« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

記憶曖昧

あれ?この日の記憶が不明。

小川町オフィス。
コーチング。
公園で犬の散歩途中の娘に偶然出会い、一緒に帰宅。
(でかいヨーキーだなと思ったら、うちの子だったー)
食後旦那様と公園一周。

あ、そうだオフィスの洗面所を修理してもらって快適になった。

あとは思い出せないー。

| コメント (0)

自分褒め禁止

なんだかよくわからないが、朝5時起床。
また寝てしまいそうなので、これまた寝ぼけ気味の犬と散歩。
何時かよくわかってなかった。あとちょっと待てばラジオ体操に参加できたのに、残念。

今日も外は快晴。

顧問先のさらに先の会社から、会議のファシリテーションを単発で頼み込まれて、その資料の読み込みと先方の会社の調査で一日ネットを駆け巡り、情報収集。
先方の会社が海外で上場しているというのが元々の情報に全くなかったので、探っているうちにわかり、そうなるとアナリスト向けの情報とか全部見ないとならない…・
こういう作業って最近ずいぶんご無沙汰なので、妙に疲れる。しかもこの会議はアジアの一部と英語がほとんどできない日本側との電話会議(英語)なので、多分相当大変。

自分向けの参考情報はマインドマップでぐちゃぐちゃと手で書いているが、客先にはそういうわけにもいかない。この資料とこの資料のこれは英語だけど読んでおいてくださいという資料&こちらの要望をこれだけは、まとめてくださいというのを日本語で作るのが、また思っていた以上に手がかかった。
暑さボケ?全然、仕事量が見積もりと合わない。
会議は初回なので、挨拶とそれぞれの自己紹介、先方に期待することを話す程度で終わるはずなのだが、性格的に握れるだけ握ってからじゃないと交渉ごとに出ないタイプなので、ますます自分を追いつめてしまう。
肝心なのは、私は今回しか引き受けないんですから、ぐっと締めていくことだ。
合間合間に電話会議とコーチング、お風呂の修理。次回のメルマガに手を入れる。うーん、こっちもコンテンツ入れ過ぎ?欲張りすぎたかも。

私のオフィスは私一人の仕事場。お酒を一人で飲みだすと、日中から呑んでしまいそうなので、自分ルールで、一人酒禁止にしているのだが、今日は17時から呑んでしまった。

禁止しているのは、なぜかというと
・際限なく呑んでしまう。
・何時からでも呑んでしまう。
・当然太る。(痩せる気はないが、太るのは困る。スーツが入らない)
・オフィスに泊まるのは、厳禁にしているのだが、呑んじゃうと帰るのが面倒になる。

…などなどの理由から。

今日、解禁してしまったのは
・家に帰っても晩御飯がない。
・犬の散歩に行く必要がない。
・呑まないとやってらんない…ぐらい仕事がある。
・エアコン嫌いなので、入れないで仕事していたら猛烈に暑かった。
・途中友人から電話があり、呑みに行こうよ…という誘いを断ったので、私って偉いな〜と自分を誉めちゃったため。

特に問題は、「自分誉め」多過ぎってことかな。
「自分誉め禁止」とか標語貼っておくかなぁ。自分に自分でご褒美あげ過ぎってどうすればいいんですかね? (←ブログ読者への問いかけ…つまりかなり酔っぱらっている。←イマココ)

そして今頃になって、当日参加者(もちろん複数)のLinkedInプロファイル送られてきちゃって、泣き。


ピュリツァー賞 受賞写真 全記録

朝起きたら、すでに10時。
やってしまった、マンションの総会さぼっちゃった。
私は理事な上に、我が家のマンションは21戸しかないので、当分近所の人には会えないなぁ。

外に出るわけにもいかず、はまっている町山智浩氏のコラムをむさぼり読む。本当にこの人のアメリカのコラム面白いんだよなぁ。以前、どこかでちらっと読んで、すごく面白いと思って、ネットで検索してブログを見つけたのだが、ブログは私の苦手とするUS映画の話が中心で、うーむ、もっとアメリカの別の側面を書いたこの人のコラムが読みたいよーと思っていたが、丸善で積まれていたので3冊まとめて買った。

アメリカに行くとき読もうと思ったが、あまりに面白くてすでに3冊目に突入。計画台無しである。(まぁ、私の計画っていつもこんなですけど)

夕方こそこそとマンションを抜け出し、犬と散歩。

中身のない感想だなぁと思いつつ、本のブログ更新 この本については、ただただ驚嘆するという感じなので、感想らしい感想がないのだ。

合間合間にピュリツァー賞の写真集を見る。同じ地球上で起こっていること、まったく私の日常からはかけ離れているが、でも同じような暴力やら憎しみはあちこちで形こそ違え、様々な形で潜んでいるのだ。
人間は本当に進化しているのだろうか?という疑問が頭の中で渦巻く。何かがおかしい。この格差の上で成り立つ幸せというのは、どう考えても続くはずくがないのだ。

アメリカ寄りの視点だと思うが、やっぱりピュリツァー賞の写真ってすごいなぁ。迫力が違う。そこだけ空気が乾いてる。

今年のベスト5に入るか?本棚にずっと取っておきたいか・・・?と言われると非常に困るのだが、子供にもぜひ読ませたい本である。同情しなくていい、ただそういうことが世界で同時的に起きていることを認知しておいてほしいのだ。





| コメント (0)

本日は旦那様と今年初めての海である。
ミニ・クーパー号出動。
私のリクエストで、ドライブスルーで朝マック。うーん、この身体に悪い味がたまらなく、うまい。

食べ終わるなり、速攻寝る。
この車の振動で眠れるって結構すごい技だと思う。

そして、海について、「わー、海だ海だ」とはしゃぎ、サマーベッドでくつろぐ。

私は小さいころ思い切り活字中毒者で、本を持っていなくてはどこにもいけなかったし、旅行などでも景色を楽しめず、「あー、本読みたいわー」と 思っていたのだが(だから、映画もTVも苦手なのだと思う)、最近それがずいぶんと治ってきて、この日は一日中、海とそこに遊びにきている人たちを眺めて いるだけで、終わった。

自分ではそのことを時間貧乏抜け出せた・・・と喜んでいるのだが、単に生産性が落ちたということなのかな?

東京でも数年前に、ズボンをずり下げて、半ケツで歩く男の子たちがいたが、今でも千葉はそうらしくて、若いお母さんも、若者もみんな半ケツだっ た。千葉がヤンキー率高いのか、海というロケーションがヤンキー率が高いのが、よくわからないが、ヤンキー率高く、25年前の地元に帰ったかのような気分 に一瞬タイムスリップ。

旦那さんはこの海の近くに、実家から譲られた小さい一軒家を持っていて、現在は人に貸しているのだが、いずれはそこに住もうと前から話していた。

・・・が、最近私は、夏だけ2か月ぐらい住むんでいいんじゃない?と思い始めている。
当初は、まぁ、Amazonあれば生きていけるだろうし、静かでいいなと思っていたが、よーく考えると近所に美味しい蕎麦屋がないとかいう環境に耐えられるのか?と思い始めた。

あと、昨年の夏ダイエット合宿に行ったのが、結構この近辺で東京駅から嘘?と思うぐらい遠かったので、まぁ、用があれば東京行けば良いというのは、現実的ではないことに気が付いた。
そのうえ、私は車の免許がないので、地元の駅まで出ることがほぼ不可能。

まぁ、そんな感じの現在であるが、旦那様は相変わらずこちらに住みたいらしい。

海の家では、朝地引網で引き上げた鯵のお刺身をいただく、新鮮なのだすごく。こういうの毎日食べられるのも確かにうらやましい。

高速を使って早めに自宅に戻り、夕方はたっぷりと犬の散歩。
百日紅の花が気がついたら、満開になっていた。

近所のモツ屋で、晩御飯。
安くて美味しくて、モツはいつも新鮮。典型的な下町の名店である。(ただし、2階はいまいち)
ロンドンオリンピックの女子サッカーを見ながら、ちびりちびり、自家製だというあまーい梅酒を飲む。
この日は隅田川の花火も重なり、お店は人が少なかった。ご主人は奥さんに焼き物はまかせて、カウンターの一番前で(つまりTVが一番よく見える席)、酎ハイを飲みながら、サッカー中継を楽しみつつ、平日昼間に女の子と行くゴルフの楽しさについて語っていた。
なかなか素敵な人生だなぁと思った。

| コメント (0)

魚治鮨@赤羽橋

久しぶりにわんわんさんと夕方から赤羽橋。
わんわんさんは、先日もやってきたが、大失敗をしたらしく、私は私で先日某有名観光名所で、すごくまずい鮨を食べてしまい、二人ともリベンジ。

私が先日食べたまずい鮨はすごかった。

電車の中で足開いて、上向いて寝ちゃっている女性がいるけれど、あーいう感じのお鮨。もう見た目にのべーっと広がっている。見るからに美味しくない。
刺身の断面層みたいなのも、ぐちゃぐちゃにつぶれているみたいで味もべっちゃり。
観光客の人があれ食べて、鮨って別にそんなに美味しくないわね・・・なんて思ったら嫌だなぁとしみじみ思った。

赤羽橋のお鮨は相変わらずきりりとして、上品で本当に美味しかった。
名人芸みたいなものだと思う。
食べている気持ちがしゃんとしてくる。
美味しい、美味しい。

鮨にはやっぱり瓶ビールである。握ってもらって握りたてをすぐ食べる。そうしないと1秒ごとに味が落ちる。
ここの瓶ビールはまたとっても美味しい。たぶん、保存状態が良いのだと思う。

近況報告から、なぜかディール・カーネギーの話になり、ナポレオン・ヒルの話になり・・・というのがすごい。結論的には、やっぱりディール・カーネギーは偉大だということになった。「やっぱ、奴すげえょ」みたいな・・・。
迷った時は「人を動かす」「道は開ける」に限る。特効薬である。

その後はいつものBarに行こうと思ったが、まだ仕込みが終わっていなかったため、別のバーに移動して、iPhoneの裏ワザなどを教わる。
片足IT業界の私より、全然ITツール類に詳しく、そして私だけが相変わらず重たいフランクリン・プランナー使っているってなんか逆でしょう、それ(笑)

わんわんさんは明日からダイエットするらしいが、私はダイエットはもうしない宣言。
いろいろやったが、やればやるほど(・・・ってほどやってないけれど)なんかリバウンド激しい気がするし、私のだらしない性格で、ダイエットって無理という結論に達した。

まぁ、究極的には、もうキレイとかどうでもいいし、っていう感じなのだが、
それにやっても痩せないところを見ると、もうそれって自然なんじゃない?っという話。

あー楽しかった。

| コメント (0)

野生児

最高気温更新らしく、今日は陽射しもあって猛烈に暑い。
日中はできるだけクーラーをつけたくないので、すべての窓を開け放っているが、まぁ暑い。
パソコンの前にいるのでなおさらだと思う。

朝は定例のAPACのチームミーティング。
昨年から、日本人の上司がシンガポール人の上司に替わって、上司と直接話しても半分ぐらいしか理解しないできないし、チームのディスカッションだとさらに早くて2割ぐらいしかわかんない

本社とも英語で仕事していたわけだし、それがAPACになっても全然かまわないと思っていたが、それは認識が甘すぎてやっぱりHQとローカルは全然違ったのだ。

・・・という状況だったし、そもそも経済状況(詳しく言うと経済成熟度)が違うから、こういう戦略にしろと言われても、それは全然日本にあてはまらない、というのが多くて、そこのやり取りにずいぶんと足を取られ、社内の説得仕事に時間とられて、戦略実行に至らないというのがずいぶんと面倒くさいと思っていたが、

1年経ってみると、お互いにお互いの得意分野がわかり、意思疎通もずいぶんとスムーズになり、スムーズになれば、指示も拘束も激減されて、かなりやり易くなった。

以前の上司とは、一緒に仕事をしている時間が長かったので、ツーといえば、カーみたいなノリで、お互いが意図を説明せずなくしても、通じ合っていて、それはそれでやり易かったが、まぁその分私としてはチャレンジも少ないし、ロジカルでなくても何とかなり、気が付いていなかったが上司がかばっていてくれた場面もずいぶんとあって、一言で言えば、守られていた。

・・・が、突然、野原に置き去りにされた孤児みたいな状況になり、そして、今年の年度末を迎え、今思うことは、

私は強くなった・・

ということだ。それも格段に。
思えば派遣社員だったり、ベンチャーを渡り歩いていたころには、日々強い自分作りにあんなに集中していたのに(興味のある方は、メルマガを読んでください。(でも、もう40号も出てるから、ちょっとつらいか・・・)

(ちょっとだけ知りたいという方は、こちらを。読みにくくて申し訳ありませんが、若いころの記事が下、その後のキャリアが上に表示されるので、下から読んでいただくほうがわかりやすいと思います。)

安定した地位を得て、かつフリーランスになってからの私は、どういうわけか、自分を全然追い込まなくなっていたようだ。自分でもどうしてそうなったのかよくわからない。一時期は燃え尽きたのかと思っていたが、ちょっと違うみたいだ。

なんかこう今は野生児に戻った感じ。

そして自信がついたのは、 仕事で躓いても、いずれは何とかなるもんだな・・・と再び思えるようになったこと。今回で言えば、ハードルはアジアとの文化の違いとシングリッシュ。何よりも、それまでチームに一番こ貢献しているのは、私だと思っていたのが、全然貢献できない立場になってしまいへこんだ。(これも挽回したから書けることだけど・・・)

こういうセルフエスティーム(日本語で言うところ、自尊心・・だとちょっと重すぎる気がするので、カタカナで書いておく)を高く維持することって、毎日幸せを感じるにはかなり重要なことだと思う。

午後、アマゾンからヘルタースケルーターが届いて、むさぼり読む。登場人物の誰もが、ああ、人ってどの人でも必ずこういう部分持っているよねぇ・・・と感じさせる。
すごく強烈に人間というのをえぐりだしている。
読後、頭がぐらーりとなる。詩としても、すごい。一読の価値あり。





| コメント (0)

岡崎京子の仕事集

6時に起きるが朝ご飯食べてまた寝ちゃう。
うーん、朝にやるべきことのスケジュールを作っておこう。今朝も一応作ってあったのが、あっさり30分ぐらいで終わってしまい、ついついベッドに誘惑されてしまったので、もっとかっちり作らないとな。

まぁ、昨日は眠剤飲んだ後に、旦那様としゃべっていたらすっかり眠気が覚めちゃったというのあり、よく眠れなかった。

自宅裏の都立病院で子宮頸がん検診。
待たされるかと思っていたが、あっさり終わる。終わったら、その足でジムに行こうと思っていたら、今日は運動禁止、お風呂禁止だとのことで、すごすご戻る。

あまりに暑いので、犬の散歩にも出かけられない。公園での読書も無理。

昨日と同じようにタスクを順々に片づけ、英語の勉強をする。

なんだかマカオの出張は中止になったみたいだ。中止になったのは良いが、代わりにWorld Wideでのミーティングをするようなので、どちらにしても年内中に1回は海外出張がありそうだ。
あー、でもWorld Wideなら上層部しか出ない、もしくは社員以外は呼ばれないということもあるのだから、期待できるかも。

(※その後、出張先はイスタンブールになるかも・・・・!という話が出てきて、だったら行きたい!に変更となった。)

Amazonで頼んだ「岡崎京子の仕事集」よくまとまっている。褒めているばかりじゃないところが、良いね。結構辛口批評。こうして読んでみると彼女のイラストはよく見ているけれど、作品は読んでないんだなぁ。
この本、文字が小さいのがつらいなぁ。
話題の「ヘルタースケルター」は面白そうなので、さっそく発注。
知らなかったけれど、岡崎京子さんってノンノン(娘20歳)と同じ大学の先輩なんだねぇ。









| コメント (0) | トラックバック (0)

昨夜は遅くまでノンノンと近況アップデートをしていたので、朝やや寝坊。旦那さまはすでに仕事へ。
あれ?旦那様の顔、しばらく見ていないような気がする。
<
しかし、本日は在宅勤務なので、まったくOK。ぼさぼさ頭&パジャマ姿で電話会議参加。

今日は陽射しは弱いが蒸し暑い。
犬とゆっくりお散歩。むくげの白い花が咲き、池には白い睡蓮。公園内のせせらぎで遊ぶ子供たちの声。 うーん、夏だね。

スケジュールにしたがって、Grammar in Use。自宅でやっているのは、オフィスでやっているのに比べると上級編。ちょっとレベルが上がっただけで、やっぱりきつい。
英語は低いレベルから勉強するのがコツです・・・というのは、本当だなぁ。

買い物に出て、気分リフレッシュ用の果物(桃とソルダム)を購入し、サブウェイでサンドイッチそしてコロナビールの組み合わせで公園でテニスを眺めながらランチ。
ぽつぽつと雨が降り出してきたので、引き上げる。

予習の「オペラ座の怪人」。ぐいぐい物語に引き込まれる。ライオン・キングにするか悩んだけれど、こちらで正解みたい。
次回New York訪問時は、オペラとバレエ、それからクラッシックのコンサートに行きたいと早くも目論んでいる。

卒論関連は全部オフィスに置いてあるので、本日は著作権の本をぱらぱら眺めて頭を整理。

ヘッドハンターから電話がかかってきて、某外資系でEducation Manager探しているんで、どうですか?という話。
うーん、それは組織にどこに位置するチームなの(営業、マーケ、HR系など)?ミッションは売上とパートナー開拓と資格増あたり、もしかしてコンテンツとかローカライズマネジメントもありかしらん?と立て続けに軽く質問。

「申し訳ないんだけれど、全部直接先方に聞いてほしいです」ってどんなコンサルタントなんだよー。大体多分このヘッドハンター日本にいないんだよなぁ。しかもいきなり上司にあたる人と英語インタビューなの?
まぁ、話早くていいんですけど。最初にHRの人が出てくる面接ってどうもその仕事についての情報をまったく持ってない人が多くて、これ意味あるの?というのがある。(二次は現場の人が現れて、全然違う話だったりする)

旦那様が夕方早くに帰ってきたので、二人でお散歩。土曜日は海に行こうねという話になる。うーん、海で読む本が思いつかない。また書店巡りしなくては。

今回のクーリエ ジャポンの特集はクラッシック入門。
時間もあることだし、音楽ももうちょっと聴きたいなぁと思っていたところに、タイムリー。あ、このネタは、メルマガで考えよう。
ブログには長過ぎる気がする。

明日こそ早起きだ!と決意して寝る。









| コメント (0)

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない

午前中は私用をあれこれ片付ける。
間の移動中に、New Yorkで観る予定の「オペラ座の怪人」の原作を読む。確か英語の簡易版を多読学習の一環として読んだ記憶があるのだが、全然覚えていないみたい。

午後はマンションの管理事務所が水回りの点検に来てくれたのが、管理会社→委託会社→委託会社となっており、さらに間にメーカーも入るため、実際の修理はいつのことになるやらよくわからない。しかも賃貸マンションの修理代って誰が払うの?という疑問も、誰に尋ねてもよくわからない。

対面のコーチングが2件。
そろそろクライアントさんも皆さん夏休みに入るのと、新しいクライアントさんのスタートで、日程がかなりごちゃごちゃ。これにさらに、顧問先のメンバーもバラバラに休みを取るので、先が見えにくい。

仕事を片付け、旦那様が会議で遅くなるというので、近所でラーメンを食べる(大蒜ばりばりで)。その直前にコアリズムやって燃焼したカロリーとか、一挙に取り返す。

お腹がいっぱいなので、ソファにゴロリと横になり、Amazonでちらりと気になり買っておいた町山智浩氏の「アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない 」をぱらぱらと読み始めたら、これがまぁ面白くて読むのが止められない。

いや、こりゃ困ったね。
全部あっという間に読んじゃいそうなので、途中でなんとか区切りをつけて、明日の会議資料作り。
危険だからこの本はオフィスに置いて帰ろう。

卒論、知財、英語の勉強どれも手つかず。明日は頑張らなくちゃ。





| コメント (0)

迎え酒

二日酔いで起きたら昼だった。
旦那様に犬の散歩をお願いして、ぼんやりする。

お昼は二人でいつもの蕎麦屋に出かける。最近よく出してくれる栗駒山のきゅうりと手作り味噌。これはオーナーの実家の方から、朝から捥ぎ立てのものが届くらしいのだが、とにかく水分がたっぷり含まれていて美味しい。
その含まれている水分そのものがまた美味しい水って感じなのだ、多分。
これでまたビールが進む。
また、迎え酒って言うのもうまいんだよねぇ。
などと言いながら、いつもの樽酒に突入。

お店の前で旦那様と別れて、私は図書館へ。予約で借りた本、5冊のうち4冊は外れだった。買わなくて良かったー。





| コメント (0)

第二回知的財産法ゼミ

飲んだ時間は予定通り2時間だったが、時間制限がかえってピッチを煽り、すっかり酔っぱらって帰宅。起きて午前中にゼミの課題をやろうと思ったが、起きたら昼過ぎ。
慌ててゼミに参加(少々遅刻)

本日のゼミは二次会(飲み会)ありますよーの告知があったので、こちらにも参加。
名刺交換の結果、ゼミの参加の大半はプロフェッショナルの知財屋さん、もしくは弁理士さんたちだということが判明。私とあともう1名若い方が司法試験受験生。つまり素人私のみというゼミなのだということだ。
うーん、それならそれで開き直れて良いかも。

三次会はこれまた近所で日本酒をさくっとこの日も結構飲んだくれて、帰宅。

やっぱり卒論は知財で書きたいなぁ。もう1年延ばすかなぁ。(って、延ばせるのかな?)

| コメント (0)

知的財産と創造性

8時半出勤。
金曜日はさすがに少しお疲れモード。
仕事のメールはごく少ない。

New Yorkでのミュージカルの手配と、ホテルの予約を完了する。
あとは美術館、公園、図書館、見に行けたらコロンビア大学も見たいな。そんな感じ。一人旅なので、スケジュールは無理のないようにゆるーくゆるーく。

お昼は近所に新しくできたカレー屋さんでさくさくっと。

New York行くまでにアメリカの本をざっと読もうと思って、Amazonからざくっと取り寄せ。

明日は知的財産法のゼミで、課題があるのだが延ばし延ばしにして、今日になってしまった。エンジンを午後からかける。
知的財産法と言っても、ほぼ著作権だけが内容なので、商標とか特許とか、その他の部分は含まれず、しかし知的財産法の単位取得は数年前なので、かなり忘れている。オフィスにはほとんど著作権の本を持ってきていないので、三省堂に出かけ、新しそうな書籍、且つ事例豊富で興味深そうな本を4冊揃えた。
こんなことができるのは、このロケーションにオフィスがあるおかげだ。うーん、しみじみ感謝。

まずはジャーナリストの書いた入門書にあたる「知的財産と創造性」を読み、著作権の概要を思い出す。あー、そうでした、そうでした、忘れていました。ということばかりである。がつがつ集中して読んでしまい、読み切りました。たいへん面白く、「今」知的財産の世界で何が問題なのかそしてそれは結構普通の人にも関係あるのだよ…と言うことがよくわかります。

でも、やっぱり¥2,800は普通の人には出せない金額だろうと思います。みすず書房の編集と装丁で索引付きだし、とは思うのだけれど…きっと1冊もアフィリエイトから売れないと思うけれど、感想を後日本のブログに書こうと思う。

※ちなみに本のアフィリエイトは全然儲かりません。儲け考えたら絶対できない。でも突然馬鹿売れしたりするのが面白い。(バカ売れって言っても1つの本につき、10冊ぐらいですが)

まぁ、私の場合はマーケティング実施調査のためにやっているので、別に良いんですけど。 その後に続いて、某大学院のロースクールの著作権についての本を読むが、まぁ、これが生講義が売りなのか、なんだか知らないが全然編集されていなくて、毎回講師の自己紹介とか、誰々さんにお世話になりましたとか、全部入っていて、え?私明日課題提出なんですけど?全然間に合わないんですけど?
と投げ出す。
ここの出版社の本は次からよく吟味して買おう。

私は金曜日にまとめてあれこれ片付けるということを友人とか、顧問先に知られて、「2時間だけ飲みましょう」の誘いが、ビール飲んでワイン飲んでじゃーじゃー雨降ってきて、もう課題とか別にいいじゃん?状態。
いやでも参加しているゼミ、超ハイレベルなので、そういうわけにも(←イマココ)











| コメント (0)

投下資金利益率の算出

起きたら8時。お日様すでにギラギラ。うーん、なんとか早起きして犬を朝のうちに散歩させたいのだが、6時の目覚ましを止めると、そこからタイミング的に深い睡眠状態に入って起きるのが難しくなってしまう。

9時半にオフィスへ到着。上司陣がUSに結集して来期の戦略ミーティングをやっているので、メールの量も少ないし、チームミーティングも延期。平和である。

溜まっているVoDコンテンツを少しずつ片付ける。

今日の文法はmany, much, a lot .....楽勝であると思ったが、muchはネガティブな時と、疑問形に使うもので、肯定文だとa lotを使うんだということを初めて知った。うーむ、目から鱗。そんなの学校で教わったかなぁ?

ドラッガーの本を読んでいて、珍しく同意する部分を発見。投下資金利益率の算出について、そうそう私ももっとわかりやすくて、正確なものはないのかなぁとベンチャー・キャピタリストだったときに思っていた。その仕事につくまでは会社のその手の分析というのは、私が知らないだけできっとプロフェッショナルな人たちはよくわかっているのだろうと思っていたが、毎日財務会計書類とつきあって、あ、結構いい加減なのだな…・と思った。聴けば聴くほど前提が変じゃないか?というものも結構あった。

アカウンティングもファイナンスも細かい部分はずいぶんとご無沙汰である。暇ができたら、また本でも読もうと思ったが、どう考えても暇な時期になんて、見えてこないなぁ。(時間は自分で作らないとね)

ああ、そうかひょっとしてドラッガーの本というのは、「それってビジネスの常識ですよね」ということをきちんと書いてあるのかもしれないな。そしてそれって、常識の暗黙知(←最近、聞かない言葉だなぁ)なので、日本で言うところの「空気読んでわかってよ」というところであり、社内の人に聞くに聞けない部分なのかもしれない。

お試しのコーチングセッションを2件。どちらも対面で。 以前は圧倒的にサラリーマンが多かったコーチングクライアントも、最近はコーチングという言葉が定着したのか、学生さんから引退後の人まで、本当に幅広い。
ブログを読んで、「ただ、お会いしてみたいんですけど」という話も、このところちらほらあり、もちろん喜んで受け付ける。
こういう時に自分のオフィスがあると本当に助かるとしみじみ思う。

Readingはkindleが一番だなぁ。iPhoneにkindleソフトを入れるという手もあるらしいが、絶対バッテリー持たないだろうと思う。それにKindleの電子インクは目に優しいしね、通信費はAmazon持ち出し。私は初代のKindleだけれど、とっても満足。

なるべく辞書を引かないで読むのが多読のコツと言われるが、時々がーっと辞書を引いて読むのも楽しい。今まですっ飛ばしていた単語がみるみるわかり、文章の面白さが見えてくる。あんまり辞書引かないというのも、自分のレベル感と読み物が釣り合っていればいいが、そうとは限らないので、好きなときに引いたり、すっ飛ばしたりでいいんじゃないかな?と思う。
あー、もっと早く読めるようになれば、読みたい本は山ほどあるのだけれど…。

お昼はさくさくっと近所で沖縄もずくそば&オリオン生ビール。
ニュースによれば、本日は今年初の東京35度越えだとか。

本のブログを更新。「仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法」
デスクトップPCだとタイピングもその後のレビューもものすごく楽なので、あれこれ書くのが楽しくなってくる。この機会にコンテンツ充実だー

WebExにて、プロモーションのご説明。
画面を共有したほうがわかりやすいと思ったので、WebExにしたのだが、直前になって、訪問してはなすべきだったかなぁと逡巡する。何だかんだと私は日本の古いタイプの営業なのかもしれない、ちょっ失礼かと気になった。 でも、やってみたらWebExのほうが遥かによかった。

先方だって、会議室押さえて、プロジェクター用意して、お茶出してくれて…というのを考えたら、そのほうが全然ラクなのかもしれないなぁと思った。
別に暑いから行きたくないわけじゃないんです(笑)。双方の利便性を取りました。

夜の部も色々あったのですが、長くなったので本日はこの辺で。









| コメント (0)

一言一句

日差しは少し弱まったが、暑さは変わらず。 朝は5時にぱちりと目が覚めた。夫の作ってくれたキムチチャーハンをわしわし食べ、犬に御飯をあげて、再び眠る。
オフィスに着いたら9時半だった。

すべての窓を全開にして、ヨガウェアに着替え、お線香一本分の瞑想をして、一日のプランニングして、本日もスタート。

文法の勉強は、Either, Neither, Both,私はほとんどEitherとNeitherという単語を使わないんだということを意識する。この後に瞬時にof を入れるべきかどうかの判断に迷いが自分の中にあるようだ。英語の道のりは遠い。今使っている教材だと例文が多くて、ニュアンスの違いがうっすら見えてくる。長年英語教育に使われている教材だということだが、やっぱりこの本はすごい、といつも思う。

ぶつぶつ言いながらもドラッカーの本も半分ぐらいまで進んだ。

朝しっかり食べるとかえって早々にお腹が空く。11時半にタイ料理屋にランチに出かける。すっかりここは混雑する店になってしまったなぁ。生ビールも飲みたいのだが、ここの生ビールはイマイチなので止めておく。

午後からは仕事を片付ける。観なくちゃならないVoD(Video on Demand)が溜まっている。卒論にも若干手をつけるがイマイチ調子が上がらず。(暑すぎるせいだと思うのだが…)
NewYorkのエアーチケットを取り、休暇申請。あとはホテル、ミュージカルのチケット、美術館も事前に申し込んでおこう。

久しぶりのコアリズムは10分で限界。また明日からコツコツ時間を延ばさないと。

夕方から積ん読になっていた「宗教を生みだす本能 ―進化論からみたヒトと信仰」を読み始める。ジャーナリストが書いた本ということでわかりやすいのだが、ものすごく脳みそのあちこちを刺激され、脳の中で議論が渦巻く。そうそうこういう本が読みたかったんだよ。もったいないから一日一章だけ読むことにする。

晩御飯の後に、旦那様と犬と散歩。公園では打ち上げ花火。外は雷。這々の体で公園を一周だけして帰宅。(犬は花火と雷が苦手なのだ)

就寝前は昨夜と同様に「f植物園の巣穴」を読む。日本語の美しさに、自然と一言一句食い入るように読んでしまう。漢字の選び方とかが美しいんだ、これがまた。そっかー、普段は結構長し読みなんだなぁということがよくわかった。











div>f植物園の巣穴 (朝日文庫)


| コメント (0)

梅雨明け

梅雨も上がり、猛暑。

朝からミッドタウンにて来客。
そうか、そう言われてみればそうだ!という視点をいただき、内側からと外側から見るのでは、やはり違うのだなぁと感心する。
さくっと引き上げようと思っていたのだが、電話でその他にも社内ミーティングがあることに気がつき、そのまま午後まで仕事をする。

上司から至急作ってくれ…という資料の依頼がチーム全体にあり、チーム内で誰が何をするか?についての急遽ディスカッション…メンバー全員がこんな細かい資料本当にいるかなぁ…と思っているのが、電話会議でもありありとわかる。まぁ、でも発表時間はなくても突っ込まれたら困るだろうから、バックアップの資料はやはり必要だろう。

薬がなくなってしまったので、心療内科に駆け込み、睡眠薬をもらう。ジェネリック薬品に替えてもらったら、だいぶ薬代が下がって有り難い。
地下鉄の中でRSSをまとめて読む。基本ブログでは時事ネタには触れないことにしているのだが、メルマガなら良いかも、検討しよう。

時間が微妙だったので、小川町のオフィスに戻って仕事を片付ける。
前回ゴミの始末をしていったのだが、台所周辺に異臭が…。慌てて換気。

昨日の新聞でマウリツィオ・ポリーニが来日してリサイタルを開くことを知り、激しく動揺。うーん、好きなのだあの超絶技巧というか完成度。つまらないと受け取る人も多いだろうと思うが、私はやっぱりすごいとただ感心してしまう。
ぜひ生で聴きたい、観たいのだが、マカオの出張前後であり、チケット無茶苦茶高いということで、躊躇。

合間合間に「銃・病原菌・鉄」の続きを読む。
この本を読むたびに、「もしも大地震があって、何も無くなったら、何から始めるかなぁ」もしくは「無人島に流れ着いてしまったら…」と考える。
古代の人間は何も無い所から、狩りをし、稲作を始め、家畜を飼い、としたわけで、現代人である私はそれを知識として既に知っている。でも知っているからと言っても、全部ができるわけではない。

帰りがけに購入した「f植物園の巣穴」の日本語文章の美しさに背中をゾクゾクさせる。こいつは傑作だ。電車の中で読むのはもったいない。就寝前の静かなひと時に読む本にしよう。暑さが一段落したら、小石川植物園を訪ねてみよう。





| コメント (0)

しあわせ。

膀胱炎はすっかり引いたようだが、口内炎は相変わらず。
それでも昨晩はすっかりよく眠った様子で、身体が少しラク。

早めに旦那様と犬の散歩。
終わって、一緒にジムへ出かける。今日は有酸素運動のクロストレーナーを15分することができた。今週は20分に挑戦かな。

お昼はサブウェイでサンドイッチを買い、コンビニでコロナビールを買う(なんとキーホルーだの栓抜付きだった) 青空の下、公園のベンチお昼ごはん。うーん、幸せだぁ。

旦那様のボーナスが出たので、夜はクッチーナ・シゲのおまかせコース。

| コメント (0)

膀胱炎

起きたらなんだか調子が悪い。
最近、頻発している膀胱炎に口内炎が重なっている。
うーん、なんで突然?

免疫力が落ちたのかな〜。

午前中は水を飲んではトイレに篭り、雑菌を出すという膀胱炎の基本を実践。もう慣れっこなので、大体でわかる(いいのか?それで)
昔は1週間ぐらい不規則な生活をしていると症状が出たのに、最近は前夜ちょっとタイミングよくトイレにいけなかっただけで、翌日には症状が‥。おちおちトイレも我慢できない。

珍しく午前中のコーチングがなかったので、午前中はベッドでぐだぐだ。
午後からは駿河台記念館で、大学のゼミ「知的財産法」に参加。
メンバーは10人ぐらいだけれど、半分以上が実はOBという構成。

授業はとても興味深いものだったけれど、なんだか久しぶりに3時間もクーラーの中にいたので、身体ががちがちでつらい。
最近、自宅か自分のオフィスでしか仕事していないから、環境的に甘やかされているのだ。

社会適応力が落ちて、どんどん自然児化が進む…。

自宅近所の公園でひとやすみ。

| コメント (0)

山城屋酒場

本日も雨は降らないみたい。
6時半起床。8時前にオフィス到着。

1時間ほどかけて、来期のプランニングの資料を作り、今期の着地予測を作り、さらには仕事のメルマガを手配する。
これだけやっておけば、後は電話会議中心である。

English Journalでヒアリングの勉強。やっぱり聞き流しというのは、勉強時間数カウントに入れてはいかんね、集中力発揮して勉強した時だけカウントすべきかな。
最近は顧問先でも英語の出番があり、何かと英語を使うので英語の勉強も結構楽しくなってきた。文法もリーディングも30分ずつこなす。うーん、もっと圧倒的に英語漬けにならないとなぁ。全然足りないわー。

ドラッカーの本は、ようやくシアーズ・バロックの事例が出てきて興味も持てるようになってきた。出版された時はきっと画期的な本だったというのはよくわかる。まぁ、いまだってマネジメントについてきっちり書かれた本って思い浮かばないしなぁ。でも、今読むと退屈なのだ、だって、それもう常識でしょう…という話が多くて。本当にこの本今でもMBAスクールで使っているんだろうか?

お昼は本日はナチュラル・ローソンで購入。塩麹のサラダがおいしかった。コンビニの御飯も日々どんどん美味しくなってくるから、外食産業には脅威だろうなぁ。

食後に「キレイならいいのか」の続きを読む。きれいであるために、投資される時間とお金。そして、場合によっては、身体を痛めてまでこだわるキレイさ。(身近な典型はハイヒールだろう)中世から現代まで長い期間女性たちは「キレイ」の呪縛を受けているのだ。

顧問先がやってきて、新規の採用面接の打ち合わせ。みんな職務経歴書が長くて、売り込みがすごい。そうか、若い人は今やバイトの職歴やサークル活動、ボランティアも入れるのだなぁ。
人事面接は正直なところ苦手分野。ぱっと一目見て良い人かどうかなんて、とても私にはわからない。…なので、もちろん面接には参加しない。(顧問先と話す時は、何が私にはできて、何ができないのかをいつもはっきりさせるようにしている)
今日の打ち合わせでは、本当に欲しい人材は、どんな人なのか?どんなスキルを持っていて、これからどのスキルをこの会社で伸ばして、どういう人材になって欲しいかを明確にすることが目的。「良い人がいれば採用したい…」というままだと採用する側もされる側も不幸だと思う。

なぜかWindows PCでヘッドセットが機能しない。仕方なくiPhoneで電話会議参加。汗ですっかりべたべたになってしまった。(エアコン嫌いなので、ギリギリまでつけない)

晩御飯は旦那様と二人なので、下町じゃちょっとは有名な「山城屋酒場」に繰り出す。
久しぶりのここの煮込み・とんから(豚のから揚げ)はうまいなぁ。
お店のあっけらかんとした感じが良いんだよなぁ。この店は特に夏が気持ち良い。

あともうちょっとご飯もの食べたいなぁと思い、ついつい近所のお好み焼きへ。これが結構量が多かった。 おかげでお腹一杯過ぎて夜よく眠れなかった。失敗である。









| コメント (0)

ダイエット狂想曲

梅雨の合間の晴天が続く。
朝一番の電話会議は、1時間後に変更され、もちゃっとしたスタートとなる。明日中に来期のプランを出す必要があるのだが、私が自分で売り上げを持っているパートは15%増と言われても自信があるのだが、問題は私の管轄に入っていて、私的には何もできないパートの部分である。(予算もなく、ミッションもない。でも私の管轄になぜかなっている。)うーむ、最低10%増は課されるだろうなぁ、

上司との電話会議を終了して、オフィスへ向かう。

数件電話を入れて、午後から文法の勉強をぽっちり。終わって、ドラッカーの「現代の経営」を読み始める。とにかく取っ付きにくい文章なので、声に出して音読。
最後まで読み終えられるか結構心配。

まだまだいくつか懸念事項はあるが、来期のプランも見えてきたので、
しばらく先延ばしをしていたコーチングのクライアント募集を始める。
兼ねてからリクエストのあった学割をスタート。若い人にもぜひコーチングを知って、ぐんぐん力を伸ばしてほしい。

積ん読になっていた「キレイならいいのか」を読み始める。のっけから面白い。ぐいぐい読める。「キレイにしろ」圧力って強烈だものなぁ。私だって、白髪染めるのも止めたいし、化粧もできればしたくない派なので、深く共感。

手間だけかかる資料作成。単純作業の積み重ね。音楽かけながら、こなしていく。

おやつには、桃を食べる。うーん、今年初めての桃だ。果物で水分採るとお腹がちゃぷちゃぷしないのが良いね。

9月に一人でNew Yorkに行きたいと考えていて、あれこれ検索。うーん、ANAだと高いなぁ。しかし、この私が自費でアメリカに行きたいなんて思うようになるなんて、人生わからないものである。でもNew Yorkは好きなのだ。

午前中は休憩なし、ランチは15分から30分ぐらい。午後は15時におやつで果物を食べる。夕方はコアリズムというサイクルができてきた。コアリズムは5分増やして、15分にしたのだけれど、もうばてばて。その後にシャワー浴びて、汗が引いて着替えるまで結局トータルすると1時間かかる(お化粧もしないのに…)

時間がなくてダイエットができないという人が結構いるが、それは本当だと思う。会社に勤めていると食べ物を全部自由に選べるわけではないし、どうしても一食食べないという方向に向きがち。そうすると絶対的に後からツケがやってきてリバウンドしてしまう。
ホワイトカラーの運動不足も怖いものがある。日本もこれから肥満大国とか、糖尿病患者増大とか、生活習慣病がまだまだ増えそうな気がする。

そしてやればやるほどはまっていく卒業論文。自分の論文には関係ないが面白そうな論文があったので、ついつい国会図書館にコピーを依頼。知的好奇心っていつになったら枯れてくれるのだろう…。どんどん貪欲になって苦しい一方である。

晩御飯の席では旦那様のダイエットについての話題。
旦那様はダイエットで着々とやせているのだが、顔が痩せてきてなんだかやつれて見えるぐらい。芸能人だか、オカマだか、ダンサーだかなんだかわかんないけれど、クリス某というのにすごく似てきていて、ちょっと怖い。 聞けば、朝御飯を食べず、お昼の給食を半分しか食べず、夜はお米を食べずお酒とおかず…ちょっと健康的な痩せ方ではないぞ。ダイエット禁止令を出す。







| コメント (0)

在宅勤務

起きたら立ちくらみがひどくて、ヨガのレッスンは急きょお休み。薬でも飲み間違えたのかな・・・・。

午前中のうちに仕事はあらかた完了。
午後はSkypeでコーチングのセッションを数件。合間に犬と散歩。今日は夏日である。

重い腰を上げて、近所のジムに向かう。
3週間、いや4週間ぶりかもしれない。エアロバイク、筋トレ、ストレッチ、有酸素運動は面倒くさくなって、ほとんどやらずに引き上げる。
ジム滞在時間は約1時間(マッサージ椅子含む)

少し身体を動かしたのが、良かったみたい。気分すっきりお仕事をする。

晩御飯の後は、旦那様と1kmウォーキング。

家にいると活字を読む気にならないのはなぜだろう?どうも気が散ってしょうがない。明日はオフィスに出勤するかな…

| コメント (0)

モラトリアム

24時近くに帰宅。睡眠薬を飲んで、ポカリスエット飲んで、さて寝ようと思うが、ものすごく頭が冴えている。このまま電話会議にでも出たいぐらいだ。
仕方なく、薄暗がりで「細雪」を読み、眠気が訪れるのをしばし待つが、全く現れず、最後まで読んでしまった。
うーん、と唸り、明日は夕方まで予定がないので、ベゲタミンを飲んで眠ることにする。起きたら、昼だった。

仕事を片付けようと思うのだが、眠くて眠くてどうにもならない。
そのうえ、私のOutlookに問題があるのか、全くメールの送受信ができない。iPhoneでメールを確認すると今日中でなくてはならない仕事というのも無いようであるので、月曜日以降片付けることにする。

夕方から対面コーチングでオフィスへお出かけ。そのままクライアントさんと晩ご飯に韓国料理をいただく。
食事が終わってみると、まだ9時半。なんだか飲み足りない気分である。バーとか近くにあると良いのだけれど、と思いつつ、オフィスに差し入れでいただいたI.W.ハーパーがあるのを思い出して氷を買ってオフィスで、音楽をかけながら、独り酒。うーむ。悪くない。

専門学校生の時は、なぜだかよくハーパーを飲んだ。当時流行っていたのかもしれない。このバーボンの香りを嗅ぐと、当時の記憶が鮮明に戻ってくる。
まだ景気も悪くなっておらず、明るい時代だった。あーいうモラトリアムな時期というのは、通過儀礼として結構大事なものだと思うけれど、どうなのだろう。

結局帰ったのは24時ごろだった。

| コメント (0)

花楽@赤坂

3時きっかりに、ぱっちりと目覚める。
ひゃー、今週は比較的に睡眠、うまくいっていたのになぜ今日に限って・・・ジムに行こうと思っていたのに、夜は楽しみにしている外御飯なのにー。

ベッドの中で浅い眠りを繰り返して、悶々としながら朝を迎える。

午前中はチームの電話会議。うーん、シンガポールの英語だいぶ聞けるようになったが、まだ6割しかわからない。

犬と散歩。12時前後だと、ほかの犬と会うことが滅多にないので、安心である。

寝不足なので、ジムに行くのは諦めて、犬とごろごろ(ちなみに本日は在宅)
浅くだけれど、ほんの少し眠れたみたいなので、自分に大丈夫大丈夫と言い聞かせて、出かける。

まずは美容院で髪を切る。その後は銀座のエルメスに寄って、腕時計の電池を交換してもらう。1時間ほどかかるというので、引き取りは別な日にすることにする。ぶらぶらと日比谷の駅まで歩くと、携帯電話が鳴りだす。見たことの無い電話番号である。

出てみるとエルメスだった。
私の腕時計はダブルフェイス(1つの時計で時が二つ表示がある。海外と仕事をするので、すぐに時間がわかって便利なのだ)。1つの時計だけ先に電池が切れてしまい、今回二つ目の電池も切れて、電池交換に出したのだが、そういう時は1つの電池が切れたら、すぐにもってこないと電池が液漏れしてしまうのだそうだ。
ということで、私の時計は液漏れのため、オーバーホールに1ヶ月出されることになり、その手間賃は約4万円だそうで、ショックを受ける。

とは言え、この時計は私の現在の仕事に戻ったときに、すぐUS出張の仕事になり、当地のサンフランシスコで、「あー、きっと私はもう一生時差とかに悩まされる職業生活を続けるんだろうなぁ」という諦観のようなものを持って、それなら「もうどっぷり浸かろう」と思い、購入した品である。確か当時で20数万円だった。
そういう思い入れのある時計なので、手放す気にはなれないのだ。

友人と食事のため、赤坂に移動
久しぶりに、ビジネス書中心にそろえられている赤坂の文教堂に立ち寄ってみた。
書評で気になっている本が全部並べられている。これは読もうと思っているものが数えてみたら全部で7冊。読みたいなと感じる本を入れるともう数えられない。
しみじみ何の本にどれだけ時間をかけるかというのは大事なことだと思った。とても一生の中で全部は読み切れない。
すべての本が私を買ってと話しかけてくるような妄想にとらわれ、お店を後にする。

お店は以前「鏡花」というお店で、金沢の酒造がやっているお店だったのだが、行ってみると「花楽」というお店に変わってしまった。内装はそのまま、お酒も引き続き福光酒造のものだが、オーナーとメンバーが2年前に変わったそうである。

うわ、これはリサーチ不足だった。美味しくなかったらどうしよう?と危懼したが、料理は変わっていたが、ちゃんと美味しかったので、助かった。
学生時代の話から、最近のIT業界の話まで幅広く、話題が盛り上がりとっても満足。
次回テーマは、「日本の将来について」ということで決まり、それぞれに帰宅する。

私はいつもは大体、タクシーで帰るのだが、赤坂というのは道が混んでいるし、そのうえ無線待ち、ロング待ちのタクシーが多いので、5000円以下という近距離だと、ちょっと乗りにくい。
そんなわけで、電車で帰宅。

| コメント (0)

本のレビュー

6時起床。
昨夜の雨で地面はぐちゃぐちゃなことが予想されるため、犬の散歩は夜に回す。
卵かけご飯を食べて、早々に小川町に出勤。
しかし、どうも頭がシャンとしない。仕事のメールはざっくり見たが、とくに返信を要するメールはないみたい。

ソファで本を読みながら、1時間ほど、うとうとする。(早起き意味ないなー)
何となく気力が出てきて、英文法の勉強を片付ける。
終わって、顧問先から電話があり、30分ほどディスカッション。

本のブログにて、「ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか」の感想をアップする。
1冊読んだら、1つブログをアップして、そうしたら1冊購入しても良いことにしてはどうだろうか?とちらりと考えるが、現実的ではないな…と思い、早々に内心で却下する。
全然大した内容じゃなくて、誤字脱字が多くても1時間ぐらいかかるのだが、今回はデスクトップPCになったので、45分ぐらいで書けた。頭を上げて画面を見ているほうが、思考が捗ると思うのは気のせいかな?

年金やらを払いに出たついでに東京堂書店に行き、1階フロアの新刊書売り場しか見なかったが心を鷲掴みにされ非常に困る。(あー、池澤夏樹の新刊、文庫になるまで待てるかしら…、新潮クレストの新刊によだれが…、等と一人書棚の前で身悶えする)
神保町のオーガニックショップでおやつのプラムを購入し、お昼は節約して小林のおにぎりにする代わりに本を1冊買おうと決める。

たしか新聞の書評で気になっていた本である。書評で気に入った本は基本的には図書館で予約して、読むことにしているのだが、これはうっかり忘れていた。そして、みすず書房の装丁が大好きなので、ついつい購入してしまった。

それにしても三省堂にしても、東京堂にしても、書店ポイントカードというのは、どうしてこんなに洗練されていないシステムなのだろうか?いったいどんなSIベンダーが導入したんだ?と業者の顔が見たくなる。

さくさくとお昼をいただく。プラムはやっぱり皮ごと食べないともったいない。うーん、甘くて美味しい。ダイエットスタートと同時に、おやつは果物にすることにしたが、結構これは良い習慣かも。

1時間ほど卒論に取り組む。うーむ仕事の休みをとって、まとめてやったほうが良いような気がしてきたのだが(まだ締め切りには結構あるのだけれど、思考が一度止めるとバラバラになってしまうので)、ゼミがどのぐらい時間を取られるかわからないので迷うなぁ。
卒論は、ちゃちゃっと手を入れてパパッとあげて終わりにしましょうというのが、自分のコーチとの約束なんだけれど、手を入れると一つ気になるとまた文献読んじゃって、文献読んじゃうとさらにその参考文献が気になり、…・、そして、ようやくなるほど、論文って言うのはこういうもんなんだな…と、スタイルが見えてきて、じゃぁ、私の全然論文じゃないんじゃないの?ってまた手を入れだし…という感じである。
まぁ、10月の海外出張までには仕上げて出しちゃおう。

まとめてがっつり仕事を片付ける。

夕方は引き続きコアリズム。本日の目標は15分間と思っていたが、13分頃に次のパートに移るようなので、そこで終了。
…と同時に電話がお風呂場掃除をお願いしようと思っている業者さんが見積もりにきてくれるそうである。汗だくなんだけれど、5分ぐらいで来るというので、シャワーも浴びれず。

お風呂掃除の見積もりというより、ちょっと調子悪いところを、全部見てくれて、今回無料で本当に良いんですか?という感じ。
プロの仕事ぶりにびびる。掃除の問題以前に浴槽そのものに問題があるみたい。掃除の前に管理会社に連絡しないとなぁ。私もずっと変だと思っていたんですが、おかげで疑問氷解。

誰にきいても、「いや、絶対yoshikooが悪いか、掃除の仕方が悪いかだ」と断定されて(まぁ私の日常生活を知っている人なら誰でもそういうだろうが)、いや、違うと思うんだけどなぁ…と思ったら、違っていた。ほら見ろー。という気分である。

シャワーを浴びてすっきりしたところで、瞑想。私は朝の瞑想より夕方の瞑想の方が好きだなぁ。朝はタスク片付けることに頭がいってしまい、どうも集中できない。

晩御飯を食べて旦那様と犬の散歩。
それにしても、夜に公園を走ったり、歩いたりする人が日に日に増えてくるなぁ。1周約1kmというのもちょうど良い感じなのだろうね。









| コメント (0)

No.....

1件立ち寄りで、11時にオフィス着。
お気に入りの神保町のおにぎり屋さんでおにぎりを二つとサクランボ(佐藤錦)を買う。
おやつはサクランボだ。
やっぱりここのおにぎりは美味しい。コンビニのものとは全然違うのだ。オーガニックショップで買った有機栽培のほうじ茶と合わせるとすばらしい組み合わせになる。

仕事をかちゃかちゃ片して、コーチングをして、あっという間に午後になり、卒論を1時間ほど試行錯誤。なるほど、この論文を読むにはどうしてもドラッカー読まないとダメなのね。私ドラッカーってどうして、そんなにみんな熱烈に支持するのかイマイチわからないのだけれど、読んだ時期が若過ぎたのかも。(そんなの改めて言うこと?みたいな印象が多い)良い機会なので再度チャレンジしてみることにする。Amazonでオーダー。(よく考えたら、三省堂にちょっと歩いて買いに行けばよかったのか…、)

午後から英語の電話会議が二件あるので、耳を慣らすためにTEDを見る。そうか、家からノイズキャンセリングのヘッドホン持ってきたらもっと快適かも。

合間に「母の遺産」を読む。

上司とさくさくっと電話会議。終わってコーチング。コアリズム。あー、もう気がつくと夕方。

昨日に引き続き、ノー・メイク、ノーブラ、ノーストッキング。自分オフィスはノマド・ワーキングより全然生産性上がり、もー、最高!超!快適!…だけれど、まったく絵にならないね。憧れられたりしないね。まったく…。まぁ、本人満足なのでいいんですけど。

今晩は雨なので、お散歩は中止。ひとつタスクが減るとだいぶゆっくりになる。こういう日も大切。







| コメント (0)

コアリズム再開

8時半起床。雨のため犬の散歩がなくて助かった。ドタバタと小川町出勤。
先日から、同じく阪急コミュニケーションズの「仕事はどれも同じ 「今やっている仕事」を「やりたい仕事」にする方法」という本を読んでいる。こちらも丸善で購入したもの。
ドイツ人が書いた本ということで興味を持った。なるほどアメリカ人とは違った切り口から入ってきて面白い。

Skypeでのコーチングが2件。

久しぶりにヨガのレッスン。ずいぶんと体が縮こまっていたようで、全体のあちこちが伸びやかになった気がする。

お昼はオフィスでコンビニのサンドイッチ。同僚と状況確認の電話会議。仕事がなんだか結構たまっていて、集中して片付ける。

卒論用の新しい文献が3通やってきたので、ざっと読む。このところ、卒論いじっていないし、そもそも六法開けていないので、なんというか法律用語が頭に入ってこない。さぼったツケがやってきた感じ。明日は頭の回る早めの時間に取り組もう。そろそろ試験の準備して、ゼミの準備もしなくては。

それより何より、速攻手を付けないとならないのがダイエット。スーツが着られなくなってしまう。
ということで、久しぶりのコアリズム。やっぱりこれすごいわー。10分程度やっただけだが、汗がダラダラ出てクタクタになってしまったので、即シャワー。良い気分転換になるわ。
万歩計も無くしたままになっていたので、Amazonで注文。

対面でのコーチング。顧問先のチームメンバーの週報をまとめて確認。個人的には週報出させられるのが大嫌いなのだが、管理する側としてはやっぱり有り難いのだよね、これは。訪問件数の少ないスタッフは一目でわかるし。

夕方には集中力もだいぶ落ちてくるので、集中力が無くてもあまり問題ないタスクを淡々と片付ける。
時間の分け方としては、朝のうちがアウトプット、15時以降ぐらいからインプットというのが日々の流れかな。

「母の遺産」の続きを読む。物語の主人公は50代の女性で一回り上なのだが、ものすごく共感できる。ぐいぐいと物語に引き込まれる。

今週はちょっと細かくタイムテーブルを作って、色々やってみようと思う。





| コメント (0)

下期スタート

下半期スタート。旦那様は本日から毎年恒例の職場、江戸川のプールがオープンした。
今年はハイボール売るぞー!張り切っていた。なかなか楽しそうな職場である。

今日こそ、ちょっとは動かなくては…と、8時過ぎにごそごそ起きる。
犬とお散歩。今日はなんだか荒くれモードであちこちの犬に喧嘩を売って歩く。

お昼は小川町(淡路町?)のサブウェイ。お店で食べるとパンが温かいまま食べられるのがうれしい。
オフィスで掃除・洗濯。合間にメルマガを書くが、1日は日曜・祝日にあたる休刊日と設定してあることに気がついた。
慌てて書く必要もないので、ゆるゆると書く。

先日丸善で購入した「ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか」という本をここしばらくずっと読んでいる。読めば読むほど自分は一時の衝動やら快楽に異常に弱くてあれこれ先延ばししてしまうことがよくわかる。この本は単なるHowtoではなくて、「先延ばし」を学術的に研究した本なので、かなり解説も深いのだが、これを読むといかに人類が長いこと「先延ばし」に悩んできたかもよくわかる。阪急コミュニケーションズ出版の本って、目の付け所が良いとこが結構あって私は好きだ。

今回はメルマガ4トピック。しかもどれも長い。完成だ。本当は休刊日だけど出しちゃおう!と思ったら、一瞬で消えた。
Evernoteの操作間違えたみたい。
絶叫。

旦那様帰宅。週末も仕事で遊べないので、蕎麦屋でしばし憩うことにする。
今日は雨降りだったが、プールのオープン初日で1000人ぐらい来たらしいすごいなぁ。
旦那様と社畜論にて盛り上がる。旦那様曰く自分は社畜らしいのだが、私から見ると全然甘い。
会社に完全に魂を売っている人を伝統的日本企業で若い頃見てきたからね。いや、でも私から見ると中途半端に会社から逃げつつ給料もらおうと思うよりも、どっぷり魂売っちゃうほうが本人も楽でストレス少ないと思うんだけどね。



| コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »