« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

モノレール

5時半起床。面倒くさい仕事だけ、この時間に片づけて再度眠る。

モノレールに乗って、代理店に出かける。
朝の光が川に反射してきらきらしている。
モノレールは乗り物としての構造を外から見るとどうにも怖くて苦手なんだけれど(だって、線路の部分より車体が大きいんだよー・・・)、モノレールから眺める景色は好き。いつも本を読まずに外を眺めている。

ミーティングは滞りなく終わる。
浜松町で本屋さんにより、まとめて4冊本を購入。やっぱり本はリアル書店でまとめ買いが好きだな。

お天気が良くて気持ちが良いので、そのまままっすぐ帰らずに、神戸屋キッチンでパンを買って、公園でランチにする。
新しい本と暖かい陽射しという組み合わせは良い。

自宅に戻って仕事を再開。合間合間に家事を片づけて、なかなか今日はいい感じで進んでいる。
昨日、愚痴愚痴と日記に書いたのが効いているのかな。やっぱりもやもやはため込まずに吐き出さないとね。









| コメント (0)

周波数の合わないラジオ

午前中の調子が出ない。ちょっと時差ボケみたいな感じ。なんでだろう?

火曜日の朝は電話会議でスタート。

外は一日曇り空。打ち合わせが一件キャンセルになり、なんとなくそのまま自宅で仕事。
犬と散歩に出かけると、銀杏が見事に黄色くなっていた。桜の葉は鮮やかな赤い落ち葉となった。
しばらく桜の赤に目を奪われてぼんやりする。

ふっと、普段の自分はどこから制限されたわけでもなく、自分の感情にずいぶんと蓋をして暮らしているのだなぁと思った。
私の感情のペースはずいぶんとゆっくりだ。年々ますますゆっくりになっていく。怒るにしても喜ぶにしても、じんわりと私の中にやってくる。

こ れが、何と言うか周りの早いペースと合わない。たぶん、半周遅れぐらいだろうと思う。そのままだと仕事でも単純なお店で物を買うというような日々のやり取 りでも、ものすごく「ずれ」があり、「摩擦」が出てくるので、自分のペースを上げて、かなり無理のある心拍数で普段走っているような気がする。

走れる自分を誇っていた自分があった時もある。でもなんだか最近はそのことにものすごく疲れている。

周波数が合わないラジオのようにがーがーと耳障りな音が周囲を取り巻いている。
低迷しているのというのとも違うようだ。不協和音、違和感・・・そんな感じ。

合わせる?
抜け出す?
自分のペースに持ち込む?

どれもしっくりこない。

全然違うところに、解決法があるような気がする。

さて、ではどうするか?


| コメント (0)

冬の晴れた夕方

一週間の始まり。
朝一番はコーチングでスタート。

月曜の朝一番にコーチングを受けたいという要望は実は結構あって、人気時間帯である。
週の初めにネジを巻くってすごく良いアイデアだなぁと思う。

午後からミッドタウン。

夕方、地下鉄の出口から外に出ると冬の冷たい空気が頬に触れる。
冬が好きだなぁと思う瞬間。
お昼も抜きだったし・・・・と言い訳し、、コンビニで肉まんを買って、公園を食べながら歩く。冬の晴れた夕方の楽しみの一つだ。

母は先日から風邪をひいて、まだ寝込んでいる。
こういうとき、一緒に暮らしていて良かったなぁとしみじみ思う。きっと風邪ぐらいじゃ本人電話してこないものだしな。

| コメント (0)

蕎麦屋の昼酒

また調子が悪くなることを恐れて(さすがに私も学習する)、ホームパーティーから早めに帰宅。
旦那様は忘年会で1時頃帰宅したらしい。

昨夜は総武線で、若くて可愛い女性2人に「成田に帰るにはどこからタクシーに乗ると早いですか?」と聞かれたそうで、あーでもないこーでもないと話したらしい。
昔の自分だったら、酒を飲んでいても迷わず車を出して送っていったのに、オレはもはや年をとった‥と犬の散歩中に自分を責める夫。
もしも車を出して、送って行っても事故にでも合えば怒るだろうが、そうでなければまったく気にしないだろうなぁ、私は…と思って、そういうのって妻として問題ありなのか?とちょっとだけ考える。

お昼は山水で蕎麦屋の昼酒。
今日は酒の肴が充実していてとっても迷う。ホタテとブロッコリーのかき揚げが美味しかった。そしてここの鴨南蛮はまた猛烈にうまい。脂がぎゅーっとしていて、たまらないのである。
せっかく痩せたのに、これじゃぁあっという間にもとの木阿弥。

日本酒は美味しいんだけれど、やっぱり重い。帰ったら、そのままお昼寝に突入。
ジャパンカップ見ようと思っていたんだけれど…。

ジョブズの本は上巻を読了。
リズムが合わず読み難いのだが、ジョブズという素材が良くてついつい読んでしまう。もうちょっと書きようがあると思うんだよなぁ。やたらに人の名前ばかりずらずら出さなくても。





| コメント (0)

箇条書き

  • 午前中はミッドタウンで打ち合わせ。今日も朝から忙しい。
  • お昼はオフィス近所の沖縄料理屋さんでもずくソーキそば。
  • 内田先生のユダヤ本は噛みごたえ充分で、読んで→考え→読んで→考え…と。
  • お天気が良いので、突然掃除がしたくなり、オフィスの掃除と雑巾がけ。
  • Bananaramaのベストアルバムを聞きながら、雑巾がけ。
  • …そこへ、代理店の部長様からお電話が、BGMは大音量のVENUS。
  • 慌ててボリューム下げたが、聞こえてしまったに違いない。
  • うーん、私のイメージ(?)が壊れなければいいけど…・
  • 夜は外出先で鰻。うーん、まぁまぁという感じ。
  • うまく寝付けず、時計の針だけが進んでいく。

| コメント (0)

私家版・ユダヤ文化論

ずいぶんと、本当にずいぶんと、久しぶりに9時前にミッドタウン。
そうか、みんなこういう時間に世の中の人は通勤しているんだなぁ…。
朝から夕方まで立て続けにミーテング。お昼を食べる暇もなかった。夕方、自分のオフィス(小川町)に着いてから、セブンイレブンのおにぎり食べて、コーヒーを淹れてエネルギー補給。
やっぱりお昼抜き、休憩なしというのは、結局のところパフォーマンスの改善にはつながらないなぁと反省。

夜はオフィスでコーチング。

内田先生の「私家版・ユダヤ文化論 」に再チャレンジ。先日、読んだ「最終講義」でのユダヤ人の講義があり、おー、ここまで事前に説明されていれば、取っ掛かり易いかも…・と思ったので。
初めて読んだ時は全く手も足も出なかったのだが、今回は引っかかりつつも結構進む。

一日働いたら、身体がガチガチになってしまい、旦那様に背中をマッサージしてもらい、そのまま就寝。






| コメント (0)

荒川益次郎商店

やれやれやっとお休み。今日も晴天。お天気の良い日が続く。
今日は顧問先と会うので着物は地味目に。

お昼は旦那様とお出かけして、水天宮のサンマルツァーノのでラグーのパスタをいただく。
この店には何年か通っている。
一時期、レベルが下がって、うーむ、これまでか…と思っていたが、本日のランチはとても美味しかった。こういうのは嬉しい。
次回は夜に来て、ぜひ大好きなイイダコとミントのピッツアを食べようということで合意。

ミニ・クーパーでオフィスまで送ってもらう。顧問先の方々がやってきて、資金繰りの相談。IT系の会社は資産がないので、飛ぶときはあっという間である。差し入れにいただいたプレミアム・モルツでまたビール。

夜は友人宅でホームパーティー。
行きがけの大江戸線で、着物を着た若い女性と男性のカップルに遭遇。
いかにも普段着物入門という感じで初々しい。自分で着物を着ているとなんとも思わないが、やっぱりこうして見てみると目立つものである。
一緒にいる男性的にはどういう心境なのだろうか。

そう考えると私の旦那様はともかく、男友達というのも相当に困っているのかもしれない。
まぁでも、本当に駄目な人は「着物禁止」と事前に連絡が来るから、連絡の来ない人は納得してもらっていると思うことにしよう。

京都でがっつり刺繍の半襟仕入れてきたし、冬休みに入ったら、全部着物でゆるゆる過ごそうっと。
この京都の半襟のお店はすごい、こんなに一度に半襟まとめて見たの初めて。しかもみんなセンスがいいのだ。一歩店内に入った私は狂喜乱舞で半襟を選びまくってしまった。

ああ、私のすてきな半襟たちのために、新しい着物を作ってあげたい。。。。

| コメント (0)

書きたい・・・

爽快な秋晴れのお天気。

京都から扇子が届いた。美しい のももちろんだが、自分で選んだ布がこうして形あるものに生まれ変わったということが、なんだかとても愛おしい。大事にしようと思う。

本のブログを更新した。
毎日このブログ(ささやかなこと)以外のブログを一つ更新したいと考えているのだが、現実にはかなり難しい。
書く時間が無いというよりも、書けるだけのINPUTをする時間がなくて、OUTPUTがついてこない。書きたいと思うようなINSPIREされるINPUTがなかなか得られない。
しばらく訓練だと思ってやっていこうと思う。(なんでかわからないけれど、今猛烈に私は書けるようになりたいのである。なにかが)

このところ会食が減ったせいだろうと思うが、少しずつ痩せてきた。なんだそんな簡単なことでダイエットできるたのか?と思うが、もともと会食はできるだけ減らしてきたつもりだったので、そう簡単ではない。こちらも結局はINPUTとOUTPUTなわけだ。あたりまえだ。
祭日なので、本日は旦那様と昼酒。

帰りに無印良品で2012年のカレンダーを買ってきた。毎年我が家とオフィスのカレンダーは無印のものを愛用している。
変わって欲しくない機能的なデザイン。

| コメント (0)

大阪出張

わーっと仕事が溜まっているのだけれど、本日は大阪日帰り出張。
来年から始める他部署とのジョイントマーケティングセミナーの下準備である。


セミナーで4本のプレゼンテーションを見るが、コンテンツそのものの面白さというのももちろんあるが、聴衆に合わせた切り口どう切っていくのかが、やはり今回のセミナーでは課題かなという気がする。
今回第1回のセミナーで、事前にどのような聴衆が参加して、どのような期待を持ってくるのかがあまり見えていなかったが、今回実際にやってみて、やっぱり「いかに売上を伸ばすか?」「How to sell?」であるべきなのが見えてきた。


私がやる回では、なるべく外来語をなくし、日本語を多くする。プレゼンするスライドには資料突っ込み過ぎず、ダウンロード用のスライドに詳細情報を掲載する形にしよう。


5時間新幹線というのは、やっぱり一日の終わりに疲れを感じる。
本がたくさん読めるのは助かる。「日本のデザイン」を読了し、池田先生の「イノベーションとは何か」を3色ボールペンを片手に熱心に読んだ。大 変面白い。私がベンチャーキャピタルに勤める前にこれだけきちんとまとまったものがあれば、もっと現場から色々と吸収できたろうと思うと残念で口惜しい。






| コメント (0)

通常営業日

朝から良いお天気。6時半起床。
今日は一日外出だ。
朝一番で代理店訪問。終わって渋谷にある顧問先へ、横展開と縦展開についてディスカッション。参入障壁の高い分野をいかに作っていくか。Webとリアルの共存。

移動中は「日本のデザイン」を読む。美意識というものについて一歩踏み込んで考えさせられる。デザインというのは、引いて待っているもののようなイメージがあったが、こうして読むと踏み込んで先へ先へと先行していくものなのだと認識を改めざるえない。
少し時間があったので、小川町のオフィスでお昼ごはんを食べて、コーヒーを淹れる。
珍しく昼間だというのにジャズをかける。これで随分と気分がリフレッシュされた。

午後はまた代理店出かけて、今期の数字についてディスカッション。
終了してネイルサロンに出かけようと思ったが、気力が途切れて中止。日本橋の三越によって、化粧品を何点か購入して帰宅。

帰宅すると山のようにメールが届いていた。若干火をふきそうなものもある。
メールってこわいな…と思う。相手にどう伝わっているか、読み切れない部分がある。
危ないなと思ったら、すぐにミーティングに切り替える。そのままメールでやり取りすると悪化してくることが多いから。

20時過ぎに電池切れとなり、仕事は朝に回すことにする。
朝のほうが頭がよく動くので、なるべくなら仕事は朝のうちにすることにしている。
手帳に翌朝忘れないように色々と書き込んで、頭の中から仕事を追い払って、早々にベッドに入る。


| コメント (0)

整理整頓

6時に目が覚めて、オフィスの事務作業。
昨日から8ヶ月ぶりにコーチングクライアントの募集再開したので、事前にあれこれドキュメント類を用意しておく。
早速問い合わせがあり、幸先の良いスタート。

二度寝をして今度は旦那様と9時に起きる。
朝ごはんを食べて、衣替えとカーテンの洗濯完了。順調な滑り出しだ。
昨夜の雨が上がって今朝は汗ばむほどのお天気。地面がまだびしょびしょなので、犬は散歩から帰るなりお風呂場へ強制送還。

ランチは近所のすしざんまいに行こうと旦那様とお出かけ。
途中ブックオフに寄って、本を売却。この日の売上は¥1030。まぁまぁではないだろうか。
赤羽橋で美味しいお鮨年内に食べたいなぁと思いつつ、こういう安いお鮨もそれはそれでありなんだよなぁ‥と思う。

錦糸町の駅前は結構な人ごみ。GAPもユニクロも混んでいたので、ちらりとのぞいただけで撤退。
夕飯の買い物をして帰宅となる。

私は土曜日はオフィスに引きこもり、日曜日は近所ぶらぶら‥と地味な生活をしていたが、母はいたって元気。土曜日は国立劇場でお能。今日は浅草で落語だと行って出かけていった。とにかくエネルギーのキャパが私より全然広い。まぁ、元気なのは娘にとってありがたい事だ。

寝室をきれいに整頓したら元気が戻ってきた。毎日見るところは美しくないと駄目だってそういえば、ジョブズも言ってたな。年末に向かってなんだか整理整頓モードである。

Kindleでジョブズの本を読もうと思って早速購入(もちろん日本語版も読んでいる)。原書の定価は35ドル。Kindle版はなんと12ドル。これはうれしい。

| コメント (0)

理想の1日

朝から静かな雨が降る。
私は午前中からコーチングで小川町のオフィスへ。

京都からやってきた椅子を段ボールから取り出す。とても美しいスツールだ。初めからそこにあるのが決まっていたかのように玄関のところにいる。
仲間が増えた気分。ニコニコしてしまう。

今日はずいぶんと冷える。さて、久しぶりに床暖房をつけようとしたら、動かない。故障かと電話で問い合わせたら、なんと8月分のガス代が払われておらず、ガスの供給を止められていた。
その後の月の分はちゃんと払われていたが、そんなのはダメらしい(まぁ、そうだよね)。
ということで、朝からオフィスにいるけれど、温かいお茶も飲めず、冷たいコーン茶をすすりながら、開栓を待っている。

コーチングの合間に英語の勉強を1時間ほど。やってしまえば何という事はないんだけど、なかなかこれが重い腰が上がらない。今の目標は毎日最低1時間英語の勉強に取り組むこと。たった1時間でもずいぶんと違うはずなんだ。

寒いせいかなんとなくツイテイない一日のような気がしていたいのだが、夕方ガスが開栓され、コーヒーを飲み、足元も温かくなってきたら、冷静になった。
よく考えたら、今日はずいぶんと本も読めたし、英語の勉強もできたし、オフィスの掃除もできたし、コーチングも順調だし、静かで生産性の高い一日だった。理想の一日と言い切ってしまってもいいかもしれない。







| コメント (0)

シングリッシュ

外は曇り空。冬になるにつれて、そうだこんなどんよりとした曇り空をよく見かけるようになるのだ・・・ということを思い出した。

朝一番は来期の契約についてベンダーとの電話会議。
上司が心配してくれて、なぞの中華系の人を日本語通訳として入れてくれたのだが、彼の日本語能力はあまり高くなくて、結局途中でフェードアウトして、全部英語で会議は終了した。

今一番頭を抱えているのが、(たぶん上司も同じだと思うが)、上司の英語がさっぱりわかならいということだ。いわゆるシングリッシュというらしいのだが、これがまぁ全然わからない。

他の同僚二人もシングリッシュなのだが、こちらは私に話すときはかなりゆっくり話してくれるので、何とかなっている。

ところが上司は、別に怒っていなくても怒鳴って話す人なので、なおさらわからない上に、彼女は携帯でかけてくるのだが、回線状態もよくなくて、それもつらい。

まぁ、慣れるしかないだろう・・・とは思うものの。
彼女も他の欧米人との会議ではよく発言する私が、APACのミーティングになるとだんまりなのは、なぜかと思っているだろうなぁ。

とはいえ、シングリッシュのせいだけではなく、私も相当に英語の勉強をさぼっているのは事実である。そろそろまた再開しなくては

夜は旦那様と恵比寿の心療内科で待ち合わせて、デート。
着物で行ったら、いきなり先生から「写真とらせてください」と言われて、「嫌です」と即答。
この先生本当にちょっと変わっているのである。どっちが患者?というぐらい。

食事は、四十八漁場というお店にて、お魚に特化しているというのがわかりやすい。お酒も有名所が日本酒、焼酎共にきちんと揃えられている。お店の人もみ んなフレンドリーだし、サービスですとあれこれ気を使ってくれるところも、心をくすぐる。よく統制のとれた成功しているお店という感じ。居酒屋のレベルも 日々上がっているのだな…と感心した。


帰りの山手線は混んでいて、下駄を履いていた私は旦那様に支えてもらえて何とか立っていた。
このとき感じたのだが、結局男子力というのは、こういうことなんじゃないかと思う。年収が高いとか、育児を手伝ってくれるとか、ワインに詳しい なんていうのは、あんまりたいしたことじゃない。女子じゃなかなかできないことを、しっかりと堂々としてくれることのほうがずっと(女子にとって)価値が 高いと思うし、心を揺さぶられると思うのだ。


| コメント (0)

ごくあたりまえのでも幸せな1日

うーん、だるい。
今日は旦那様がお休みで一緒に朝寝坊。旦那様はすごく体温が高くてポカポカしているので、隣で寝ていると起きるとタイミングを失ってしまう。

寝ぼけて起きて、慌てて電話会議。
午後まであれこれ仕事を片づける。やれやれやっと通常営業状態に戻ってきた感じ。

2か月ぶりに美容院に出かける。
途中の公園で、散歩中の犬と旦那様を見かける。遠くから見ると、なんかそこだけぼんやり明るい灯のように温かくほんわか見える。意味もなく嬉しい。

美容院ではなんだかぼんやり。風邪が抜けきらないなー。ちょっとうたた寝。あとは昨日から読んでいるマルクスの本を読んだりしていた。(あんまり美容院で読むような本じゃないなぁ・・・)

旦那様が本社の会議に出かけたので、夜は母と娘と3人女子御飯。





| コメント (0)

自分のアタマで考えよう

昨夜の腹痛がかすかに残っている。なんとなく朝からぐったり。いまいちしゃっきり治らないなぁ。
いまいち食欲もわいてこないのは、ダイエット的にはいいことだけれど、身体にはどうなのかしら?

午前中は仕事を片づけ。
お昼から少し元気が出てきて、犬と散歩に出かける。雲ひとつない晴れ渡った空。

散歩中に臥せっている時に読み返した「赤毛のアン」のアボンリー(アンの暮らしている村)の生活について考える。今回はまたシリーズほとんど全部を読み返してしまった。
職住接近の暮らし、村の人々との生から死まで続く交流、情報の少ない暮らし、すべての基盤に家族がある。

このグローバルな時代にグローバルなチームで働いて何を言うか・・と言われそうだが、もっと自分の世界って狭い方が本当のことのような気がしてくる。
人間には1日24時間しかないということは、今も昔も変わらないはずなのになぁ。どこか今の暮らしって無理があるんじゃなかろうか?と思うのだ。

「自分のアタマで考えよう」を一息に読む。このところ、ひょっとしてそうなのでは?と薄々気にやんでいたことをガツンと指摘された感じ。娘にも読ませたい1冊。

勢いにのって、積読になっていた「若者よ、マルクスを読もう」を読み始める。うーん、難しい・・・でも著者たちの勢いにのらされて、読まされてしまう。「よくわかんないけど読んじゃう」という体験はとっても大事だ。後から必ず効いてくる。





| コメント (0)

最終講義-生き延びるための六講

目が覚めてしまって、5時起床。
しこしことメールマガジンを書く。久しぶりに予定日通り発刊。

とりあえずお休みの間のメールで対応が至急なものは全部完了。
朝一番で上司と電話会議の予定だったが、無理せず休むようにというので、お言葉に甘えて休むが、結局20分ほどチャット。

終わって犬とお散歩。曇り空だけれど、風はなくひんやりとした空気がほてった頬に気持ち良い。あちこちのおばあちゃん、おじいちゃんに撫ぜてもらい、犬はご機嫌。

外はだんだんと雲が取れてきた。

お昼過ぎたら猛烈にお腹が痛い。座椅子で仕事を朝からひたすら同じ姿勢でいたのが悪かったみたい。
うーん、座っていられない。
寝ながら内田先生の本を読む。

講演をまとめたものなので、行間からそのトークのスピード感が立ち上ってくる。内田先生の本を読むたびにあー、もっとたくさんのことを勉強したいと心から思う。
そう感じさせるってところがやっぱり彼は根っから「教師」なんだろうなぁと思う。

夕方の早い時間にノンノン(娘20歳)が大学から帰ってきて、腰を少し押してもらって、なんとか回復。
そのまま二人でベッドでごろごろしながら、近況Update。そういえばここ3週間ぐらい、あんまり顔を合わせていなかった。

就職活動の話やら、最近のおしゃれ男子の話とか(男の子がレギンス履いてるってきいて、かなりショックを受けた)、バイト先の話だの。
来年からのゼミは、「傾聴」を取ったそうだ。何となく嬉しい。

晩御飯はホットプレートでお好み焼き。久しぶりのビールはおいしい。



| コメント (0)

消息不明

11月も半月経ったところで、ようやく仕事復帰。
半月丸々寝付いてしまったことになる。
海外出張キャンセル、コーチングキャンセル、メルマガ休刊、もちろんブログの更新一切なし。Twitter, Facebook, Mixiすべてのネットでの存在も消していた(いや、消えていたというべきだろうな)

仕事復帰と言っても今週いっぱいは在宅だ。
これだけ休むとフォローアップなんて言葉じゃ済まない、とにかく申し訳ありませんコールとメールばかりである。
同僚にも迷惑かけまくりで、いやどう御礼するか真面目に考えないと。

今日は旦那様が土曜日の代休で家にいてくれた。旦那様がおうちにいるとほっとする。寝てても眠りの深さがいるといないのではなぜか違うのだ。必需品である。

一緒に犬の散歩に出かける。まぁまだ足もとがふらつくけれど、そろそろちゃんと起きないと寝たきりになってしまう(お婆さん状態?)

桜の葉がすっかり赤くなって、秋も深まった。私は半月の時間をどこかに落としてきてしまったみたいな気がする。悔やんでいるのとも違う。呆然としている・・・・というのかな。

| コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »