« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

脱「でぶスモーカー」の仕事術

朝9時前に新幹線に飛び乗り、一路東北へ向かう。
朝のうちのぐずついた雨は上がり、晴天の空。
今回はプロジェクトのメンバーと同行なので、道中もあれこれとプロジェクトについて打ち合わせ。
ゆっくり話せる機会になってとても良かった。

この日は二箇所訪問先があって、一勝一敗という感じ。
自治体の仕事というのは、本当に担当者次第で、スピード感がまったく違う。まぁ、次の営業先も紹介してもらったので、良しとしよう。
地方の仕事は本当に少しずつの線を頼りに前に進めていくという感じ。
売り込むをメインに置くよりも、とにかく少しでも前進すること、何かしらのフィードバックをもらってくるという気構えで行っている。

現地の方のお奨めで、帰りには光原社によって、美味しいコーヒーをゆっくりいただいて帰る。
ここでは日本の民芸品もあれこれ見ることができて、岩手で100人に売り込みに成功した、前々から着物に合わせて欲しいと思っていた山葡萄のかごバッグ買っちゃう!と決意を新たにする。
そうそう小川町のオフィスの玄関にバタフライツールl置きたいのも思い出した。

帰りの電車ではFPとKindleを広げて、且つビジネス書を読む。
図書館で借りてきた「"脱「でぶスモーカー」の仕事術"」という本が面白い。コーチングの本としてもよくできている。何度か繰り返し読みたい本だが、
しかし、表題に「でぶ」なんてキーワードのつく本を、本棚に置くのは嫌だな・・・・、
そうか!Kindleで洋書をダウンロードすれば良いのか・・・と思いつく。早速ダウンロード。
降りる頃には、FPは色々なキーワードですっかりカラフルになっていた。

しかし、Kindleは便利である。
あれ、これどこかに書いてあったよなーということが、いつも手元に本がある状態なので、すぐ調べられる。もう少しボキャブラリーがつくと、さらに検索のスキルが上がって便利だろうと思う。

晩御飯を家で食べる予定が、うっかり駅弁を新幹線の中で食べてしまい、パパに大変怒られて、しゅんとして眠る。






| コメント (0)

着物

5時に目が覚めたので瞑想とヨガを少し。
久しぶりに気分もゆっくりしていて、お休みモードになっている。

このところご無沙汰していたが、今日は着物を。

お天気は悪くないのだけれど、何となく寒い。防寒には、羽織、長めの手袋、それからストール。
来月にはもうウールの着物でも良いかもしれない。

犬のお散歩。
蕎麦屋の昼酒。
お気に入りのパン屋さんで朝食用のパンを購入。
図書館。

いつものコースをゆっくり二人で手をつないで歩く。

夜は家族で家御飯。

予定よりだいぶ遅くなったが、手形小切手のレポートの下書きがようやく完了。
年内にあと3通ぐらい書き上げたいが、師走は夜の予定も多くて、どうかなぁ・・・という感じ。

| コメント (0)

細雪

朝2時まで眠れず、睡眠導入剤が全く効かなくなってきたのでは・・・とかなりびびるが、
夫が帰ってきて、手をつないでくれたら、すやすや眠れた。

コーチングを3件。
やっぱりコーチングが好きだなと私は思う。もう少しコーチングの時間を増やそうと改めて思う。

全体に調子があまりよくないのだけれど、オフィスの片付けや本を読んだりしているうちに、まぁあまり無理せずぼちぼちやろうという気分になってきた。

夜は高校時代の先輩達が自宅にやってきて、飲み会。
Kindle談義などでもりあがる。

私は早めに引き上げて眠る。この日は気持ちよく23時には寝付くことができた。

冬になると必ず読み返すのが「細雪」。寝しなにちょこちょこと読み始める。





| コメント (0)

違和感

朝からプロジェクトのミーティング。
午後もプロジェクト関連。
溜まっている仕事をMTにてあれこれ片付ける。
気がついたら、もう19時に。

なんか少しアルコール欲しいかも・・・というところに、ちょうど良いタイミングでは電話があって、軽く一杯。

でも何だか話がうまくかみ合わない。ものすごく大きな「ずれ」を感じる。違和感?私が頑固なのだろうか?

| コメント (0)

安全な場

午前中はプロジェクトのミーティング。
午後からは小川町のオフィスであれこれ片付ける。

途中でまたプロジェクトの相談。

夜はコーチング。
コーチングの場では、安心で安全で守られた場なので、みんな素直で正直になる。
その「素」の姿の美しさといったら、本当に光輝くようなのだ。

今日もそんな美しい光に触れて、温かい思いで一日を終了。

| コメント (0)

TOKIO

東北出張。往復6時間はなかなかつらいものがある。先方での打ち合わせは1件で1時間。
自治体は助成金待ちモード。

かと言って、手ぶらで帰る気は全くないので、域内の大学の紹介を取り付け、別の方面からのアプローチをかける段取りだけつけてくる。

珍しく友達からMailがやってきて飲みの誘い。
20時に東京駅だよ、というと、これまた珍しく駅まで迎えにきてくれた。

丸の内のTOKIOでワインを楽しむ。
「今日は随分と優しいですね」とからかうと、
たまたたま彼が同僚との話の中で「女友達がいるっていいなぁ・・・」と言われたそうだ。
それで、思い出して顔を見にきてくれたらしい。
あらあら珍しい。
「どうですか?久々に顔を見ると?」とたずねると、
真顔で「まだ十分イケてるよ」と言われて、素直に照れた。

美味しいまろやかなワインをいただいて、この日は散会。
明日はそれぞれまた戦場である。

| コメント (0)

三半規管

薄々まずいなぁ・・・・と思っていたのだが、がつーんと疲れが出てきてしまった。
このままだと完全に眠れないか、眠ったままになってしまうので、心療内科に行って、薬を変更してもらう。

仕事も減らしなさーい・・・・と叱られる。
確かにフルタイムで働けるほど、そもそも体調は良くなっていないのだしね。

しばらく地方出張続きで、仕事そのものはそんなにタイトじゃないんですけど・・・と説明したら、かえってやぶへび。
新幹線の移動は振動で三半規管を疲れさせるので、あまくみてはいけないそうだ。

| コメント (0)

葬儀

晴天の中、葬儀終了。

親の葬儀のことよりも、自分の葬式のほうがなぜか身近に思う。
誰かの葬式に出るたびに、とにかく身の回りを整理しておこうと思うのだ。


パターン

雨が降ったり止んだりの一日。とにかく寒い。

旦那様と蕎麦屋で昼酒。これだけ寒くなると熱燗が恋しい。
ふろふき大根などをつまみながら、最後は湯葉とじのお蕎麦でしめる。

週末には必ず二人でお酒を楽しむ・・・というパターンができると、週の途中でちょっと機嫌の悪いことがあっても、そこで仲直りになるから、いいよね・・・という感じになり、今更のような気もするが、二人の仲が安定してきたように思う。

そのまま実家に立ち寄るも、既に母親は出かけた後、仕方なくそのままお昼寝。
そこからお通夜に行く。

夜は手形・小切手のレポートの下書き


いやいやえん

朝から小川町のオフィスでコーチングを3件。

途中、仕事をしたり、ヨガをしたり、お掃除したり、読書したり、充実した一日だった。

お天気も良いので、お昼は書店巡り。
幼馴染の娘にプレゼントするために「いやいやえん」を探して歩く。
ついでにあわせて「きみなんかだいきらいさ」をセットにする。
赤の装丁が懐かしい。

自分で言うのもなんだけれど、私、絵本にはちとうるさい。
ノンノン(娘・18歳)にも絵本に関してだけは相当読ませているし、贅沢をさせてきたと思う。
まぁ、それもこれも私自身が子供の頃、ふんだんに良い絵本が与えられていたからなのだけれど。

絵本というのは、読んだことがあれば良いというものではなくて、自分の手元にあることが大切なのだと思う。
何度も何度も眺めて読んで、自分だけの本になっていくのだ。
本当は大人の本だってそうなのかもしれない。書いてみて気づいた。

ランチは前から気になっていたオフィス裏手のベントルナート・マッジオlでパスタをいただく。
カウンターがメインでしかもカウンターのつくりが良い感じに奥行きがある。
サービスもすごく気持ち良いし、メニューも気合が入っているし、ワインも揃っているようなので、色々使いやすい感じ。

気持ちの良くて、コストパフォーマンスの良いお店をを探すのって、これだけ情報が多くなっても至難の業。
地道に自分の足でたずねていくのが結局一番のような気がする。







| コメント (2)

合掌

午前中は産婦人科に。
同伴禁止。
マスク必須。
面会時間制限。
12歳以下の子供は入れません。

なるほど、これだけ徹底しないとならないわけだね。
予定外の採血でふらふらになる。

午後からのミーティングに備えて、Cresson で薬膳カレー。
相変わらず、手抜きの一切ない仕事ぶりに、むしろびびる。
エネルギーを取り戻してMTへ。

午後は全部プロジェクトのミーティング。

新規開拓だけやれだの、既存の数字も何とかしろだの・・・、もしもし、そういうのは両立できませんけどー。
私、仕事の達人じゃないんですから・・・。

・・・煙草の本数が増えるね。

幼馴染のところにやっと再度連絡が取れて駆けつける。
彼女の娘(5歳)は私にとっては娘同様。
久しぶりのたっぷりの再会に、喜んではいけない機会だけれど、心が温まってしまう。
お母さんはきれいに棺におさまっていて、何やらひとまずほっとする。
私にとっても彼女達にとっても、この葬儀が終わってから、これからゆっくり悲しみが訪れるのだ。ひとまず合掌。

| コメント (0)

幼馴染

この日の記憶はあまり定かではないのだけれど・・FPを頼りに書く。

午前中はMTにて打ち合わせ。
議題は開発者に必要なネットワークの知識はどの程度なのか?
+プロジェクトのアクセラレート(加速する)ために何をするか?

午後は地方展開の話。

幼馴染のお母さんが突然に亡くなり、かなり動揺。小学生の時から、何かと声をかけてくれた人だったので。
でももっと動揺しているのは一人娘である彼女本人。
私は地元にいるのだから手伝えることは何でもやりたい。

夫がお出かけで、夜はノンノン(娘・18歳)と二人で「相棒」観ながら、ゆるゆる晩御飯。

| コメント (0)

洋書リスト

朝からMTにてプロジェクトの会議。
まだまだやらなきゃいけないことは山ほどあるけれど、ユーザからのフィードバックを聞く限り、かなり良い商品ができてきたと思う。
それにしても、週1日のミーティングではとても足りない。
何かコラボレーションツールを入れて、スピードをアップしなくては。

午後は新しいスタッフのトレーニングを中心に。

夕方はドッテドラインで所属している日本のチームのAll Handsミーティング。

夜は歓迎会で中華。

本日の勉強は、英語(ヒアリングマラソン、Kindle)40分、知的財産法20分

知的財産法はテキストを読んでも何だか全然ぴんとこないので、とりあえずいったんテキストを置いて、もっと自分自身の興味を引き出してみようと新書を読んでみる。





Kindleで読むのに、良い洋書(特にビジネス書)ってどうやって探そうかしら・・・・思案していたいら、聖幸さんから探し方についてのアドバイスを長文Mailでいただき感動。
膨大な量があるので、週末にはこれをもとにぜひ自分なりの読みたい本リストを作ってみようと思っている。

| コメント (0)

エグゼクティブ・コーチング入門

冷たい雨が降る一日。12月中旬の寒さらしい。
自宅前の公園の銀杏並木の美しい黄色にしばしぼんやりする。黄色って、こういう風に改めてみると本当にきれいな色、土と空にすごく馴染む色なんだなぁ・・と思う。

お昼はMTのとらやで一人戦略会議。
とらやでフランクリン・プランナー(FP) を見直すというのは、最近結構定番。
静かで落ち着くし、お番茶が美味しいので。
やりたいこととかをざっと書き出す。
FPを使うなら、とにかくしょっちゅう見返すこと、しょっちゅう思いついたことを追加して記入すること、そうすると大きい目標や夢がどんどん生まれてくる。
そして、実を言えばそれが片っ端から実現可能になっていく。
不思議だけど、これがFPの魔法である。
この効果を実感しちゃうとFPユーザは、もうFPから離れられない。
重たい思いをしても、手放せず常に持って歩くことになる。

午後はあれこれ社内会議。

帰りの電車で「会社を変えるリーダーになる エグゼクティブ・コーチング入門」を読了。

鈴木善幸さんのコーチングの本というのは、実にハズレが少ない。
メモする点もたくさんあって、非常に参考になった。
エグゼクティブのコーチをするコーチのための本というよりは、どちらかというとリーダーとしてのあり方について、かなり重点がおかれているので、コーチングはあまり興味がないという人でも、これからリーダー目指す人が読んでも面白いと思う。





家族で晩御飯。

夜は手形・小切手法のレポートに取り掛かる。目標は今週日曜までに下書き完了。


| コメント (2)

千年の祈り

朝は小川町でヨガのプライベートレッスン。
新しいポーズも少しずつ増えてくるし、自分が今まであまり深くポーズがとれなかったものが呼吸とあうことで、より深いポーズができるようになるのが面白い。
本日も充実の90分。

来週は祭日でお休みなので、自分でも一通りやってみようと思うのだが、どうも自宅で一人でやると単なるストレッチになってしまいがち。
DVDがあると、見ながらやってしまうし・・・、音声だけでリードしてくれるよいものがあると良いなぁ。

お昼からはMTでミーティングが2件。その後にWeb会議によるビジネスプランのトレーニングがあって、この日は終了。

帰宅すると、玄関先には美味しいものの匂いが漂っていた。大きく息を吸い込むこの瞬間は本当に幸せ。
うれしくて犬をめちゃくちゃになでる。

寝しなには、図書館で借りてきた「千年の祈り」という短編集を少しずつ読み進めている。
英語と言う言語になって、シンプルな言葉に置き換えられているが、その奥は深く且つ肌理細やかに中国への想いが編みこまれていることが文章のそこかしこから漂ってくる。
単純に涙を流すということすらできない何かがそこには確かに存在する。
そんな風に自分の池の表面に小石を投げ込まれたら、いつまでも波紋が残ってしまうではないか・・・とやや恐ろしくなる。

私はアメリカに在住するアジアの作家の話というのに、なぜかものすごくひきつけられる。
パール・バック、エイミ・タン、(ここに含めるべきか迷うが)ジュンパ・ラヒリそしてこの作品を書いたイーユン・リー。





イーユン・リーのインタビューはこちら

| コメント (0)

4打数2安打

昨晩、今朝と3日ぶりに旦那様の作る御飯を食べて、大変満足。
朝ごはんもあまりに美味しかったので、二度寝。

9時ごろもそもそ起きて、中央大学駿河台記念館にて単位修得試験。
まぁ、予定通りなのであるが、知的財産法はさっぱり書けない。(ちなみに中大通教学部試験は、語学系科目以外ほとんど小論文)

今回試験会場に自習室がないのは、予算削減なのか・・・、それとも受験者数が少ないからなのか・・・、何だかわからないがやりにくい。

特殊講義(女性と福祉)と体育理論は多分大丈夫。

問題のフランス語はぎりぎりアウトな気がする~。

駿河台記念館は、自分のオフィス(小川町)から徒歩なので、とてもラク。

試験終了後、オフィスに戻って、洗濯と掃除。

何はともあれ、試験終了ほっとした。・・・と言いつつ、次は1月試験。

| コメント (0)

レバレッジ

がっつり小川町で仕事を片付けようと思ったけれど、仕事のMailを週末とか時間外に片付けると妙なところで、相手にプレッシャーかけるだけだし、試験前だしとあっさりやめる。
というよりも100件もMailが溜まっていて、こんなのどうやって片付けるんじゃ・・・とやや諦めモード。

英語の長文Mialはまだしょうがないにしても、それぞれのMailに多数の動画や果てしない量のリンク先と添付ファイルがついていて、尋常じゃないねぇ・・・という感じ。
少し前のビジネス本では、Mailは決まった時間にまとめて処理と書いてあるのが常だったけれど、今や動画の時代になり、いきなり1件につき30分とか取られるのはどうすれば良いのか、サーバのデスクスペースがどんどん安くなるので、何でも添付ファイルで送ってくるようになり、ものすごいページ数のある資料とか送られてきたときに、どうやって処理するかについて、教えてくれるビジネス書がどこかにないかしら。

要所要所だけ読んでざっくりつかんで、なんつ-のはできる部下やらアシスタントがいれば、そうなるだろうけど、そういうのがいない場合は、どうすんのかねぇ。
無視する?
キーワードだけつかもうにも、IT業界もアメリカも新しいキーワード大好きなので、年齢とともに段々つらいですけどー!(大体、別にそんな新しい話でもないのに、新しいキーワードつけられるのもつらいです)

・・・そんなわけで、朝から、ゆるゆる勉強したり、長風呂したり、図書館行ったり、小説読んだり、・・・で、だらりだらりと。

旦那様は職場の管理職研修で、東銀座の本社へ。

ここ3日間、旦那様の作った御飯を食べなかったら、またもや口内炎ができてしまい、旦那様に苦情を申し立てたら、「弱過ぎる、この弱虫」と言われた。

明日は大学の単位修得試験。現実逃避で本田直之さんのレバレッジシリーズをまとめて3冊借りてきてしまった。同じ著者の本、しかもビジネス本だから、まとめて読むと思考パターンが見えてくるので、読むスピードがものすごく上がる。
仰るとおり、時間だけは後で買い戻せないし、購入することもできないからレバレッジを効かせてつかいましょう・・・ということ。

書店の平積みのビジネス書というのは、当たり前だけどその書店の店員さんのセンスなので、イマイチだな・・・と思う店も結構ある。(あー、名指ししたい有名書店結構ある。)
いかに時間のない中で、イケテルビジネス書を選ぶか!選ぶためのツールについて、なるほどーと思うことあり、早速ネットで、あれこれ見たり、サンプルを取り寄せる。
私の中は今Kindleブームなので、特に面白いビジネス本の原書をぜひ引き当てたいものである
そして、できれば未訳のものを読んで、「あー、良かった、英語で苦労しておいて」と思ってみたい・・・・。










| コメント (2)

新潮クレストブックシリーズ

とにかくバタバタで一日仕事にならず。
これは明日の土曜日は、一日仕事に充てる必要がありそうだ。
大学の社会政策のレポートが結構良い評価で返却されてきた。これで1月試験の受験科目に入れられるー。

最近、気がついたのだけれど、新潮クレストブックシリーズというのは、随分と素敵な作品を取り揃えているようだ。私が今最も熱愛しているジュンパ・ラヒリもこのシリーズから出ていたのだね。
装丁も美しいし、持ち重りしないところも嬉しい。フォントの大きさ、行間などもよく考えられていると思う。
じっくりいくつか読んでみて、それから良さそうなものを愛蔵版として購入しようと、今は図書館から借りてきてせっせと読んでいる。
もちろん、ジュンパ・ラヒリの作品については、即購入した。

こういう出版社が独自に頑張って力を入れている作品は、できればAmazonではなくそれを取り扱ってくれている書店で購入したいものである。神保町が近いというのは、本当に有難いことである。

小川町のオフィスに移ってから、ゆっくりじっくり本を読めるようになったので、読書がすごく深まった気がする。
BGMにクラッシックを小さな音でかけ、ゆっくりと淹れたお茶と、じっくり選んだ本をゆっくり丁寧に読む時間は何よりも幸せ。








最近のお気に入りの音楽たち







| コメント (0)

出張

昨夜のお酒はばっちり残っていた。身体を引きずって、東京駅へ。とにかく新幹線乗らなくちゃ。
二日酔いを抜くには、風呂、水分、そして御飯を食べること・・・・。
東北新幹線の中で、とにかく駅弁を食べ終えて、やれやれと思って寝てたら、新幹線のゆれがつらくて、吐き気が・・・・。
うーん、恐るべしラム酒。こんなこと滅多にないのだが・・・・。

早めに着いて、お昼を現地で食べようと思っていたが、当然そんな気力なし。
展望台から、きれいに整った街と山並みを眺める。晴れ渡っていて空気がきれい、少し時期を過ぎたのかな、でも紅葉も美しい。

訪問先での話は順調に進み、人材が先か、雇用が先か、県内の産官学連携の話など興味深い話も聞かせていただく。年内に県庁訪問ということで、双方であれこれ宿題も決めて、行った甲斐のあるミーティングだった。
やっぱり地方の人とは、現地で直接話さないとどうも状況がよく見えてこないし、一方的な提案になってしまうので、お話をうかがう時間をもらって本当に良かった。

帰りは駅弁を食べながら元気に帰京(駅弁・・・実は大好きなのだ)
新幹線の中でヒアリングマラソンのマンスリーテストを片付けて、Kindleで読書三昧。うーむ充実。

夜はプロジェクトの第一フェーズの中締め打ち上げが20時から渋谷で。
18時半に東京駅についてしまったので、せっかく渋谷だからとまたまたDiorに行ってしまって綺麗にメイクをしなおしてもらう。
実は今朝ほど、二日酔いの混乱の中、化粧ポーチをどこかに置いてきてしまって、化粧直しができなかったのだ。(ショックなのは、中に高価な偏頭痛の薬が入っていたこと・・・・)
ポーチをなくしてしまったので、パウダーのファンデーションを購入。まぁ、どっちみちもう買う時期だったんだけどね。
私はすぐ目をこすってしまうので、どうもマスカラ、アイラインというのが苦手でほとんどつけないのだけど、確かに少しつけておくと、白目も白く見えてきれいかも。あー、なるほどそうやってつければべったりしないわけね・・ととても勉強になった。
やっぱり何でもプロに教わるのが上達のコツで時間の節約だ。

そういえば、先日友人から海外のお土産にいただいた香水はDiorだったな・・・と思って店員さんに聞いてみると、それはアジア限定のミスディオールで、花束をもらったようなものですよ・・・と教えていただく。

プロジェクトの打ち上げは終電ぎりぎりまで。いつもプロジェクトのミーティングでは厳しい話題が多い(まぁ、私の位置づけがムチ振り役というのもあるんだけど)ので、やっぱりたまにはブレイクを入れないとね、

結構飲んだような気もするが、頭はしゃんとしていた、やっぱり焼酎はあとがラクだわ。

そうそう打ち上げで聞いた、大量にお酒を飲んでしまっても次の日には、すごく楽になるドリンク剤の名前なんだったかなー。肝臓に良いらしい。錠剤もあるらしい・・・・メモしておくんだった・・・・。何でも歌舞伎町のコンビニでは今一番売れている商品らしいのだ。

| コメント (0)

ラム酒

新しいスタッフへの指導があるので、MTに朝から出社するが、体調不良でお休み。
あまりの仕事の範囲の広さにもう既に疲れてしまっていたりして・・・・うーん。

おかげで時間が空いたので、ゆっくり翌日の出張の資料を用意したり、たまっていた仕事をあれこれ片付ける。

夕方ミーティングが1件。エンジニア個人を対象にした全国セミナーってことは、やっぱり土曜日にやるしかないな・・・という話になり、これはコーチングのやり繰りがかなり厳しい。その後に本社出張もあるので、これは2月末までクライアント募集はお休みかな~・・・。

夕方はコーチングが1件。
先方のオフィスでコーチング。
クライアントさんから自分の部下のコーチングもお願いしたい・・・と依頼され、これはどうしてもやって欲しい・・・懇願されたこともあるが、話を聞く限り確かに、そ部下の方は入社2年目の今、コーチをつけると相当に伸びるだろう・・という気もするので、お受けすることにする。
コーチングの依頼というのは、このようにいつもどこからか、するするっとやってくるので面白い。

夜は小川町でビール→ワイン→ラム酒・・・・・久しぶりに結構飲んじゃって24時過ぎ帰宅。
ラム酒は、以前仕事でプエルトリコに行ったときに、BACARDIの工場見学があり、その際にラム酒の濃い香りでクラクラになり、慌てて工場の表に出たら、今度はプエルトリコの灼熱の太陽でまたまた気分が悪くなり、そのまま気が遠くなりそうな経験をして以来、敬遠していたのだが、

たまたま友人と入ったバーが、ラム酒とシングルモルトの店だったので、お店のお奨めのラム酒ということでダブルのロックで飲んだら、口当たりがよくて美味しくて、気がついたら・・・・ということだった。

明日、朝から東北出張で移動なんだけど・・・・・。


Focal Point

朝は6時起床。今日は会議資料を未だ作っていないので、MTに9時出社。混んだ電車もKindleがあるとわりと気にならず。
午前中は部内の定例会議+US本社との電話会議。
1日休んだので、仕事があふれかえっている。

終わって他部署とのミーティング、新しいスタッフとの打ち合わせ。
バタバタと仕事を終えて、病院に薬を取りに行く。終わって、少し時間があったので、Diorで美容液を購入。先日Capture入りのファンデーションに切り替えてから、肌の調子がとても良いので、ちょうどもうPOLAの美容液が切れ掛かっていたので、このタイミングでシフト。
ついでにホワイトニングスポットリデューサーも購入。

色んなブランドであれこれ試すのも楽しいけれど、やっぱり私は一つのお店でお気に入りの店員さんのアドバイスを受けながら買い物をするのが好きだな・・・としみじみ思う。
食事も決まったお店に通うのが好きだし、人付き合いもそうだ、保守的なのかしら・・・・。

家族で晩御飯。旦那様は蒸し鍋を購入し、新しいレパートリーを着々と広げている。本日の晩御飯大変も美味しかった。
私とノンノン(娘18歳)の本日の一押しメニューは昆布だしのきいた、ちくわぶと大根の煮物。

試験も一週間後にせまり、どうしてもやる気の出ない知財は、やや捨て気味。
夜になると眼が疲れて、六法を引くのがつらい・・・というのもその大きな理由。

フランス語だけは何とか今回通りたいのでフランス語に集中。
明日からは単語帳も持ち歩く予定。本日のフランス語勉強時間は20分

英語の勉強は順調で、本日の英語の学習時間は1時間40分。Kindle+ヒアリングマラソンというのが良い感じ。
ヒアリングマラソンで色んなタイプの英語を聞いていると、私も表情豊かな英語が話せたら、嬉しいな・・・と思うようになった。
(心持だけは)着実に進歩しているなぁ。
前なら、仕事で困らない程度でいいや・・・・って感じだったもの。

22時半就寝。

Kindleで読んでいるFocal Pointが面白い。もう半分ぐらい読み終わった。
日本語で出ているものも立ち読みしてみたけれど、翻訳は読みやすさとスピード優先で何となく著者のエネルギーができっていない感じを受ける。
言葉が腹に落ちてこない。


最近、思うのだけれど日本語のビジネス書で繰り返し、何度も読みたいという本はほとんどない。
私の書棚を見ても実際ほとんどが翻訳書である。
小手先テクニックみたいな本は山ほど日本語出ているけれど、骨太の本って少ない気がするな。
なんだ、それなら全部洋書で読めばよんだなーと思い至る。そういえば、神田昌典さんも本田直之さんもそんなことをどこかに書いていたような気がする。





英語の勉強には相当に時間を費やしているが、ついぞ回収したことがないと思ってきたが、ひょっとしてようやく回収フェーズ?
Kindle万歳!って感じ。

| コメント (2)

Kindleの辞書 その後

土日の日記がなぜか消失。
いつものとおり、家の近所でちんまり遊んでいただけなので、
思い出してまで書くほどのこともない。そのままスルーをすることにする。

その間の画期的なことといえば、Kindleの辞書入れ替えたことかな(笑)。
ブログにコメントをいただいたおかげで、私のような初学者でもわかる英英辞典に変更できました。おかげで格段に使いやすくなりました。(本当に感謝です。)

| コメント (0)

悪人

起きたら、11時過ぎで慌ててMTへ。

通勤時には「ピクサー流マネジメント術 天才集団はいかにしてヒットを生み出してきたか」を読むが、どうにもイマヒトツ。

年明けからやろうと企画している地方セミナーの件で打ち合わせ。

新しいスタッフが既存の代理店を担当してくれるようになると、私は新規開拓専門になるので、随分と動きやすくなる。
その想定なら、全国5箇所でのセミナーもまわせるだろう。

その後にプロジェクトのミーティング。

18時まで新しいスタッフに業務説明。

この日はビジネスディナーが中止になって、家族で晩御飯。
京都から帰ってきたばかりのノンノン(18歳 娘)がもちろん主役である。

帰りの電車から、ひたすら吉田修一の「悪人」を読む。出版されてすぐから大評判だった本だけに期待大。
いったいどこから面白くなるのか・・・とひたすら待ちわびてページを送るが、そのまま最後まで行き着いてしまい、がっくり。

なんだかこのところ、本についてはあまりツイていないなぁ。







| コメント (0)

雑記

今日から新しいスタッフが加わったので、しばらくは毎日MTに出社になりそう。
午後からは、プロジェクトのミーティング。
新しく立ち上げた会員制のWebサイトはとりあえず滑り出し順調。
これから、次のフェーズに入る。

西村佳哲氏の「自分をいかして生きる」を読む。
前作、「自分の仕事をつくる」がすごく良かったので、期待大だったのだが、前回あったきらきらとしたオーラが消えてしまった感じでとても残念。

ちなみに「自分の仕事をつくる」は自分の本当にやってみたいことをどう仕事にしていくか・・・というのを考えるのにすごくオススメの一冊。
コーチングでもよくお奨めする本。

夕方は代理店と打ち合わせ。
その後、銀座でビジネスディナー。

終わって、夜中は電話会議。USの上司からプロジェクトの進捗について、大変お褒めいただくが、問題はこれから先で、仕掛けは作ったけど、数字は伸びてません・・・とは来月口が裂けても言いたくない。
さて、ムチ入れていかないとなぁ。

終わったのは1時半。そのまま眠れるわけもなく3時ごろまでうだうだ。








| コメント (0)

ノコギリガール

間違いなく冬眠期。
朝のうちに家を片付けていた習慣も、全部放ってぎりぎりまで寝てしまった。
あー、家の中荒れるね、しばらく・・・・。

朝は代理店に直行。午後は代理店がMTに来社。

今日からノンノンは義母と京都に旅行で、旦那様と二人きり。

今日は家でワインを飲もう!ということで、MTで1700円ぐらいの赤ワインを買ってかえるが、これが結構美味しい。
旦那様が買ってきた白ワインも結構美味しい。
外でボトルで頼んだら、4000円~5000円ぐらいの味かしら?

「相棒」がお休みなので、先日のロンハースペシャル(50TAの幕張メッセコンサートのやつ)の録画を観る。
旦那様は会社の同僚と一緒にこの幕張メッセのコンサートにも行っている
(ロンハーの収録を観に行こうと誘われたら、行ってみたら実は50TAのコンサートだったらしい)

Avexのアレンジってやっぱりすごいわ。
最初っから、10年なり20年なり残そうという気が全く感じられないところがすごい。
落としどころがはっきりしている物作りって、良いと思うのだ個人的には。

売れちゃうんじゃない?ノコギリガール?

ゴールデンタイムに民放でコンサートが中継されるアーティストなんて、今いないだろう・・・と思うと、50TAもある種すごいのかも。

| コメント (0)

文化の日

どうやら、睡眠時間の枠が5時間ぐらいずれてしまったみたい。
先日、心療内科で睡眠薬を減らしてもらったのが、まだ早かったのか・・・。
けれど、その話をしたら、先生に「それみたことか」と言われると想像できて、癪にさわるなぁ・・・と。

旦那様と朝ごはんを食べた後、がっちり二度寝。(これやると、ますます睡眠ずれちゃうんだけど、耐えられなかった)
亡くなった鎌倉の祖父が出てくる気持ちの良い夢をみた。
こんなにはっきりと祖父が出てきた夢は初めてだと思う。
(何かあったのか?とやや不安になるが、相手はあの世にいるんだから、心配しなくていいのか・・・・)

あまりに眠いのはひょっとして冬眠期に入ってしまったのかも・・・とお風呂でぼんやり考える。
冬眠期に入ると、極端に活動量が減る。好奇心も減る。全体に全てがスローになる。
しかし、それには随分と時期が早い。
まぁ、それならそれでしょうがない、あんまり身体には逆らわないようにしているし。

なるべくがっちり予定を組み込まないように気をつけよう。

旦那様と錦糸町ダービー通りの「馬力」で昼酒。
ドアは相変わらず開け放してあって、とにかく今日は寒い。しかもここは日本酒のケースに板を貼っただけの椅子なので、お尻もさむいし、隙間風もすごい。
とは言え、寒いねぇ、と言いながら飲むお酒もまた楽しい。
しかし、ここは本当にB級グルメ。
他人にオススメするのは躊躇してしまうが、禁断のジャンクな味って感じで、童心に戻ってしまう。
途中あまりに寒いので、ホカロンをコンビニで調達。

旦那様の飲んでいた熱燗から、ものすごい安酒の香りが漂ってくる。
あー、若い頃そういうお酒飲んだね、全然温まらないし、お世辞にも美味しくないし、ものすごく身体に悪いだろうという味がする上に、強烈な二日酔いに見舞われるのだ。
あの頃、日本酒って美味しくないなーって思ってたよ、そういえば。
でも呼び起こされる記憶は楽しいものばかりだ。

夜は母がやってきて、みんなで御飯。

| コメント (0)

床暖房

朝1番で90分のヨガレッスン。ようやくぼちぼち慣れてきたかしら。
あー、気持ちよいな~と思いながら深呼吸。
ヨガを始めてから、マインドフルネスというのがよくわかってきたし、そういう状態に自分を持っていくのも上手くなったようだ。
何かを始める前に必ずひとつ深呼吸。

小川町のオフィスは床暖房で、自宅に床暖房があるのを初めて体験した私は、嬉しくてついつい床にへたり込んでPC作業をしてしまう。
今日は朝も早くて、眠かった。
気がつけば、ひざ掛けをきちんと床にひいて、横になって寝てました。

途中何度も仕事の電話があった。どれもきちんと応えて出たが、何を話したが記憶が飛んでいる。

目が覚めたら、1時を過ぎていて、慌ててお昼御飯。
沖縄料理のお店。すばやでソーキそばをいただく。

その後は電話会議に2時間参加の予定が、ファシリテータの混乱で中止となった。

今週の夜中の電話会議で、代理店を増やすプランを発表しなくてはならないので、資料作り。あー、英語さえできればトークで誤魔化し、こんなに細かく資料作らなくてよいのになぁ・・・と悔しさをかみ締める。
それでも、やっぱりトークで誤魔化そうと性懲りもなく、思っている。玉砕?

夕方はベンチャー・キャピタル時代の上司と定例会。
待ち合わせの場所にたどり着く前に、きれいな丸い大きな月を発見。

お店を出たら、ひどく寒くて、タクシーの運転手さんから、雹が降ったことを聞いた。

| コメント (4)

にちようび

午前中はあれこれ家事を片付け。昼から旦那様とお出かけ。
暖かいけれど、風の強い一日。

図書館によって、蕎麦屋まで歩く途中、いつも気になっていたパン屋さんで、ノンノン(娘18歳:進路決まってだるだる~)へのお土産と朝食のパンを購入。

蕎麦屋に行く前だけど、あまりに美味しそうなので、公園のベンチでちょっと食べましょう・・・とチョリソーの入ったフランスパンを二人で食べる。
生地が薄甘くて、優しい味でとても美味しい。
朝食用に買ったパンは、まだ温かくてとても良い匂いがするので、二人でパンの入ったビニール袋を嗅ぎあう(シンナー状態?)
近所に美味しいお店、やる気のあるお店を発見すると二人ともかなり上機嫌になる。

蕎麦屋で日本酒を飲んで、本日も平和な日曜日。

図書館で借りてきた「世界一の庭師の仕事術 」を一息に読む。
題材としては面白いと思うけれど、それに頼り過ぎだと思う。
編集者がちゃんと手を入れればもっと良い本に仕上がっただろうになぁ・・・と個人的には残念に思う。
タイトルのつけかたもややあざとい感じ。

晩に母から電話がかかってきて、ノンノンと祭日にコンサートに行くらしい。
ノンノンは、夫の母ともこれから二泊三日の京都旅行で、祖母たちにモテモテである。
そして、ノンノンも祖母が大好きで、ちょくちょく自分から遊びに行く。(というか、ノンノンは身内大好きっ子なのだ)
こういうのって、親として、娘としてかなり有難いことである・・・と最近しみじみ思う。





| コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »