« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

宝地図

文句ばかり言っているTOEICの勉強だが、なるほどという点がある。

もともと文法が苦手なことや、ボキャブラリーが貧困なことはよくわかっていたが、実は時制の聞き取りをきちんとしていなかったことに今回気がついた。

文章を書くときはかなり時制を気にしているのだが、会話のなかでは、だいたい会話の背景で時制がわかるので、あんまり良く聞いていなかった。

TOEICのリスニングの問題は、過去形やら完了形などを問うてくる問題が結構多く、このあたりをよく聞くようになったのはひとつ良かったことだと思う。

このところ、コーチングのクライアントにおける外人比率が高まってきており、その中でよく聞かれるのが「ZEN -禅-」の話である。
関連して仏教も結構聞かれる。
私自身は典型的日本人で葬式の時だけ、仏教に関わるタイプなので、もちろん仏教について詳しくない。

ちょっと前にヒンズー教の概要をつかもうと思って本を読んでいたら、読みだすと仏教も気になり、現在並行して仏教の本も読んでいる。
質問も多いので、禅の本も読んでいるのだが、自分の中に仏がいる…というのがよくわからない。
いや、わかったと仮定すると、そうするとブッダの言葉とかはどうなるわけ?
図書館で借りてきた「ブッダのことば スッタニパータ」というのを読むと、ブッダは神様を信心しているようで、で、その神様はだれ?という堂々巡りに入り、で、つまり、仏って何よ?

もしかして仏教って宗派によって、根本的にものすごくバラバラなのか?

という感じである。

そして読んでいるうちに中村元先生に辿り着き、図書館で借りてきた先生の特集にハマり、これはまずい。鉱脈を掘り当てたというより、宝箱を開けたら、探さずにはいられない複雑な宝地図を見つけてしまった感じ。
しかも、立ち寄り箇所、むちゃくちゃ多いなぁ。

そろそろ中国の歴史に入り、井筒俊彦先生を経由してイスラム教に入りという予定はかなり遠のいた感じ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

キムチ豚やきそば

昨夜夜中に会社の飲み会で泥酔し夜中帰宅の旦那様に叩き起こされ、まとわりつかれて、すっかり中途覚醒してしまい、朝起きたら絶不調。
ああ、もう一日台無し。
…と以前だったら、激怒だったが、まぁ、いいか、と午前中は眠ることにする。

シャワーの調子がおかしいので、東京ガスにきてもらう。
あちこち見てもらう。間にノーリツの機械と、TOTOの水栓器具と、入っているのもあり、イマイチどれが悪いのかはっきりしないが、まぁ、これで大丈夫でしょう…ということで終了。

午後はSkypeでコーチング。
基本Skypeのコーチングは受けずに、対面を中心にしているのだけれど、遠方の方については、例外として受け付けている。最近の特徴は若い世代のクライアントが増えたことかな。

なんだか勉強をする気がおきないので、掃除する。
掃除って15分でもかなり効果がはっきりするのが嬉しい。

なんだか外資系テレコム業界の人材紹介の話がやたらにやってくる。全般に人が足りないのか?単に経験者が少ないのか?
でも、私テレコム全然わかんないんだけどねぇ。LinkedInのResume変えておかないとな、と思いつつこれも面倒でそのままになっている。
人材紹介業もインド人の人が増えているようで、言っていることはわかるのだが、すいません。お名前聞き取れないんですが?というケースが多い。スペルアウトしてもらってもよくわからない。名前長いんだよなぁ。

晩御飯は旦那様と二人。
キムチ豚焼きそば作って!とリクエストするが、出てきたものが想像と違うということで、二人で大笑い。
生卵をのせたのが、失敗だったと思う。マイルドになってしまった。

| コメント (0)

雨の日曜日

本日は朝から静かに雨が降る。
雨もいいなぁと心から思える日は、かなり身体と心から緊張がとれている状態の時だなと、ハーブティーを飲みながら思う。

お昼は旦那様と錦糸町で、タイ料理。
ここはメニューに載っていない、その日のホワイトボードに書かれているお料理が特に美味しくて、また時には珍しいものが食べられるのだが、なぜかホワイトボードはいつも今ひとつ見え難い場所にある。
今日はソフトシェルクラブのチリソースがけというのがあって、美味しかった。

タイ料理ってタイで食べてしまうと、日本で食べるタイ料理がものすごく高く思えて躊躇するのだが、この御店は使いやすくてよく行っている。

ロッテホテルのブックオフに立ち寄ってみる。
ここのブックオフは、クリーニングされているのか、そもそも古い本を引き取らないのか、売っている本がすごくきれい。
ずっと探していた「明日のジョー」の1巻〜3巻が見つかる。夫のお手柄。褒めまくる。

「明日のジョー」はなぜか母親が持っていて、実家から持ってきた。5巻以降が以前から家にあったのであるが、その前段階がなくて、常にブックオフで探していた。まぁ、アマゾンで頼めばいいのだけれど、なんか悔しいので、出会い待ちをしていたのである。

自宅に帰って早速読む。おー、こういう話だったのか。
うーん、ジョーの生い立ちとか、丹下段平の昔の話はそもそもあまり深く書かれていないのか、うん、むしろそのほうが良いね、潔い感じ。
このところ、寝る前は海外の小説を読んでいる。
寝る前に何を読むかっていうのは、本当に難しい選択だといつも思う。できれば、ネットでアンケートを取りたいぐらい。
今、読んでいるのは、早川書房の「オリーヴ・キタリッジの生活」。図書館から借りたもの。
短編の連作になっている。私の好きなパターンだ。

いろんな意味で不器用な人たちが、主人公のオリーヴ・キタリッジを中心で出たり、引っ込んだりする。雑多な紐で編んだ敷物みたいな話。
万人の心を躍らせる本ではないので、オススメしないが、私は妙にハマる。
10年後ぐらいにまた読んでみたい。物語がもっと味わえそうな気がする。



| コメント (0) | トラックバック (0)

自分へのご褒美

三回目の卒論レポートを大学まで持参。
バイク便でも良いのだが、夏のキャンパスが好きなので、遠足気分で出かけてくる。三回目の卒論レポートを大学まで持参。

夏季スクーリング参加の記念なんだろうなぁ。あちこちで大学の風景の写真を撮っている人がいる。気持ちはわかるような気がする。
近年いろいろと制度が変わり、本校舎でのスクーリングに参加しなくても地方その他のスクーリングでもスクーリング単位が習得できるようになったようだ。
でも、せっかく中大生になったら、ぜひ緑の多い多摩キャンパスでの講義を受けるのがオススメ。外界から離れられるという言葉がぴったりで、友人と議論するか、勉強以外本当にやることがない。

先日、試験にも受かったし、レポートも出したし、自分へのご褒美に、着物関連買っても良いんじゃない?
と思い、帰宅途中に新宿伊勢丹。

夏は着物は着ないと決めていたのだが、先日ひさしぶりに有松絞りの浴衣を着たら、夏の着物はやっぱり軽くて良いなぁと思って、ちょっと気になりだした。
ネットであちこち見ていたら、夏用足袋(レースとか、麻とか)と、夏用の帯締め、帯揚げなどが出ていて、そうか!夏用の小物というのがあるのか、というのも興味があって見に行った。

売り場の大半は、残念なことに浴衣が中心なのだが、さすが、伊勢丹というべきなのか、帯揚げやら帯締めがセンスの良いものが豊富で楽しかった。
まぁ、そんなにもろ夏専用って感じでもないのだね、モノによるけれど。

すごく素敵な絞りの帯締めを見つけた、脇に入っているお抹茶色みたいなグリーンの線がすごく効いていて格好良いのだ。(絞りの部分は、品の良い赤)でも、このグリーンの部分締めたときにうまく良い位置に出るかしら?としばらく悩んでいたら、ベテラン風の店員さんがやってきて、うまく出すには真ん中部分を少し自分のサイズ用に縫い縮めれば良いと教えてくれた。

ああ、そんな手があったのか!そうすれば帯揚げの始末もすごく綺麗にできるはずだ。
うーん、聞いてみるものである。

でも、店員さんのアドバイスで、結局その帯揚げはいろいろ考えるとかなり渋くもあり、派手でもあり、使いこなすのは難しそうなので、別のオススメのものにした。自宅に持って帰ってみると確かに買ったもののほうが使いやすい。

売り場の隅で、履物の挿げ替えをしていて、そこにあった紅色っぽい下駄の台が長方形のタイプのもので、台にはさらに黒の線が細く何本か入っていて、とにかく格好良い。
挿げ替えの職人さんに聞いたら、常連のお客さんのもので、鼻緒のすげ替えに出されているのだとか、うーん、着物の道って奥深いとしみじみ思うぐらい格好良い下駄だった。

ちなみに各種小物レースものは、少しだけ置いてあったので見てみたが、なんというか全体にレトロ調乙女路線という感じで、私には手の出せないものだった。

しばらくネタが多分TOEICお勉強系になるので、更新は中央大学通信教育日記  のほうにします。

中央大学とTOEICは全く関係ないのですが、勉強系ネタということで。
っていうか、もうとっくに卒業していて、本当は英語勉強ネタも終了し、違う勉強ネタ披露のはずだったんですがねぇ…数年前のプランでは。

外資の仕事はTOEIC関係ないのですが(即英語インタビューなので)、日本企業の仕事は英語のインタビュー担当者がいない会社が多くて、TOEIC聞かれることが多くて、面倒なので、ちょっとスコア上げておくと面倒くさくなさそうなので。

もっと事情を言うと、ある会社で試験料出してくれるというのと、IP試験だから会場も都心だし、今申し込んで9月中旬に受けられるなら、まぁ、勉強期間として、ちょうど良いぐらいかな…と思ってというところです。
英語の勉強というより、スコア重視で行ってみましょう!という感じです。

| コメント (0) | トラックバック (0)

地味な日

ウコンを飲んでおいたせいなのか、特に二日酔いの様子はない。
.....が、やっぱりそれなりに肝臓は働いてくれるのだろう、なんとなく全体にもっさりとした疲れが残り、頭がいまいち動かない。

ここ2,3日ものすごく外は暑いので、なるべく自宅にいる。
この日は、旦那様が仕事だったので、母と二人で自宅。読書&論文。

そして母の依頼でNPOの書類づくり。
いたって地味な一日だった。

それにしても、Macで動かすMS-Officeというのは、ひどく使いづらい。やっぱりWinのPCも手元に一台必要かなぁ。欲しい機種は特にないのだけれど。

| コメント (0)

東京湾大華火祭

本日は、某所にお招きいただきまして、花火を見ながら美味しい食事を堪能しました。
東京湾大華火祭というやつですね。
こんな花火大会私が若い頃には、なかったよなぁと思ったら、どうも今回で25回目ってことでしたね。

私が高校生の頃の、お台場、晴海、豊洲、って言ったら、そりゃあなた、カー◯ックスする場所という認識でしたから近所では。本当に何にもなかったですからねぇ。

今回は高層マンションという素晴らしいロケーションで拝見したので、思いの外集中して見てしまいました。
こんなにまじめに花火見たのって、10代の時以来ですね。

昔のオフィスでは、神宮の花火がよく見えました。神宮は夏になると毎晩花火を多分上げているのだと思うのですが、仕事で遅くなると、なんとかこの花火を見る前に帰ろうと思っている同僚が多く、花火が始まってしまうと、オフィス内に「あー、やっちまった」的なため息がいっせいに出ました。

せっかくの機会なので、久しぶりに絞りの浴衣を着ました。
年齢相応にあっさりと、普段着っぽく着るというのをテーマになるべく地味に作ってみました。
私は絞りの浴衣なので、中に長襦袢を着ないと透けてしまうため麻の長襦袢を着ていますが、若い方はみなさん直接浴衣をお召しになっているので、あれじゃ、汗で浴衣がぐちゃぐちゃになってしまうのでは?と気になりました。

帰りにタクシーの運転手さんとお話していたら、隅田川の花火ってあんなに音が出せないような…と話したら、やっぱり隅田川は昔からの住民が多いので、あんまり大きい音のものはやらないんだそうです。花火の音って、かなり周囲に響きますからね。

我が家はディズニーランドからかなり離れていますが、音が聞こえてきます。低層階という以前に、距離がありすぎてもちろん、見えません。見えない場所で花火の音っていうのは、確かにちょっと悔しいものがありますねぇ。

東京の西側の友人と飲みに行く美味しいお店をずっと探していたんですが、今日のご招待のお客様に新橋でお店をやられている方がいて、この日のお料理も一部ふるまってくださったのですが、とても美味しかったので、ぜひお店に行ってみようと思います。

新橋で美味しい店を探す…というのは、結構長年の懸念事項だったので、有難いです!

| コメント (0) | トラックバック (0)

ウォーミングアップ

そろそろモチベーション上げないとね、ということで、今日は朝から家事→英語→論文という感じ。

論文の次の締め切りが来週なので、それが終わるまで英語の勉強はストップしておこうと思ったのだが、最近、急に英語で仕事をすることが多くなり、すこし英語脳を取り戻さないときつくなってきたのが、ウォーミングアップ。

最近、日本在住の外国人の方のワーキングマザーのコーチング予約が目白押しなのである。
こういうのは完全口コミ、ご紹介で、これってコーチングというより、ケースワーカー?というような話が多いのであるが、まぁ放ってもおけないので。
ネイティブ・スピーカーはあまり多くなく、ワーキングマザーのケースはほぼアジア圏の方々なので、お互いあまり語彙が多くなくてそれはそれで良いのだが…。ニッチだが、需要確実で、私も中国語勉強しようかなぁとちょっと考える。

夜はノンノン(娘)の誕生日パーティーということで、いつもの焼肉屋さんにて家族による誕生パーティー。

久々大学のブログ更新。http://yuko.tea-nifty.com/improve/2013/08/20137-5ff8.html

| コメント (0)

22歳

暑さのせいか、モチベーションが上がらず、ひたすら寝ながら小説三昧。
まぁ、夏休みってことで。

ちなみに本日はノンノン(一人娘)22歳の誕生日。

私がすでに22歳の時は、既にノンノンは2歳で私は多分シングルマザーで派遣で働いていた気がする。ある意味猛烈に充実した22歳だったわ。

| コメント (0)

夏の恒例行事

旦那様と朝から千葉の海岸に出かける。
毎年の恒例行事で、今年は何回行けるか、よくわからないが近年は一夏に3回ぐらい。

お目当ては以下

全身の日光消毒
読書
リラックス
朝採れたての新鮮なお魚定食という感じ。

私はものすごく紫外線吸収が良く、且つ焼けると全然落ちないタイプなので、秋から着物を着るのに困らないように、顔、首、手を日焼け止めでガード(「カネボウ」って書いてあるけれど、まぁ、美白じゃないから、良し!って感じ。無頓着)

…いつもは、脚とか腕にも焼け過ぎないように、そんなに簡単な日焼け止め乳液とかを塗るのだが、1年ぶりの海のせいか、すっかり忘れて後ほど大変なことになる。

潮の香りの中の読書はすごく気持ちが良い。持ってきた小説が大当たりだったのもあるが、呑みながら、読むんだからと途中のコンビニで買った週間文春が久しぶりで面白い。
うーん、この変わらない紙面づくり。そして豪華な連載陣。よく考えるとすごい本である。
昔は、地方出張に行くと移動中に必ずビール飲みながら文春読んだものだが、最近出張することもないので、かなり久々。

いつも立ち寄るのは、あまがだい直売所 17時で閉まってしまうので、そこに間に合うように海から引き上げる。

ここの梅干しはすごーく美味しい。そしてものすごーく安い。
お野菜もすごく美味しい。毎年来るのに、仕組みがよくわからないが、近所の農家の人が本業のついでに置いていったという感じのお野菜や果物、自家製のお漬物があり、全部ものすごく安くて新鮮。

この日は鯵の丸干しというのがあって、こちらも購入。
翌日土鍋で炊いた御飯と一緒にいただいたら、あまりの旨さに夫と二人で卒倒しそうになった。
なんというのかしら、塩が全然違う感じ。
そうか、鯵も小さいと開きにできないのだね。丸干しなら家のベランダでも作れるはずだが、このサイズの鯵って、近所の魚屋にはないね。鯵って頭が美味しいのかー。

| コメント (0)

週末

本日、明日は朝から夕方までセールス・クロージング。

今日はなぜか私の担当はアジア圏のお客様が多い。まったく日本語を話せないという方が多いが、みなさん英語が上手なので、助かった。

セールスツールは全て日本語なのだが、カタログ類は写真が多いし、よく練られたものなので、わりと話やすかった。
しかし、最低限欲しいのは、あとでクレームにならないように英語で渡せる文書の注意書きと、英語専用受付電話受付センターかな。どっちも3日ぐらいあれば、そこそこの上側は作れると思うのだが。

1日一箇所の場所に7時間とかいるのは、この仕事ぐらいなので、終わると結構ぐったり。

今日は朝一番で結構受注できたので、午後はかなり気持ち的には楽だったのだけれどね。

疲れきると旦那様の作ったもの以外はまったく食欲がないが、旦那様が仕事で遅いので、ポカリスエット飲んで寝る。
明日頑張れば、またお休みー。

| コメント (0)

マーケティング・トレンド

午前中は、ゆっくり朝食と読書。
お昼から、国会図書館へ。今日は久しぶりに空いている。

目的の文献と本の量はそれほど多くなかったので、かなりのんびりペース。

途中で顧問先に行く用事を思い出し、慌てて九段下へ。

セミナー集客のために、Web広告を使用するということで業者が提案を持ってきたのだが、あからさまな提案の使い回し、しかも広告で誘導した後の導線をどうするかが決まっていない。
提案内容には、「DMP(データ・マネージメント・プラットフォーム)」の話とか入っているけれど、そんなレベル全然関係ないって感じ。

ちょうど直前にHBRのマーケティング特集を読んでおいたので、トレンドな用語はおおよそ分かったが、こんなにトレンドな用語散りばめったって、中身スカスカじゃどうしようもないだろうと思う。

しかも、そのキーワードで買ったら、かなり広告料高くなるのでは?という感じ。
とり急ぎニュース・リリースやりましょうということになった。外部に頼んで書いてもらって修正しないで済んだ試しはこれまでほとんどないので、面倒なのでこちらで書くことにした(直前にケーキを食べたので、機嫌が良かったので、引き受けてしまった)
来週前半には流そう。あー、週末は別の仕事なのに…。

そもそもの会社案内みたいなホームページなんとかしないとね。

| コメント (0)

陳謝

8月から心を入れ替えると言う話だったノンノン(娘 21才 女子大生)と国会図書館に行く予定だったのだが、なんと奴は11時まで惰眠をむさぼっていて、中止。

久しぶりに旦那様がお休みだったので、蕎麦屋で昼酒をする。
平日限定ランチの東北のお米が美味しい。うーん、週末も別メニューでこのお米食べたいっす。

旦那様が夏の仕事に入る前までは、「夏はビール飲んで、枝豆茹でて夕飯にして寝るから大丈夫。泊まり仕事でもなんでもお好きにしてください」と言っていたが、一週間程度ですでに家族一同(女三人)、ギブアップ。
「本当に申し訳ありませんでした。私達が傲慢でした。御飯作ってください」モードで陳謝。「君たち、ギブアップ早過ぎ!」と言われるが、謝ると決めたら速攻謝るのが私の流儀なので。

旦那様はドコモショップにお出かけするというので、私は図書館へ。
今年は節電数値目標がないせいか、デパートや電車など私にはクーラーがきついのだが、江東区の図書館はかなり節電モードで、正直ちょっと本を探しに歩きまわるとかなり暑い。

じーっと座って、ひたすら本を読む。
あ、なんか本読みモード上がってきた気がする。

自宅に帰って、旦那様と犬の散歩。そろそろ住んで10年ぐらいだけれど、あれ?この花何?実の付き方が不思議なんですけど?という場所はまだ結構ある。

先日、本屋に行ったら、「繁栄」の文庫版が出ていて、かなりショック。出版されてすぐハードカバー購入で積読していた。
積読になった理由は、書店で見たときは腰巻ついていなかったのだが、Amazonで購入したら、腰巻に著名人の推薦文が着いていて、私はその方の文章は好きなのだが、なぜかこの人の推薦する本とは相性が悪くて、いつも読後の満足度が低いので、ちょっと様子見(←どんな?)をしていたのだ。

読み始めたら、これが面白くてぐいぐい進む。早く読めば良かったなぁ…という感じ。



| コメント (0)

ドラッカー

午前中はあれこれ仕事が多くて、あっという間に過ぎる。

かろうじて論文に1時間とりかかるが、イマイチまとまらない。論文の作業が進まないと英語に逃げたくなるのだが、ひとまず8月のお盆まで英語には手を付けない。
論文集中と決めている。

お昼は娘と近所でランチ&お茶。

ついでに錦糸町のアルカキットに立ち寄る。
娘の着ているマキシ丈のワンピース楽そうで散歩用に良いなーと見てみるが、私が着たら絶対寝間着であるということが見ただけでわかる。
しかし、ファストファッションというのは、安いわぁ。
これだけ安いなら、必要になったら、直前にいつでも買えると思って逆に買わない気がするなぁ。

しかし、洋服を見るというのは、安いものでも高いものでも同じぐらい気力がいるわ。

本屋とかなら、全然大丈夫なんだけれど、どっと疲れた気がする。

夕方はこれまた娘と犬の散歩。本日はなんだか娘Dayである。

夜は久々の旦那様の御飯で、家族一堂大層喜ぶ。

数日前から寝しなにドラッカーの「傍観者の時代」を読む。うまいタイトル。
本当に傍観者という感じで、ドラッカーが会った人たちやその次代の人たちの話がだらだらと続く。
私はもともとドラッカーの良さがイマイチわからなくて、みんなが良い良いというので、結構読んだけれど、どこが良いのか全然わからなかった。

きっと出てきた当時は革新的だったのだろうと思うが、今になって読むとそのエッセンスはあちこちのビジネス本に混ざっていて、読んだ順序が逆で感動できないのではないかと個人的には分析している。
「傍観者の時代」は自伝という話だったので、これならドラッカー本人に興味が持てるかもと思ったが、自伝というほど本人の話が出てこなくて、多分あと2日ぐらいで終わって、ブックオフに出すことになると思う。残念だなぁ。



| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »