだけどね。
インターネットとAmazonがあれば、田舎に住むのもアリかもと思う。(免許もない、料理もできない、生活能力ゼロの私には、もちろん夫がいないと無理だけど)

家族で晩御飯。

食事の後は、卒論用文献の読み込み。

| コメント (0)

焼酎入門

9時起床。
旦那様は野球の試合。ノンノンは家でまったり。

家の掃除をして、犬とお散歩。秋晴れの気持ちの良いお天気。
彼岸花が風で静かに揺れる。

お昼からは社会政策のレポートに取り組む。大体のあらすじは決まったので、あとはがりがりと書くだけというところまでいった。大体3分の1程度まで終了。

ようやく涼しくなってきたので、随分と久しぶりに着物を着る。
半襟をちくちくと縫いつけ、あー、お針仕事も久しぶりだわーとしみじみする。

涼しくなったといってもまだ気温は高い。麻の襦袢に、薄い木綿の着物を合わせて、半幅帯という組み合わせで軽めに着る。

夕方は、旦那様と浅草におでかけ。
浅草寺でお参りして、仲見世を冷やかし、大好きな居酒屋へと向かう。

この日のテーマは「焼酎入門」。
旦那様は鹿児島まで焼酎を買いに行くぐらい、焼酎大好きなのだが、私は焼酎はさっぱり。
でもそんなに美味しいものなら、ちょっと試してみよう・・・と

米焼酎の水割りからスタートして、村尾その他前割を色々と試してみる。どうも私やっぱり焼酎はそれほど好きではないみたい。
飲めることは飲めるけれど、美味しいというところまでいかないなぁ。
というか、飲んでみると焼酎ってやっぱり一部地域のローカルなお酒なんだねー。現地で飲めばもうちょっと感じが違うかな・・・という気がする。
どうしてこんなに焼酎ブームになったのか、そもそもちょっと不思議な気もする。

やっぱり日本酒のほうが私には合っているみたい。
焼酎って飲んでいる傍から、どんどんアルコールが蒸発していく感じで、身体の中にアルコールが溜まってこない。
その分酔っ払わないけれど、私的には、酒飲んで酔わないでどうするー?!みたいな?

さくっと切り上げて、珍しく電車で帰宅。
良い一日だった。

| コメント (0)

ヨガ

8時半起床。
小川町のオフィスにヨガのインストラクターの方に来ていただいて、プライベートレッスン。
うーん、ヨガってマンツーマンでじっくりやってもらうとクラスに通うのでは、全然深さが違うーとしみじみ思う。
60分がっちり集中できて、終わった後はかなりぼんやりしてしまった。
これは人生変わるね。
継続して来ていただくことにした。

コーチングもそうだけどマンツーマンでインストラクターからじっくり見てもらうとエネルギーのUPがものすごく大きい。慌てずゆっくり取り組めるので、実によく一つ一つのポーズが味わえる。
基礎ができるようになったら、クラスやDVDも良いかもしれないけれど、基礎を大事にしたい今の時点ではやっぱりしばらくプライベートレッスンだなぁ。

ランチは旦那様が小川町にきてくれたので、二人でタイ料理。
だんな様の愛車ミニ・クーパーは半年点検なので、この日は台車のスバル。
ぼろぼろ中古のスバルは、ミニに比較すると乗り心地良いし、広いし、超快適なんですけどー。
買ったらいくらぐらいするの?と聞いたら、10万ぐらいだそうだ。

うちのミニはきっと今回の点検でも10万ぐらい取られるだろうにねぇ・・・・と複雑な気分である。

・・・が、その後、メンテナンスをお願いしているミニ丸山のオーナーの方にお会いしてみると、やっぱりミニじゃないと駄目ね・・・とコロッと気気分が変わった。
メンテナンスをし続けて、大事に大事にミニに乗るってことは一つの文化なんだねぇ・・・

| コメント (0)

わたしが・棄てた・女

5時半起床。
朝は急な電話会議に自宅から参加。
その後は小川町のオフィスで久しぶりに一日過ごす。

ランチは近所にお勤めのコーチング仲間とあれこれ楽しいお喋り。
最近、しみじみ思うんだけど、女友達って良いよねぇ。
ビジネスって言うのは、何だかんだ言っても、絶対的に男性がマジョリティで、まぁその考え方が理解できるから、高い金払ってくれる人もいるというのは、重々承知しているんだけど、時々しみじみ面倒くさい・・・と思うことがある。

終わって、神保町の三省堂で卒論に参考になりそうなものがないのか、見て回るが特に収穫なし
まぁ、一般の本屋にそんなものが売っているわけがないのだけどね。何事もそうだけど近道はないらしい。

オフィスの掃除と洗濯をして、とにかく夕方まであれこれ本を読む。
5時間ぐらい集中して本を読むと、さすがにオフィスから出た時には頭がくらくらである。(1時間ずつぐらい交代で違う本を読む)
FPには他人が見たら、さっぱりわからないメモ書きだらけである。

しかし、ここがまた懲りない性格なので、頭がくらくらするから軽い本を読もう等と、ふらふらと東京堂書店に入ってしまう。
高校時代に読んだ遠藤周作の「わたしが・棄てた・女 」が平積みにされていて、おお、懐かしい・・・と思って買ってしまい(この時点で軽い本を読もうという目的からかなり外れている)
電車の中から、読み始めて夕飯はかなり上の空。

目が痛くて頭が痛いのに、結局最後まで全部読んでしまう。

神様ってなんだろうねぇ・・・何で人間は神様を欲しがるのかねぇ・・・と神様について根本的なことを考えさせるのだ、遠藤周作という作家は。そこから人間ってなんだろうねぇ・・という話になる。
これがまた小説という人に読ませてしまう形態だということがすごい。

最近、神様の話多いなぁ・・・「1Q84 」とかね。
もしかして世間で宗教ってブームなのか?
それとも単純に歳をとると神様が気になるものなのか?・・・とか思いながら寝る。

まぁ、文学作品読むとどうしても宗教って避けられないキーワードなので、それに私が引っかかりやすくなっているのかもしれない。
また宗教って奥が深いし、それぞれ絵画とか、音楽とか建築物なんかに発展しちゃうから、本当にもうきりがないー。
「え?それとこれってこんな風につながってたんだ!」とか、分かりだすとものすごく面白い。
オタクの原点って感じかも。



| コメント (2)

とらや

朝4時にぱちりと目が覚めたので、そのまま起床。
ミントティーを飲みながら、ブログを更新して、よそ様のブログを巡回して、Mailの返事を出す。

5時からは1時間、卒論のテーマを決めるためにあれこれ文献を読む。労働法で出そうかな・・というところまでは決まった。しかし実際にテーマを決めるまでにはまだまだ大量に文献を読まないと駄目だね。
大学の図書館で文献集めてこなくっちゃ。遠いんだよなぁ。。。。

このところ、出ずっぱりで家の中が荒れている。
午前中は家の片付けやら、洗濯やら何やら家事をする。
家が荒れると心も荒れますからねぇ。

お昼はMTのとらやで、さくっと「出しかけ御飯」。
静かでインテリアも落ち着いているし、量もちょうど良いので時々一人でくる。
まぁ、結構な贅沢だとは我ながら思うけど、フランクリン・プランナーと作戦会議もできたし、結果オーライだね。

ミーティングが二件。
終わって、上司と神田の藪そばに寄り、せいろを食べて、その後は小川町のオフィスでしばらく本を読んで帰宅

| コメント (0)

リアル

朝からMTでプロジェクトのミーティング。
サービスリリースまでに詰めなくてはならないことが山ほどあって、結局この日は夕方までオフィスに詰める。
途中、SADAHARU AOKIのエクレアでドーピング。

帰宅途中に読み始めた多読用の本。「Notting Hill」が面白い。
このぐらいのレベル(Level3)までくると、洒落た台詞なども出てくるようになって、より一層物語を楽しむ・・・という感じになってきた。
多読のサイトによれば・・・ここでどんどん難しいものを読んでいくのではなく、このレベルのものをたくさん読んでレベルを深めるのが大切らしい。

以前、途中で多読を止めたまでに読んだ総量は、325,416語+現在までに読んだ語数が56,241。100万語読むまでにはまだまだ時間がかかりそうだけれど、100万語読めば相当読める本も増えるだろうと思うと楽しみだ。

アルクの通信教材もそろそろ終了予定。
次はビジネス英語ではなくて、英語全般にそろそろ取り組もうという気になってきた。ビジネス英語ばかりだともう興味がとても続かないわ・・・・。ということでコンテンツの種類豊な1000時間ヒアリングマラソンにチャレンジ予定。
まぁ、でもその前に一回発音やらないとな。発音がわからないと結局聞き取りもできないから。

・・・という計画だったのだけれど、やっぱり「書く英語」にだいぶ問題があるなぁ・・・と思うことがこのところ、結構ある。かといって、文法の問題集はどうしてもやる気が出ない。今使っているアルクの教材を復習も兼ねて、ディクテーション(聞き取りしたものをそのまま紙に書いていく)をしていこうと思う。

夕方は御飯ができるまでノンノン(18歳)とベッドでごろごろしながらあれこれ話す。こういう時間はとっての楽しいし、貴重だ。
リアルについて、あれこれ教えてもらう。
でも、本人のリアルについてはURLを教えてくれないー。まぁ、そりゃそうだ。
しかし色んなサービスがあるものだね。





| コメント (2)

巨匠とマルガリータ

MTにて社内ミーティング2件。来客3件。

ミッドタウンは、大江戸線の六本木から駅から外に出ることなくオフィスに入れる。
ランチもオフィスの外に出なかったので、今日は一日外のお天気がよくわからない。
眺めの良い24Fのオフィスのはずだが、空を眺める余裕はなし。

まぁ、そもそもどうも高いビルから景色を眺めるというのが私はあんまり好きじゃないのだと思う。
私は下を歩いている人がきちんと見えるぐらいの高さまでが好きかな。

外に出たら、もう暗くて、なんだか一日ぽかっと抜けてしまった気分。

家族で晩御飯。

眠りの質を上げるために、21時以降PC禁止、就寝前にぬるめのお風呂にゆっくり入るというのを最近やっている。
それからベッドで世界文学全集を1章だけ読む。
読み始めたのは、「巨匠とマルガリータ」。
これがなかなか最初の章から、決して易しい本ではないので、、最後まで読みきれるが不安なのだが、物語にものすごい吸引力があり、その勢いで最後までいきそうな気がする。

眠りの質を上げるための仕上げは、夫に背中をマッサージしてもらうこと。

今日は久しぶりにアロマオイルもくゆらせた。

忙しくなると、比例してリラックスの儀式が増えていく気がする(笑)






| コメント (0)

DELFONICS Marking Clip

珍しく週の初めから忙しい。代理店とのビジネスプランミーティング2件。
朝から夕方までMT.
ビジネスプランミーティングはかなり集中力が必要なので、終わるとどーっと疲れがでる。

最近のお気に入り。DELFONICS Marking Clip
ブックマークに使用しているけれど、これが案外と紙を傷めないし、ページにしっかりつくので落ちる心配もなくて、使いやすい。
何よりデザインが可愛いくて、本についているとちょっと嬉しい。

家族で晩御飯。
旦那様と犬の散歩。
今晩も月がとてもきれい。
きっと犬は月の存在って意識したことないんだろうねぇ・・・と話す。

| コメント (0)

一周忌

父の一周忌。一年というのはあっという間である。
久しぶりに妹と姪達に会い、楽しく過ごす。
姪三人とノンノン(娘18歳)は、小さい時からずっと仲良しな上に顔も似ているので、4姉妹という感じである。

夕方自宅に戻り、山田詠美の「無銭優雅」を読みきる。
この超甘口な本を読むモードになるには、著者のファンである私ですら、かなり心に余裕があるときでないと無理。
人生の中で「恋」をこんなに大切にしている人もいないと思う。そういう人にしか書けない本である。

晩御飯は、旦那様と二人で白ワインとペンネ、それからチーズ。
すっかりゆるゆるして、就寝。





| コメント (0)

ひっそりとした毎日

1日コーチング。
昨日今日と久しぶりに暑い。
夕方は丸の内ホテルのバーで、ジントニックを飲みながら、ぼんやりと電車を見つめる。

いろんなことが今週一段落。
言うべきことは言ったし、やるべきことはやった。

さてひっそりとした毎日に戻ろう。


串亭

加速度的に仕事が増えている。
既存の代理店のお世話してこの不景気に売上維持して、新規のプロジェクト立ち上げてまわして、でもってアメリカのサポートはなくなる。
一つ誰かに会うたびに、どんどん仕事が増えてくる。ミーティング嫌いになりそうである。

おかげで煙草もすっかり元のペースにもどってしまった。1日半箱。
減薬しても意味なし・・のような気もする。

夜はコーチング仲間と小川町で日本酒。
このメンバーで24時前に帰宅したのって多分初めて。次回はアウトドアの会。楽しみだけど、ドキドキするー。

大学のレポートが返却されてきた。今回はA合格。この日曜日の法事が終わったら、毎週日曜日はしばらくレポート書きに集中しなくては。
それにしても卒論のテーマがさっぱり決まらない。うーむ。そろそろ文献集め始めないと結構後ろがきびしいぞ。

11月試験の準備もしなくては

| コメント (0)

減薬

うまく寝付けず起きたら11時。慌てて支度して、代理店へ。
ぼんやりする頭をしゃんとさせて、ビジネスプランミーティング。
さっきまで寝てたくせに、偉そうに「ターゲットをどこにするか、明確にしてください」とか言っている自分に苦笑い。

終わってそのまま出かけて、仕事の会食。
22時過ぎに帰宅。
うーん、今週は1週間が長いぞ。

不眠症と付き合うようになって、そろそろ5年。薬の量は増えることはあっても、減ることはない。
慣れてくるとだんだん薬が効かなくなるのかまた増える。
どうもめまいと記憶が突然抜けるのも色々調べてみると薬の副作用もかなり影響しているみたい

先月末ぐらいから、徐々に薬を減らしているのだが、まぁさすがに5年も依存しているとぱっとはやめられない。
とは言え、自分の中から止めるなら、今年が一番チャンスである・・・という声が聞えてくるので、ここは我慢のしどころかな・・・面倒だなと思いつつ、自分と闘っているところ。

| コメント (0)

ミート矢澤

午前中は自宅で仕事とお掃除、プラス犬の散歩。
午後からは代理店訪問。
終了してそのまま接待を受ける。

PM5:00からハンバーグ200グラムを食べて、ワインを飲み、もちろん話を聞き、男性陣と同じスピードでの残さず食べ終わるというのは結構大変。デザートのシャーベットもなかなかつらかった(私、冷たいものがあんまり得意じゃないのだ・・・・)

夜は24時から電話会議。売上伸ばせ、新規開拓しろ、でも本社からのサポートはなくなるよ・・・・って話だね、ようするに。

なかなか精神的にも体力的にもタフでないとやってられない仕事である。

| コメント (0)

人生のちょっとした煩い

朝からひたすら会議の火曜日。
常に時間は限られいてるので、申し訳ないけど相手の言い分など聞いている暇はない。
短く、厳しく、要点だけ伝える、Mailでも電話でも、会議でも。

同僚の女性に「yoshikooさん嫌な役回りばかりですねぇ」と言われたが、まったくね・・と我ながら思う。
「あの女さえいなければ・・・」と思っている人ばかりだよ、きっと。
まぁ、いいけどね。

通勤途中で読む本がなくなったので、慌てて本屋で村上春樹訳の「人生のちょっとした煩い」購入して読み始める。
うーん、これ原文で読みたい。翻訳で読むと絶対何か大事なものが損なわれている気がする(翻訳者の問題ではなく、多分そういう本なのだ)。
しかしまた、そんなことをし始めたら、もっと原文でたくさんの本をあれこれ読みたくなって、収集つかない気がする。
多読を始めたら、英語を読むスピードが徐々に上がってきて、読むのが億劫でなくなってきたので、かえって危険であるー。(ちなみに本日現在51,663語)

うーん、当初の予定では英語が少しなりともできるようになれば、仕事の時間がぐーんと減ってシンプルな生活になる予定だったのに。
英語で読みたいものが増えるというのは、まったく想定外である。
なんだか話がおかしいような気が・・・。








| コメント (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »