« 台湾3日目<迪化街、龍山寺、胡椒餅、名家養生足道、士林夜市> | トップページ | 平常運転 »

台湾最終日

さて、楽しい台湾も最終日。
この日は晴れ渡っていて本当に気持ちのよい日だった。
今回の旅行では途中雨に結構あってしまい、残念だったが最終日が晴れるとそれだけで旅の印象がグッと良くなるので嬉しい。

お気に入りの東門市場へ。
お目当ては、先日お腹いっぱいで食べそこねた葱焼きみたいなクレープみたいなやつを食べたいのだ。
でも残念ながらこの御店には会えなかった。
そもそも屋台みたいなやつなので、いつも同じ場所で商売しているのか微妙かも。

途中いただいたお焼きみたいなのがこれまた抜群に美味しい。
辿りつけたら、次回もぜひ行きたい。ちなみに食べる場所はないので、歩きながら食べちゃいました。

利隆餅店 台北市中正區信義路二段79巷15-1號

東門では自宅用お土産にザーサイを購入。
友人は美味しそうな点心ものも買っていた
私も買いたかったのだが、家族がいったいいつ一緒に御飯を食べられるのかイマイチわからないので断念。

この後地元の人で賑わう定食屋さんで台湾らしい朝御飯を満喫。そこの並びにこれまた美味しそうなお店があり、こちらでは筍マンと餡まんを購入していただく。
どちらも美味しかったが、お店のカードをいただくのを忘れてお店の名前と住所わからず。残念。

途中、台湾の本屋さんに立ち寄る。
日本の雑誌がそのまま中国語版になったものや、Zero to one , ピケティの資本論、村上春樹の新刊の短篇集、日本企業のトップが書いた経営書、そして7つの習慣などがあり、興味深く眺める。

最後の難関がやっぱりバス。ヒヤヒヤしながら何とか空港到着。
空港内で最後の台湾料理をいただくが、うーんやっぱり空港だと高いのね。
そういや、サンフランシスコの空港だと半泣きになりながら帰りはいつも日本食食べたものだ。やっとアメリカの御飯から離れられると思うと嬉しくてたまらなかったが、台湾は離れるのが寂しくて。

空港の免税はそれなりに広くて綺麗。
化粧品は肌断食中でもちろん必要ないし、ブランドものもすっかり興味がなくなってしまったので、心がどうにも踊らない。

唯一欲しかったのは、いつも着物の時だけ使っているHERMESのカレーシュという香水なのだが、こちらは今同じラインの香りのケリー・カレーシュなるものしかなくて、直営の店員さんに聞いたけれど昔からのカレーシュは残念ながらなかった。

うーむ、銀座の直営店行くかな。時計のベルト革も替えたいし。

空港内に故宮博物館のグッズが売っているところがあって、こちらはなかなか面白かった。
台湾に旅行に行く人なら誰もが行くというこの場所を私たちは当然のようにパスしてしまったが、こうしてお店の中のグッズなどを見ているとなかなかおもしろそうな感じなので、次回は行ってみようかなという気になってきた。
なんとなくミュージアムショップが充実しているような気がするがどうだろう?

無事日本に帰国。とんでもな
く寒い東京だったが、私はTCATまでリムジンバスでそこからタクシーで帰宅だったので、無事に帰宅できた。 国内での空港までの往復移動、飛行機代、ホテル代、現地滞在費、おみやげなど全部含めても10万かからなかった。
三泊四日でこんなに胃袋満足で、この値段って結構すごいなぁ。
京都だったら、この満足度で三泊四日だったら20万はかかるだろうなぁなどと考える。


« 台湾3日目<迪化街、龍山寺、胡椒餅、名家養生足道、士林夜市> | トップページ | 平常運転 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台湾最終日:

« 台湾3日目<迪化街、龍山寺、胡椒餅、名家養生足道、士林夜市> | トップページ | 平常運転 »