« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

バリ呆け

バリから帰ってきてから、ずっとぼんやりしている。
ブログの更新も滞っている。
自分の中身を一部、あちらに忘れてきてしまったようだ。

今日から仕事。たまったものを全部片付けようと思っていたのだけれど、手をつけてみればどうにもやる気があらわれず、最低限をクリアして終了。
夕方になりようやく調子が出てきたところで時間切れ。

こういうときは案外とコーチングがうまくいく。
自分のペースがゆっくりしていくことが、クライアントに影響して、クライアントのリズムが次第に落ちてくる。
そうすると自分が本当はどうしたいのか?というのが、水面に紋様がにじむように現れてくる。

昨日までの春の暖かさが、ぐっと遠のいて外はみぞれが降っている。
お天気悪いと、ぼんやりしているの続いてしまいそうだなぁ…と、これまたぼんやり思う。

今日は手帳も真っ白だ。やれやれ。

| コメント (0)

バリ三日目

朝一番はヨガのレッスン。
結構みっちり90分。
ノンノン(娘)は、初ヨガ体験。

ヨガはやればやるほど、どんどん好きになる。そろそろ、趣味はヨガですと言ってもいいかしらん?と思う。

朝食を終えてプールサイドで読書。
村上春樹とヴァージニア・ウルフを交互に読む。

外のプールに入る機会って、大人になると本当に皆無だ。
バリの太陽はこの時期それほど強くない。
でも陽の射す場所はじんわりと水が温もっていて、そんなポイントを探してみたり、プールサイドから白鳥を眺めたり(ブラック・スワンもいる)
太陽に向かってまっすぐ顔を向ける花達を眺めたりしてぼんやり水の中を泳いでいた。

ビンタンビールは味が薄い。
バリの飲み物はどれもこれもいま一つ味が薄いので難点かもしれない。
食事にしても、全体に濃い感じがなくて、ゆるっとしている。まぁ、そこが良い点でもあるのだけれど。

オフィスの白いソファにかけようと思って、バティックを購入。
思いっきりバリっぽいのが、オフィスにどう映るか、吉と出るか凶と出るか。

午後はスパにて、身体全体をマッサージしてもらう(90分)。
ノンノンは、初マッサージで、「はまるかも~」だって。

晩御飯はヴィラの外についているテラスで二人で、おしゃべりを楽しみながら。

夜はスコール。
2月は雨期。午前中は晴れていて、午後か夜は曇りかスコールというのが結構パターンなのかも。

午前中はヨガとプール、午後はヴィラで読書とお昼寝、という観光に縁のない私たちにはスコールがすごい勢いで降るのを眺めるのも楽しみだったりする。

| コメント (0)

バリ二日目。

すでにすっかり身体が馴染んで、翌日に書いているこの日記ももうすでに、いつがいつなのか微妙にわからない感じ。

朝はレストランでバリのお粥や茹でたお野菜をいただく。
ここに来るといつも身体の中の通りがとても良くなる。野菜中心になるから。
普段の食事はもう少しお肉や炭水化物が減ってもいいなぁと思う。
夫は今頃職場で給食作りかな。朝ごはんはきっと食べてないだろうなとふと思う。

陽射しがとても良い感じにまぶしい。
ノンノン(娘)とプール。身体を水に預けたり、寝そべって本を読んだり。

本は集中できるので、どんどん読んでしまう。

何年かぶりに池澤夏樹の「マリコ/マリキータ」を読み返す。うっすらと表題作は記憶があったが、あとの短編はまったく記憶がなかった。
そもそも読んだ時に理解できていたのかな・・・。
池澤夏樹の女性はリアルな部分がごく小さい一か所にあり、残りは男性の理想像。でも、いつも魅力的だ。

つづけて、村上春樹の「雑文集」を読む。
わー、これ春樹ファンにはたまらないわー…。文字が大きくてどんどん読んじゃう。
うーん、この調子では帰りの飛行機の読み物はヴァージニア・ウルフのみになってしまいそう。

プールから上がって、スパでフェイシャルトリートメント。
こんなことを言ってはなんだけれど、日本のフェイシャルに比較するとレベルは2段ぐらい下がると私は思う。

日本のエステティックサロンは世界で見ても結構すごいレベルだと思うんだけどな。テクニック的に。
医療みたいに観光資源として扱っても面白いと思う。なんてたって神経が細やかだもの。
定価が高いのがいま一つマーケティングし難いところか、本当はそんな値段行ってみるとあって無いようなもんだけれど。
(交渉次第なのだ)

田園風景の中でゆっくりごはん。ゆっくり眠る。

ノンノンの寝顔を見るのも久しぶりである。
そうか、大人になっちゃうと一緒に眠る機会もなくなるのか・・・と改めて思う。







| コメント (0)

ウブド初日

本日より、娘(19歳)とバリ・ウブド旅行。

お休み前の仕事が「待ち仕事」が多くて、ほうってもおけず、今回はバカンスと言うのにPC持参である。くやしい。。。。

そんな感じでバタバタと出発。

行きは代車のマーチでお出かけ超快適である。

成田の免税店では夫のSALEMを探すがどこも取り扱っていないとのこと。
もう煙草なんて時代遅れってことかしら、そういえば、パーラメントとかも見かけなかったし、バージニアスリムもなかったような…

お、そうだ免税忘れていたよ。新いDiorの美容液を慌ててGet。3点買ったので結構浮いたかも。

6時間の飛行機の中で、夢中になって佐野洋子の「シズコさん」を読む。内臓をぎゅうっと掴まれるような物語。行きつ戻りつ母と娘はゆっくりからまった糸をほどいていく。最後はうらやましいような結論。
そんなにうまくいかないよ・・・・と言う人もたくさんいると思う。でもだからこそ読んでほしいなぁと思う本。
あなたのお母さんにも隠れている部分がたくさんあるのです。

残った時間は、「サイドウェイ」という映画を観る。確かかなり評判のよかった映画だったと記憶していたのだけれど、私の見たのは飛行機用にあれこれ編集されてるのか、余韻がまったくなくていただけなかった。見終わるととにかくワインが飲みたくなり困る映画だった。

飛行機から降りると、そこは南国の甘い空気。
あー、戻ってきたわ。

そこから90分のドライブでウブドへ。

THE CHEDI CLUB UBUD
http://www.ghmhotels.com/




| コメント (0)

アヴェ・マリア

旦那様は愛人ミニ子(ミニクーパー)の修理で、頭がいっぱい。
鬱陶しいので、とりあえずジムに送り出す。

家族みんなが出かけて、私はカシャカシャと音がするぐらい急ピッチで家の掃除と洗濯。
うんと家事をするお休みというのも楽しい。
外は久しぶりの晴れ間。リビングに射す陽光が心地いい。

犬とゆっくりお散歩。
途中で旦那様があらわれ、そのまま一緒にお散歩をする。
本当に小さいサプライズだけれど、かなり嬉しい。喜んだ。

亀戸の山水にて、蕎麦屋の昼酒。
日曜日はこうでなくっちゃ。
私たちがお店に入ると、大抵その後すぐにお店は混み出す。大体どこのお店でもそうなのだから、そういうめぐり合わせなのかも。
私たちが得することは特にないけれど、そういう意味では私たちはいいお客さんだと思う(笑)

このところ、減薬していることもあって、夜眠れないことが続いている。
眠れないとベッドに横になっていても退屈なので、本でも読もうかと思い、寝室用のスタンドを物色。
ちょうどヤマギワからSALEの案内もきていたから、見に行こうかなぁと思案。
夫に相談したら、「ますます目が悪くなるから駄目」と一蹴された。

そりゃそうだね、と納得。それに自分のスタンドを買うよりも前に母と夫にそれぞれ買ってあげたいかも。

しばらく考えていて、そうか小さい音でクラッシックのCDを聴くことを思いついた。
案外聴いているようで、「ながら聞き」になっていて、ゆっくり聴きたいなと思いながらそのままになっていた。
早速この日からやってみる。
眠れないのは嫌だけれど、暖かいベッドの中で好きな音楽をゆっくり聴く…これはこれでかなり贅沢。
音楽のリラックス効果のおかげか予想より早く寝付けて、これは続く習慣になりそう。

| コメント (0)

マルマヨガ

小雨がちらつく中、わんこのお散歩。
ひどく寒いけれど、それでも嬉しくて仕方がないみたい。

お昼からはヨガのレッスンで半蔵門へ。今日はまずは60分じっくりポーズを一つ一つやっていく。たくさんポーズをやるよりも、一つのポーズが長いほうが実はハード。身体がプルプルと震えてくる。
後ろの残り30分はオイルを使ったマッサージについて色々と教えてもらう。ツボの押し方とかリンパの流し方とか。マルマヨガにというものついてもあれこれ教わる。

ダイエットについては、とにかく身体を冷やさないで代謝を上げる。
外側の筋肉を鍛えるときれいに痩せないので、インナーマッスルを鍛えるものにする。
ということで、ひとまずジムは退会することにした。
その分、オフィスで自分でヨガをできる日には1時間+いつもの90分のレッスンに加えて、適宜半蔵門だ代謝を上げるポーズを中心に60分というのを入れることにした。

神保町の東京堂書店に行って、本を2冊購入。「グレート・リセット」は今すぐ読むべき本のようなので早速読み始める。早川書房の翻訳本には時々すごい当たりの本がある。この本がまさにそうだと嬉しい。
「ナチ略奪美術品を救え」の方は、白水社。かなり厚い本である。
この手の本が大好きである。こういう本がゆっくり読める時間があると、自分はすごく贅沢な時を過ごしているなぁと思う。バリ島から帰ったら読み始めようと思う。

オフィスではあれこれ郵便物を片付けて、コーチングを2件。それから卒論を少し書く。
フランクリンプランナー(FP)でWeeklyのプランを立てて、ああやっぱりWeekly Compasが必要だと感じる。
役割ごとのバランスを取るためには、とてもいいツールだと思う。

冷たい雨。雨足がだんだんに強くなる。
外気の影響で冷えきった自宅に戻ると、夫が帰っていない。しばらくして帰ってきたら、なんと車の事故。
後ろからぶつけられたらしい。

かわいがっているミニ・クーパー(愛人・ミニ子と呼んでいる。やたらに金がかかるから…)に傷がつき、見るからに落ち込んでいる。
かわいそうにとは思うが、なによりケガがなくて良かったと思う。





| コメント (0)

ジェイン・オースティンの読書会

祭日の金曜日は全国的に雪。
散歩にいけないわんこは機嫌が悪くて、あちこちに当り散らしている。ああ、うるさい。

旦那様はひたすら惰眠をむさぼっている。私は寝室の掃除をして、長風呂。
フランス語の勉強を少し。

午後からは「ジェイン・オースティンの読書会」のDVDを観る。
だいぶ以前、アメリカ出張の際に飛行機で観た。(機内で観た映画にしては珍しいことに)そのときのこの映画の印象がとても良くて、ぜひ一度二本でゆっくり観たいと思っていた作品。
この作品をみてから、実はジェイン・オースティンを読んですっかりはまった。

ジェイン・オースティンの長編6冊を読んで語り合うという読書会を中心に、恋やら失恋やらが流れていく。
観たあとの心地も良くてやっぱり素敵な映画だと改めて思った。

旦那様が寝ていたお布団はすっかり温まっている。気持ちが良いのでそこにすっぽりとおさまり、図書館から借りてきた「だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法」というすごいタイトルの本を読む。
著者の池谷裕二さんというのは、今注目されている学者さんらしく、では何か一冊読んでみようと借りてみた。一般の人の使う言葉でわかりやすく脳の仕組みを解説されている、これは確かに読みやすくて人気が出るかも。

この本で自分の勉強のために得たヒントは以下のようなこと。

・あれこれ詰め込み過ぎてはいけない。(英語とフランス語を同時に勉強というのは、どうにもうまくないらしい、しばらくフランス語のみに絞ることにした)
・こまめにコツコツ勉強(特に復習)を繰り返すのが大切。
・成果が出るのは3ヶ月後であると肝に銘じる。
・勉強の成果は累乗で伸びていく。
・記憶の仕方を常に工夫すること。

夜はワインナイト。その後に旦那様とたわいもないことで軽く喧嘩をしてから、仲直りして眠りにつく。








| コメント (0)

EPOCA

午前中はSkypeでコーチング。

お昼ごはんをシリアルにするようになったら、お通じが良くなった。
お昼ごはん代も節約になるし、ダイエットにも役立つし、時間も浮くというので目下お気に入り。

午後からは代理店にて打ち合わせ。
約3時間にわたるミーティングはなかなかつらい。それでも随分と前向きになっているという印象を持つミーティングだったので良かった。
帰りがけに上司と神田藪そばによる。この季節にしか出ない「あられそば」(貝の小柱がのっている温かいお蕎麦)は私の好物。

終わって夕方からは、日本橋三越へ出かけて買い物。
今更冬物なんて思いながら、EPOCAに結構あれこれ出ていたので、SALE品を何点か購入。
数年前に出た素晴らしく着心地の良い春夏のアンサンブルがデザインを若干変更して出ていたので、こちらは即決。うれしい出物。

ラルフローレンブラックベーベルは、前のサイズなら着られたはずのニットの素敵なワンピースがSALEになっていて悔しい思いをする。

ディオールにて、口紅とマニキュアそれにブラウンのマスカラを購入。
黒のマスカラも試してみたけれど、私の顔だとやっぱりド派手になってしまうので、ちょっと無理みたい。
きちんとしたお店で店員さんにあれこれ教わりながら買い物するの大好き。やっぱりプロの話は違うし、自分のビジネスにおいても学ぶべき点がたくさん見えてくる。だから安売りの直輸入みたいなものを買うことは殆ど無い。

化粧品売場を眺めていて思ったのは、人の配置って本当に難しいということ。
接客にあたっていない店員さんが多すぎるお店は入り難いし、かといって手の空いていない店員さんがいない場合はお客さんは逃げてしまう。
(デパートの化粧品売場は、大体の場合カウンセリングとセットになっているので、接客を待っていてもなかなか自分の順番は回ってこないからだ。)

この日も、マスカラはやっぱりLANCOMEが評判が良いので試してみようかと思った。
ちょうどショップでは、マスカラ診断みたいなのをやっていて、まつげの長さなどを測ってくれるというのだ。人からは長いほうだと言われるが実感はわかないし、いったいどうなんだろう?と興味がわいたのだけれど、みなさん接客中。

そんなわけでいつものディオールに行ったわけだが、ここでもしランコムに行っていたら、そこから化粧品全部がズルズルーっとランコムに変わって逝く可能性がランコムの側から見ると無くなってしまったというわけだ。
人を配置するにはコストもかかるし、休前日だとショッピングと食事を楽しみたい人は銀座に出てしまうだろうしね。今ならやっぱり銀座に人の手当を厚めにするかな…等と考えながら帰宅。

夜は家族揃って晩御飯。

| コメント (0)

文楽

数年ぶりに文楽鑑賞。
あー、やっぱり楽しい。次回は絶対紬の着物で行こうっと。
まずは、あぜくら会に入らなくては。

それにしても目が悪くなった気がする。オペラグラスも欲しい、そろそろ。


La Grappe

ミッドタウンでのミーティングが中止になり、
自宅でまったりと仕事。

途中で図書館と税務署。
絶対税務署の人は何か勘違いしていると思う。
後で向こうの勘違いだったら、血尿出るぐらい文句言ってやる…と思って後にする。

ミッドタウンの予定だったので、夜は六本木でお約束。
せっかく自宅からなので、着物で出かける。
(洋服は下半身が冷えるのでどうにも冬場はいかん…。)

お店はLa Grappe
前菜の人参のムースとコンソメジュレ  うに添えというのがとても美味しかった。
きれいな自慢のお姉さんにお逢いして、「きれいになるぞ!」と決意がますます強まる。さて、第一歩は何から始めるべきか、やっぱりダイエットなのかしらね。

| コメント (0)

アイダホバーガー

ヨガのレッスンで半蔵門へ。
いつものヨガの先生は海外視察中。
3週間お休みだと身体ががちがちになってしまうので、行きつけのエステシャンの方に相談したら、彼女自身がヨガのインストラクターもしているということで、プライベートでレッスンをしてもらうことになった。
ウェアもマットも全部レンタルできるというのがありがたい。

お互いに相手がどのぐらいのリクエストを持っているかがよくわからず、前半はさぐりあって終わってしまった感じ。
後半は波長もあってきて、集中できた。
私自身が場所見知りの上に、人見知りなので、後者は毎週お世話になっているのでともかく、前者はどうにもならない感じ。
今週土曜日もお世話になるので、徐々に慣れていくと良いなと思う。

午後から代理店で打ち合わせの予定だったのを忘れて、とってもカジュアルな格好で出ていってしまい、ヨガが終わってから気がついて、慌てて自宅に帰ってスーツに着替える。
お休みのノンノン(19歳 一人娘)に呆れられる。

どこかでお昼を食べなくちゃと、ふと気がつくとマクドナルド。あー、カロリーが高いなと思ったのに、今オススメの期間限定アイダホバーガーの誘惑に負けてしまう。
ひゃー。ちなみに美味しかった。超ジャンク。絶対太る。禁断の味。

打ち合わせを終えて、オフィスに立ち寄りメールの確認。
そこから錦糸町に出て、エステサロンへ。この日は、痩身とフェイシャルの両方をお願いする。
「今朝はどうも」みたいな話で、この日は一日お世話になりっぱなしである。

| コメント (0)

寝穢い

寝穢いという言葉があるそうだ。「ねぎたない」ではなく、「いぎたない」と読む。
辞書によれば、「眠りをむさぼっている。眠り込んでいてなかなか起きない」ことを表す言葉らしい。
日曜日の私はまさにこれ。

眠り込みながら、うつろう意識の中で「ああ、そうだこんな風にだらしなく、いつまでも寝てたいという欲求が私の中にいつも、出たり入ったりしていたな」と思う。
夕方、旦那様と近所のラーメン屋 離宮にて、燻製卵入りラーメンをいただき本日は終了。

一日無駄にしてしまったという思いと、誰かに向かって「ざまぁみろ」と思う気持ちが交錯する。

| コメント (0)

大三元

旦那様はもともと自動車部品屋さんにお勤めだった。
年収550万ぐらいで、九時五時残業なし、出張ほぼなし。社員旅行飲み会はフルで会社持ち。自宅から自転車で15分。
という夢のような職場

…が、8年ぐらい前につぶれた。正確にいうと退職金が出るうちに会社を閉じる選択をした…というのかな。
まぁ、そんなだったのでみんな笑顔で会社終了。
(私達は、その退職金で一家で、タヒチのボラボラ島で遊んできました。)

まぁ、いまとなってはみんな違う仕事だったり引退したり、それぞれなのですが、毎年みんなで錦糸町の大三元
という地元でわりと有名な中華料理屋さんで円卓で食事を囲んでいます。
今年は私も初めて招待されたので、私も参加。
普段は禁止されている紹興酒もパパの監視下で飲ませていただきました。美味しかった。
みんなで美味しい物を食べて、元気なことを確認してニコニコで終了。

…が、猫かぶってお酒少なめだったので、飲み足らず、
「よっしゃー、もう一軒いくのじゃ」とタクシーにパパとパパの友人を引っ張り込み、浅草へ。
焼酎わしわし飲んで夜がふける。

| コメント (0)

K's table @曙橋

前日しこたま飲んだワインが効いて、午前中の予定は丸つぶれ。
もそもそ起きだして、オフィスで前日の騒ぎのお片づけをしてから、順天堂病院。
とにかく、待つ、待つ、待つ…14時半に到着してから、病院出るころには18時。
外はとっぷり暮れている。

どういうわけだか、病院というのはどうにも気力を奪う。
私みたいにしょっちゅう行っている人でもこれなんだから、そりゃぁ普通の人が病院なんて入院したら、ますます具合悪くなるね‥といつも思う。
せっかくの空き時間なのに、うまく本にも集中できない。
まぁ、病院の待合室って具合の悪い人と、具合が悪くてイライラした人ばかりだから、空気が悪くて、うーん、つらい。

この日は御茶ノ水丸善にて購入した、クライアントさんオススメの「40代からの住まいリセット術」という本をチラチラと読む。
動線をベースに考えるという視点、ゼロから考えるということ、お風呂場と洗面所を必ずしも一緒にする必要はなくて、各自の個室に洗面所というアイデアも素敵。

10年以内に千葉の茂原にある家を建て直して、そちらに移り住むか、最低でも夏だけは海の近くに暮らしたい。
建て直しプランは今から少しずつ考えているので、すこぶる参考になる。
というか、この作者の方にそのままおまかせしたいぐらいである。大変参考になる本をご紹介いただいた。

夜は友人と曙橋の隠れ家っぽいレストラン。
K's table
どのお皿もみんな美味しかったけれど、私的にはワタリガニのスープがもっとも印象に残りました。リーズナブルでまた行きたいお店。

| コメント (0)

前線復帰

コーチングが2件。
今日はなんだか暖かい。
終わってあれこれと仕事を片付ける。

業務委託で受けている仕事は、今の私のポジションはマーケティング兼ビジネデベロップメントということなので、直接売上をもったりアカウントを見たりはしていない。
が…、今年に入って数字がガタガタ、対前年比で見てもこれはマズイというところまできて、下半期の折り返しに入ってしまった。
上司はUSのディレクターから相当に突き上げを受けている。

そんなところで、「前線復帰要請」が発動された。
トップのKeyアカウント2社の売上を何とかしろ…ということだ。
そんな予定はなかったので、ちょうど新規クライアントの募集をかけてしまい、ほぼほぼ埋まってきてしまった。
とはいえ、チームのピンチだし、何とかしないとね、ということで引き受けることにした。
しばらく忙しくなるな。ダイエットに効果があるといいけどね。

とはいえ、来年は大学院と考えているので、これがあまりに忙しいようならどこかで、仕事を続けるかどうかも含めてかんがえないとなぁ…という感じ。何にせよ、身体の調子とよく相談しながらだ。
まったく毎年毎年ぐらぐらな人生である。

夜はコーチングのクライアントさんとセッション終了後にワインナイト。いただいたナパバレーのワインはとても美味しかった。

| コメント (0)

昔日の客

朝の二度寝をなんとかしたい!
一日の運動量を上げるためにもね。

旦那様と朝5時半に朝食を食べて、6時からわんこと8時まで寝てしまう。
これで毎晩22時に寝ているんだから・・・・・不眠なのに、多眠な私。
冬場は毎年こんなですが、時間管理的にもなんとかしたい。
(書きながら思ったけれど、不眠症の薬の副作用でもしかして眠いのか・・・)

今朝は珍しく、二度寝せず、ロゼッタストーンでフランス語の勉強をして、早めにオフィスに出社できた。
一日が長い。うれしい。

ため込んでいた英語のVODを片っ端から見て片付ける。
ランチは近所にお勤めのコーチ仲間と一緒に。わたくしはポトフをいただく。
全然そうは見えないけれど、彼女と私はちょうど10歳離れていて、いつもその事実に驚愕する。
エネルギーもすごいし、めちゃキュートなのである。
いつも会うとエネルギーをもらう。

楽しいランチのあとは、ミッドタウンへゴー。
途中郵便局によって、遅まきながら寒中見舞いなど出したりする。
移動の途中は昨日の引き続き「強さと脆さ」。
面白い本だが、前作「ブラック・スワン」を読んでなきゃ理解できない本でもある。

ミッドタウンでは新規プロジェクトについて、ディスカッション。
もう新しいことやろうよ、日本のITトレーニングを変えるのじゃ。

わんこの散歩のために、自宅に慌てて帰ったら、ノンノン(娘、今年20歳になる)が既にお散歩済みで助かった~。
本日は学校は入試日でお休みだったのだそうだ。
母は今日は古くからの友人と銀座で楽しい時間を過ごして帰ってきたらしい。

ということで、家族4人でそろって晩御飯。

終わって、Kindleで15分原書を読んで、少し英語の勉強をする・・・というのがちょっとリズムができてきた。

図書館で借りてきた「昔日の客」を読む。
大森の古書店の店主の随筆。読むと気持ちがぽおっと温かくなる。
作家達との交流、日々の過ごし方、どこからも積み重ねた本の香りが漂ってくるようだ。いい本だった。

| コメント (0)

強さと脆さ

Skypeでコーチング。
コーチングというより、ビジネスアドバイスだね。これは完全に。
まぁ、こういう日もある。

終わって電話会議。

お昼からはミッドタウンでお仕事。同僚の風邪で会議はつぶれて、その代わりに来客に会う。

いくつか飛び込みの案件で予定が狂ったが、夕方には心療内科へ。
バリ島への旅行があるのでまとめて薬をだしてもらう。
移動のあいだの読書は「強さと脆さ」

今日は家族全員で晩御飯。

自宅ではがりがりとメルマガを書く、ぎりぎり本日中に発行。メルマガの中の私はまだ21歳で、ようやく社会というものがちょっと見えてきたぐらい。
まだまだ当分、続くね。これは。

晩御飯の後はKIndle.
目標は1日15分読むこと。今は「Switch」を読んでいる。わからないところはじゃんじゃん飛ばしてとにかく読む。

税理士の先生から連絡があり、結構な額が還付されることになってみたい。ありがたい話である。


| コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »