« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

PC壊れました。

そんなわけで、しばらく更新お休みします。
皆様、良い連休を!


近頃の若者はなぜダメなのか

前日からものすごく眠くて、この日は珍しく寝坊。8時過ぎ起床。
外は久しぶりに陽射しが暖かい。

相変わらず、寝汗はひどくて夜中に毎晩2回は着替えている。
隣で寝ている旦那様もびっくりするぐらい、全身びしょびしょ。
こんなに汗をかいていると痩せるような気もするのだが、体重はまったくかわらない。

夜中に着替えなくちゃいけないこと以外、特に不具合も無いのだけれど、出張とか泊まりで出かけることを考えると「えー、ちょっと無理です」という感じ。
(パジャマ最低3組持っていくのを考えただけで憂鬱である)
今度の連休に泊まりで遊びの楽しい計画があったのだけれど、不眠症と寝汗の両方を考えると、躊躇してしまい、不参加。

お昼からはオフィスで対面コーチングを2件。
ファウンデーションを整えると、自然にエネルギーが沸いてくる。
たくさんのエネルギーがあれば、目標達成は自然に早まる。

コーチングを始めてから、何もかもうまくいくようになりました・・・というケースが大げさでなくてよくある。
ファウンデーション部分が整ってくると自然とそうなってくる。

健全な生活からしか、素晴らしい芸術作品は生まれない・・・と先日読んだ日本画家千住博さんも著作の中で仰っていたが、まさにそのとおりだと思う。

終わってからはあれこれ仕事やら卒論を片付けようと思っていたのだけれど、手元にあった「近頃の若者はなぜダメなのか 携帯世代と「新村社会」」が面白くてそのまま最後まで読んでしまう。

とにかく生活の中心は携帯電話。
携帯電話を中心にしたコミュニティで、「空気を読む」を実践し、細かくコミュニケーションをとる毎日を過ごす若者達。
なかなかこれはこれでストレスフルな感じ。監視社会と言ってもいいぐらい。

ある種のコミュニケーション能力は確かに飛躍的に伸びているという著者の洞察には私も基本賛成。
ただ、私は若者のコミュニケーションパターンが一種類しかないことを危惧している。
彼らは自分と同じ年齢層に行うコミュニケーションパターン全ての基本になっていて、相手が年長者だろうが、外人だろうが全て同じパターンなような気がするのだ。






| コメント (0)

師弟愛

引き続き雨が降る寒い一日。
TVではこの寒さでお野菜の値段が急騰していることをワーワーと騒いでいる。
ニュースというのは、どうして暗いニュースを伝える時に限って、伝える側のエネルギーが上がるだろう?

午前中は、電話会議、コーチング、コーチング。
午後はあれこれ仕事を片付ける。

夜は上司と食事。
どうも上司の私への理解と、私の言っていることが噛み合わない(今に始まったわけではないのだが)

この日に特に噛み合わない話をしたわけではないのだけれど、話を聞いているとどうも私のことでUSのボスと話をした様子。
どういう話をしたか・・・というのを聞いてみると・・・

私、一言もそんなこと言っていませんが・・・・。
で、どうして私の言ったことは全てお忘れなのでしょうか・・・?

ということばかりで、こりゃ伝言ゲームだわ・・・、きっとUSのボスは相当に誤解しているだろう。

基本的には私が「XXXがしたい」というのが上司からはよく見えないから、よく理解されないのだろうと思う。

でも、これはしょうがないことで、私は「XXXがしたい」という理由ではなく、単に委託料金と仕事内容が私から見てつりあっていれば、仕事を引き受けるし、そうでなければ抜けるというスタンスなのである。
もしも、この職場で「XXXがしたい」というのが明確にあれば、正社員になっていますって・・・。

ちなみに今の職場で気に入っている部分は、時間の自由、働き場所の自由、グローバルチームで海外とのビジネスについて学べること、それからIT環境が常に最新なので、いつも自然にITスキルが身に着くこと、社内のビジネスレベルが高いこと・・・、などなど。

ベースはコーチングに置いている。
ビジネススキルが上がっていく今の職場というのは、私の提供するビジネスコーチングにとても良い影響と刺激を与えてくれること、さらに自由な勤務形態がコーチングをするのに適しているので、この仕事を引き受けているというのが私にとっての着地点なのだ。

今のワークスタイルは私がようやく手にしたもので、自分自身そのスタイルをとても気に入っているのであるけれど、まぁ一般の男性から見たら組織の中で生きるでもない、かといって起業というわけでもない私のワークスタイルというのは、随分とあぶなっかしい、且つよくわからないものなのだと思う。

相変わらず私がふらふらしている(ように上司には見えて・・・)いつまでも社員の頃同様に将来のキャリアの心配をしていただいているのだから、多少の行き違いがあるにせよ、こういうたっぷりとした師弟愛のようなものは嬉しくもある。

| コメント (0)

Being

朝から冷たい雨。今日の気温は二月並み。

うまく眠れず、朝から胃が痛い。午前中はほとんどダウン。
オフィスで腹式呼吸と瞑想をし、昼頃から少しずつ回復。

色鉛筆をつかって、マインドマップをゆっくり書く。テーマはどんな人でありたいか。
Doingではなく、Beingにフォーカスしてみる。
きれいにできてすこぶる満足。

久しぶりのMTのオフィス。
あんまり久しぶりなので、?何階に行けばいいんだっけ? 真面目に忘れる。
24Fのフロアに着いたら、今度は南側なのか、北側なのかで悩む。

MTのオフィスでないと片付けられないことをあれこれ処理。
USからやってきているボスを交えて、チームミーティング。

その後は営業同行で秋葉原へ。
全然、話違いますけど・・・・というぐらい、当初聞いていたものよりボリュームが少ない(涙)
とはいえ、この案件今までなら、無償サービスで売上ゼロだったものを売上にカウントできるようになるというのは大きな一歩。

急ぎの案件なので、終わってすぐ手配をかけて、チームディナーのために浅草へ。

同僚が手相の勉強をしているというので、手相をみてもらう。

結果は、

・とにかく情に厚い(ええ、だから未だにこの仕事引き受けているんですわ・・・・笑)
・とにかく気が多い(そうかもしれません)
・お金は入ってくるが出て行くタイプ(そのとおりです)
・努力型(天才型じゃないことは確かです)
・結婚は二回する(そのとおりです)

浅草寺は現在工事中で、ちょっと残念。

最後にみんなで記念撮影。ぱちり。

| コメント (0)

一瞬で心をつかむ「できる人」の文章術―1日たった15分10日間で上達!

ワインのおかげかぐっすり眠れて、元気にラジオ体操とウォーキング、犬の散歩をこなす。

前日の雨で、公園内は水たまりが多い上に、犬(ヨーキー7歳、男の子)は芝生で遊びたがり、朝露にぬれそぼってぐちゃぐちゃ。
そのままお風呂直行。

犬は朝一番からお風呂に入れられたのが気に入らないらしい。
お風呂のあとに、厳重抗議.(私の顔を見ながらワンワン吠えたり、ジャンプして肩などにぶつかってくる)
放置しておいたら、まだ眠る母の部屋に自分の惨状を訴えに行きだし、無理やり起こしてしまった。(すまん・・・母。)

午前中はオフィスでip20の方と打ち合わせ。
今月中に工事が決まる。まぁ、概ね予算通りに収まりそうでほっとする。
仕事用の本棚だから、経費で落とそう・・・と思いつつも、かなり結構な出費だ。(娘の文系私大の学費1年分と同じぐらい・・・。)
とは言え、自分で家具を見に行って、自宅のリビングにサイズが合うもの、インテリアに合うものなんて探すことを考えたら、時間をお金で買ったと思えば悪くない。
(多分、時間をかけても、私にはぴったり合う家具を探すことは不可能だったろうし・・・)

午後はひたすら読書でこの日は終了。

家族で晩御飯。
母がぽつりと、「先日会社に行って、またあんな生活に戻るのはごめんだ・・・と思った」と。
彼女はいわゆるニコミ誌の会社勤務で取締役。肺がんになる前は仕事バリバリ。
8時半に家を出て、夜は21時以降に戻るという生活で土曜日も出勤。

手術後の療養ということで、現在は休職。
暇を持て余してなのか、我が家の家事をあれこれやってくれている。
世代というのもあるのだろうけれど、とにかくじっとしていられないようだ。

あれだけ毎日人に会う仕事だったんだから、寂しいだろう、つまんないだろう・・・と想像していたのだが、
彼女曰く今の生活が気に入っているらしい。

それを聞いて、「ああ、同居して良かった」とほっとするものの、そんなにあっさり仕事って手放せるのかーとややびっくり。
会社は相談役でも良いし、週の半分だけ出社でも良いから・・・と言ってくれているようだけれど。本人はまったく乗り気でない。

夫はそれを聞いて、「そうそうこの家で暮らすと、仕事するのイヤになるんだよ。わかるわかる。」とウンウン頷きなながら、犬を撫でている。

それにしても本当にうちの家族は家が好きである。
少し休むと全員家から出たくなるようなので、働かせるには休ませないようにしないと!
まぁ、御飯美味しいし、陽当たりいいし、目の前公園だし、気持ちはわかる。
ことに最近、母があれこれ家事をしてくれるので、これまた快適度は増す一方な我が家である。




読了。これから40代に入る私、身がひきしまるなぁ。
枝葉末節をはぶいたキャリアデザイン論なので、読むスピードは早いが心に刺さることは深い。
一方で、これはあくまでも(今現在では)男性のキャリアデザイン論だなと思う。女性でこんなにうまくいくケースはまだ難しいだろう。それでも学ぶことは多い。


Amazonのレビューからたまたま辿り着いた一冊だけれど、非常に面白い。
画家の背景を知って、作品を観ると一段深い鑑賞ができるというよく考えれば当たり前のことに今更ながら気づかされた。
早速美術館に行きたくなった。
季節も良いし、今年はちょっとアートに触れてみよう

一瞬で心をつかむ「できる人」の文章術―1日たった15分10日間で上達!

説得力ある。だって、すっかり心をつかまれて、一息に読んでしまった。
Amazonでのレビューの高さも頷ける。
ちょっとこの本の内容を意識して、本日の日記を書いてみました。ちがいわかります?
読んでいるだけで文章が書きたくなって、ソワソワしてくる一冊。

| コメント (0)

丸善 御茶ノ水

睡眠の質的には、イマヒトツだけれど、とりあえず眠れたのでOKサインとする。
それにしても、オーガニック・コットンのパジャマは着心地よくて、はまると確かにやめられない。
ネットでオーガニック・コットンの長じゅばんを見つけて、即効でショッピングカートにいれてしまった~。

旦那様の職場が遠くなったので、朝御飯の時間が朝5時半となった。
終わって6時から始まるラジオ体操に行くとちょうど良い感じなので、この日もラジオ体操。
これにプラスして、ウォーキングをして、1時間ぐらい身体を動かすとちょうど良い感じ。
身体を動かすのに毎日1時間使えたら、相当贅沢な暮らしだと思う。

その後犬の散歩に出かけて、ゆっくりお風呂に入って、前日の日記を書いて、ブログの更新して、9時前に小川町に出勤。
午前中のうちに大体の仕事と卒論の文献を読みを片付けて、11時半頃にランチに出かける。(何しろ、朝御飯が早いから御腹が空いてたまらない・・・・)

この日はその後に丸善御茶ノ水をゆっくり一週。
御茶ノ水界隈で、ビジネス書が一番品揃えがよくて、センスがよいのはここだと私は信じている。
ランチの後にざっと一周して、大体の新刊その他をチェックするのにちょうど良いサイズでお気に入りのコース。
通勤時に読む新書をまとめて何冊か購入。

午後からは、顧問先のスタッフがやってきて、相談受付。承認のメッセージをたっぷり出しながら、Plan Do Check Actionをきちんと回せるようにサポート。

その後は労働法のオンデマンドコンテンツを見たり、オフィスの掃除をしたり、コーチングのブログを書いたり、ITの技術動向をチェックしたり、仕事や趣味の読書をしたりであっという間に晩になり、顧問先と会食。
この日はイタリアンレストランでピッツァとワインを楽しむ。
本日のテーマはエンドユーザのスイッチングコストをどのように乗り越えさせるか・・・。

「雨が上がりましたね、明日は暑くなるそうです」と白髪のタクシーの運転手さんが話してくれるのをうつらうつらと聞きながら、帰宅。24時ぐらい?








| コメント (0)

げつようび

お天気の良い一日。
昨夜はよく眠れなかったのだけれど、お天気が良いとそれだけで気分が明るくなる。

YOGAで始まる月曜日。
このところ、お休みなく続けているのでポーズが深まってきた。足のふんばる力が弱い。特に左足が極端に弱い。

小川町のオフィスでは、掃除が面倒なのでお風呂は使わないこと・・・と当初決めていたが、徐々にシャワー解禁になり、最近はYOGAの後にゆっくりお風呂に入るというのが楽しみになりつつある。
まぁ、せっかくあるファシリティなんだから使わなくちゃね、という気分になってきた。
(またそうなると入浴剤とか欲しくなるんだけど・・・・)

午前中のうちに英語の資料をさくさくと作る。
今週はUSの上司がやってきているので、今期のマーケティングプランの説明用。
このところ、英語のプレゼンばかり見ているから、それらしい英語が結構自分の中にたまって出てきやすい。

卒論に取り掛かり、読書と、お昼寝をしてこの日は終了。夕方早めに引き上げて犬の散歩、家族で晩御飯。
よく考えると月曜日はいつもわりとゆっくり過ごしているかも。







| コメント (0)

エーゲ―永遠回帰の海

快眠。
外は打って変わって晴天。

公園はひめりんごの花が満開。
毎年同じ樹を見ていると樹がだんだんに太く立派になっていくのがわかる。
都会に住んでいて、こういうのは結構な贅沢だと思う。

週末なので木綿の着物。
着物の着付けをしながら、そうそう、肌襦袢は義母の縫ってくれたもので、この長じゅばんは叔母からもらって、帯揚げのきれいな締めかたは、XXさんに教わって・・・と一つずつ、色んな人の手を通ってきたことを思い出す。
やっぱり着物って良いなーとしみじみ思う。
こういう喜びは洋服にはほとんど見当たらない。

家の中を少し片付け。
旦那様と蕎麦屋で日本酒。
お店はいつもの亀戸にある山水
今日はお天気がよくて、お客様の回転が良く、お店の皆さんもフルメンバー。




カイロプラクティックの章も興味深い。
ホメオパシーと違って、ケースによっては死につながるような後遺症も残るというのは、なるほどそうだろうね・・・という感じ。
代替医療というのは、近代医療や薬の投与を嫌がる患者によく採用されるというのはわかる。
子供の治療にできれば代替医療というのもよくわかるけれど、医療効果をよく調べてみないとね


読了。今年読んだBest5に間違いなく入る本になる。
ギリシャ・トルコの遺跡を巡る立花隆の旅の記録。古代の人たちが思い描いた神話の世界、哲学についての著者の考察。
いつものとおり、予備知識のない読者をも惹きつけるこの迫力。
ふんだんに使われた写真がまた読者をギリシャ世界に引き込む。
私の世界をいつも強引に広げてくれる著者には感謝の念が常日頃から絶えない。敬愛しているジャーナリストである。

| コメント (0)

OFF

都心は41年ぶりの雪。
旦那様はお仕事。授業参観で給食付きらしい。
母の作ってくれた夕飯と見まごうようゴージャスな朝御飯で一日スタート。
御飯を作ってくれる人が二人いるって素晴らしい!

またもや前日の睡眠薬が残って、午前中はダウン。前日は1錠しか飲まなかったのに・・・・。
もう眠れなくてもよいから、睡眠薬からは足を洗おうと決意。(睡眠薬が悪いと言うよりも、酒飲んで、睡眠薬飲む私が悪いのだけれど・・・)

ノンノン(18歳・一人娘)がモスバーガーのとびきりハンバーグサンド「チーズ」が食べたいというので、お昼は二人で公園脇のモスへ。

そのまま小川町のオフィスへ。
大学の片付けるべきことが溜まっている。

・手形・小切手のレポート清書
・卒論
・労働法のE-Leanring
・フランス語

先週、不眠症関連で全然予定に到達していないので、ここで取り戻さなくてはと思うのだが、考えているだけで、憂鬱な気分になってきたので、全部放り投げることにする。
「すべき」ことが多いと息が詰まるからね。今日はオフだ、オフだと心のなかでつぶやく。

1時間ほど東京堂書店をうろうろし、本を2冊購入。どちらも軽くあっさり読めるもの。
お茶を淹れてゆっくり本を読んでお昼寝をして、心からリラックス。

家族で晩御飯を食べて、みんなでDVDを観て本日は終了。


終わってみたら、とっても満足殿高い一日だった。



他の本を買おうと思っていたのだが、間違えて購入してしまった。
・・・が、GNH(グロス・ナショナル・ハピネス)No.1のブータンの政治と国のあり方はとても興味深かった。
格差を是正していこうという国と、格差を広げる施策の続く日本。たとえ、収入ベースで格差社会の上にいたとしても、GNHは上がるかしら?と疑問に思う、今日この頃。



長年、やめられない悪い癖。腕組み。脚組み。やめようと初めて思った。
忙しい時に読むと、なんだか説教臭いし、気取っているように読めるのだけれど、ゆっくりモードの時に読むと心にしみわたる一冊かな。
少ない人間関係と少ないモノを大事にしたい私的にはアリですね。これ。



家族揃って観る作品でもないと思うのだけれど、面白かった。
多分、この映画の語るアメリカの国民健康保険の現状は、そう大げさでもないところが、怖い。

| コメント (0)

1Q84 Books3

少し減らして睡眠薬を飲んだものの、がっつり残って午前中いっぱいぼんやり。
1Q84 Books3が出て、横になりながらつらつら読む。
Books3はなんだか全体にもどかしい。まさかこれで終わりではあるまい。Books4あるんだよね?

午後からはWeb会議やら資料作り。

労働法のオンデマンド授業の視聴。
E-Learningと呼ぶにはまだまだお粗末だけれど、学校に通わずに授業が受けられるというのは有難い。
いつの間にか単位修得状況もWeb上で確認できるようになり、着実に中央大学の通教も進化している。あー、私にまかせてくれれば、もっとインタラクティブなトレーニングを、格好いいユーザーインターフェースもできるんだけどな(笑)

この日は久しぶりに友人とオフィス近所の魚百
最近のお気に入り居酒屋で、テンポがよくて元気のあるサービスが気持ちよい。
魚介類の鮮度もよくて、コストパフォーマンスもGood。

外は雨降りでとても寒かったけれど、気持ちが温まる楽しいお酒だった。





| コメント (0)

矢の根寿司

もう胃が痛いのはいやじゃ・・・・
ということで、昨晩は睡眠薬でぐっすり眠る。

・・・・がこれはこれでまた別の問題が、睡眠薬が残ってしまってふらふらなのである。結局午後3時ぐらいまで大したことは何もできなかった。
この薬の調整もなかなか面倒。量が少なければ、眠れないし、今回は医者の処方通り飲んだのにこの有様。
睡眠薬の一番いやな点はとにかく目が覚めたときに爽快感と眠った満足感がまったくないところだな。

午後は営業霞ヶ関へ。外出の日に限ってお天気が悪いのはなぜだろう。
同行案件そのものはどうというものでもなかったのだが(想像通り)、地方へのパスができたので、OKとしよう。

前職の上司と、小川町でお寿司。神田錦町の矢の根寿司。素材が新鮮でおいしい。落ち着いていて静かなので接待にも向いている。個人的にはお寿司よりもお料理のほうがおいしいと思っている(お寿司はお米が柔らか過ぎなのだ、私には)

二次会と称して、山の上ホテルのモンカーブにてワインを堪能。ここのワインは本当にいつでもおいしい。お客さんが大人ばかりなのが非常に落ち着くし、サービスも極上。

タクシーで11時過ぎに帰宅。一日終了。
明日はとても寒いらしい。

楽しい食事も今晩の睡眠時間は果たしてどうなるやら?というのが頭の中を回って楽しみにきれないのがとても残念。

| コメント (0)

勝つための論文の書き方

二時から起きているので、とにかく暇。
掃除機かけられるわけでもないし、洗濯するわけにもいかない。勉強するには集中力が足りない(何しろ大して寝てないから)
とりあえず、仕事のMailを片付けて、ブログを書いて、立花隆の「エーゲ」を読む。

5時半に旦那様と朝御飯。
6時に自宅前の公園のラジオ体操に参加。なんだかなー、いきなり老人になった気分である。でも暇なんだもん。
自宅に戻って今度は犬と散歩。

8時半には小川町のオフィスに辿り着いた。
卒論を進めようと計画していたのだけれど、とにかく寝不足で胃が痛い。
ソファに横になりながら、文献を読む。だれだれである。

昼からは仕事のテクニカルに関するE-LearningやらWebEXセミナーやら、片っ端から受講。
なんだか久しぶりにIT業界の人になった気分。
明日は営業同行で客先訪問なので、少しはネタを仕入れておかないとね。
今期は営業同行が大幅に増えて、客先でプレゼンという機会がしょっちゅう来る予定なので、ネットワークの技術動向を追っておかないとまずい。久しぶりにテクニカルの勉強でもしますかね。
製品ラインナップが増えて、製品を語るのではなく、ソリューションを語らないといかんね、これからは。
まぁ、そのほうが私向きだしな。




読了。
論文についての本はあれこれ読んだけれど、この本が一番腑におちた。
いかに良い問いを立てるか?にについて・・・・難しいけれど、そうそこがやっぱり肝なのだ
論文の本質について平易な言葉で語られた良書。


日々是修行~現代人のための仏教100話

比較的よく眠れて5時起床。
コートがいらない暖かい一日。
夕方になっても19度ぐらいあったみたい。

朝一番で小川町のオフィスからWebEx会議(英語)に参加。いやぁ、白熱した会議だった。白熱してくるとみんな当然早口になるのだが、なぜかそういうときの英語はよく理解できる。
続けての会議はUSのスタッフが現れず中止。

ランチは久しぶりに六本木の四川飯店。

その後はMTにて部内の会議が2時間。終わって、さくさくーっと帰宅。

犬と一時間ほど公園を散歩。暖かいので犬もかなりご機嫌。珍しく他所の犬に喧嘩を売って歩かない。

旦那様から上手く寝られないのは、運動不足では?というアドバイスされたので、ヒアリング・マラソンを聞きながら夕食前に3kmほどウォーキング。

寝酒のワインも試してみて、(1-2杯で止めるのが難しい。放っておくと一本飲んでしまう~)22時に就寝。

おー、これは良い感じと思ったが、24時半に目が覚めて、しばらくベッドの中で悪戦苦闘していたが、ますます頭が冴えてくるので、2時に諦めて起きる。

クライアントさんから相談のMailがちょうどきていて、起きた甲斐があったなーと思いながらMail返信。
そうしてただいまこのブログを書いているのが2時35分。
仕事するかな、それとも英語の勉強でもするかなー。犬の散歩に行けるとベストなんだけど、こんな時間じゃね。


読了。


世界銀行との闘いの箇所は大変興味深い。

| コメント (0)

コーチングのプロが教える リーダーの対話力 ベストアンサー

ぐっすり眠って6時起床。
朝から雨模様の肌寒い一日。

朝一番はYOGAのマンツーマン・レッスン。
自分に集中する90分。今日は集中力も高くて、満足度高し。
週に二回ぐらいレッスンが受けられるとベストなんだけど、なかなかそこまで時間が取れない。
一人のときもやりたいのだけれど、どうもうまく集中できなくて単なるストレッチになりがち。先生の声は偉大だ。

午前中のうちにざっくりと仕事のマーケティングプランをまとめる。

コーチングのブログを更新→「僧侶と年功序列

1時間ほど卒論の文献を読み漁り、その後30分かけてフランクリン・プランナーのWeekly Planをたてる。
Weekly Compassが使いこなせるようになると一週間の充実度がだいぶ変わってくる。

ヒアリングマラソンのマンスリー・テストを片付ける。
なんだかやればやるほど、スコアが落ちてくる気がするのは気のせいじゃないな、きっと。
3月いっぱい仕事を休んだら、格段に英語力が落ちた。仕事で使わないで、一人で勉強しても緊張感がないんだなー。

5月試験に向けて、フランス語の勉強も少々。






読了。
これを読んでもリーダーの対話力が上がるのは難しい。
例文の会話が全体にリアリティがない。
Co-Activeコーチングの肝の部分がうっすらとしか書いておらず全体にものすごく半端な本でとてももったいないと思う。Co-Activeという切り口で攻めるなら、もっとエネルギッシュなものが欲しかったというのが個人的感想。



| コメント (0)

日曜日。

ほとんど眠れず、朝がやってくる。
午前中は郵便局の人がきて、保険の手続。
そうか、保険って丈夫なうちじゃないと入れないのか・・・とあたりまえのことに気がつく。

先日、母の主治医の先生に、父も母も肺がんだという話をしたら、かなり高い確率娘であるで私も肺がんが出るだろうという話だったので、それならがん保険に入っておこうと思ったのだけれど、私は既に子宮頸がんをやっているので入れないのかしら・・・・。

お昼は旦那様と近所のViriteでパスタ。

その後にワインを買いに、西新橋までドライブ。
睡眠薬を飲むよりも、ワインを1,2杯飲んで眠るほうがよいのでは・・・という旦那様の意見になるほどと思うものがあり、寝酒の仕込みである。

コーチングのクライアントさんからは、寝汗がひどいのは、オーガニックのコットンの下着とパジャマを試してみれば・・・とのご意見をいただき、なるほど、それは良いかもと楽天で一組頼んでみた。

犬の散歩に出かけると、公園は今しだれ桜がちょうど盛りを迎えている。 ひめりんごの花に薄いピンクの蕾がつきはじめた。今日も自宅前の公園は人が多い。


眠れないので夜中に積んである本の中から一冊。
写真も文章も素晴らしくて、永久保存本に即座に決定。
ギリシャ、トルコのカラー写真がふんだんに使われている。
遺跡の中で、二時間ぐらいぼんやりする旅って贅沢だーとしみじみ思う。

ホメオパシーに関しては、とにかくもうコテンパン。
まぁ確かに希釈しまくって、有効成分がないものにどんな効果があるのか?と言われれば、素直に考えて確かに疑問。
水に記憶があるのなら、水は有効成分以外の記憶もあるはずでは?というのは、確かに思うこと。

代替医療にプラセボ以上の効果はあるのか・・・・というのを臨床実験をもとに徹底的に洗い出す本。とにかく面白い。

| コメント (0)

ip20

熟睡して目が覚めて、かなり爽快。
しかし、この調子で一日熟睡、一日徹夜なんていうのが続いたら、仕事のアポイントも夜の遊びも慎重に入れないといかないし、できるときにできるだけやっとかんとだめだね。

久しぶりに久留米絣に手を通す。
やっぱり着物は着ていてラクだ。

書斎が母の部屋となったので、リビングの壁一面に本棚と作業スペースそれからTVを置く場所をip20に依頼することにした。
本日は計測とプランニングの打ち合わせにきてもらった。
本日も確信したが、これから営業とかサービス系の仕事は女性の独壇場になるのではないだろうか。
この日の女性の営業の方もテキパキしていて、座持ちもうまいし、見ていて気持ちが良いし、とても頼りになる感じだった。

いつだか何かで読んだ記事では、ドイツはサービス業に男性を雇用しない会社が増えてきて、男性の失業者が仕事が決まり難いという話があったが分かる気がする。
男性は抜きん出て素晴らしい人もいるが、全体のレベルがどうも女性に比べて低いのだ。あたりハズレが激しすぎるので、リスクをとりたくない雇用主は最初からある程度のレベルを維持していることが多い女性を採用するだろうと思うのだ。
コミュニケーション能力の平均値が圧倒的に女性のほうがレベルが高い。

この日はお昼から対面コーチングが3件。
暖かくなるとやっぱりそれだけでエネルギーが高まってくる。うまくエネルギーの波をキャッチしていくと、あんまり苦労せずにすいーっと進むことはたくさんある。
INPUTとOUTPUTのバランスの良さが大切。




読了。
健常者と障害者の間にくっきりとした境目は本当にあるんだろうか。
精神障害を抱える人々が共同生活を営む北海道浦河の「べてるの家」についての本。


ごっちゃんも大きくなって、そろそろネタも尽きたかな・・・と思うといつも不死鳥に蘇るのがすごい。
東京の鬼シリーズ、ヅカメイク。コーラスで毎月追っかけているが、やはり単行本になってまとめ読みすると再度抱腹絶倒。
家族全員の愛読書

| コメント (0)

ラピチュード

一睡もできないまま朝がきた。
横になって、目を閉じているだけでも身体は休まるはず・・・と思うのだが、やっぱりちょっとでも眠っていないと駄目なんだなー。
胃が痛いわ、頭は回らないわで、小川町のオフィスにいても仕事も勉強もまったく進まない。

一睡もできない日というのは、いつもそうなのだが不思議と昼寝もできない。
妙に頭がハイになっているので、あれこれ頭の中を色んなことが駆け巡って、まったく睡魔がこないのである。

やれやれ・・・と思って、とりあえず気晴らしに東京堂書店へ。
前から気になっていた「フェアトレード 倫理的な消費が経済を変える 」と「孤独の科学---人はなぜ寂しくなるのか」を購入。

書棚を見ていたら、べてるの家の本があり、みすず書房の本ということで、即決で買い。

オフィスに戻って、横になってひたすら「治りませんように――べてるの家のいま」を読む。

夕方からは仕事飯で、神楽坂でカジュアルなフレンチ。
神楽坂のラピチュード
このお店は二度目なのだけれど、サービスが良い人とそうでない人との間がに激しく差がある感じ。肩の凝らないフレンチでワインも安いしボリュームも多い。もっと人気があっても不思議じゃないけれど、その日にサービスにあたった店員さんよってだいぶ心象が変わってしまうと思うのだ。

この日はさすがにセーブしてワインをグラスで一杯のみ。 それでも帰りに車で送っていただいて、途中かなりうつらうつらしてしまった。 寝不足の前では大人の女道も吹っ飛ぶな。

22時前に帰宅。即ベッドに倒れこみ、熟睡。



| コメント (0)

代替医療のトリック

昨夜は疲れて21時過ぎに寝たのだけれど、1時になったらばっちり目が覚めてしまい、翌日は午前中に会議があるので、仕方なしに睡眠導入剤に手を出すが、これがさっぱり効かない。
6時過ぎにようやく眠りについてそこから1時間ほど熟睡。

久しぶりにMTのオフィスに行く。混んだ大江戸線。
オフィスに着いたら、ミーティング中止の知らせが入る。一昨日も似たような直前キャンセルがあったので、寝不足もありかなりイライラする。
MTで一日仕事を片付けようと思ったが、あんまりイライラして毒を吐きそうなので早々に撤収。まぁ、そもそも会社にいなくちゃ理由もこの日は他になかったので。

小川町のオフィスで3時間ほど爆睡。
残りの時間で仕事を片付け、夕方早めに自宅に戻り、ノンノン(18歳・一人娘)と犬の散歩。

この春女子大生になったノンノンのキャンパスライフについて、あれこれ話す。
勉強は自分の好きな科目(心理学)をやっているので、かなり楽しいらしい。教授をはじめとした指導陣が高校と違って、個性的なのもたぶん合っているんだと思う。
それでもやっぱり卒業後の就職について、今から不安があるみたい。まぁ、新卒の就職活動は暗いニュースばかりだからね。
仕事なんて、自分で創るもんだよ・・・と私は思っているのであんまり心配していないけどね。

夜になったが、さっぱり眠れない。
睡眠導入剤を飲もうと思ったが、悩んだ末に止める。
うまく言えないのだが、飲むと飲み続けないと眠れなくなるような気がするのだ。これまでの体験から。

仕事が立て込んできたり、今までとおりの営業で外出が多いとかなら、諦めざるえないだろうが、これからは基本マーケティングだからかなり自分の裁量で時間はコントロールできるので、睡眠薬を飲まないで済む間は飲まないでいようと思う。

なーんて、そんなことやっていたら一睡もできなかった。まぁ、いいか。

<本日の勉強>

ヒアリング・マラソン 20分

<本日の読み齧り>




眠れないので、積んであった本を適当に読み始めたら、これがまたすこぶる面白い。
久しぶりに持って歩いてでも読みたいハードカバー本。
なぜ東京堂書店で買った本にはこんなにも当たりが多いのだろうか・・・・。

| コメント (0)

ネクスト・マーケット

5時半起床。
朝のうちに犬の散歩に出かけて、桜の散り始めた公園を歩く。公園の片隅では鈴蘭が小さな白い花をつけた。

クローゼットの整理と一部衣替え。
こうして見ると、しみじみ黒い服ばかりだ。
仕事ももう営業ではないので、今年の夏はスーツの慎重はいらない感じ。
せいぜいやっても営業同行だろうし、顧問先はどちらも夏はビジネスカジュアルのはずだから、いらないだろうな。

それにしてもJOSEPHの服とTheoryの服ばかりだ。
こうして見ると長く着られるのはTheory。多分、JOSEPHの服というのはその年の流行に合いすぎているのだと思う。
新しい服を着ていて、必ず人から誉められるのはJOSEPH。でも、翌年見ると、ちょっとずれている。それにやや型崩れがしやすい。
Theoryは定番で、型崩れがし難い。
カジュアルでラルフ・ローレンのブラック・レーベルが入ったら、後は十分だなー。こうやって人はだんだんに冒険をしなくなるんだね。

郵便局の人が訪問してくれて、学資保険満了の手続。終わって新たな保険の申込についての話。
結局何かしら保険って、ずっと払い続けるわけなんだよね。そりゃそうだ。

小川町のオフィスに移動して、仕事やら卒論やら。
4月に入ったけれど、まだ薄手のコートは手放せそうにない。

<本日の勉強>

ヒアリング・マラソン 10分
卒論 30分

卒論はやや手詰まり気味。調べても調べても文献がでてきてうんざりするけれど、面白い。手を広げないつもりが気がつくと広がっていて、締め直し。

<本日の読み齧り>




本棚にずっと積んだままになっていたのを、ちょっとだけ手にとってみたら面白くて気がついたら、1時間ほど読みふけっていた。 貧困層はマーケットの対象外と思うのは早すぎるらしい。広大なマーケットとして発想してみる。


不眠症その後

3時起床。

3時は起床というよりも、単純に目が覚めてしまう早朝覚醒というべきなのかもしれない。

バリでの旅行で睡眠薬断ちをしてきた。飛行機に乗った前後は振動が耳に残ってどうにも全く眠れないのだけれど、そのほかは概ね睡眠導入剤なしでも眠れるようになってきた。
今は大体22時ぐらいに眠って、3時から5時ぐらいの間に自然に目を覚ますという感じ。
ただし、何かがあって睡眠時間がちょっと後ろになると、ほとんど眠れなくなってしまうと言う感じで、なかなかこの睡眠導入のタイミングがデリケートだとは思う。

睡眠薬で眠っているときは、なんだか頭を無理やり押さえつけられるように眠っていたようで、起きた時にすっきりしないし、第一、眠ったという満足感が非常に少なかったのだということに睡眠薬断ちをして気がついた。
今は睡眠時間は少なめでも、はっきりとした満足感があるし、目が覚めてすぐに頭がクリアだ。

とはいえ、さすがに睡眠時間5時間で日中を全て過ごすのは厳しい。
この日はオフィスで1時間ほどお昼寝。
また、お昼寝ができるようになったことも私にとっては大変素晴らしいこと。
不眠症の悪化していた時は、まったく昼寝もできなかった。

まぁ、なかなか普通の会社に勤めていると昼寝も難しいだろうが、そこはやっぱり自由業の特典だなと思う。

今回の3月のお休みの第一目的は、悪化した不眠症を改善して、薬を減らすことだった。
薬は80%ぐらいカットされたので、概ね目標達成だ。

あとは睡眠の問題は、なぜか2月からすごい寝汗に悩まされるようになったこと。夜中に平均2回着替える。(毎日洗濯するのが結構手間でもある)
これさえなくなれば、ほぼ解決。
まぁ、時間をかけて身体壊してるんだから、早々簡単に解決できるものではないだろうと焦らずいこうと思っている。

<本日の勉強>

ヒアリング・マラソン 20分
Kindle 30分
卒論 30分

<本日の読み齧り>





keep smile

バリのホテルに滞在中、ヨガのレッスンに参加してみた。バリでは結構な頻度でリトリートなども開催されているらしく、日本から学びにくるインストラクターの方も多いらしい。
私の出たクラスは、全部で5名の参加者。

スタジオは田園風景の中にあって、窓を開け放した中で、汗をじゃんじゃんかいて、身体を動かすのはとても気持ちが良い。
目の前の水田では、カモ達が忙しく虫を食べている。合鴨農法ってやつだね。

レッスンは英語で男性インストラクターの方が指導。
90分のクラスとはいえ、宿泊客の参加するレッスンだから、呼吸法にあまり重きをおかず、ヨガというよりもややもするとストレッチという感じになりがちなのだが、私は普段マンツーマンでレッスンを受けているので、こうして何人かでヨガをするというのも新鮮で楽しかった。

身体系はスポーツに始まり何もかも苦手な私だが、普段の東京でのレッスンのおかげで、このクラスでは優等生。
私だけ難易度の比較的高いものを指導していただき、「あー、こんな経験生まれて初めてだわ。」としみじみ嬉しい。
鉄棒も飛び箱も全て居残り。50m走はなぜか私だけタイムが二桁。なんつー私がね・・・・。

戻ってきて、東京でみっちり集中してマンツーマンレッスン。静かで集中した時間。

ふと「手放す」ということにあんまり捉われるとかえって、手放せなくなるのだな・・・と感じる。
やっぱり「手放す」というのはなかなか難しいことだ。

バリのレッスンで学んだこと。

ヨガのポーズが苦しいときも「keep smile」。いい言葉だと思う。

東京でのレッスンでは、「ポーズが苦しいとき、呼吸に集中すると、呼吸がポーズを助けてくれる。」ということを教わった。
これは日常にも生かせることだと思うので、最近ふとした時によく思い出す。

<本日の勉強>

ヒアリング・マラソン 1時間。

やっと4月号の教材に手をつけ始めたら、5月号の教材が届いてしまった。
今年度は大学の卒業を何とかしなくちゃならないので、片手間だけれど来年1年はみっちり英語をやろうかなーと思っている。大学院はその翌年でも良いかな・・・という気がする。

卒論 30分
手形小切手法 10分

<本日の読み齧り>

復活。この手の世界文学本って、途中で止めると登場人物の名前がこんがらかってしまうのだけれど、この物語は登場人物の誰もが印象的で色鮮やな上に、名前が本当にその人の描写とぴたりとあっているので、忘れずにぐいぐい読める。
バリに持っていけば良かったーと、後悔した本。

ムハマド・ユヌス氏の本はこっちから読んだほうが読みやすいことに気がついたので、まずはこっちを読んでから、「貧困のない世界を創る」を読むことに決定。

| コメント (0)

脳からストレスを消す技術

ノンノンは大学の入学式。旦那様は、病院にお出かけ。
私は犬とお散歩に出かけて、桜を眺めたり、母が退院してくるので、その準備で部屋の掃除をしたりと、家事三昧。
家事の中での私の担当は、掃除と支払い関係だけで(時々洗濯)、掃除といっても水周りは旦那様だし、子供は大きいのでかなりラクチンなはずなのだが、それでも週末の時間のかなり大きい部分は掃除に充てている気がする。
だからって、家がいつもきれいかというとこれまた微妙。

仕事して、家事やって、育児して・・・・というワーキング・マザーってやっぱり超人的だと思う。
しかも最近の人たちは、ちゃんと自己啓発的なことも抜かりない。まったく頭が下がる。(まぁ、特に私の周りのコーチングのクライアントさんって、やっぱりそういうの関心高いひとばかりだから、尚のことそう思うのかもしれない)

甲子園の決勝終了とともに、母の家具(ベッド、書き物机)が届き、どたばたと。

旦那様と桜を見がてら、お買い物。

夜は20時半に眠くなり就寝。

<本日の読み齧り>

なんでもテレビで話題の本だとか。 不眠症を治すには、やっぱり脳からストレスを消さなくては・・・・と読んでみた。
さすがサンマーク出版の本、とてもわかりやすい。
知っていることも多かったのだけれど、実践していないことも多くて、ウォーキング、ヨガ、瞑想というのをどれか一つ、一日一回はやることにしようと思う。

| コメント (0)

社会復帰

1ヶ月完全に仕事をお休みしていたのだが、恐る恐るMailをダウンロードしてみる。
約1000件。
予想よりは少なかったし、MailBoxもあふれ出してはいなかった。(あふれ出して、壊れてくれていたら、それはそれで言い訳が立つのだけれど・・・・)

これまでやっていた代理店マネジメントから業務は変更になり、今後はマーケティングと社内の関係各所とビジネスデベロップメントをするというのがミッションになる。
届いているMailはほとんど代理店マネジメント関連なので、大半はそのまま削除である。
逆に言えば、次の仕事は全部ゼロベース。
一から構築になる。
技術の勉強も必須になるし、マーケティングの勉強もまたやらないといかんね。

コーチングのクライアント募集は予定通り規定人数に達したので、終了。
コーチングについては、ブログ以外一切営業活動を行っていないのだけれど、毎回きちんと規定人数に達していて、我ながらやや不思議な気もする。有難い話である。

美容院に行って、カットとヘアマニキュア。
こうやって少しずつ社会復帰の準備をしていく。

旦那様は今日から新しい職場。

夜は22時前に就寝。夜中の2時にぱたりと目が覚める。最近、このパターンが多い。
ウブドに行ってから、睡眠薬を飲まなくなっている。
1ヶ月休んだら、随分体調も良くなって、睡眠薬を飲まないと一睡もできない状態からは脱した。

夜中の2時に目が覚めても、どうせ私は自由業で、大抵の場合は日中も寝られるからまぁいいか・・・と思うことにする。
問題は夜中に目が覚めるとおなかが空いてしょうがないってことかな。

目が覚めてしまったので、ブログの更新をして、手形・小切手法のレポートを片付ける。下書き完了。

<本日の読み齧り>

本棚に積んであった本を読み始める。

| コメント (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »