« pen 印象派特集 | トップページ | 芸術新潮 »

名作書き写し文章術

どうもこのところ寝付きにものすごく時間がかかるようになっている。
そのせいでうまく起きられず、早朝1時間大学の勉強をしたいのだけれど、今週はどうもうまくいかない。

あじさいの花に色がつきはじめた。

午前中は電話会議。もう少しまじめに英語の勉強をしなくては・・・といういつもの感想で終了。

午後からはミッドタウン。少し早めについたので、久しぶりにミッドタウンの雑貨屋などを眺める。
来週のスクーリング用に伊東屋でノートを購入。今回は方眼の横書き。マインドマップでノートを取ろうと思っている。

自分の書く文章を少しでもマシにしたいと思って、名作と呼ばれる文章の書き写しを時間のある日に10分間やっている。

効果が感じられるほどには、今のところ自分の文章の上達はないのだけれど、この10分間には非常に気持ちが落ち着く効果がある
作者の思考に10分かじっくりつきあうというのが気持ち良い。これは続けていきたい。

水着も買ったことだし、さっそく入会したばかりのフィットネスクラブのプールに行ってみた。
お水がとってもきれいなのがうれしい。プールに入って左側半分は3mの深さがある。
溺れることはない・・・とわかっていても、これが実際に目にするとやっぱりかなり怖い。この日はクロール中心に。
たっぷり泳ごうと思っていても、なかなかいきなりそう甘くはなくて 40分も泳ぐとばてばて。まぁ、これから毎日だってこれるんだから、ゆっくりやっていこう。

夜はオフィスでコーチング。常に前進することを目指さなくても良いと思う。人には立ち止まる時期がある。
立ち止まる時期を大切にすれば、そこからまたエネルギーがわいてくるというのがこれまでのコーチングからの経験からもわかっている。
大丈夫。かならず動けるようになるから。今は気持ちをゆっくり休めよう。




« pen 印象派特集 | トップページ | 芸術新潮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« pen 印象派特集 | トップページ | 芸術新潮 »