« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月中旬の近況

2014年6月中旬の近況はこんな感じ。

-  暑くなってきたので、犬との散歩は朝6時から1時間にセット。百日紅の木に葉っぱが茂り始めて、今年も公園のあちこちで色んな色の百日紅に逢えるのだなと思うととても嬉しい。

− 散歩時に公園の池に灰色の鷺に逢えた朝はなんだか気分がとても落ち着く。

− 6時だとまだ蓮の花が開いていないのが、残念。

− 犬の散歩1時間+雑多な家事3時間。さすがに計4時間持っていかれるのは結構きついなぁと思う。
時間がきつくなった理由は、顧問先を増やしたというのがあるのだが、これが想定していた以上にWorld Wideの雑多な英語がきつい。
プロジェクト・マネジメントなので、色んな側面で待ったなし。
まぁ、私の見積が甘かった。

- ホームページのリニューアルでWordPressと格闘しているのだが、そもそものこれまでのコンテンツの量が多く(記事数400前後)、こちらも今の自分の物の見方とか考えと若干ずれがあったりとかを修正したり、リンク切れがあったり、カテゴリやタグの見直し、はたまた固定ページに振るものなどがあり、もちろん誤字/脱字の修正もあって、WordPressの操作以上にこっちが大変。
適当なところで入れ替えるしか無いのだが…。見直すほど手直ししたいところが増えて…。

− 本もあれこれ読んでいるのだが、ブログに書く時間が捻出できず、とりあえず、Media Makerにさくっと感想を書いて記録している。

-  ウォーターサーバを撤去したら、電気代が月3000円ぐらい安くなって唖然とした。これが元凶だったのね。わー、3000円浮いたから、あそこで高くて美味しいランチしよう!とかすぐ思いついて実行しちゃうので、特に節約にはならないけどね。

− 先日、ワールドカップのサッカーで日本の試合が、朝7時から始まった時に会社に10時に出勤したら、「いいっすね〜。試合ゆっくり観戦できて…」と話しかけられたので、「いや、うちTV無いんです。」とサクッと答えたら、思い切り引かれた。
そう、TVは夫に連れていってもらったのだ。
これでまた猛烈にストレスが減った。

-  お取引先の社葬に参列した。大企業を経営したり、出世したりする人の共通点は、必ず奥様が控えめなのだが、猛烈にしっかりしているのだ。夫の葬式というのは妻の技量が出るね…というのをいつも感じる。

− 都心で仕事の会食。久しぶりに訪れたエリアは、小洒落ていてちょっとしたスペイン料理やら、イタリア料理が楽しめる店ばかりになっていた。ワイン中心ということなんだろう。そんなに外食する人がいるってことは、それほど不景気でも無いんだろうなぁとも思う。
自分で料理をすると思うのだが、外で食べる御飯って猛烈に高コストである。ワインだって家で買って呑むのも3倍ぐらい取られるし、地代と人件費、宣伝費があるんだから、そりゃー、材料だって言っているほど良いもの出せないよね…という計算になる。

− こういう考え方になってしまうと、家じゃちょっと作れないもの…素材として手に入りにくいもの…という店選びになってしまう。
まぁ、鮨とか、和食なら素人の作れるレベルじゃないもの…、洋食なら魚介のたっぷり入ったもの…みたいになってくる。
そうするとそれはそれで高い店を選んでしまうことが多くて、トータルの食費で見るとあんまり安くないんだなぁこれが(笑)

− 毎月のことなんだけれど、生理前はイライラと落ち込みが激しい。それでも家の中が片付いていて、ある程度習慣化している行動があって、瞑想やヨガ、ウォーキングなどをしていると、その絶不調期間は結構短くできることに気がついた。

| コメント (0) | トラックバック (0)

大地を守る会

以前のブログに書いたが、「大地を守る会」から野菜を購入することにした。

私が購入しているのは、「ベジタS」(1400円)という一番小さいセット。
以下、前回のセットの中身(セットの中身は時期によって異なり、こちらからは野菜を指定することはできない)

    大根 1本
    ニンジン 3本
    サラダほうれんそう 普通のほうれん草の3分の1把ぐらい
    レタス 丸ごと1個
    グリーンピース 鞘7つぐらい。
    とうもろこし 1本
    トマト 2個

野菜はどれも味と香りがとっても強くて美味しい。この味で自宅まで届けてくれるなら、私は高いとは感じない。

我が家は現在、お勤め女性3人で構成されており、勤務時間がまちまちなので、食事はバラバラに食べている。
基本は私が届いた野菜を1週間以内に食べ尽くすべく、あれこれ素材を元にメニューをインターネットで検索し、あ、これなら残り物も美味しく食べられそうだな、家にある材料で何とかなるな、お弁当にも回せるななどと考えて、家にいるときは晩御飯を作っている。

献立は野菜中心。買い物に行くのは、ドラッグストア関係とお魚、お肉ぐらいかな。
お米や調味料、卵も大地を守る会で一緒に配達してもらっている。嬉しいのは、近所のスーパーだと、お米や調味料の選択肢が少ないが、こちらだとかなり種類が選べること。

一人だったら、絶対買わないような野菜が入ってくるので、その度にレシピを調べることになり、結果、あー、こういう食べ方も美味しいな…というのがわかってくる。
このあたりは本当にインターネット様様である。
料理の本だけだったら、どうにもならない。

とは言え、出張もこちょこちょあるし、会食などもあるので、いくらレシピがあってもそもそも作る時間がない時というのがある。
ここで活躍するのが、糠漬け。
あ、鮮度落ちてきちゃったな…というものは、どんどん糠に放り込んでしまうのである。
人参、きゅうり、大根など定番なものも美味しいが、以外に美味しいのがエシャレット、みょうが、セロリ、ズッキーニなどの香りの強い野菜。
基本皮ごとなんでも漬けちゃうのだが、それがまた美味しい。(有機野菜だから?)

消費が難しいのが、葉物かな。痛みも早いし、水が出るので、糠漬けもたくさんはできない。
こちらは最後はタジン鍋でまとめて蒸して、柚子胡椒とか、ポン酢とか、食べる辣油とかでざっくり食べている。温野菜にするとたっぷり食べられるのが嬉しい。

危惧していた配送だが、我が家は毎週朝7時にというロケーションにたまたま当たり、この時間だとほぼほぼ家にいるので、きちんと受け取れて御礼も言えて、且つゴミもその場で回収してもらえてとても有り難い。
前評判通り、梱包のゴミはとても少ないのだが、それでもゼロにはさすがにならないので、これもまた有り難いことである。

そんな感じで今のところ大地を守る会のサービスと商品にはすこぶる満足している。

| コメント (0) | トラックバック (0)

写真撮影にまつわる話

以前の上司がコンセルティングの会社を開いた。
ビジネスのグローバル展開を支援するというのがメインのようだ。
実体が正直良く見えないが、かなりきらびやかな経歴と実績の持ち主だから、どこかそれなりの企業に売り込みもできなくないのかもしれない。
彼はアメリカ人でアメリカにどのぐらいそのようなコンサルティングを必要とする需要があるのかよく見えないのだが、私が心配するようなことでもない。

久しぶりに電話で話そうということになって、話をしたらそのコンサルティングの会社でアジア担当というのが必要だから、「おまえ写真と英語の経歴(←見栄えの良いもの)を出してこい」という。
あれ?いつそんな話になったのかしら?と思うのだが、何しろ起業したばかりだから特に案件が見えているわけでもないし、まぁ詳細やら待遇やら詰めるというものもない。彼は人間的に非常に魅力的な人物だし、世話にもなった。まぁ、名前貸しみたいなものだから協力してやるかな…ということにした。具体的に彼の方にアジアの絡む案件が来ちゃったら、考えよう…ということ。
別に私が案件発掘しないといけないわけでもないしね。

で、プロフィール写真。
今、ネットで公開している写真は2008年撮影のもの。つまり6年前の37歳当時のもので。さすがにそんな古い写真はどうかな…と思い、この機会に撮り直すことにした。
まぁ、日本でだってプロフィール写真は何かと使うから。

ということで、以前もお願いしているスタジオ・ディーバに行ってきた。

メイクの人が以前の写真を見て、「髪型も体型も変わらないし、あんまり変化ないですね。撮影し直さくても良いのでは?」と仰るのだが、6年も経ってそんなわけないだろう…と、心のなかでツッコミを入れる。
これはきっとお世辞なんだろうな…と思って笑って受け流す…。

…が、彼女の言うことはお世辞ではなくて、真実だった…。
がっちりメイクをして、ライティングやらレフ板やらで撮影されると、シミも小皺も確かにかなり飛んでしまって、拡大すればもちろん隠せない部分も多いが、ちょっとしたカットでWeb上などに使う分にはそう変化がない写真に仕上がってしまうのだ。

うーん、写真って恐るべし。信用出来ない…としみじみ思った。

すっかり忘れていたが、私は写真を撮られるのが苦手だということを思い出した。
カメラのどこを見て良いのかわからない。
面白くも楽しくもないのに、笑顔を作るのも苦手。
特に口を開いた笑顔が苦手で、口を開けて笑顔でと言われると、どういうわけか口を開くと目をつぶってしまい、カメラマンの方をかなり困らせてしまった。
学生時代から指摘されているのだが、どうも人よりまばたきが多いらしく、これもまたカメラマンを困らせる原因になった。

と、かなり私にとっては疲労する時間を過ごしたのだが、メイクの人にあれこれメイクのコツを教わってなるほどねーと思うことが多かった。(鼻の縁の赤みの消し方とか、マスカラは縦に着けるとか、ビューラーをドライヤーで温めるとか、基礎的なことですが…)

「お化粧ってどうやったらうまくなるんですか?」と質問すると、以前はスクールに行かないと入手できなかったコツや情報が、雑誌やネットにもすごくあふれているし、動画もあるので、素人でもその気になれば、かなりのところまでできるのだそうだ。
まぁ、確かにそのとおりだ。それに今はプロ仕様のメイク用品を探して購入することだって、ネットでできるわけだしね。

よく考えると、そもそもどういう顔にどういうイメージで仕上げたいのかが、私の中に無いのだからそりゃぁうまくなるはずもないのだな…と気がついた。
「仕事ができる人になりたい」という話に、「そもそもどういう状態や人を仕事ができると貴方は感じますか?」というのをコーチングでクライアントに質問していくのと一緒なわけだ。漠然とメイクがうまくなりたいと言われても、アドバイスのしようがないね、そりゃ。

でき上がった写真は母を通り越して祖母に似ていた。母からの感想は「なんかすごく優しげに撮れていて、写真って信用出来ないわ」ということだった。

ま、そういうことで、写真については嘘じゃないけれど、まるっきりの真実でもない…って程度にとらえてください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

野菜の宅配

さて、夫と別に暮らすことになって一番の問題は御飯作りよりも買い物。
御飯作りについては、ある程度時間をかけて準備していたので、まぁそこそこ何とかなる。買い物にもそれなりに便利な場所に住んでいるが、仕事柄Note PCを持って歩くことが多いのと(さらにフランクリン・プランナー持っていますし!)、仕事で外に出るときは基本スーツなので、足元はヒールなわけで、それでさらに買い物ってちょっときつい。

ということで、いろいろ考えて野菜は宅配にすることに。
何しろお料理一年生だから、レパートリーも少ない。
そうなると自分で買い物に行く気力、体力があっても似たような野菜ばかりになっちゃうから、自分じゃ触ったことのない野菜も入ってるタイプが良いな…と。

で、候補としては、Oisix、らでぃっしゅぼーや、大地を守る会で探した。
生協も検討しようかと思ったが、生協は長年の歴史があるだけに、周囲にすごく良い!という人と全然ダメ!という人が極端に分かれていて、ややこしそうなので、検討対象から外した。(多分、関わった時期とか地域にもよるのだと思う)

Oisix、らでぃっしゅぼーやについては、以前子どもが小さい時にも頼んだことがある。
夫がコストが高過ぎる!というのと、さらには決まった材料で作るのは嫌だというので止めたのだ。
夫はその日に食べたいものをその日に作るというポリシーなのと、まぁ私が作るわけでもないんだから口を挟むわけにもいかないね…ということで。私的には、買い物が大変だってやいやい言うから、じゃぁお金は出すからそういうのに頼めば?なんか身体にも良いって評判だし…ぐらいだったので。あっさり折れた。

で、当初Oisixでほぼほぼ決めていた。
以前、頼んだ野菜が美味しかったのと、配送日時がかなり柔軟な対応のようだったので…。
…が、まず資料請求したところ、営業の電話が掛かってきて、これはまぁ当然だが、このセールスの人がそもそも何を言っているのか全然わかんない。むしろ電話の分、逆効果なのでは?と首を傾げるような話が多い。
とにかく今直ぐこの電話で会員になってくれ!ということ以外さっぱりわからん・・・。ちょっとよくわかんないし、出先で掛かってきた電話なので、じゃぁ申込み検討して、今掛かって来ているフリーダイヤルにまた電話しますよ…と言ったら、このフリーダイヤルはそういう受付はできないので、電話番号を言うからメモしてくれ…で、そっちに自分で電話してくれ…という。
おいおいこっち出先なんですよ。
まぁ、短気な私、そういう考え抜かれていない美しくない営業プロセスが大嫌いな私は、じゃぁ結構です…と。
だって、資料請求の時にメールアドレスも登録してるんだから、そもそもその登録データ見ながら電話してるんだろう、だったらその電話番号をメールで送ってこいよ…改めて…と思っちゃうわけ。

まぁ、変な人に当たったんだろう…たまたま。
どこもテレセールスというのは、育成追いついていないというのはこちらも仕事を通じてよくわかっているわけだし…と思って、Webで申し込もうと思ったら、キャンペーンの適用条件というのがどうもよくわかんない。ちょっと画面遷移が分かり難いのか、で、それについてはどうやってWebから申込時に調整かけるの?どこに質問するの?と思ったが、その質問先がこれまたよくわかんない。
で、しょうがないからWebに出ているフリーダイヤルに電話したら、これまた1つ質問すると「ちょっとお待ちください…」と言っては、ずーっと保留というのが、結構続いて、挙句の果てにはとりあえずWebで申し込んで、それから会員向けの電話で調整しろ…という話になり、なんじゃそれ!状態。

ということで、改めて他社との検討を始めて比較サイトなどを見たら、このコールセンターはどうやらそもそも評判が悪いことがわかり、じゃぁ誰と話してもこんな感じなのか…と、候補リストから抹消。

で、らでぃっしゅぼーやも比較的配送スケジュールが柔軟そうだったのだけれど、梱包が過剰過ぎてゴミが無茶苦茶多いという話が比較サイトに出ており、そういやそうだった!以前もそうだったということを思い出し、即効却下。
エコ?というよりも、私はゴミ捨てが子供の頃から大っ嫌い。家にゴミを持って来られると考えただけで、ぞっとしちゃう。

で、辿り着いたのが大地を守る会。
ここで一番問題だったのは、配送時間がこちらで指定できないこと。前述2社は多分ヤマト運輸みたいなので、このあたり柔軟なのだが、大地を守る会は多分自社配送みたいで曜日も固定だし、時間も指定できない…。
宅配ボックスを使うしか無いね…、でもあんまり重たいと台車買わないとダメ?という感じで…、とりあえず始めてみた。

なんか長くなってしまったので、続きはまた改めて。

| コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »