« 旅の伴を見つける。ふたば書房@丸の内 | トップページ | アート・スピリット »

断捨離 ルンバ編

ルンバの調子が悪くなった。

この掃除機ロボットを私はとても気に入っているのだが、いかんせん気になる点がいくつかある。
まず、メンテナンスが非常にし難い。ゴミ捨てやらブラシの掃除が構造上面倒である。そのくせかなりこまめにメンテナンスしてやらないと、機嫌が悪くなり、あまり良い仕事をしない。

充電池がとにかく持たない。
サポートセンターによれば、推奨は1年毎の取替なんだそうだ。そしてサポートセンターに出すと一万円以上の費用がかかる。
こんなにメンテナンスにお金のかかる掃除機があるなんてびっくりする。しかもサポートセンターに出すと一週間ぐらいはかかる。
もちろん、代替機など貸してくれるわけはない。

犬との相性が悪かった。
犬はなぜか幼い時から掃除が嫌いで、家族がテーブルを拭くのも嫌いだし、ハタキをかけるのも嫌。掃除機はもってのほか。
普通の掃除機をかけていたときにあまりにうるさくまとわりつくので、掃除機がダメになったときに、ルンバなら大丈夫かな?と買い替えた。

…が、当初は遠巻きに見ていた犬も次第に慣れてしまい、今では器用に上からボタンを叩いてルンバの作動を止めることができるようになった。
しかも、ルンバの場合は以前の掃除機よりずっと時間がかかるので、犬をどこかの部屋に閉じ込めておくのも結構無理がある。(そんなことをすると、猛烈にうるさい)
家族が留守の間にルンバに掃除をさせておこう…なんていうのは無理だった。

ということで、誰かが家にいる時間に犬を見張りつつ、ルンバに働いてもらうしかないのだが、掃除時間が長いこと、そしてうるさい。週末はいつも早起きの夫が朝寝坊を楽しむ時間だし、娘は春からシフト勤務なので、日によっては平日の昼も寝ていたりする。つまりルンバに動いてもらう時間を探すのがなかなか面倒なのである。

不具合をサポートセンターに話すと、メンテナンスの他に下取りで新しい機種を格安で(←彼らが言うには…)、後継機種に変えてくれるというキャンペーンもあるようだけれど、前述したような私の課題は1つも解決されないようなので、丁重にお断りした。
(後継機種は集塵能力が格段にアップしたそうだが、私はルンバの集塵能力には既に満足している)

ということで、この機会にルンバを断捨離することにした。


« 旅の伴を見つける。ふたば書房@丸の内 | トップページ | アート・スピリット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 断捨離 ルンバ編:

« 旅の伴を見つける。ふたば書房@丸の内 | トップページ | アート・スピリット »