« 花楽@赤坂 | トップページ | 在宅勤務 »

モラトリアム

24時近くに帰宅。睡眠薬を飲んで、ポカリスエット飲んで、さて寝ようと思うが、ものすごく頭が冴えている。このまま電話会議にでも出たいぐらいだ。
仕方なく、薄暗がりで「細雪」を読み、眠気が訪れるのをしばし待つが、全く現れず、最後まで読んでしまった。
うーん、と唸り、明日は夕方まで予定がないので、ベゲタミンを飲んで眠ることにする。起きたら、昼だった。

仕事を片付けようと思うのだが、眠くて眠くてどうにもならない。
そのうえ、私のOutlookに問題があるのか、全くメールの送受信ができない。iPhoneでメールを確認すると今日中でなくてはならない仕事というのも無いようであるので、月曜日以降片付けることにする。

夕方から対面コーチングでオフィスへお出かけ。そのままクライアントさんと晩ご飯に韓国料理をいただく。
食事が終わってみると、まだ9時半。なんだか飲み足りない気分である。バーとか近くにあると良いのだけれど、と思いつつ、オフィスに差し入れでいただいたI.W.ハーパーがあるのを思い出して氷を買ってオフィスで、音楽をかけながら、独り酒。うーむ。悪くない。

専門学校生の時は、なぜだかよくハーパーを飲んだ。当時流行っていたのかもしれない。このバーボンの香りを嗅ぐと、当時の記憶が鮮明に戻ってくる。
まだ景気も悪くなっておらず、明るい時代だった。あーいうモラトリアムな時期というのは、通過儀礼として結構大事なものだと思うけれど、どうなのだろう。

結局帰ったのは24時ごろだった。


« 花楽@赤坂 | トップページ | 在宅勤務 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花楽@赤坂 | トップページ | 在宅勤務 »