« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

上昇気流

土曜日はコーチングが集中。本日のコーチングは4件。
このところ、次のクライアント募集について、ぽつぽつお問い合わせをいただくが、年内募集スタートで、実際のコーチングスタートは2月になりそうな感じである。

私は個人のコーチングしか基本的に受けないのだけれど、義理があってあるベンチャーの役員会のコーチング兼ファシリテータみたいなものを頼まれて、来月11月から半年引き受けることになった。
原則月1回の土曜日ということになっているのだが、裏方作業はその10倍はかかるだろうね。
やるからには、しっかりやりたいし・・・
引き受けたミッションは「悪循環から抜け出し、上昇気流を作ること」ということである。

神保町はブックフェスティバルで、大層な賑わい。

三省堂の1階をゆっくりと見て回る。
この日の収穫は池澤夏樹の新刊2冊。1冊はコーチングの本(個人的にはハズレだった )とTwitterの本。
三省堂の1階は人文、話題の本、ビジネスの新刊、それから雑誌が一通り見て回れるので、情報収集が効率的に行えてとても気に入っている。

世界文学全集を読んでいると、どうしても手元に地図帳が欲しくなってくる。
初めて知ったけれど、地図ってピンキリで、すごいヤツは数万する。
大きさも大きいので、気軽に使えるという感じではないのだが、その分美しいし、楽しそうである。

夜の予定はキャンセルして、家族で晩御飯。





| コメント (0)

優先順位

午前中はダウン。
身体が疲れたというより、気持ちが疲れた。

MTに行って、プロジェクトのミーティング。
プロモーションの梃入れをしなくてはならない。
今は少しずつずれていて、全体を通してのプロモーションになっていない。
来週3日に祭日があるのが恨めしいぐらいだ。

営業面も、商品面も、マーケティング面も全面を丁寧に見て、ボトルネックつぶして、次の一手を早め早めに打って・・・・、プロジェクトマネジメントの仕事は、好きな仕事ではあるが、問題はそれとはほとんど関係ない別の仕事も山ほどあるってことだね。
全部うまくやってね・・・と言われてもね、かなり冷や冷やである。

その後は社内調整の仕事をあれこれ、新しいスタッフのPCの手配やら、売り上げの確認やら。

終わって赤羽橋で、上司と上司のお嬢さんと三人でお鮨。
久しぶりである。
やっぱり御飯とネタのバランスが絶妙。地方で鮮度のもっと良いものはいくらでも食べられるけれど、ことお鮨にしてみるとネタと、御飯のバランスが全然良くないというものが結構多い。
私はあまり鰹が得意ではないのだけれど、ここの戻り鰹はついつい食べてしまう。この日のオススメは鯛。それから生いくらも時期で、とても美味しかった。
ここの「ししゃも」もオススメ、あれば必ず焼いてもらう。これまでの「ししゃも」感?が変わるぐらい、ふっくらしていて、良い香り。

自宅に戻ると何やら、旦那様がダウンしている。
どうも様子を聞くと、何やら長引きそう。
しばらく夜の予定はキャンセルして、そばにいようと思う。
まぁ、このところ仕事が忙しくて、自分のことばかりにかまけていたので、罰があたったのかも。
やっぱり、おうちが一番優先じゃないとね。

| コメント (0)

しょうがのはちみつ漬け

朝は8時半にMに出社。
代理店を交えて電話会議。

その後はシニアVPを交えて、代理店の新しい社長のご挨拶を受ける。

このためだけに本日はJOSEPHの新しいスーツを着てきた。

やっぱり、新しいスーツというのは、「今」というものにぴったり合っているのだろうね。あちこちで誉めていただく。きっとお洒落な人というのは、いつも「今」にあった新しいものを着ているのだろうな・・・と思う。
そう考えるとスーツの賞味期限は結局1年。その1年の間にガンガン着倒して、翌年は新しいものに切り替えるほうが良いのだろうね。
とにかく洋服はお金がかかるものである。

小川町のオフィスに移動して、あれこれ仕事を片付けたり、合間に本を読んだり、掃除をしたり。
他部署から相談を受けることが、このところ急増している。
すぐに売上につながる話ではないけれど、まぁ先を見越したマーケティングの一環だと割り切り、できるだけ丁寧に対応する。

先日恵比寿の成城石井で購入した、「しょうがのはちみつ漬け」を紅茶に混ぜて飲むというのが、古い言葉だけれど、マイブーム。ほんのり甘くて身体が温まって美味しい。

読み返しているドラッガーの「プロフェッショナルの条件」に再三出てくる「何によって憶えられたいか?」というテーマを元にマインドマップを書いてみる。
何かちょっと見えてきた感じ。
強みを磨くために今日一日の枠の中で何をするか、考え抜かないといかんね、これは。

その他心に残った言葉。
「成果をあげる者は時間を競争しない。ゆっくり進む」

夜は電話でのコーチング。





年収2000万超の仕事

朝一番で電話会議。
突きつめて言えば、日本の代理店とコミュニケーションがうまくいかないから、助けてくれという話。
やってあげても良いんだけど、そんなのやると上から、「おまえの仕事はとにかく売り上げを上げることと、新規開拓じゃ!」と怒られるから、私の一存じゃ無理ですねぇ。
まぁ、私はどっちでも良いんだけど、どっちかしかできませんので、上とよく話し合ってちょうだいな・・という感じ。

部下のモチベーションを上げるのは、上司の仕事だとは、個人的は思っていない。
ビジネスマンなら、そんなの自分自身で何とかするものだと思っている。

・・・のだけれど、世の中には結構な数で、わざわざ部下のモチベーションを下げるようなことばかりする上司というのも存在する。
その人本人にとっても、相手にとっても全く良いことはないように見えて、理解に苦しむ。

ドラッガーの「プロフェッショナルの条件」を何年かぶりに再読。
優先順位じゃなくて、劣後順位、何をやらないかを決めるほうが難しい。
強みに集中。

まったくその通りだねと思うが、私のタスクリストには今瑣末な仕事ばかりで満たされているのだ。
あれあれ。

代理店にてプロジェクトのミーティング。
上昇気流を作り出すことを心がける。

心療内科に薬を取りに行く。厚生労働省からの指導で、薬だけ出すのは禁止になったらしく、久しぶりに先生のお顔を拝見。
心療内科で睡眠薬をもらうようになって、もう3年ぐらい経つが、そういえばカウンセリングというのは一度も受けたことがない。
何となく心の中で「心療内科=カウンセリング」という図式が出来上がっていたのだが、通ってみると、症状を尋ねられて、薬を出してくれる普通の病院である。
話を聞いてくれるどころか、いつも先生の話を聞く役である。
「こんなのばっかりやってられません・・・」とかしょっちゅう言っているのを、「ああ、そりゃ大変ですね」と相槌を打つ係である。

夕方はコーチングが一件。

その後に男友達とオフィスの近くで一杯飲む。適当に入ったお店だけど、魚介類が新鮮で美味しかった。
年収2000万超の仕事について、あれこれ聞く。
「IT業界のサラリーマンで2000万超える仕事なんて、何していいか想像もつかないわー」と言ったら、
「そんなのオレにもわかんないよ」だって。

そんなものなのか・・・・。まぁ、そうかもしれない。

「2000万ももらったら、モテなくなるから、私はいやだなぁ」と言ったら、ものすごく厭きれた顔をされた。
そういうのって結構大事だと思うんだけどなぁ。



| コメント (0)

第一四半期

社内会議の詰まった火曜日。朝一番は本社との電話会議。
終わって部内の定例会議。
お昼は長寿庵のお蕎麦。

午後からは他部署とのミーティング。溜まりにたまった仕事もようやくちょっと先が見えてきた感じ。
来週いっぱいで少し先が見通せるようになるかも。
・・・と、言いつつ先週末で第一四半期が終わったので、今度は各代理店と四半期毎のレビュー、それから自分が本社にプレゼンする四半期報告、地方出張・・・と目白押しである。

とりあえず、第一四半期はターゲットを上回りやれやれ・・・という感じ。

夕方は三越にスーツを取りに行って帰宅。
びっくりするほど、三越本店もガラガラで、不景気だなーとしみじみ感じさせる。

夜は家族で晩御飯。

本日の勉強は英語の多読とヒアリングマラソンのみで、90分ぐらい。

| コメント (0)

Kindleの辞書

今週からヨガは月曜日の朝にレッスンを受けることにした。
週の初めにヨガ・・・というのは、なかなか良い気がする。
今日から60分のクラスを90分に変えたので、終わった後の充実度は格段にアップした。

台風が近づいていて、外は強い雨が降っている。急に寒くなったので、電車の中の人々の着る服は、薄着な人から、厚着の人まで様々。既にマフラーをしている人もいる。

MTのオフィスにて、夕方まであれこれ片付ける。ようやく残タスクに取り掛かれるところまで落ち着いた。
今週中に少し落ち着くところまでもっていきたい。
この日は代理店との打ち合わせが一件。

お昼はSADAHARU AOKIでランチ。
Kindleで遊んでいたら、The Creative Habitを見つけ、さっそくダウンロード。これでいつでも読めると思うととても嬉しい。
すっかりお気に入りのKindleだけれど、いくつか問題点もある。
いわゆる多読で読んでいるGrade Readerの本が現時点ではあまり用意されていないこと、それから付属している英英辞書がレベルが高いのか、わからない単語を引いてみてもよく意味がわからないこと。
Kindleの辞書は「The New Oxford American Dictionary 」というのが付属している。
普段使っているOxford Advanced Learner'sではそんなに意味のわからないことないんだけど。
辞書の入れ替えとか追加ができると嬉しい

夜は家族で晩御飯。

Rosetta Stoneでフランス語の勉強を1時間ほどして、早めに就寝。





| コメント (2)

UBUD

雨が降ったり止んだりなので、着物と犬のお散歩は中止。
午前中に手形・小切手法のレポートための文献を読んだり、フランス語の勉強をしたりして、結構順調。
長々お風呂に入り、「タイムシフティング」を読む。

お風呂で読む本を探すのは、結構難しい。
ゆったりしているものが良いし、行間は詰まっていないほうが良い、湿気があるのでハードカバーじゃないと駄目だしね。
Kindleお風呂で使えたら、結構良いと思うんだけど・・・、英語ならそもそもそんなにスピード上げて読めないし~。

旦那様とお出かけ。

図書館によって、予約の本を受け取り、旅行代理店に行って、3月の旅行を申し込む。
今回はウブドに初挑戦。
旦那様と二人で旅行するのもこれが初めて。
3月は向こうの雨季にあたるようなのだけれど、旦那様が雨も静かで良いかもね・・・というのに合意して。
まぁ、我が家の旅行はいつもホテルでリラックスという滞在型なので、ちょうど良いかも。
その分ちょっと贅沢してプールヴィラにしておいた。The Chedi Club UBUD

そのまま蕎麦屋に行って、昼酒。
久保田 翠寿。これ旨いな、やっぱり。
これだけ味が洗練されているのを先に飲んでしまうと、他のお酒は雑味が気になって飲めなくなってしまう。

夜はまたフランス語。
このところ、英語漬けのせいか、どうしてもフランス語と比較をしてしまう。フランス語というのはやっぱり美しい言語だなみ感じいることがちょくちょくある。単語の文字の順序を見ているだけで美しい。いちいちが凝っているのだ。

会話ができるようになるわけでもないし、それでその国の本が読めるようになるわけでもない・・・と実用性の面から、大学教育で第二外国語を選択させることには結構疑問視する人も多いけれど、教養という意味で、これはやっぱり重要だと思う。
すぐに目に見えて役立つわけじゃないけれど、人生が豊かになると思う他の言語の素養があるということは。

経済的には役に立たない、自己満足な知識ばかり持っていて、でも人生を豊かに楽しんでいる人、そんな人になることにちょっと憧れるかも



| コメント (0)

ファンデーション用のブラシ

また一段、寒さが進んだ気がする。
二週間ぶりに着物を着る。薄手の木綿の着物がもう1枚欲しいなと思っていたが、今日の気温なら厚手の木綿の着物でもストールが欲しいぐらい。
着物を着ているとわずか1週間でも大きく季節が動いていることを感じる。

グレーの地に白い花を描いた着物に水色の長じゅばんを合わせてみたら、全体が急に軽くなった。合わせて水色の帯締めをする。
本当に着物の組み合わせには何通りもあって、面白くて止められない。

先日、Diorで購入したファンデーション用のブラシがすごく良い。
この筆のおかげで本当にきれいにファンデーションが塗れるようになって、化粧が楽しくなった。シミ・ソバカスの多いところには厚めに、そうでないところは薄めにというのが筆だとすごくきれいに簡単にできる。もっと早く知りたかった!と思う一品だ。

先週の土曜日はスクーリングでコーチングをお休みしたので、今週はやや混雑。

コーチングは自分と仲良くする方法を探る場とも言えるかもしれないなぁと思う。

2時間ほど、知的財産法の勉強をする。
マインドマップを書き始めて、ようやくちょっと見えてきた感じ。しかし、このスピードで勉強していたら、時間切れになりそうである。なんか対策考えなくては。

夜は家族で晩御飯。

社会政策のレポートの仕上げ完了。本日は英語の勉強時間はゼロ

| コメント (0)

リソース

昨夜そんなに飲んだ記憶もないのだが、朝起きたらひどい頭痛。
お風呂に入って、何とか立ち直り、美容院へ直行。

「白髪、急に増えましたね」とのご指摘。多分、そうだろうと思うこのところの仕事の状況から考えると・・・・。

美容院では「希望を捨てる勇気」を読む。ブログで既に読んだ内容も多いのだけれど、こうしてまとまったものを読むと、やはり立体的に物事が見えてきて面白い。
まぁ、美容院で読むような本でもないんだけど。

美容院で初めて「家庭画法」を読んだ。
昔からある女性誌なのはもちろん知っていたけれど、中身がこんなに豪華だとは知らなかった。ハイソな奥様達(50代以上?もっと上なのか?)はこういう雑誌を読んでいるのかー。
自分だったら、この媒体を使ってどうやって何を売り込むか、このハイソな奥様達にリーチにするには、そのほかにどのような媒体があるのか・・・等を考えながら読むと面白い。何でも読んでみるとマーケティングの勉強になるね。

終わって、MTに向かう。
今日は「とらや」の出しかけ御飯で、サクッとお昼御飯を済ませる。
MTの「とらや」は和菓子の店というだけではなく、和の文化を発信しようというスタイルで、とらやオリジナルの和グッズなども販売していて、これまた色々と勉強になることが多いので、必ずお店の中を隈なく見て廻る。

オフィスではあれこれ雑務を片付け、Mailを処理しているうちにあっという間に時間がなくなり、予定していた翻訳のレビューの時間は全く取れなかった。
その後プロジェクトのミーティングを二時間。
終わって、18時までMailの処理。それでもまだ全然手付かずのMailがかなりあって、恐ろしい状態。
でもまぁ、もう金曜日の夕方だし、いくらやったところで、そもそもリソース以上の仕事があるのだから、さくっと諦めてPCを置いて帰る。
結局のところ、やればやるほど仕事は増えるだけなのだ。(片付ければ片付けるほど、リソース不足を補ってしまって、リソースは投入されなくなるばかりだし)

家族で晩御飯。
愛情たっぷりの家の御飯は本当に美味しい。
すっかりくつろいだ気分になって、この日は21時に就寝。

このところ、勉強時間を書いていないけれど、英語は大体毎日2時間ぐらい。
一方、大学の勉強がすっかり空いてしまっている。
フランス語は朝のうちに、残りは週末にまとめて・・・という形にしようかと現在、画策中。
通勤途中での勉強も考えるが、六法がないと話にならないので・・・・、ここは諦めて、Kindleとヒアリングマラソンの時間にすることにする。





| コメント (0)

採用面接

このところ、仕事が猛烈に忙しい。
このブログは前日のことを朝起きてから、書いているのだけれど、最近はあんまり忙しくて、前日何をしていたのかを思い出すのに、いちいちフランクリン・プランナー(FP)を引っ張り出しているぐらいだ。

朝は夜中に行われたWeb会議の録画を見たり、ちょっと時間のかかる仕事をいくつか片付ける。
その後に電話会議。

終わってMTに出勤。時間がないので、お昼はKOOTSのおにぎりを買って済ます。
新しいスタッフの面接。
いつも思うのだけれど、採用面接って何を聞けばいいのだろうか?

どの面接でも、「厳しい環境でぜひ自分を試したい。自らどんどん学びます」という話になるのだが、実際にきてみると、想像以上(というより、想像できなかっただろう)厳しさなのだね。おそらく。
だから、実際にきてもらって働いてもらわないと、わからないだろうと思うので、あまり面接であれこれ質問する気になれないのだ。(やたらに厳しい職場だと脅かしておくのもどうかと思うし、大体説明すると、逆にものすごくやりがいのありそうな仕事に聞えるみたいで、旨く伝わらない・・・)

とは言え、きてもらって、「やっぱり駄目でした」というのは、その間にあれこれ教える私の手間がものすごくかかる上に、プラス大体のケースではその後の後始末にものすごく時間をとられるので、できれば勘弁していただきたい。
今年はその「やっぱり駄目でした」の後始末ばかりしているような気がして、さすがに私も疲れてきた。

その度に代理店に平謝りしに回り、そしてその分の借りをどこかで返すために想定以上にハイタッチすることになる。
勿論その分時間が取られるので、新規を開拓する時間はなくなり、新しい仕掛けも打ち出せない。
今度はUSからお前はいったい何をやっているんだ?と詰め寄られる。

終わって、他部署との打ち合わせ。
あっという間に夕方。

夜は小川町で中華「金陵」
二軒目は路地を入って、「Beer-Bar more&more」へ。

素の自分を出さないというのは、一見自分を守っているように見えるけれど、長い目で見るとあんまり割りに合わないのではないかと思うのだが、どうなんだろう。
男の人というのは、本当に大変だよな、と最近しみじみ思う。
まぁ、こっち側から見ると、自分で(自分達で?)自分をそう仕向けているようにも見えるけどね。


Kindle

このところ、朝6時前に目が覚めることが多い。
今朝は、なぜか4時に目が覚めてしまった。

朝一番は、Mailのチェック、ブログの更新、しばしネットサーフィン、前日のことを振り返りながら日記を書く、前日使ったお金をチェックする。
それから、家族で朝ごはんという流れになっている。

仕事に出る前に、1日の計画を立てて、ゆっくりお風呂に入って、家の中を少し片付けて、洗濯物を干しておく。さらに時間があれば、瞑想を・・・。そして9時に家を出て、MTなり自分のオフィスなりに出勤するというのが通常の流れ。

この日は少し早めに小川町に出勤して、知的財産法の勉強をしようと思っていたが、いきなり仕事の電話が入って、予定はご破算。
その後はUSに出さなくてはならない資料をまとめる。

お昼は時間がないので、コンビニの御飯で済ませる。
本についてのブログを久しぶりに更新。

午後は代理店を2件訪問。
このところ、あまり代理店と話していなかったので、会うとあれこれ聞かれ、頼まれ仕事が増える。合間合間にまた電話が山のようにかかってきて、これまた仕事が増える。
それでもどちらも前向きな話が多いので、エネルギーをもらった感じ。

予算に余りが出たので、新商品のプロモーションを企画しなくてはならないのだけれど、あまりに忙しくてどうにも物を考える時間が取れない。
7時間以上働くと、電池切れを起こし、途端に(ただでさえ悪い頭が)さらに頭が悪くなる。時間制限が多いのだ。(ウルトラマンみたいだね)

自宅に戻り、娘と犬の散歩。一日、一日秋が深まっていく。
もうすぐテニスのナイターも終わって、冬に入るなー、としみじみ思う。

Kindleが届いた。KindleStoreで売れている本やレビューを見ているだけでも楽しい。しかもこれが全部英語なので、一応英語の勉強になるしね、と自分の中ですっかり言い訳が出来上がってしまう。
PCや携帯を使って、文章を読むというのがどうにも苦手なのだが、Kindleは画面もとても見やすいので、ついついはまる。白黒なのも嬉しい。

<本日の学習時間>

英語:120分

ヒアリングマラソンを楽しんでいる。精聴する時間なんて、取れるかな~と心配していたが、ノイズキャンセリングヘッドフォンがあれば、移動中の10分の時間でも相当集中して聞くことができることが判明。

| コメント (0)

ヒアリングマラソン

これまではアポイントだけをスケジュールとして、フランクリン・プランナー(FP)に記載しておいて、会社のOutlookでも同様に管理していたのだけれど、あまりに仕事の量が増えてきたので、30分以上かかると見込まれる仕事については、全部スケジュールを入力&記載することにした。(Get things done方式かしら?)
そんなわけで、今週は1週間の予定をOutlookで見てみると、全てぎっちり。

そういえば、正社員の頃って、こんな感じだったなぁ・・・と思い出した。まぁ、少なくとも来月いっぱいはこんな感じかもしれないな。

届いたヒアリングマラソンを早速やってみる。
これはすごい!生きた英語がラジオドラマあり、映画あり、インタビューあり、ニュースあり、でもってそれが結構旬なトピックばかりなのだ。スピードも速く、普段の仕事ではあまり使わないボキャブラリーも多いので、まだまだ全然ついていけていないのだけれど、これは良い教材だな・・・としみじみ思う。
確かに英語の達人達がこぞって薦めるだけのことはある。
これでフルで1000時間ヒアリング鍛えたら、留学と同じぐらいか、バラエティに富んでいるので、もしかするとそれ以上の効果があるような気がする。
ただ、問題は易しいレベルのパートでもかなりレベルが高いので、初学者にはなかなかハードだし、続けるモチベーションがどこまで保てるか・・・というところだろう。

私のように日々、ノン・ネイティブスピーカーの英語に悩まされている人には特にかなりオススメ。これだけバラエティに富んだ英語を集めた教材は見たことがない。

午前中は小川町から電話会議に参加。
ランチは近所の「牡舌亭(ぼたんてい)」にて。テールスープが美味しかった。

午後からはMTに移動して、社内のミーティング1件。代理店のミーティング1件。

日本の会社の人たちは、同業他社との情報交換が本当に好きだ。そして常に同業者が何をしているかウォッチしている。
だから、気がつくと全部横並びのサービスになっていて、結局誰も伸びないし、市場に健全な競争が生まれてこない。
新しい発想も生まれない。

長く見積もって、今いる部門のトップのおじ様達は、あと残り10年ぐらいなら何とかなるかもしれないが、今30代の人たちはこの先20年間なりをどうするのだろう。その上のやり方を踏襲しているのでは、このままではもう厳しいだろうと思う。
もうすでに市場は国際競争に入っているという認識ができてきているところと、そうでないところでは、溜まってくるノウハウの量が10年後には相当大きな差が出るだろう。

夜は小川町のオフィスに戻って、ヨガのプライベートレッスン。
今日は集中してヨガの世界を堪能。
来週からは早朝のヨガになるので、これまた楽しみ。

カズオ・イシグロの「夜想曲集」を読み始める。
一話一話ゆっくりと大切に読んでいきたい本。
こういう本が1冊あると、ペースの切り替えにとても良い。

<本日の学習時間>

英語:120分 



| コメント (0)

雑感

朝、出かける前に洗濯物が干せて、瞑想ができると、気持ちよく外に出られる。

午前中は直行でプロジェクトのミーティング。

午後からは小川町のオフィスで溜まりに溜まっている仕事を一つずつ片付ける。

仕事が多い・・・というよりは、仕事の守備範囲がやたらに広い・・・という感じで、プロジェクト以外の部分は広く浅くという感じになっている。

大きな塊の仕事は時間を別に取って・・・とスケジュールしていたら、一目見ただけで息がつまるほどOutlookのスケジュールは埋まってしまった。きっとしばらくこんな感じだろうな。(それでもまだ山のように残タスクがある)

決まったアポイント以外はほとんどフランクリンプランナー(FP)に記入していないのだけれど、これはもう全部の時間を細かく計画しないと無理みたい。まぁ、しばらくそんなスタイルでやってみる。

小川町のオフィスでは、ゆっくりお茶を淹れたり、疲れたら瞑想をしたり・・・と自由なスタイルで働けるので、集中力も高まりかなり能率が良い。気分転換に本屋散策というのもあるしね。

家族で晩御飯を食べて、夜は録画しておいた「相棒Season8」の初回を見る。今回は初回ということでフルキャストだね。

ヒアリングマラソン到着。
そろそろ試験も近づいてきたので、英語の勉強は移動時間と隙間時間だけにしないとな

| コメント (0)

禅的生活

朝起きたら、風邪をひいていた。
まぁ、夫の作った御飯をしばらく食べていなかったので、そういうこともあるだろう・・・とすんなり受け入れる。
加湿器にラベンダーのオイルを垂らして、ゆっくり休む。

休みながら、ゆっくりテイク・ナット・ハンの「あなたに幸福が訪れる禅的生活のこころ―澄んだ思考と穏やかな心から生まれる「真の力」の使い方」を読む。

彼の本は、私のテーマである「愛ある生活。豊かな生活。静かな生活。 」を考えるうえでベースになっている部分が多い。
仏教に帰依しようというつもりはないのだけれど、禅的生活というにはとても心が惹かれるものが多い。

朝、晩読んでもっと毎日の生活に取り入れて、スローライフを加速させよう(変な日本語だ)



| コメント (0)

分銅屋さんの足袋

足袋のことを聞かれたので、ちょっとメモしておく。

足袋は分銅屋。京都の足袋専門店である。

サイズは極細、指長、袷4枚馳の22.5。イージーオーダーというやつである。
江戸時代から続くお店の入り口はちょっと暗めで入りにくいのだが、中に入ると、すぐに畳みの上に上げられて、親切にサイズを見てくれる。
私も数年前に、ここで足袋を選んでもらった。

その時に初めて、足に吸い付くとは、こういう意味だったのかとしみじみ思った。

ここの足袋に出会うまでは、いくつも足袋を試してきては失敗した。

お店の方に言わせれば、私の足は「足袋屋泣かせの足らしい」。足幅が細くて、足の指が長いそうだ。
市販の足袋ではそもそもほとんど合うはずがないらしいことも初めて知った。

現在はサイズを伝えて、郵送で送ってもらっている。

柄物の足袋も可愛いとは思うが、私は基本的に犬の散歩用にしている。
色々履いてみたが、やっぱり白足袋が一番美しいと思うのだ。
それもサイズがあったやつは本当に気持ちが良い。着物姿全体が引き締まる。

京都に行く機会があったら、ぜひ訪れてみてほしい、お店である。

| コメント (0)

Dior

珍しく朝の早いうちに犬と散歩。
朝の真新しい空気に全身が喜ぶ。

午前中は代理店に直行。

午後は海外からのお客様、日本人が少しずつ業務を改善するのに比すると、とにかくアメリカ人というのはイノベーション思考である。彼らのビジネスモデルには随分と考えさせられることが多かった。
何をノウハウとして溜めていくかは、その後の会社の生死をわけるね。

夕方までMTであれこれ片付け。
恵比寿の病院に薬を取りに行く。
終わって、渋谷に出て、ファンデーションが切れていたので、Diorで買い物。
ついでにいくつか足りないものを見せてもらう。
ゆっくりメイクもしてもらったので、30分ぐらいかかってしまった。
でも、こういうお店は店員さんとたっぷり会話も楽しまないとね。

スキンケアはPOLAを使っているが、メイク用品はDior。POLAのメイク用品は全体に昭和の香り・・・という感じだし、Diorのスキンケアは逆にリッチ過ぎる・・・と思っているので。

鏡をこんなに長いこと見たのは久しぶり。
随分と肌が疲れている。あー、まずはスキンケアをきちんとしなくちゃ・・・と反省。

丁寧にお化粧を施されている自分の顔を見ながら、プロの人でもこれだけ手をかけてメイクをするんだから、素そもそも人で不器用な私なんて、もっと丁寧にやらなくちゃきれいに仕上がるわけがない・・・と思う。

一つ一つの化粧品の扱い方が、そもそも美しい。
自分の化粧品の扱い方が乱暴なことにも気がついた。
あれこれメイクのポイントなどもあれこれ聞けて、充実した時間だった。

<本日の学習時間>

英語:90分 多読を中心に、移動が多かったので、随分と進んだ。多読は本日で10万語突破。

大学:30分 フランス語

| コメント (0)

手放す

ひょっとして3連休ゆるみすぎ?
何となく調子の出ない連休明け。午前中はさして仕事は進まず。
まぁ、それでも重要なことは結構片付いた。たまたまこの日はフランクリン・プランナー(FP)に優先順位を細かくつけておいたかおかげだな

午後から段々に調子が上がっていく。

プロジェクトのミーティングを夕方終えて、小川町のオフィスに移動する。

本日はヨガ。

あらかじめ少し時間をとって、ゆっくりリラックスしてからレッスンに臨んだのだけれど、この日は気になることがたくさんあって、なかなか集中できず。
集中できないので、呼吸が浅くなり、呼吸が浅いので、ポーズがきつく感じられる。そしてまた呼吸が浅くなる・・・という感じ。
マインドフルネスでヨガに入り込めていないので、逆に色んな気づきが出てくる。
「ポーズをとりながら、指導もするってすごいスキルだな~」とか、「あー、なるほどその台詞は心に響くなぁ」とかね。
レッスン中にこういうことを思うのって、全然ヨガに入り込めていないってこと。

それでも終わり間際になって、ようやく深く呼吸ができるようになった。
いやいや、これは奥が深いわ。
「手放す」というのは、何につけても大事なキーワードだな・・・としみじみ思う。

<本日の学習時間>

英語:70分 

大学:30分 フランス語

| コメント (0)

Twitter

家の中をざっと片付けて、小川町のオフィスへ。
ここでもお掃除。
宅配ボックスには、マイクロファイバーのひざ掛けが入っていた。冬支度は楽しい。

オフィスのMacであれこれtwitterをいじる。ようやく何となく雰囲気がわかってきた。
http://twitter.com/yoshikoo_coach
このブログにも表示されるように右側に貼ってみた。なんだかんだこの日はTwitterいじり、フォローしたい人を見つけるというのがそもそも中々難しい。

そもそも私RSSでWatchしている人も少ないので、そりゃー、なかなかフォローしたいという相手もいないわね(笑)

だんな様と錦糸町で待ち合わせ。
先日、大学のレポートが合格したので、自分へのご褒美。半襟を一枚。優しいクリーム地の色に片側だけピンクで花の刺繍。

自分へのご褒美に着物を小物を一つというのは、なかなか良いと我ながら思う。
場所をとるものではないし、小物が一つ増えるだけで、随分と組み合わせが広がる。しかもその小物はほぼ一生使えるしね。
お値段的にも、お財布に有難いし。
(これがエルメスのスカーフとかだったりすると、とてもそんなわけにはいかない・・・・)

この日は錦糸町の馬力で、昼酒。
今日は競馬がお休みなので、店内もわりとのんびり。出雲駅伝を見ながら、モツ刺しをつつき、レモンサワーを飲む。

空いた時間は、ほとんど本を読んでいた。
ぎっちりとした法律の本を読む時間が増えたせいか、普通のビジネス書を読むときのスピードがものすごく上がった気がする。

この秋はじっくり腰を据えてテイク・ナット・ハンの著書を読もうと思う。
手帳には「マインドフルネス」という言葉を常に見えるところに書いておこう。

しかし、この3日間は遊びっぱなしだったわー。

<本日の学習時間>

英語:10分 

大学:60分 知的財産法

| コメント (0)

書物に明日はあるか

本日の朝ごはんは、土鍋の炊きたて御飯に、昨夜旦那様が干した秋刀魚の開き。
うまうま大満足。

旦那様は野球に出かけたので、私は犬と散歩。
快晴の空の下、犬はウキウキで後姿からも、上機嫌ぶりが見て取れる。

図書館に行って、大学のレポート資料を返却。
久しぶりに一巡したら、あれこれ目につく本があって、気がついたら、6冊借りていた。
図書館の品揃えというのは、新刊重視の書店とはまただいぶ違っていて、時々巡回すると結構好奇心が刺激される。
ちょっと読んでみたいが、買うほどでもな・・・と思っていた本も読めるのが嬉しい。

本代についてはかなり学生の頃から、無頓着なほうで全く気にしないのだけれど、本棚に置くべき本については、結構うるさい。
本というのは、また買えばよいのだから、読んだ端から捨てるという意見もよく聞くが、私はこと本については、そこまで踏ん切りが良くなれない。

・・・と思っていたら、
「考える人」に内田樹先生の「書物に明日はあるか」を読んでいて、おお、なるほど・・・と思う箇所があったので、メモしておく。

そして、もう一つこれが最大のメリットですが、書物を書架に並べておくというのは、自分の脳の中身を一望俯瞰的に図像的に開示しているということです。自分が何を考えている人間であるかが一望できるような機会というのは書架というものによってしか得られません。

そうそう、そうなのよ。上手く説明できないけれど、私もそう思っていたのよ・・・という話が内田先生の本にはとても多い。

夜は、一休にて、家族でお好み焼きともんじゃを楽しむ。
我が家からの距離はちょうど良い散歩という感じ。
ここの旨さは通い詰めないとちょっと分かり難い。(というか、この手のものってそういうものなのか・・・)
素材がすごく良いとか、店がすごくきれいで、感じが良いとか(下町な接客が苦手な人にはちょっと無理かも))、そういうお店じゃないのだけれど、やっぱりここは美味しい。
子供の頃から、行くお店がいつもここなので、当たり前のように思っていたのだけれど、他所のお店で食べると、やっぱり一休ってかなり美味しい店なんだ・・・ってよくわかる。

美味しいものを一緒に食べて、家族三人で公園の中を抜けて帰る。
家族で食事に行って、子供が飽きたときのためにゲームを持たせているのって、どうなんだろうねぇ・・・と話しながら。
静かにしているから、他のお客さんに迷惑にならなくて良い・・・ということなのか・・・。
それでは家族に一緒に食事をすることにはならないような気がするのだが・・・

<本日の学習時間>

英語:50分 
久しぶりに「速聴の英語」を読み返す。やっぱり大量に英語を聞くをやらないと駄目だなぁ。発音の勉強もやらなくては。

大学:90分 フランス語、知的財産法




今月号は、個人的に興味のある記事が多くて、かなり満足。このぐらい内容の充実した雑誌も少ないと思う。

| コメント (0)

金木犀

午前中は小川町でコーチング。
この日は自宅に財布を忘れるし、携帯は小川町に忘れるし・・・と忘れものばかり。
財布も携帯もないと頼れるものはSuicaだけ・・・心細いものである(400円ぐらいしか入ってなかったし・・・・)。

旦那様と行きつけのお蕎麦屋亀戸の山水で待ち合わせ。
美味しい蕎麦屋はとにかく酒の肴がうまい。この日のヒットは、牡蠣ちり、それからオーナーお手製のキャベツ漬け。
最後は鴨の荒引きせいろ蕎麦でしめる。

本日はわりと厚手の綿着物に、お太鼓帯という姿で。やや暑いかと思ったら、ちょうど良いぐらい。
帰り道、あちこちで金木犀の木を見つけながら、手をつないで帰る。

ノンノンは姪の運動会の応援にお出かけして、風邪をひいて帰ってきた。
家族全員ちょっと風邪気味かも。季節の変わり目は用心しないとね。

<本日の学習時間>

英語:20分 多読
大学:90分 独占禁止法

いわゆる法律の基本書をがっちり読み込むというのは、試験対策としてはあまり要領の良いものではないのだけれど、思考の訓練という意味ではとてもためになる。
私の場合大学の勉強は、実務スキルをつけるということは入学当初から 全く主眼ではなく、こういった思考訓練の場を日々の中に持ち続けるというのが目的なので、こういうことをきちんとやらないと駄目だな・・としみじみ思う。






仕事のことなど

朝からMT。
午前中は代理店と営業進捗についてディスカッション。

午後はぶっつづけで4時間プロジェクトのミーティング。

空いた時間に今後のForecastと現状の売上の確認。プログラムのサポートという感じ。

集中力の必要な仕事ばかりで18時半にオフィスを出た時にはふらふら。

このところしみじみ思うが、この歳になってくるととにかく万全のコンディションでなければ片付けられない仕事ばかり。
若い頃は、今日はだるくて、全然駄目でしたという日があっても良かった気がする。
まぁ、若い頃は派遣社員だったから、とりあえず3ヶ月頑張ろう!、3ヶ月の間にこれとこれのスキルをつける・・・みたいな、自分なりの達成目標が立て易かったしね。

今は仕事の大半が人に会って、調整して、ヒアリングして、実行して・・・と、どうしても人を動かす仕事ばかりだというのもあるだろうな。

有期の業務委託で請け負っているだけで、会社には特にロイヤリティがあるわけではないので(会社が悪いわけじゃなくて、私は多分、団体に対してロイヤリティというものが持てない性質なのだ、会社でも学校でも)、契約期間終わるまで目一杯頑張って、さよなら~というつもりだったら、これはこれで疲れないのだけど、一緒にビジネスプランまで作っていて、相互に色んな意味で貸し借りやらコミットやら、信頼があるわけだし、外資系だ、ビジネスの関係だって言ったって、やっているのは人間同士だから、まぁなかなか、そう抜けるに抜けられない。

外資なので、相手は突然契約更新しません・・・と言って来るだろうが、それはそれ、これはこれである。
突然契約なくなっても大丈夫なように、こちらはこちらで手を打っておけば良いだけだし。
むしろさっぱりしていて良いと思う。

しかし、とてもじゃないけれど長時間オフィスに居続けるような働き方、少なくともこの仕事では無理である。そんなことしたら、翌日のパフォーマンスが落ちるばかりで、結局仕事が増えるばかりなのである。

そして私の今の仕事の場合、長時間働くというのは、ものすごくMailの処理と電話に時間を取られているだけ・・・ということが多い。
ただの処理仕事というのかな、営業の本質である数字を上げる仕事に直接結びつかないものばかりである。

物を考える時は、できるだけPCから離れて、フランクリン・プランナー(FP)でやることにしている。
そうしないと、PCで瑣末なMail処理だけして、何となく仕事をした気になってしまうことが多くて、本質は全然進んでいないということが多いから。


台風

台風のため、一日家に引きこもって仕事を片付ける。
おかげで家事も随分と片付いた。

今日は一日あちこちから電話が多くて、仕事の時間の半分は電話で話していたような気がする。
こういう日は結構ある。

台風もようやく去ったので、夕方は夫と犬の散歩。
風はまだ強いけれど、金木犀が香り、空は澄んでいて、久しぶりの散歩はとても気持ちが良かった。
これから、しばらくすると銀杏がいっぺんに色づいて、この公園は黄色く様変わりするだろう。

夜はプロジェクトの製品リリースの検証。
山ほど課題が見えてきて、1週間に1度の進捗点検ではとても間に合いそうにない。
あまりの仕事の多さに、しばしへこむが、過去にマネジメントしてきた大型のプロジェクトだって、いつもこんなだったと気を取り直す。
今回は社内政治がほとんどからまないだけ、随分とラクなのだと思うことにしよう。

<本日の学習時間>

英語:15分 多読

多読は現在、ディケンズの「デイヴィッド・コパフィールド」を読んでいる。まさかこの歳になってこの本を再読するとは思わなかったなぁ。
もちろん、初学者用にかなり短縮されていて、読みやすくなっているのだけれど、懐かしい。
多読については、Kindleが手に入るとまた随分変わってくるかな・・・と思う。楽しみである。

大学:15分 レポート 15分 独占禁止法





| コメント (0)

ブログの更新

昨夜、ヨガを行ったせいか、今日の目覚めはかなり充足感に満ちていた。
この新しい習慣は私の人生を大きく変えてくれるような気がする。

コーチング、フランクリン・プランナー、マインドマップというのが私にとって、キャリアにおける三種の神器だと位置づけているが、ヨガはもしかして、第四番目のアイテムなのかも。

朝は直行でプロジェクトの打ち合わせ。
マーケティングにしても、営業にしても、ユーザ体験をしてみるということは非常に有益だし、簡単なことだと思うのだが、案外と多くの人はこれをやっていない。
自分で実際に体験するだけでも、随分とたくさんのことが見えてくるはずだ。仕事の基本だと思う。

自社の製品がどういうものなのか、よくわからなければ、営業は物が売れないし、マーケティングは戦略を作ることができない。

そのまま自分のオフィスに戻って、新聞を読みながらゆっくりランチ。

仕事を片付け、コーチングのブログを更新。
コーチングの予約の多い週は、更新をお休みしているが、コーチングのブログ自体もコーチングの一種と捉えているので、今週のようにコーチングのセッションが少ない時はできるだけ、新しいコンテンツをアップしていきたいと考えている。

このブログは毎日更新なのだけれど、なかなかこれも時間の関係できつい。
コーチングのブログや本のブログを更新した日には、こちらのブログはお休みを入れようかな・・・とも考えている。

夕方までオフィスにいたので、随分とあれこれ片付いた感じ。

自宅にて家族と晩御飯。

<本日の学習時間>

英語:70分 多読、リスニング、精読

大学:45分 卒論 20分フランス語

卒論の参考文献として、玄田有史先生の「働く過剰 大人のための若者読本」を読んでいる。
社会で働く働き手の一人として考えさせることが多い。
特に会社が即戦力を欲しがるのは、廻りまわって競争優位とはならないのではないか・・・という話は大いに賛同する。




| コメント (0)

YOGA

午前中にPCの不具合をFixして、午後のミーティング資料を作成。
来年のPC交換の時期には、Macも選べるようになるらしい・・・・。
朗報・・・!と思ったけれど、ものすごく重いですよ(重量が)・・・と忠告された。
まぁ、来年になって、まだここに居たら考えればいいか。

今日は朝からMT.

社内のミーティングが2件。

既存の代理店の売上は落とさず、プロジェクトも担当し、地方の開拓も・・・・という要求はわかるが、とても一人ではそりゃー手が廻りませんわ・・・・という感じ。
少し前から、そんな話をされると馬鹿馬鹿しくなってすっかりモチベーションも落ちてしまったけれど、最近はまぁ粛々とやれる範囲で取り組みますかね・・・という気分である。

夕方からはヨガのプライベートレッスン。
最初はなかなか集中できなかったけれど、徐々に気持ちがすーっと静かになってきて、後半はヨガの世界にどっぷりはまる。
ゆっくり一つ一つ丁寧にポーズを見てもらうと、自分の身体の歪みなどもわかってきて非常に面白い。
終わった後は、何となく背が伸びた気がする。

自宅に戻って晩御飯。旦那様の作る御飯は私にたっぷりエネルギーをチャージしてくれる。

<本日の学習時間>

英語:10分 多読

大学:25分 独占禁止法

「アンナ・カレニナ」の再読にハマってしまい、多読の本を読まずにそちらを優先して読んでしまったため、本日の勉強時間は極端に少ない。しかも「アンナ・カレニナ」って上中下と3冊あるんだよなぁ・・・・。





| コメント (0)

クライアント体験

朝一番で、自分のコーチからコーチングセッションを受ける。
この先の見取り図を手に入れた感じ。
自分自身がセッションを受けることは、自分がコーチを続ける上でもやっぱり必須だなとしみじみ感じる。

終わってクライアントとSkpyeによるコーチング。

友人とのランチの予定がキャンセルになったので、予定より早めにMTに出社。
がりがりと溜まっている仕事を片付ける。

午後はプロジェクトのミーティング。予定になかった社内会議に呼ばれる。

途中、ネットワークのパスワードを変更したら、あちこちに不具合が出て、仕方なくお仕事終了。
明日のミーティングの資料も全然できてない・・・・うーむ。

夜は、海鮮酒家 海皇にてシーフードの中華料理をいただくゴージャスなお味。
素材が新鮮でとても美味しかった。ご馳走になったので、コストパフォーマンスはわからず。
ビール、ワイン、紹興酒とぐいぐいいただく。こんなに飲むの久しぶり。

二軒目はパブ・カーディナル・アカサカ。同性同士のお客さんが多いバーというのは、良いバーであることが多いね。カクテルをいただく。
雰囲気もとても良くて、明朗会計。使いやすいお店だと思う。

さすがにこれだけ飲むとふらふらで、タクシーで帰宅。24時前だった。こんなに遅くなるのも久しぶりである。

この日の学習時間はきれいさっぱりゼロである。

| コメント (0)

楽天地サウナ

ノンノン(娘18歳)と岩盤浴にはりきって出かけたら、満員で入れなかった。
以前は予約いらなかったんだけれどなぁ。あちこちで潰れてしまってお客さんが集中しているのか。

まっすぐ家に帰るのも癪にさわるので、楽天地サウナで遊ぶ。
都内だけど天然の温泉である。
レトロっつーか、昭和の香りぷんぷんで、映画のロケとかに使われそうな感じである。

ランチを済ませて、自宅に戻って、有吉佐和子の小説を読む。
うーん、やっぱり有吉佐和子の小説って面白い。これだけ頭の良い女流作家というのもそうそう見当たらない。
着物の話もこの人が一番面白い。
登場人物に着せる着物の描写が、その人物の背景を見事に語るのである。描写がくどくど説明していないところも良い。

夕方からは、ノンノンと犬の散歩。

旦那様は、野球の試合に勝って帰ってきた。4打数3安打ってイチローよりすごいね・・・と話す。
そんなわけで、次週の3連休はまた野球らしいので、私は大学の試験勉強でもするかなぁ・・・・と思う。

本日の晩御飯も力が入っていて、とても旨い。

なるほど、なるほど、家の御飯なら、食べたいものだけ食べればよいし、そもそも私の好きじゃないものは出てこない。
量だって好きなだけ食べられる。
塩加減だって、全部わたし好みの味付けなんだから、そりゃぁ外で食べるよりずっと良い。

以前、男友達が、嫁さんの作る食事が好みに合わなくて、真っ直ぐ家に帰りたくない・・・とぼやいていたが、本当にその気持ちはよくわかる・・・。もしもそうなら、私も真っ直ぐ帰らないだろうなぁ。。。。

<本日の学習時間>

英語:10分 多読

大学:30分 フランス語 +40分 知的財産法 +10分 卒論





| コメント (0)

馬力

雨が降ったり止んだり。

朝食は、土鍋で炊いた御飯にいくらをたっぷり。
旦那様が筋子を買ってきてばらし、漬けておいてくれたので思う存分食べられる。
すっかり満足して、二度寝。

昼頃、ゆるゆる起き出して、長風呂。

雨なので、着物は中止。明日はノンノン(娘18歳)と岩盤浴だし、この週末は着物を着る機会がなくて残念。

前々から、行ってみようと旦那様と話していた錦糸町丸井の裏(場外馬券売り場近くって言うべき?)「馬力」に行ってみる。
これはもうかなり正しい感じの下町大衆居酒屋。喫煙率ほぼ100%の本格派。
大半のお客は常連。競馬新聞を片手にサワーなどを楽しんでいる。
若者達がちょっと興味本位で入れる店ではない。(お店の雰囲気がこわれてしまう)
すんなりとそのうらぶれた風景に入れるとき、しみじみ、あー、歳をとって良かったと思うのだ。
歳相応の疲労感みたいなものが大事なのである。

久しぶりにゆっくり競馬見たわー(この辺の居酒屋はどこも競馬のある日は昼間からやっていて、競馬中継が見られる)

メニューもたくさんあって、あれこれ迷うが、何しろ家の近所だから、また来れば良いんだから、気も楽だね。
ホルモン中心に色々といただく。
おでん堪能(おでんというのは、家で作るより絶対外のほうが旨い・・・というのが持論である)。
焼おにぎり堪能(にんにく味噌というのがまたすごい。焼おにぎりの美味しい居酒屋は正しいというのも持論)

夜には雨が上がったので、たっぷりと犬の散歩。
月には雲がかかっていたが、ちらりと見えた満月の美しいこと。
旦那様はすっかりご満悦で「仲良しっていいねぇ・・・」とつぶやいた。
私は金曜の晩からすっかりお休みモードだったが、ようやく旦那様もお休みモードに入ったみたい。
良し良しって感じだ。

<本日の学習時間>

英語:20分 多読
大学:30分 フランス語

| コメント (0)

カタヤマ

朝から雨降り。
MTにて代理店と打ち合わせ。
その後は淡々と仕事を片付け。

途中、小川町のオフィスに寄ろうと雨の中出かけて行ったら、鍵を忘れていたことに気がついた。

なんてこったい!と思い、とりあえず一服しようと小川町の交差点にあるエクセルシオールに入ったら、全席禁煙に変わっていた。ひゃー、と思いながら、しぶしぶ野菜ジュースを飲みながら、毎日新聞を読む。
大学の試験に向けて、毎朝新聞をキオスクで買って読んでいるのだがら、朝日、日経、産経、毎日の4紙の中から、その日の気分で1紙選んで読んでいる。それぞれの新聞に特徴があって、読み比べてみるとなかなか面白い。
紙面の差も面白いのだけれど、何より興味深いのが出稿広告の差や連載小説の執筆者の選び方。
読者層が透けて見えてくる感じで、笑みをもらすことも多い。

夜はそのまま仕事の続きの会食で、カタヤマにてステーキをいただく。
今日、いただいたオーガニックのステーキはお肉に全く臭みがなくて、柔らかくて美味しかった。クセが無さ過ぎて、つまらないという意見もありそうだけれど、私にはこのぐらいでもう十分。
ここのお店はいつも活気があって、賑やか。
従業員の人たちが楽しそうに働いているのもすごく良いし、ご近所に住む下町のおじいちゃんたちが、カキフライやら、ステーキを嬉しそうに頬張るのを見るのも楽しい。
自宅の近所にぜひとも欲しいお店である。

今週は結構あれこれ活動が多かったような気がする。

<本日の学習時間>

英語:40分 多読+リスニング

多読は、現在の総語数 89,778語。
リスニングは、ヒアリングマラソンのサンプルCDが届いたので、早速聞いてみた。
これがラジオドラマあり、歌あり、ニュースあり、インタビューあり、とコンテンツが非常にバラエティに富んでいて、面白い。
スピードもアメリカのリアルな英語で、そうそうこのレベルだよーと納得。
コンテンツそのものが面白くて、アメリカのカルチャーを知る上でも勉強になるというのが、すごく良さそうで期待大。

| コメント (0)

戦闘服

朝・昼・晩とコーチングを3セッション。

午前中は三越にて、秋冬物の戦闘服(ようするに仕事用の服)をまとめて購入。これで当分買い物行かなくて良いと思うと、本当に嬉しい。

昨年戦闘服へのゼロ投資だったツケは大きかった。とにかく着るものがないので、しょうがない。

仕事の実力を補うためにきちんとした服を着るというのは、結構効果的な投資だと思う。

今日は午前中いっぱいかけて、買い物。
結果、JOSEPHでスーツ1着 インナー2枚。
THEORY LUXCEでコート1枚、ジャケット1枚、インナー1枚

試着は多分この倍ぐらいしている。

午後は小川町のオフィスで仕事を片付ける。
途中、恵比寿の病院に行き、薬をもらってくる。
夜の外出を減らしたら、最近は、睡眠薬も半分になってわりと調子が良くなってきた。

本屋さんで「センセイの鞄」を見つけ、そういえば母親にハードカバーを貸したままになっているのを思い出した。
寒くなり始めると何となく、読み返したくなる本だな・・・・と思い、文庫で再購入。
そうだ、日本酒と鍋物の話があちこち出てくるんだったな・・・と思い出した。淡淡とした恋の物語は、ぬるいお燗のようにじんわりと心に沁みる。

<本日の学習時間>

英語:50分 多読+リスニング
大学:20分 レポート清書






| コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »