« 再会 | トップページ | ライフログ »

プレイバック

ここ10年ぐらい、年賀状のやりとりしかできなかった学生時代の友人と今年に入り、

Facebookで再つながり。
じゃぁ、リアルで会おうよということになり、本日新宿にて再開。
友人は今では二人の女の子のお母さんになっている。
でも、全然変わっていない。

話しているうちに専門学校時代のいろんなことを思い出してきた。
私は恋愛の話に関しては、なぜか彼女にだけはあれこれ相談していたな。
専門学校時代は、わたしの人生の第二モテ期で面倒なことが多かった。
自分が好意を持っていない人に好かれるのが如何に面倒なことか思い知ったという感じ

だった。

モテなんていいこと一つもない。好きな男にだけ、好かれればいいのだ。

私達二人は全く好みの男性が違うというのも女の友情の長続きの一つの理由だと思う。

二人で卒業延期になって、別枠の卒業式に出席させられたり、彼女が東大病院に入院したこともあった。

先週、前の上司に食事をごちそうになって、古い友人に会う話をしたら、「yoshikooは古い知人と親交を深めるより、もっと新しい人間との付き合いを増やさないといけない」となぜかお説教された。
新しい友人増やしたら、古い友人と会う時間がなくなるから嫌だと答えたら、「だから進歩しない」と言うのだが、その古い友人の一人に上司も入っているということは気がつかないようだ。もちろん、上司と御飯を食べに行く時間もなくなるのだけど・・・。
同級生のその後の様子を聞いたり、今の子育ての話をしたりであっという間に時間が経ってしまった。

とっても楽しい時間だった。
嬉しい気持ちを抱えて、新宿線に乗り帰宅。
こうやって再びリアルでつながることとかがあるから、今の時代は面白いね。
全てにおいてネット礼賛ではないけれど、今日は花丸。


« 再会 | トップページ | ライフログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再会 | トップページ | ライフログ »