« EPOCA | トップページ | マルマヨガ »

ジェイン・オースティンの読書会

祭日の金曜日は全国的に雪。
散歩にいけないわんこは機嫌が悪くて、あちこちに当り散らしている。ああ、うるさい。

旦那様はひたすら惰眠をむさぼっている。私は寝室の掃除をして、長風呂。
フランス語の勉強を少し。

午後からは「ジェイン・オースティンの読書会」のDVDを観る。
だいぶ以前、アメリカ出張の際に飛行機で観た。(機内で観た映画にしては珍しいことに)そのときのこの映画の印象がとても良くて、ぜひ一度二本でゆっくり観たいと思っていた作品。
この作品をみてから、実はジェイン・オースティンを読んですっかりはまった。

ジェイン・オースティンの長編6冊を読んで語り合うという読書会を中心に、恋やら失恋やらが流れていく。
観たあとの心地も良くてやっぱり素敵な映画だと改めて思った。

旦那様が寝ていたお布団はすっかり温まっている。気持ちが良いのでそこにすっぽりとおさまり、図書館から借りてきた「だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法」というすごいタイトルの本を読む。
著者の池谷裕二さんというのは、今注目されている学者さんらしく、では何か一冊読んでみようと借りてみた。一般の人の使う言葉でわかりやすく脳の仕組みを解説されている、これは確かに読みやすくて人気が出るかも。

この本で自分の勉強のために得たヒントは以下のようなこと。

・あれこれ詰め込み過ぎてはいけない。(英語とフランス語を同時に勉強というのは、どうにもうまくないらしい、しばらくフランス語のみに絞ることにした)
・こまめにコツコツ勉強(特に復習)を繰り返すのが大切。
・成果が出るのは3ヶ月後であると肝に銘じる。
・勉強の成果は累乗で伸びていく。
・記憶の仕方を常に工夫すること。

夜はワインナイト。その後に旦那様とたわいもないことで軽く喧嘩をしてから、仲直りして眠りにつく。









« EPOCA | トップページ | マルマヨガ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« EPOCA | トップページ | マルマヨガ »