« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

キャリア

引き続き大掃除。

前のマンションから、見ないことにしてそのまま持ってきたものたちを、「うひゃー」などと叫びながら、処分処分。
今回は大きな本棚を二つとも処分するので、何しろ捨て方が半端ないっす。

結構困るのが、ベンダー資格のスコアレポートとか、合格の認定証とか、捨てていいものなのかどうかがわからない。
LotusNotesの資格なんて今あるのかしらん?と思いながら、ひとまずファイルでまとめて取っておく。

さすがにコーチングセッションに関する資料も多い。
セッションごとにセッション内容をまとめたマインドマップ。
申込関係の書類。全部取ってあるが、さすがに2003年からやっているだけあって、ものすごい量。
なんだかんだと50名ぐらいのクライアントさんに関わってきているので、このまま保管しておくことはもう不可能。
これはスキャナで読み取って、電子ファイルで保存することにする(・・・ということで、現時点では保留)

20代の頃は自分のキャリアまとめたファイルというのを作っていて、詳細な職務履歴+仕事がらみで引き受けたインタビューやら、取材やらの記事、製作したマーケティングツールをまとめたものなどを持っていた
・・・こちらがごっそり出てきて、赤面ものである。

30代に入ってからは、仕事のオファーを受けても先方が履歴書も経歴書もリクエストしてこないので、全然アップデートしていない。

このキャリアにいての自分の作った資料をまとめて読んでみると、「ああ、こんだけ熱意が練りこんであるんだもの。この人はいくら子供がいて、残業できないって言っても仕事あるね」としみじみ思った。
自画自賛をするわけではないが、仕事を取ろう、1段上に上がろう、という気迫が、最近面接などでお会いする求職者と全然違う。
経歴を振り返ってみると、派遣の仕事を引き受けると一口に言っても、一つ一つ確実に上に上がって、新しいことが学べる職場しか選んでいない。
これだけの熱意だったら、そりゃー職場のおじさんたちも何かと引き立てて可愛がってくれるわけだ。
自分も熱意にまかせてよく勉強した。

まぁ子供を食べさせていかなくちゃと必死だったのもあるけど、必死にやると応えてくれる職場があったというのも大きい。
周囲の人も熱意があった時代だったように思う。
30代以降の仕事というのは、自分の熱が醒めたというより、熱のない職場、ひんやりした職場が増えたように思う。
ワークライフバランスって言葉って、一部の人が言ううちはともかく、全員言い出した職場はこの先どうなんだろうと思う。

| コメント (1)

ブックオフ

午前中からひたすら掃除。
ブックオフで600冊以上の本を引き取ってもらって、ようやく家の本+オフィスの本は200冊程度に納まった。
古くて値段のつかなかった本がまだ200冊程度ある。

とにかく捨てて捨てまくると、自分の中の捨てる「しきい値」が下がってきて、じゃぁ、これも捨てましょうと、後から後から捨てるべきものが見えてくる。

もう一生本など買わないと思うが、反動なのかAmazonのショッピングカートには、卒論の第1稿が終わったら、発注しちゃる本が二万二千円分。
本との戦いは一生終わらないんだろうなぁ。

夜は旦那様の近所のお蕎麦屋さんで日本酒をゆっくりいただく。
お土産に沢庵を一本分けていただいた。ここの沢庵本当に美味しいんだよ。うれしい。
夫とノンノンと三人で暮らしたら、きっと幸せだろうな・・・・と想像していたが、こんなにまで幸せになるとは思わなかったと言ったら、夫は笑っていた。

自宅に戻ったら、ゴミ袋の山。なんだか引越し前夜みたいだね・・・と話し合う。
そんな中二人で、録画しておいた「相棒」の最終回を観る。さすが最終回。フルキャストである。

「妻の仕事は小野田官房長官みたいなんだろう?」と言われる。
随分と誤解がある。どちらかと言えば、一課の課長、「よっ暇か?」のほうである。和み役って呼んでちょうだいな。

| コメント (0)

盛りだくさんな一日

ノンノンとお出かけ。表参道で靴を引き取り。
ロクシタンで石鹸購入。
二人でスープストックでランチ。

その後は銀座に出て、ノンノンの新しいお財布を探す。
三越、松屋、松坂屋、バーニーズどこも買い物する人たちがたくさんいて、不景気だ不景気だって言っても、ちゃんとお買い物している人たちはたくさんいるのだな・・・と思う。
最終的にはアニエスbにてキュートな赤いお財布を購入。

マリアージュ・フレールに寄り、水出しのアイスティーに適したお茶を教えていただく。

やっぱり銀座は楽しい。

その後は二人で小川町のオフィスにて、お茶を飲みながらあれこれ話す。

夕方からは、一緒にCTIジャパンでコーチングを勉強した仲間達がやってきて、ビールとシャンパンを開ける。
それからみんなのご贔屓の居酒屋、串亭にて日本酒を堪能。
終わって、1時間ほどカラオケ。
その後さらにはバーへと席を移し、お店を出たのは朝3時。
なんと18時から、3時まで9時間も飲みっぱなしであった。

| コメント (0)

ちょこっと仕事

午前中は事務処理関連。
母の保険の給付を確認したり、旅行の手続に行ったり、家具の引取りを頼んだりと結構てんてこまい。

お昼は高校時代から通う亀戸のにて、シナモントーストとセイロン風ミルクティー。たまには甘いものとって、少し疲れを取らないとね。

午後からは小川町のオフィスにて、卒業論文に取り掛かる。正味2時間ほど
ポメラでの入力もだいぶ早くなってきた。とはいえ、キーボードの間が狭いので、卒論みたいな大きなものに取り掛かると肩こりがひどくなる。
書斎のプリンタを撤去する兼ね合いで、あさっての土曜日までに6000字書いて、印刷して大学の提出すべし。

夕方からは、上司と今後について、打ち合わせ&御飯。
4月以降は、かなり仕事の範囲が狭まり、その分深堀になる方向。
マーケティングという名前になっているが実態はビジネスデベロップメントだな、これは。

四半期単位で何か目に見える成果を確実に出していくというのは、結構良い目標設定のように思う。

| コメント (0)

鎌倉訪問

本日は母の名代で鎌倉の祖母宅を訪問。
同行はノンノン(娘、最近出番多し)。

母の病気について、祖母(94歳)に話をしにいくというのが今日のメインテーマ。
ちょうど母の妹に当たる叔母(これまた肺がんステージⅣだったりする)もきていて、あれこれ近況などを話す。

できるだけショックを受けないように、祖母に伝えた。

祖母は、それはそれである程度ショックのようなのだが、それよりも今日みんなが集まって祖母の話をうんとたくさん聞いてくれたことに非常に満足を得ていて、そのことで嬉しいモードが続いちゃっていたようだ。
本当に母方の家系は、「自分のことが一番」という人ばかりで、助かる(笑)

まぁ、あと私たち一家は晩年の祖父と暮らしていたことがあって、何というか、親戚の間で「yoshikooは最後まで見放さず、面倒を見てくれて情が濃い人だ」というイメージがすっかり定着しているのも大きいと思う。(実態は夫が面倒見てくれたんですが・・・・)

何しろ、祖父の葬式だって、90歳過ぎて大往生した人の葬式だから、みんなむしろ良かったねという雰囲気だったのに、私一人が式場でも焼き場でもわんわん泣いていたりして、みんなの中でyoshikooは情が濃い・・・というイメージもあるみたい。。

ということで、今回もまぁ「yoshikooがついているなら、大丈夫でしょう」という感じのようなのだ。

自分でも思うのだが、小さい頃から「見捨てる」というのができない。見てしまったらアウト。見なきゃどんだけでも捨て置いてられるのだから、別に優しい人ではない。
なるべくたくさんの人に関わらないようにしているというのは、結構この「見捨てられない」性格があるから気をつけているというのもある。

| コメント (0)

がんと闘った科学者の記録

本日は朝から母のつきそいで大学病院。
執刀医の先生から、今回の手術について、それから手術後の経過の予測などについて伺う。
お話もとてもわかりやすく、概ねクリアーになった。

お話の他に、採血や心電図などの検査もあり、結局朝9時から15時過ぎまで病院にいた。

私は小さい頃から病院通いなので、病院も図書館もじっくり本が読めるという意味でなんだか共通したところを感じていて、むしろ居心地の良い場所なのだが、母は何しろ病院嫌い。病院の中にいるというだけでかなりストレスフルみたい。

ステージⅡのがんということで、外科手術が可能なのだが、その後に肺活量の低下、術後の痛み、右側上半身の筋力衰えなどがあるでしょう・・・という話で、母はもうがっくり。特に術後に痛みがあるかも・・・というのがイヤでイヤでたまらない・・・・というのは気持ち分かる。
ただし、この痛みについては患者さんによって随分と感じ方に差異があるようだ。

病院にいる間に大久保幸夫氏の「キャリアデザイン入門〈1〉基礎力編 (日経文庫)」を読了。

病院のあと、オフィスに出る途中の東京堂書店で、立花隆の「がんと闘った科学者の記録」を見つけ、早速購入してしまう。
(先日の大掃除で、もう一生、本は購入しない・・・と決意したことはすっかり忘れていた)

晩御飯はノンノン(娘18歳)と待ち合わせて、近所でお好み焼き。
3月の仕事の休みで、一番良かったことはノンノンとたっぷり一緒にいられること。

寝しなに早速買ってきた立花隆の「がんと闘った科学者の記録」を読み始めたら、睡眠導入剤をぶっ飛ばしてしまうほど面白くて読み続けてしまった。23時過ぎに夫が帰宅して、おれこれお喋りして、気がつくと1時。
既に睡眠薬効果は全滅しており、結局3時まで眠れず。
まぁ、お休みだから、秘密兵器ハルシオン取り出してまで眠る必要がないというのが有難い。

<本日の読み齧り>


価格が手ごろでこれから仕事を始める新卒者の方などにちょうど読みやすい本だと思うが、個人的に同じ著者の「仕事の基礎力」とかぶる部分が多いと感じるので、後者をお奨めしたい。


こちらは、新卒、中堅、ベテランまで必要となるスキルがきちんとスキルごとにまとまっていて、非常に良い本だと思う。
履歴書だけでは見えてこないが現場に出たら、絶対必要なスキルがこれだけわかりやすくまとまっている本は見たことが無い。★★★★★


日本を代表する物理学者であり、ノーベル賞に最も近いといわれた戸塚 洋二氏。彼は自身のがん治療について日々記録をつけ、それを科学者らしい態度で分析しブログで公開していた。がんとの闘い、抗がん剤というものなどについても非常に勉強になるが、彼自身の教育に対する考え方、科学の大切さ、残された時間に対する考え方などにもたくさんの刺激を受ける。

| コメント (0)

pomera保護シール

朝一番のヨガ。5時に目覚ましをセットしていたのを、自分で止めてしまい、ぎりぎりにタクシーで小川町到着。
今日は比較的あたたかだったので、身体も起きたばかりなのに、きちんと動いて助かったー。
よく眠れているので、身体も素直にいうことを聞いてくれる感じ。

ランチはオフィスご近所の友人と。
自分で誘ったのに、お財布忘れて、ランチ代借りてしまった・・・・。

家族で晩御飯。
pomeraの保護シールなるものを夫に貼ってもらう。
この保護シールなるもの、携帯電話とかでもよく見かけるけれど、相当器用な人じゃないときれいに貼れないと思うのだ。
不器用な人はみんなどうしているのだろう?
ヨドバシカメラでその場で貼ってくれるサービスがあったら、私なら490円までは出すと思う。(←微妙な価格)

今日は結構盛りだくさんの一日で、私にしては生産性の高い一日だった。仕事もコーチングもしていないけど(笑)

<本日の勉強>

学習進捗詳細は、中央大学通信教育日記に移動しました。

<本日の読み齧り>



第一章が退屈で投げ出しそうになったが、第二章から俄然面白くなってきた。


物語の世界を自分へのご褒美として、一章ずつ読んでいるのだが、素晴らしく面白い。ぐいぐい引き込まれる。ラテンアメリカのもの・・・って割りと相性良いのかも。

<本日の更新>

大滝由子のコーチングブログ イマドキのワークスタイル? 

| コメント (0)

SAPANA

朝は早めに起きて、ひたすら本とCDを断捨離。
今回の処分は本は400冊以上(漫画、雑誌含む)、CD100枚程度。

旦那様と犬の散歩。木蓮、杏、ユキヤナギ、椿・・・とあちこちで花が開き、お天気も良くて暖かで、犬もご機嫌。

お昼は最近お気に入りのネパール・インド ダイニングバーSAPANA 錦糸町店にて、ビールを飲んで、カレー、チーズナン、ガーリックナン、タンドリーチキン・・・その他。
もう一口も入りません・・・・というぐらいまで食べてしまう。
お店の人たちも感じが良いし、お値段も良心的で、そして美味しい上にメニューも豊富。最近の錦糸町ではイチオシかも。
(+駅から直結で迷わないし、案外遅くまでやっているのも使い勝手が良いー)

母用のベッドと書き物机を購入。
しかし、大きな買い物って気持ちが良いわー。
そして、大きな買い物だろうと、小さな買い物だろうといつも即決。

自宅に戻って、しばらく休憩。

夕方から、ミニ・クーパーでコーチングの資料やら、書籍やらを小川町のオフィスに持っていき、その後はしばらくドライブ。
豊洲近辺の開発のすごさにびっくりする。

夜も引き続き断捨離。
マスクをし忘れ、埃を浴びてしまい、軽く喘息が出始め。本日は終了。

花粉症も、喘息も、気がついたときには、マスクしても遅いんだなー。
忘れないように手のひらにマジックで書いておこうかなー。

| コメント (0)

お赤飯

4時に目が覚めて、自宅の中を一周。
旦那様はまだ帰っていない。5時頃帰宅。

7時過ぎに早めに犬の散歩。南からの風が暖かい。コブシの白い花が満開。あんずの木はつぼみが大きくなり始めた。

引き続き書斎の片づけを。とにかく本が多くてどうにもならない。でも、今回の片付けで家の中からは相当に物が減る予定。決戦は次週の3連休だな。

お昼からは小川町のオフィスに移動して、pomeraで卒論を書く。集中して1時間半ほど。
ドトールでちょっと休憩。pomeraを連れて行くか、フランクリン・プランナーを連れて行くかでちょっと迷う。結局は、FPにした。

pomeraがやってきて、読書メモがこまめに取れるようになったのが嬉しい。他人の書いた文章を写していると(正確には入力していると)それだけで語句の使い方なども勉強になる。

夕方からコーチングが1件。
新しい仕事をつくり出すというときには、どうしてもたくさんの不安に囚われがち。でも自分の本分や適性にあった仕事はどこまでも伸びる可能性十二分にを秘めている。

久しぶりに世界文学全集が読みたくなったので、また再開。「精霊たちの家」を読み始めた。

夜は母がやってきて4人で卒業祝いということで、お赤飯。やっぱりみんなで御飯を食べると元気になるね。

<本日の勉強>
・卒論1時間半

<本日の読み齧り>



メモしたい箇所だらけで、とりあえず今は付箋だらけになっている。
コーチングをやる人は必読の本だね。



出だしの章からぐいぐいと惹きつけられる。かなり分厚い本だけれど、これは読み通せそうな気がする。毎日の自分へのご褒美に少しずつ読みたい。

<本日の更新>

中央大学通信教育日記 ブログ再開<BR>

| コメント (0)

スピードアップ

3時に目が覚めて、2時間ほど断捨離。本棚の整理。
古いフランクリンプランナーのリフィルを捨てる。
手帳を見ているとよく勉強していた時期と、流して仕事していた時期とはっきり見えるもんだ。
色々なものが見えてきて、面白い。
20代前半に立てた仕事の目標の紙も出てきた。(というか、その頃仕事以外に目標なんて別になかったしなぁ)
娘が20歳になるまでしかないのが、私らしい。
概ね達成されているが、資産形成だけ、全然達成されていないね。どうも数値目標が頭に入らないのは、昔からなのだ。

5時過ぎにベッドに戻って、また眠る。夫が遅刻だ、遅刻だ・・・と騒いで出かけていった。
祖母からの電話で起こされて、母の様子を聞かなくちゃ・・・とそのまま起きる。

電話でのコーチングが2件。
終わって、ノンノン(娘・18歳)と犬の散歩に出かけて、いざ出陣。

今日はノンノンの入学式準備で、スーツと靴を購入に街に繰り出すのだ。二人とも外出モードで、お化粧もきちんとしてお出かけ。
靴はいつも私が購入している表参道のショップにて。
店員さんときちんとやりとして、色々と相談して、買い物はするべし・・・という「大人の女」道のトレーニングである。
(お買い物ついでに店員さんの知識もGetするのだ)

お店の奥から、あれこれ自分に似合いそうなものを出してもらうという贅沢な快感・・・にまだ慣れない娘は恐縮モード
何足も試して、中敷調整してもらうので、出来上がりは来週。
あのノンノンがヒールの靴を履いて、お母さんと同じお店で買い物する日がくるなんて・・・・!とちょっと、うるっと。

修理に出したままになっていたSTEFANO MANOのバッグを赤坂で引き取り。未完了タスクを片付ける。

地元に帰ったところで、偶然にも母にばったり会い、そのまま焼肉屋へ。

母はつい先日、肺がんが見つかったとのことで、明日その話をする予定だったのだけれど、案の定・・・・ものすごーい落ち込んでいる。
今日偶然会って、本当に良かった。

電話でその話を聞いたときに、そうなると思ったのだ。

大体、病院嫌いな人間というのは、自分の病気が見つかるとものすごく落ち込む。
(そしてそういう人間に限って、喫煙者だったり、健康に気を使わない生活をしているから、始末に終えない)

そしてどうも病院の話も、母の口から聞くとよくわからないので、(どこまで私見で、どこまでお医者様の見解なのかが不明)来週の手術の相談には同席することに決定。
本人は手術する気みたいだが、それも病院の話を聞かないとよくわからない。父の時は同じ病気、場所が悪くて、で手術できなかったし・・・。
まぁ、とりあえず強制同居に踏み切り、夫の作った美味しいご飯を食べさせ、犬に癒させ、そしてもうしばらくで自宅の前は満開の桜で、気力を持ち上げましょうという感じ。

さて、ここにきてゆるゆる書斎片付けている場合じゃなくなってきた。

鉢巻締めなくっちゃ。

| コメント (0)

嫌な予感

前日のお酒が残って少しだけ二日酔い。
なんだか途中で記憶が切れていて、嫌な予感たっぷり。
「もしかして、私何かとんでもない失礼なことなどしていないでしょうか・・・・・」と電話。
「いやまぁ、いつも程度です」と苦笑いが聞える。
絶対、なんかとんでもないことをしている・・・・・。

考えてもしょうがないので、家の片づけを始める。

ノンノン(娘)と近所のモスバーガーへ出かける。あれこれ話して、明日は一緒に買い物して、でもってプリクラも撮ろーという話で結論。
私はそのまま小川町のオフィスに向かった。

・・・・が、オフィスに着いたら鍵が無い。
またまた地元の駅に戻って、ノンノンに鍵をもってきてもらった。

昨日は電車の乗り間違いをするし、時間があるからって緩んでいるのかしらん。

オフィスでしばらく読書。隣にはポメラ。なかなか良い感じかも。ポメラがあるとネットサーフィンしない・・・・というのが案外有難い。

夜はコーチングが1件。

約半年かかって、素晴らしい成果が見えてきた。苦しい間を信じて頑張ってくれたクライアントの力が大きい。氷は溶け出し、春はもうすぐそこ。

| コメント (0)

Pomera DM5

午前中は顧問先の企業で、業者選定の会。久しぶりにスーツを着る。

オフィスに戻って、オフィスの掃除・洗濯。

御茶ノ水丸善にて、ハードカバーを3冊購入。買いたい本が次から次へと目に飛び込んでいるのは体調の良い証。

錦糸町のヨドバシカメラにて、予約をしていたPomera DM5
を引き取り。このサイズなら十分持ち歩ける。あわせてエネループも購入。

恵比寿に移動して、心療内科へ。睡眠薬の量もだいぶ減ってきて良い感じ。

オフィスに戻って Pomeraで遊ぶ。
Shiftキーが小さいの英文入力の時は少し面倒な感じ。キーボードの幅はやや狭いが、慣れてくればこれなら十分にブラインドタッチができると思う。機能が少ない点がとにかく良い。

夜は、オフィス近くでお鮨。
ひょんなところで、思わぬ人に偶然出会いびっくり。なんだかんだ東京は狭い。

その後は、山の上のホテルのワインバー「モンカーヴ」で、ワインをいただく。
山の上ホテルにきたの、随分久しぶり。
相変わらず落ち着いた佇まいが気持ち良かった。

勢い任せでじゃぶじゃぶワインを飲んでしまい、後で考えるとあんなに美味しいワインはもっとゆっくり味わって飲むべきだったと深く反省。
大人の女たるもの、ガツガツしてはいけない、いけない。

| コメント (0)

低気圧

低気圧のせいか一日調子が出ずぐずぐず。
晩御飯に白菜鍋を作ってもらってちょっと元気に。
寒いの苦手だ。

| コメント (0)

お母さんモード

朝一番は久しぶりのヨガ。気温が低かったのと久しぶりのなので、身体がかたい・・・・。
暖かくなるのが待ち遠しいなぁとしみじみ思う。

この日は、顧問先の会議に出席。まず議事録作って、誰が何をいつまでにやるのかを明確にして、PDCAをきちんとして、情報共有はルールを決めて・・・・・、若い頃だったら、「そんなこともできないのかー」といきり立っていたが、今や私も大人になり、ここで怒鳴っても萎縮するばかりで、先に進まないので、お母さんモードである。
歳はとってみるものだとしみじみ思う今日この頃。
(今、考えるとなんで若い頃は、ロジカルに物事詰め寄ったりしていたのかねぇ、かえって逆効果である)

ワインを飲んで帰宅。

<本日の勉強>
・ヒアリングマラソン 30分
・卒論 1時間10分
・独占禁止法 15分



<本日の読み齧り>


| コメント (0)

がらくた

前日からの予報で、今日は雪も降るぐらい寒いということだったので、日曜日ということもあって、家でだらだらを決め込み。
本当に完全にだらだら。
寝室から離れられない状態。お昼も食べず、お布団にくるまり小説三昧。

旦那様は、お休みの日に何もしないのは耐えられないタイプ。
この日は、確定申告の準備やら、カーテンレールの修理やら、クレジットカードやらの手続やらと珍しく事務処理関係を片付け、一つ終わっては、寝室に現れ、「終わったー」と報告にやってくる。
報告にやってきてくれるのは良いのだけど、何だか嫌な予感がする。
「で、きれいに片付いたんだよね。」とたずねると、「うんうん」と頷くが、かなり怪しい。

夕飯時にリビングに入ると、「ちょっと待て」というぐらい、滅茶苦茶に紙ごみなどが散乱している。

嫌な予感、大当たりである。

とにかく、夫は片付けが苦手である。
掃除が苦手なのとは、ちょっと違う。片づけが苦手なのである。
我が家の水回りは夫の範疇で、トイレ以外は夫がお掃除してくれるのだけれど、別に掃除は苦手ではないみたい(+リビングのワックスがけ、窓ガラス、エアコン掃除担当)。
だけど、片付けは駄目。出したら、出しっぱなし。
靴下とかも脱ぎ散らかし・・・・。お酒も飲んだら、飲みっぱなし・・・なのである。

で、私が気が向くと拾って歩いて片付けている。

でも、アパート暮らしの時はこんなじゃなかった、アパートに夫のものが散らばっていることはなかった・・・・と思うとできないわけじゃないと思う。

以前、そのように問い詰めたら、

「今の家は広いから良いんだ」と言われた。「なんじゃそれ!」と思わなくはないが、まぁいいかとなり、結局お休みの日は私がまとめて片付けているのである。

yohsikooの旦那さんは家事ばっちり!というイメージでこういう話をすると結構驚かれるのだけど、まぁ、そんなもんですわ。


読了。
江國香織どうしちゃったんだ?ここしばらくの作品はすべて新鮮さが全く無い。


Kindle vs ipad

昨日に続いて暖かいけれど、今日は静かに雨が降っている。

お昼から小川町でコーチングのセッションが2件。

仕事を離れると英文を読むことが極端に減るので、Kindleで洋書を読むのがつらくなってきた。
しばらくKindleお休みかな。

みんなからiPadにしないの?と聞かれるが、私は白黒でオールドファッションで、動作のスローななKindleをとても愛しているので、今のところ予定なし。
電子インクのじんわりした感じの表示が好きなのだ。

私はむしろWebやらMailから逃げたい派だからそんなものを持って外に出たくはない。
カラーも嫌い。色が多いのはむしろ苦手。
日本語の本は書籍という形態が好きなので、日本語を電子出版で読むつもりは今のところ予定なし。

それでもスティーブジョブスのipadのプレゼンは、とても格好良くて思わず見入ってしまったし、ジョブスファンとしてだけはちょっと彼の作品を使ってみたいという気持ちはある。
それにしても、ジョブスだけが、なぜああやっていつまでもクールでいられるのだろう・・・と思わずにはいられない。
一瞬のクールを作り上げることは、さほど難しいことではないけれど、長いことクールを打ち出すことは非常に困難で、彼以外にそれを実現している人を私は知らない。

晩御飯は旦那様お手製の餃子。
食後にみんなでブラッディ・マンディを観る。
村上龍の「半島を出でよ」みたいになってきたな。話の作りという上では、もちろん村上龍の小説のほうがずっと上だけど・・・・

<本日の勉強>

・社会政策 20分
・ヒアリングマラソン 40分
・卒論 35分
・民法物権 15分

合計1時間45分


読了。とても繊細な物語。不思議な読後感が残る。


読了。
人事制度の日米比較というテーマだが、扱っている範囲が広すぎるのではないだろうか。成果主義という切り口でいくのであれば、ホワイトカラーのみに絞り込むともう少し研究成果として興味深いものになる気がする。
市場価値に応じて給与を設定の市場価値を具体的に何に基づいて測るのかについても教えてほしかった。
今ひとつ対象読者の想定がわかりにくい本のだと思う。


M. チクセントミハイの本は全部読みつくしてしまいそうなぐらい面白い。

| コメント (0)

おやすみ

ぴかぴかの晴れ。気温は20度を上回った。
小川町のオフィスに行く予定だったが、あまりに気持ちの良いお天気なので、これは家の南向きのリビングで過ごそう!と予定変更。

朝のうちに3kmほどウォーキングして、ゆっくり長風呂。
ブログを書いたり、少し勉強したりして、午前中は過ごす。

お昼はノンノン(娘18歳)と犬の散歩に出かけて、そのままサンドウィッチを買って、公園でお昼御飯。
子供連れのお母さんがたくさんきていて、みんなお天気が良くてニコニコ。

コブシの花の白い蕾が大きくなり始めた。杏の木に蕾がつき始めた。駆け足で春がやってくる。

午後には妹が遊びにきてくれて、3人でお茶を飲みながら世間話。

夜は家族三人で晩御飯。

旦那様はこの4月から職場が移動。家の近所から、さいたま新都心に移動になるみたい。まぁ、朝御飯一緒に食べてくれて、美味しい晩御飯を変わらず作り続けてくれるのであれば、特に反対事由も見つからず。

<本日の勉強>

・社会政策 20分
・ヒアリングマラソン 45分
・卒論 30分
・フランス語 15分

<本日の読み齧り>




お休みに入ってから、これまで勉強したコーチングのトレーニングの資料や本などを再度読み直している。
新たに読み直すことで、色々と新鮮な発見がある。
ちなみにこの本は、いかにもアメリカ人のコーチングという感じである。よくまとまっているけれど、日本のコーチングはこんなにガツガツ、お金至上主義というのはあんまりないなぁ。(もちろん、そうは書いてないけど)


今年のBest3に早くも決定。
行動経済学って面白い。こういう研究にきちんとお金が使われているのか、豊かなことだな~と思う。

<本日の更新>

大滝由子のコーチングブログ 第二領域のリスト化 

| コメント (0)

ルンバ登場

曇り空で始まる一日。昨日と違って今日は気温も低め。まさに三寒四温。
午前中はオフィスの掃除と洗濯。ルンバがやってきて、本当にラクチンになった。オカムラの椅子の足にがっちりとはまってしまい、慌てて救出。とにかく可愛い。

友人が遊びにきてくれて、近所でランチ。
営業というのは、本当に終わりのない仕事。ノルマを達成すれば、また+αのノルマが翌年やってくる。
種を蒔いた案件が、思うときに芽吹くわけでもない。
でも、やっぱり楽しいし、刺激的な仕事だから、一度営業をやってしまうと他の仕事は何だか色あせて見えることしばしばだ。

小川町で音楽を聴きながら、本を読んだり、大学の勉強をしたり。コーチングの復習をしたり。
今の私の生活はなんだか入院療養中の人みたいだなーと感じ。
ゆっくり自分の身体に向き合うとしみじみと感じるが、ここ半年ぐらいで随分と自分の身体を痛めつけていたようだ。

夜は家族で晩御飯。規則正しい一日って気持ち良いし、すごくリラックスできるんだ。

<本日の勉強>
・社会政策 20分
・ヒアリングマラソン 20分
・卒論 1時間
・独占禁止法 20分
・フランス語 15分

合計2時間15分

<本日の読み齧り>



読もう読もうと棚に積んであったが、ようやく気力が出てきたので読み始める。
活字が小さいのが難点。



読了。この本は卒業論文にかなり使えそう。

| コメント (0)

マーケティング

お日様が出ていて、温かい一日。
ついついマスクを忘れて、飛び出してしまう。

1時間ほど犬とのんびり散歩。ユキヤナギの枝に白い小さな花が咲き始めた。

午前中はしばらく家の片付けやら、洗濯やら。

午後は小川町のオフィスで本を読んだり、勉強をしたり、夜はコーチングが1件。

4月以降は営業の仕事は完全に降りて、マーケティング担当になる。
まぁ、営業の数字は今期後半部分はだいぶ見えてきたので、特に降りても支障ないだろうと思う。
コーチングの相談や顧問の依頼もマーケティング関連が増えつつあるので、久しぶりに少し本でも読んで、ブログにでも整理していこうと思う。

<本日の勉強>
・社会政策 20分
・ヒアリングマラソン 20分
・卒論 35分
・独占禁止法 25分

<本日の読み齧り>







やっぱりこの本はよくまとまっていて読みやすい。

<本日の更新>

大滝由子のコーチングブログ 「まともな」感覚 

| コメント (0)

ダウン

朝からひどい偏頭痛で一日完全ダウン。
このところ、滅多にないことだけれど、とにかく眠くてしょうがないので、一日眠っていた。
寝たり起きたりの一日。
家族との晩御飯もそこそこにまた眠ってしまう。

疲れがどーっと出た感じ。まぁ、たまにはこんな日もありでしょう。

| コメント (0)

卒業式

九段会館にてノンノン(一人娘)の卒業式。
式の15分前に辿り着いたけれど、既に二階の保護者席はいっぱいで、3階の保護者席に通される。3階からは舞台は見えるものの、表彰されるわけもないノンノンの姿は全く見えず、なるほどこれなら娘の言うとおり、来なくても良かったのかも・・・とちらりと思う。

学校のこの手の行事に参加するのは、これが二度目。ようは入学式と卒業式。
父兄席を見渡すと、なるほどという気がする。娘の通う高校は、大学付属の私立校でレベル感としてはごく平均値。
公立に行かせても良いようなレベルで、私立に子供達を行かせるのだから、やっぱり経済的に余裕のある感じの父母が多い。まぁ、このあと大半の子達は私大に通うのだから、もっともかな。

淡々と式を眺めていたが、「仰げば尊し」「蛍の光」のところで、しみじみと「あー、ノンノンはもうセーラー服を着ないんだなー」と思ったら、高校に入り始めて、少しずつお洒落に目覚めて、お化粧したり、スカートを短くしたりといった場面や、偶然学校帰りのノンノンと公園で会ったことなどがバーっと思い出されてきて、もうノンノンはすっかりお姉さんになってしまったのだ・・・・としみじみ思ったら、涙がぽたぽた落ちてきて、気がつけば、えぐえぐ泣きである。(ノンノンの姿が3階の席から見えるわけではないのにこんなに泣けるというのもすごい)
泣きにないて、卒業式を堪能。

最後のセーラー服姿で一緒に写真を撮る。

その後は小川町のオフィスに行って、コーチング。この日は夜も電話によるコーチングがあって、計2件。

ノンノンは渋谷で打ち上げがあり初めて22時過ぎに帰宅(我が家の門限は、19時。スペシャルな時は22時)。その前には美容院に行って、念願の茶髪を手に入れてきた。

「お母さん」ってドラマが多くて、楽しい仕事だとしみじみ思った一日だった。

<本日の読み齧り>


読了。

どこかの難民キャンプへ行くたびに、また瓦礫の下から少しでも家財を取り戻そうとする人々を見るたびに、自身の家族を思い出していた。何だかんだ言って、生きるとはそういうものなのだ。何枚かの皿がある、いつも使う櫛がある、子供がビーズを紐でつないで持っている・・・・。
 自分だけは違うと思っていたかった。十分もたてば、すぐに世界のどこへでも去っていけるはずだった。しかし、どの土地に流れ着いても、おのずと大事なものができてしまう。ローマのアパートの戸棚に置いた背の低い色づけワイングラスを失いたくない。午後の日射しが台形になってベッドに落ちかかり、次第に縮んでいくところ見ていたい。カメラ一つで飛びまわる人生でも、それなりに物質世界によりかかっているようだ。世界から掠めとったものを、後生大事に離さない。

| コメント (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »