« 岡崎京子の仕事集 | トップページ | 魚治鮨@赤羽橋 »

野生児

最高気温更新らしく、今日は陽射しもあって猛烈に暑い。
日中はできるだけクーラーをつけたくないので、すべての窓を開け放っているが、まぁ暑い。
パソコンの前にいるのでなおさらだと思う。

朝は定例のAPACのチームミーティング。
昨年から、日本人の上司がシンガポール人の上司に替わって、上司と直接話しても半分ぐらいしか理解しないできないし、チームのディスカッションだとさらに早くて2割ぐらいしかわかんない

本社とも英語で仕事していたわけだし、それがAPACになっても全然かまわないと思っていたが、それは認識が甘すぎてやっぱりHQとローカルは全然違ったのだ。

・・・という状況だったし、そもそも経済状況(詳しく言うと経済成熟度)が違うから、こういう戦略にしろと言われても、それは全然日本にあてはまらない、というのが多くて、そこのやり取りにずいぶんと足を取られ、社内の説得仕事に時間とられて、戦略実行に至らないというのがずいぶんと面倒くさいと思っていたが、

1年経ってみると、お互いにお互いの得意分野がわかり、意思疎通もずいぶんとスムーズになり、スムーズになれば、指示も拘束も激減されて、かなりやり易くなった。

以前の上司とは、一緒に仕事をしている時間が長かったので、ツーといえば、カーみたいなノリで、お互いが意図を説明せずなくしても、通じ合っていて、それはそれでやり易かったが、まぁその分私としてはチャレンジも少ないし、ロジカルでなくても何とかなり、気が付いていなかったが上司がかばっていてくれた場面もずいぶんとあって、一言で言えば、守られていた。

・・・が、突然、野原に置き去りにされた孤児みたいな状況になり、そして、今年の年度末を迎え、今思うことは、

私は強くなった・・

ということだ。それも格段に。
思えば派遣社員だったり、ベンチャーを渡り歩いていたころには、日々強い自分作りにあんなに集中していたのに(興味のある方は、メルマガを読んでください。(でも、もう40号も出てるから、ちょっとつらいか・・・)

(ちょっとだけ知りたいという方は、こちらを。読みにくくて申し訳ありませんが、若いころの記事が下、その後のキャリアが上に表示されるので、下から読んでいただくほうがわかりやすいと思います。)

安定した地位を得て、かつフリーランスになってからの私は、どういうわけか、自分を全然追い込まなくなっていたようだ。自分でもどうしてそうなったのかよくわからない。一時期は燃え尽きたのかと思っていたが、ちょっと違うみたいだ。

なんかこう今は野生児に戻った感じ。

そして自信がついたのは、 仕事で躓いても、いずれは何とかなるもんだな・・・と再び思えるようになったこと。今回で言えば、ハードルはアジアとの文化の違いとシングリッシュ。何よりも、それまでチームに一番こ貢献しているのは、私だと思っていたのが、全然貢献できない立場になってしまいへこんだ。(これも挽回したから書けることだけど・・・)

こういうセルフエスティーム(日本語で言うところ、自尊心・・だとちょっと重すぎる気がするので、カタカナで書いておく)を高く維持することって、毎日幸せを感じるにはかなり重要なことだと思う。

午後、アマゾンからヘルタースケルーターが届いて、むさぼり読む。登場人物の誰もが、ああ、人ってどの人でも必ずこういう部分持っているよねぇ・・・と感じさせる。
すごく強烈に人間というのをえぐりだしている。
読後、頭がぐらーりとなる。詩としても、すごい。一読の価値あり。






« 岡崎京子の仕事集 | トップページ | 魚治鮨@赤羽橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 岡崎京子の仕事集 | トップページ | 魚治鮨@赤羽橋 »