« しあわせ。 | トップページ | 一言一句 »

梅雨明け

梅雨も上がり、猛暑。

朝からミッドタウンにて来客。
そうか、そう言われてみればそうだ!という視点をいただき、内側からと外側から見るのでは、やはり違うのだなぁと感心する。
さくっと引き上げようと思っていたのだが、電話でその他にも社内ミーティングがあることに気がつき、そのまま午後まで仕事をする。

上司から至急作ってくれ…という資料の依頼がチーム全体にあり、チーム内で誰が何をするか?についての急遽ディスカッション…メンバー全員がこんな細かい資料本当にいるかなぁ…と思っているのが、電話会議でもありありとわかる。まぁ、でも発表時間はなくても突っ込まれたら困るだろうから、バックアップの資料はやはり必要だろう。

薬がなくなってしまったので、心療内科に駆け込み、睡眠薬をもらう。ジェネリック薬品に替えてもらったら、だいぶ薬代が下がって有り難い。
地下鉄の中でRSSをまとめて読む。基本ブログでは時事ネタには触れないことにしているのだが、メルマガなら良いかも、検討しよう。

時間が微妙だったので、小川町のオフィスに戻って仕事を片付ける。
前回ゴミの始末をしていったのだが、台所周辺に異臭が…。慌てて換気。

昨日の新聞でマウリツィオ・ポリーニが来日してリサイタルを開くことを知り、激しく動揺。うーん、好きなのだあの超絶技巧というか完成度。つまらないと受け取る人も多いだろうと思うが、私はやっぱりすごいとただ感心してしまう。
ぜひ生で聴きたい、観たいのだが、マカオの出張前後であり、チケット無茶苦茶高いということで、躊躇。

合間合間に「銃・病原菌・鉄」の続きを読む。
この本を読むたびに、「もしも大地震があって、何も無くなったら、何から始めるかなぁ」もしくは「無人島に流れ着いてしまったら…」と考える。
古代の人間は何も無い所から、狩りをし、稲作を始め、家畜を飼い、としたわけで、現代人である私はそれを知識として既に知っている。でも知っているからと言っても、全部ができるわけではない。

帰りがけに購入した「f植物園の巣穴」の日本語文章の美しさに背中をゾクゾクさせる。こいつは傑作だ。電車の中で読むのはもったいない。就寝前の静かなひと時に読む本にしよう。暑さが一段落したら、小石川植物園を訪ねてみよう。






« しあわせ。 | トップページ | 一言一句 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« しあわせ。 | トップページ | 一言一句 »