« 投下資金利益率の算出 | トップページ | 第二回知的財産法ゼミ »

知的財産と創造性

8時半出勤。
金曜日はさすがに少しお疲れモード。
仕事のメールはごく少ない。

New Yorkでのミュージカルの手配と、ホテルの予約を完了する。
あとは美術館、公園、図書館、見に行けたらコロンビア大学も見たいな。そんな感じ。一人旅なので、スケジュールは無理のないようにゆるーくゆるーく。

お昼は近所に新しくできたカレー屋さんでさくさくっと。

New York行くまでにアメリカの本をざっと読もうと思って、Amazonからざくっと取り寄せ。

明日は知的財産法のゼミで、課題があるのだが延ばし延ばしにして、今日になってしまった。エンジンを午後からかける。
知的財産法と言っても、ほぼ著作権だけが内容なので、商標とか特許とか、その他の部分は含まれず、しかし知的財産法の単位取得は数年前なので、かなり忘れている。オフィスにはほとんど著作権の本を持ってきていないので、三省堂に出かけ、新しそうな書籍、且つ事例豊富で興味深そうな本を4冊揃えた。
こんなことができるのは、このロケーションにオフィスがあるおかげだ。うーん、しみじみ感謝。

まずはジャーナリストの書いた入門書にあたる「知的財産と創造性」を読み、著作権の概要を思い出す。あー、そうでした、そうでした、忘れていました。ということばかりである。がつがつ集中して読んでしまい、読み切りました。たいへん面白く、「今」知的財産の世界で何が問題なのかそしてそれは結構普通の人にも関係あるのだよ…と言うことがよくわかります。

でも、やっぱり¥2,800は普通の人には出せない金額だろうと思います。みすず書房の編集と装丁で索引付きだし、とは思うのだけれど…きっと1冊もアフィリエイトから売れないと思うけれど、感想を後日本のブログに書こうと思う。

※ちなみに本のアフィリエイトは全然儲かりません。儲け考えたら絶対できない。でも突然馬鹿売れしたりするのが面白い。(バカ売れって言っても1つの本につき、10冊ぐらいですが)

まぁ、私の場合はマーケティング実施調査のためにやっているので、別に良いんですけど。 その後に続いて、某大学院のロースクールの著作権についての本を読むが、まぁ、これが生講義が売りなのか、なんだか知らないが全然編集されていなくて、毎回講師の自己紹介とか、誰々さんにお世話になりましたとか、全部入っていて、え?私明日課題提出なんですけど?全然間に合わないんですけど?
と投げ出す。
ここの出版社の本は次からよく吟味して買おう。

私は金曜日にまとめてあれこれ片付けるということを友人とか、顧問先に知られて、「2時間だけ飲みましょう」の誘いが、ビール飲んでワイン飲んでじゃーじゃー雨降ってきて、もう課題とか別にいいじゃん?状態。
いやでも参加しているゼミ、超ハイレベルなので、そういうわけにも(←イマココ)












« 投下資金利益率の算出 | トップページ | 第二回知的財産法ゼミ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 投下資金利益率の算出 | トップページ | 第二回知的財産法ゼミ »