« 雑記 | トップページ | アンテナ »

挫折:「LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲」

5時半起床。
終日冷たい雨の降る一日。冬の雨は苦手だ。
ただでさえ日照時間が少ないのに、一日外が暗いと日常生活全てにモチベーションが上がりにくくなる。
おまけに散歩に行けない犬の機嫌も悪くなる。

とは言っても、やるべきことはたくさんあるので、モチベーションが低いからふて寝…なんて、わけにもいかず、気分を高揚させるべく、なるべく体を動かす家事をタスクの間にあれこれ入れたり、BGMを使ったり、タイマーを駆使したりして、心身をごまかす。
昼すぎまで自宅で仕事と家事、その後は顧問先の仕事で外出して、帰宅は21時。
それなりに何とかなって、悪くない生産性の一日だった。

図書館で借りてきた「若者は本当にお金がないのか? 統計データが語る意外な真実」を飛ばし読みで読了。
たくさんの統計データを使って、若者の実態について書いた本。
なんとなく私たちが思っている若者像(例、若者はお金がない、外に関心がない…)などは、データの裏付けをもとに調査すると随分と実態と異なっているというのがよくわかる。
お酒を呑まない、内向き志向などは、若者が…というより日本全体がそうなっているということが見えてきたり、留学が減っているとうのも、単に若者の人口が減っているだけで、人口からみた相対的なパーセンテージは減っていないとか、なるほど…と思うことが多かった。
データを使ってものを書くというのも面白いなぁと発見したことも大きい。コーチングのブログではデータを使った記事も書いてみようかと思う。

同時期に図書館で借りてきた「LEAN IN(リーン・イン) 女性、仕事、リーダーへの意欲」。
2013年の話題のベストセラーを遅ればせながら読んで、50ページで挫折。
女性リーダーが生まれない理由や、そもそも女性がリーダになることをを目指さない原因などについて、こちらもデータを元にあれこれ書かれているのだが、そもそもリーダーになる…ということを魅力に感じない、私のようなタイプには原点からしてイマイチ興味が持てないのだと思う。

この手のキャリア系ベストセラーは、コーチングの話題に出ることが多いので、以前は即座に書店で購入していたが、何度も読むほどでもないな…慌てて読むほでもないな…ということがあまりに多いので、最近はもっぱら図書館。
そして図書館で借りて正解だったな…と思うことが多い。






« 雑記 | トップページ | アンテナ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 雑記 | トップページ | アンテナ »