« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

のんびりゆるり

夕方早い時間から浅草で友人と呑み。
浅草寺は海外からの観光客が多くて、かなりの混雑。
こんなに混んでる時にこれまできたことあったかしら?

ハイボールやらホッピーやら定番の下町呑みをする。
しかし、ふと考えると浅草のこの手の店ってそう安くもないんだよなぁ。
寒さよけのビニールテントの中で競馬見ながら呑んだりしていると風情はあるが、これなら別に地元の錦糸町で十分なわけで。
しかも錦糸町ならもう2割は安くて、味もそう変わらないのだ。

「珍しく味の濃いものとか揚げ物頼むねぇ」と言われたので、「どうもこのところジャンクフードモードなんだよねぇ」という話をしたら、「ああ、仕事忙しくなったんだ。ストレス溜まると味の濃いもの食べたくなるから」とあっさり言われた。

なるほど。そうかも。
やっぱりあんまり働かないようにしないとなぁ。
仕事が忙しくてストレスが溜まるというよりも、時間に余裕がなくなると、猛烈な勢いでストレスが溜まるタイプなので、やっぱりのんびりゆるりとしないとダメなわけね。

| コメント (0) | トラックバック (0)

冷凍保存ですぐできる 絶品おかず

6時起床。
日が昇るのが早くなった。

午前中のうちにいくつかの仕事を片付けて、犬の散歩に行き、午後からは派遣会社のインタビューで新宿へ。
Door to Doorで40分というところのようだ。
新宿線を使うのは久しぶり。

外資系といってもアメリカとヨーロッパの会社だとずいぶん雰囲気が違うものだな。
まぁ、業種もITと全然関係ないのでその辺りの違いもあるのかもしれない。

新規部署のの立ち上げで、当初はインターンを採用し、下働き的な仕事を頼む予定だったが、どうやらインターン採用もそれなりのコストがかかることがわかり、だったらある程度社会人経験のある派遣社員を採用することにしたという経緯らしい。
仕事の内容は、やってくる派遣さんによる…ということで、仕事をしてみないとわからないようだ。

インタビューでの印象は悪くないが、逆にインタビューであれこれ頼みたいと思いつくことがあったらしく、先方としては18時までいてほしい&週5日にしたいと考えているようで、週3日17時の希望と私と噛み合うかが問題だろう。

私的には先方の責任者のハッキリとした物言いに好感を抱いたし、業界的にも小売と買い物をする人々を中心に据えたコンサルティングということで、興味がある。
また仕事の内容がきっちり区分されていないことも好みである。(派遣の場合、かなりきっちり仕事が区分されている会社多いので)

まぁ条件面が折り合えば‥というところだ。
しかし、仕事内容がはっきりしないと本来は派遣社員というのは採用できないはずなので、そのあたりの認識を会社側が持っているか大いに疑問である。
インタビューのなかで先方があれもこれも頼みたい…と言い出し、実際派遣会社の営業は、それを止めて持ち帰りにさせてもらっていたのも、その業務内容だと、今想定している派遣料金だと合わないからだろう。

代々木の駅まで歩き、JRで帰宅。
いろんな方面で仕事に取られる時間が増えてきたので、家事の時間をもうちょっと工夫したい。
作り置きのおかずも良いのだが…、フリージングというのはどうだろう?
ということで一冊本を買ってきた。
個別のレシピよりも、フリージング全般で気をつけることなどが勉強になった。
今の作り置きおかずは、ほとんど野菜がメインなのだが、フリージングで肉と魚が入ってくるとだいぶ変わってきそうな気がする。

ついでにヨドバシカメラで以前から気になっていた調理用の温度計も購入。
晩御飯の買い物をして、帰宅。

仕事に取られる時間が増えるということは、なかなか本も読み難くなるということで、移動時間にもうちょっと読みたい。
Kindleで読むのに良さそうな本を2冊ほど購入。

今種まき中の仕事が全部動いちゃったら、携帯電話もガラケーからスマホにして、外からメールのチェックができないと厳しいだろうなぁ。







| コメント (0) | トラックバック (0)

ジャンク

4時半起床。
久しぶりに寒さを感じる一日。外は冷たい雨。

新規の顧問先での仕事が本日で1ヶ月経過。
概ね現状のヒアリングは終わったかなということで、来月より具体的なマーケティング活動に入れそうな環境が整った。
この週末に全体のまとめを一度整理しなくては。

終わって、夜はコーチング。
会議室予約をどうも一日間違えてしまったようで、スタッフのかたにご迷惑をかけてしまった。
たまたま予約がかち合うことがなかったようで、そのまま使えたがあぶないところだったなぁ。スタッフのかたが丁寧に対応してくださり、感謝。

自宅に戻って21時過ぎとなると、いくら色々と作り置き惣菜があっても、食べる気になれず、何となくジャンクなものに走ってしまう。
まぁたまにはそういう甘やかしも必要。
あんまりカッチリいける性格ではない。





| コメント (0) | トラックバック (0)

よ、女店長!

5時半起床。

<本日のお野菜>

    ごぼう
    大根
    キャベツ
    菜花
    ムキねぎ(長ねぎ)
    白菜
    トマト

すっかり失念していた仕事を夜中に思い出し、本日早朝から慌てて取り掛かる。

本日は届いたお野菜が葉物が多く、先週から残っているものなどもあり、あれこれ処理しておかないと傷んでしまうので、並行で作り置きなどをする。
全部終わったら7品作っていた。
これで何とか余らせずにいけるかな…ちょっと不安。

たまたまメールをチェックしていたら、本日が夕学五十講の講演受付日というメールが届いて、慌てて4つの講演を申込み。
前から著作を読んでみたいと思っていた方たちや注目していた人ばかりでとても楽しみ。

<予約した講演>

「山内昌之氏 イスラム国とは何か」
「水野和夫氏 資本主義の終焉と歴史の危機」
「千住博氏 日本の美 世界の美」
「冨山和彦氏 日本はローカル経済で甦る」

2015年からコーチングのブログについては、前月のページビューを上回りたいと考えているのだが、1月のページビューがかなり高く厳しい状況。
本日慌てて新記事「宇都木式スキンケア事典 ー化粧品をやめると、肌はよみがえるー」をUPするが、かなり苦しいだろうなぁ。
2月は日数が少ないからとの言い訳もあるけれどもね。

晩御飯は、きんぴらごぼう、チーズ粉ふきいも、豚のしょうが焼き、白菜とベーコンのスープ、ぬか漬、土鍋ご飯をノンノン(娘23歳)と二人でいただく。

お店の常連のお客さんが、ノンノンを見つけると「よ、女店長!」と大きな声で声を掛けてくれて、猛烈に困っているという話に爆笑する。
娘は現在マネージャーで、後ろに店長が立っていたりすると、かなり気まずいらしい。そりゃそうだ。
でも、とってもいいお客さんなのだそうだ。
彼女の毎日がカラフルで楽しそうな様子がわかると、やっぱりとても嬉しい。

衝動買いしてしまった「ジョナサン・アイブ」の本を読み始める。
のっけから猛烈に面白い。
大好きなタイプの話である。



| コメント (0) | トラックバック (0)

小さな1歩

4時半起床。
朝一番でコーチングのクライアントさんから、生活改善のための小さな一歩を踏み出せました…という内容のメールが届いており、嬉しくなる。
小さな行動ではあるけれど、これってかなり大きな第一歩になるはずなんだ。
クライアントさん自身もやらなきゃやらなきゃと思っていことを実際にやってみたことで、プレッシャーから解放されて、明るくウキウキした様子がメールの短い文章にも見て取れる。
コーチングって儲かりますか?とよく聞かれるが、私の場合は他の仕事のほうが全然儲かる…というのが実情。
でも、こういうことがあると、経済的なことよりもずっと嬉しいので多分この先も続けるだろう。

先日送った原稿について、編集者からコメントが返ってきた。
言いたいことはとてもよくわかるのだが、そのコメントを反映すると文字数はどう削っても倍にはなるだろう。直接主旨に関係ないところを外しても、そもそも伝えるべき情報量が多いので、それ以上は削れない。
それからその情報を盛り込むと、その情報はあくまで現時点の話なので、恐らく1年後にはまったく無意味なものになるだろう。
とは言え、SEO的には旬なキーワードを入れたいのだろうから、上記のような内容をまとめてメールで返信。
さて、倍にするか、そのまま行くかは、編集者にまかせよう。

仕事が結構溜まっていて、本もあまり読まず、家事にも時間をかけず黙々と進める。
途中、犬と散歩をしたり、食材の買い物に出かけたりして気分転換。

しかし後から振り返ってみると思いのほか作業が捗っていない。
メールの返信が多かったのと、ありがちだがSNSに時間を取られた。
しかも途中で、今週期限ですっかり忘れていたボリュームのある作業を忘れていたことが発覚。
やれやれ、明日も終日自宅で仕事だなぁ。プールに行こうと思っていたのに。

夕方、妹がやってきて1時間ほどお茶。
実家では定番だた日本茶+梅干しを片手にあれこれ話をする。
思いのほか、話し込んでしまったので、夕飯はかなり手抜きとなった。
まぁ、そんな日もあるでしょう。

冷蔵庫をあけたら、大量に葱が入っている。いったいなぜ?
そして明日の野菜の宅配にも大量の葱がくる模様。
うーん、明日は仕事をしつつ、保存食、つくりおきおかず作りを並行でしなくては。

「独立国家のつくりかた」読了。
坂口恭平氏の本も、これで3冊目。代表的なゼロ円ハウスをテーマにしたもの、それから小説、そしてこの新書で、この本を読むと著者がどういう経緯である種独特とも思える思想を持つようになったのかが見えてくる。
しかしこの経緯を知ると、彼の行動は決して突飛なものではなく、むしろ彼のほうがかなりまっとうな人なのだということも見えてくる。

うーん、面白い。 このところ、寝しなに「アンナ・カレーニナ」を読み返している。
かなり丁寧に読み込んでいるのだが、やっぱりこの作品はすごい。言葉の端々に次の展開を思わせるものが入っているのだが、さらりと読むとこれがまったく気がつかない。不自然さがないのだ。
いったいどういう頭の持ち主になるとこんなことができるのだろうか。





| コメント (0) | トラックバック (0)

四万温泉、権八@渋谷、熟女下ネタ

週末は友人たちと四万温泉。
高速バスで温泉に行くというのにすっかり味をしめる。
特に四万温泉は湯量が豊富で泉質も良いのだが、電車だと行きにくいことこの上ない場所で、まぁおかげでお値段的にも安くもある。
つまりバスで行くのにピッタリの場所なのである。
行きも帰りも朝から酒が呑めるし、運転してくれる人への気遣いはいらないし、四万温泉の場合は特に観光名所などもないので、すぐにチェックインできる時間にバスが乗れて、チェックアウト後すぐにバスに乗れるというのが素晴らしい。
ひたすら馬鹿話と酒、そして風呂という楽しい週末だった。

今朝は6時半起床。
朝から雨模様。ヘパリーゼのおかげで昨日のお酒も残っていない。

朝1番から青山でSkypeコーチング、終わって対面コーチング。

渋谷に移動して女友達とランチ。

本日は渋谷の権八。
外人が好む雰囲気なので、仕事の接待で何度か六本木の店には行ったことがある。雰囲気は良いのだが、料理もサービスもいたって普通のわりには値段が高く、会社の金でないと行きたくない店ではある。
渋谷店も内装が工夫されていて雰囲気が良かった。
ランチのコストパフォーマンスは良いと思う。
フリードリンクでコーヒー類が提供されており、そちらは持ち帰りもOK。
これは結構良いサービスなんじゃないかな…と思う。
そもそもフリードリンクなら、持ち帰られたところで大してコストは増えないし、ランチの帰りにオフィスにコーヒーを持ち帰りたい人は結構いるので、それに釣られてくるお客さんは結構いると思うのだ。

彼女とのお喋りは、熟女下ネタばかりなので、お店をかなり選ばないと無理。
ここのように空間がある程度広いお店はとっても助かる。
本日もテーブルを対面で座るわけにはいかず、角をはさみあって二人で座り、コソコソと話をしては、二人で声を抑えて爆笑しあう。
ある種猛烈に充実したランチだった。

私より7歳年上の彼女の相変わらずのモテっぷりには驚かされるが、理由もわかる色っぽい+可愛い…そしてそこに包容力があるんだよねぇ。
ギスギス、ケンケンしていないし、妙な若作りもないし、且つ、品が良くて、とんでもないことをしでかしても発言しても、バカっぽく見えないのである(まぁ本質的に頭の回転の早い女性ではあるのだが)。
むしろ、そのとんでもないことも、1つの大きな魅力みたいに見えるのだ。(同性の私から見ると、『おい、ちょっと待て』と思うことしばしだし、もちろんその場でツッコミを入れるが‥)
大変羨ましくはあるのだが、キャラが全然違うのでマネしようがないのが残念。

帰宅して、犬とたっぷりお散歩。
本日は本当に春のように温かい。これで風があれば、間違いなく春一番だね。

じゃがいも・ニンジン・玉ねぎあったので、迷うことなく本日はカレー。
自分でカレーを作ったのは、最初の結婚の時以来のような気がする。(20年以上前)
そもそもそんなにカレー好きでもなかったが、夫の作るカレーが美味しくて、それなりにカレー好きになっていった。それでも、作ってくれる夫がいたので、自分では手を出さずにいた。
ひさ~しぶりに作ってみて、ああ、日本のカレールーって本当に優秀。
だれが作ってもそこそこ美味しくなるのねぇ…と。

| コメント (0)

MONKEY

帰宅が24時ぐらいだったので、起床は6時過ぎ。
二日酔いの頭痛はないが、なんだか微妙にだるい。

本日は在宅勤務なので、あれこれと仕事のまとめをする。
Web連載用の原稿は本日なんとか送付。
また厳しいフィードバックが帰ってくるのだろうなぁ。
コーチングのブログに2005年に書いた「こんな人になりたい」という記事とその続編を改訂してUPする。
この頃と感じていることはあまり変わっていないなぁ。

久しぶりに犬とたっぷりお散歩。

途中、派遣会社の馴染みの営業から電話がかかってきて、仕事をお願いしたいとのこと。
イギリス資本のマーケティング・リサーチ会社らしい。
マーケティング・リサーチ会社って行ったことないので、興味があるなぁ。
先方は週3日勤務で、英語読解力のある人という希望なのだそうだが、実態は英語を使うケースがあまり多くなく、英語を活かしたいという人には不評だし、また週3日だと全然生活費にならない…ということで、人が探しにくいのだそうだ。

顧問先の仕事に比較すると、経済的メリットはほぼないのだが、異業種を経験できるのは基本派遣なので、どうしようかなぁとも思う。
異業種経験が結局次の顧問の仕事を後から引っ張ってくるので、種まきとしてはすごく重要。
そう考えると種まきさせてもらって、お金もらって、勉強させてもらうようなものだしと思うのだが、週3日も取られるのは嫌だなあと怠け者の私は思うのだ。
毎日外にいると家が荒れそうだ。

Twitter経由で、柴田元幸責任編集なる「MONKEY」という雑誌があることを知り、Amazonまとめて5冊購入。
月の書籍代は1万円を目標としており、MediaMakerで確認したら、よし!大丈夫だ!と思って、購入したのだが、見間違えだったのか、あっさり4000円近くOverしてしまう。
1万円って結構きついなぁ。

ノンノン(23歳 一人娘)が早目に帰ってきたので、一緒に晩御飯。
この日は娘は食べない予定だったので、例によって野菜ばかりの献立(ふろふき大根+ゆず味噌がけ、タジン鍋の野菜焼き(キャベツ、ブロッコリー、ニンジン、トマト+チーズ)などなど)
で、「肉がない!」「揚げ物がない」とぶつぶつ言いながらもむしゃむしゃ食べていた。
4月から社会人になって、とにかく彼女の毎日は仕事一色。
時々学生時代の友人とも逢っているようだが、それは仕事が早番の時ぐらいで、OFFの日は一日家でぐーたらしていて、まったく外に出たくないそうだ。
まぁ、それでも仕事が好きらしくいつも仕事の話をしており、そういう時期もあっても良いかもね‥と思い、職場の話を聞きながら一緒に御飯をいただく。

夜中に突然、夫がやってきて驚く。
何でも職場の呑み会で遅くなってしまい、帰れなくなってやってきたようだ。
つい先日は酔っ払って、友人と娘の職場に現れて、娘に言わせると「クソ忙しい時にやってきて、酔っ払ってヘラヘラして挙句にグラス割っちゃったんだよ」とのこと。
もちろん彼女は無茶苦茶怒っていた。何しろ仕事熱心なのだ。

以前は私も通っていた心療内科に夫も通っており、そこの心療内科が突然閉鎖。
そこの院長が書いたと思われる不気味なメッセージの張り紙が病院の入り口にたくさん貼られていたそうだ。
まぁ、私もこの先生自体が重症患者だと常々思っていたので、あまり驚かないが、患者にまったく連絡することなく病院を閉じたというのはびっくり。それなりに流行っていた病院なので、患者さんも困るだろうと思うのだ。

ということで、夫もびっくりしてそこの病院の薬を出していた薬局に行ったところ、別の病院を紹介してくれたそうだ。
私から見ると夫は、新型うつ(休みの日は元気で、好きなことはできるが、面倒な仕事などについては鬱というやつね)+アル中だろうと思っていたが、今までの病院は、なんか言えばいくらでも薬をくれるという病院で、ほとんど抜本的な解決策は提示されてこなかった。
しかも、かかった当時はアルコールはそれほど問題なかったので、先生もそのまま適当に抗鬱剤みたいなものや安定剤をのらりくらりと出していて、ろくすぽ話を聞かなかったのだと思う。(
そもそもこの先生はまったく話を聞かず、自分がしゃべっているほうが多いのだ)

私は通っていた当時、睡眠薬を減らしたいとだいぶ言ったが治りかけが一番大事などとうるさいので、自分で勝手に減薬して次の診察で、「3週間試しててみたけれど問題なかったので、減らしてください」というようなやり方で、減らしていった。
その後、もともとの持病で通っている病院が、少量であれば睡眠薬も出せますよというので、診察代金や時間ももったいないので、昨年の夏からそちらに一本化した。

で、夫の話に戻ると、新しい病院は当然だが一連のこれまでの流れと現在を聞いて、あっさりとアル中ですね…という判断となったそうだ。
ついでにいうと、前の病院で出ていた薬を、こんな薬を5年間ものませるなんて、おかしい!と言われたそうだ。
まぁ、そうだろうね。
どうやらまっとうな先生なようなので、ちょっと安心。
夫も今まで私があれこれ言っても、うるさいなぁぐらいだったのが、さすがに医者に言われてショックを受けたようだ。
これで多少、お酒との付き合い方が変わると良いんだけど。

| コメント (0)

雑記

5時半起床。
終日顧問先での仕事。
本来のオーダーとしては、全社的なマーケティング戦略作り&マーケティングのわかる人材を育成ということなのだが、商品ラインナップがバラバラで、且つそれぞれおに基礎的なセールスツールが何もないので、まずはそこの整備が必要。

バラバラで相互関係にない製品やサービスなので、マーケティング戦略もバラバラにならざる得ない。
ある程度全社的なものというのは会社のブランドイメージなるはずだが、とてもそこまですぐには手がつけられないし、それには当然全社戦略がかたまらないとならない。

まぁそんなこんなで訪問日は現状ほぼほぼ社内インタビューと打ち合わせで終わってしまう。
とは言え、社内はもちろんゼロではないが、社内政治のようなものが少ないし、顧問だから数合わせの会議に呼ばれることもなくて、成果に直結できる仕事そのものに集中できるのはとてもありがたい。
とは言え、これだけやることが山積みだと週1回というのが厳しいなぁ…と感じる。

本日は以前仕事でお世話になっていたイベント会社の方にご来社いただいてあれこれ相談に乗ってもらう。
このあたりの話はとてもプロからじゃないと聞けないわ…というお話がたくさん聞けてとても有意義な打ちあわせとなった。まったくありがたい。

あっという間に日が沈み、渋谷へ移動し、ベンチャー時代の友人たちと気楽な呑み会。
このメンバーだといつも日本酒のイメージだが、今回は珍しくイタリンのワイン。
20代で知り合ってから、あっという間に月日が流れて、今は自炊の話やら健康問題についての話題も増えてきた。
利害関係やら見栄の張り合いなどのない、人間関係って貴重だな…と思ったが、よく考えたら、このメンバーは同じ会社にいたときからもそういう関係だった。
知り合った時期やら、自分たちの年齢やら、知り合ったシチュエーションやら色んな偶然が重なってそういう幸運な出会いとなったんだろうなぁと思う。



| コメント (0) | トラックバック (0)

本末転倒

5時半起床。
今日は一日雪模様という天気予報だが、未だ降っていないようだ。

<本日の宅配野菜>

ごぼう
ニンジン
グリーンセロリ
ムキねぎ(長ねぎ)
ブロッコリー
寒ちぢみほうれんそう
きゅうり
男爵
玉ねぎ
ふじ(りんご)

先週のお野菜と卵もまだ結構残っている状況でバーンと新たな野菜と卵が届いてしまったので、本日は作り置きできるおかずを作りながら、あれこれ自宅で仕事をすることにする。

作ったのは
・ふろふき大根
・煮玉子
・セロリ、トマト、じゃがいも、玉ねぎのスープ
・里芋とこんにゃくの炒め煮(?)
・菜の花の塩漬け

先週分のお野菜はほとんど片付いたので、これで一安心。
あとは金曜日にまたあれこれ仕込むことにする。
野菜を切るスピードが上がるともっと時間の短縮ができるのに…。
野菜をじゃんじゃん入れたスープは、母も娘もわりと喜ぶし、栄養もあるのでレパートリーを増やしたいところ。

特に娘は仕事が遅番の時はろくなものを食べていないので、なんとかしたいのだ。
とは言え、私も忙しい時は作りおきのおかずがあっても温めるのすらイヤ…というタイプなので気持ちもわかる。
まぁ、せめて気力と体力が残っていて、食べられるときはちゃんとしたものを食べてほしいということで。

コーチング用のWebサイトの閲覧数を毎月更新したいと思っているのだが、2月はいかんせん稼動日も少なくなかなか厳しい状況。
こんなときはぐーっと閲覧数が上がる旧記事UPの案内

まぁ、アクセス数が上がったからといって、アフィリエイトサイトじゃないから別に得するわけでもないんだけれど、なんか右肩上がりの数値ってやっぱり好きだしね(笑)
しかし、後10日しかないので、前月超えは結構厳しいなぁ。

Web用の連載原稿が概ねまとまったのと、青色申告の作業がかなり進んだので気分的にはだいぶスッキリ。
顧問先の仕事も概ね予定通りの進捗。

このところ読んでいる本は、図書館の本ばかり。
購入した本が積ん読になっていてなんだか本末転倒状態。
図書館の本は基本的にお試し感で読むので軽めの本が多いのと、貸出期限があるのでどうしてもそちらが優先されてしまう。
自宅にある本は、何度も読むに耐える本というのがベースなので、内容的には歯ごたえのあるものが多いし、前提知識も背伸びが必要なものが多い上にいつでも読めるというのが多分問題なんだよね。

しばらく図書館の本は、新規予約はしないようにして自宅の本を読んでいってみよう。

問題は素晴らしい本というのは、またその中で素晴らしい本を紹介してくれちゃうってことなんだよねぇ。











| コメント (0) | トラックバック (0)

瓢喜@赤坂

5時半起床。
雨が振ったり止んだりの一日。朝のうちは雪もかなり降っていた。

Web連載用の原稿書きと読書を中心に午前中を過ごす。
途中30分ほど英語の勉強。
2月になったら、英語の勉強もできる時間があるなぁ…なんて思っていたら、これが結構時間がなくて全然手付かずになっている。
まぁ、しばらく英語使う仕事もないだろう…と放っておいたが、またもや英語案件もあれこれ浮上しているので、あんまりブランクを作ると後で苦労しそう。
毎回そうだが、切羽詰まらないと英語に関しては本当に勉強しない。
他のことはだいぶ改善したつもりだが、英語の先延ばしグセはどうにも治らない。
勉強してもちっとも上達した実感が得られないからだろうなぁ。
無駄だとわかっていてもたくさんの人がTOEICのスコア取得に走りたくなる理由はよく分かる。

お昼は友人(…というよりも、先輩…というイメージかな)と赤坂の瓢喜というお店でランチ。
あ、この個室作り接待に使いやすそう。
それに外人も喜びそうで、コストパフォーマンスも悪くない。
外資系におけるハイレベルなキャリア形成について、あれこれ話す。
率直で飾らない物言い且つ話題豊富な彼女は出会った時から、とても魅力的な人で、人の裏側をあれこれ考えるのが苦手な私にはとてもお付き合いしやすい人だ。

赤坂のお店もあれこれと入れ替えが激しいが、やっぱりこの飲食店の豊富さは心がそそる。
そのうえ、これだけ雑多でも赤坂というのは下品じゃないところが良いのだよね。昼も夜も楽しい稀有な場所である。

そこから移動して表参道の以前の顧問先に顔を出す。
ずいぶん前から立ち寄ってくれ‥と言われていて、行ってみたらコーチングを頼めないか‥という依頼だった。
1ヶ月に1度という頻度であれば、双方スケジュールに問題ないだろうということで、決定。

このところ、エグゼクティブからのコーチング依頼が多い。
まぁそうだよね、仕事の話を忌憚なく話せる相手はポジションが上になればなるほど職場にはいなくなるし、友人ともなかなか難しい。案外パートナーとだって微妙だったりする。
どうしても一人で考えなくてはいけないことばかりだからね、愚痴もこぼせないしなぁ…。

エグゼクティブコーチの看板を掲げるコーチが多いのは、単に単価を高く取れるから&コーチとして質が高い感じを出すためのブランド作りなのかと思っていたが、そうではなくてエグゼクティブからの需要が確かに多いから…というのも最近わかってきた。
ちなみにyoshikoo’s officeはエグゼクティブの方でも無職の方でも同じコーチング料金。
だって、コーチとしてやることは同じだからね。
相手の経済状況に合わせて、料金を変えるのも何だかなぁ…と思っている。

昨年秋に10年以上履いているブルーノ・マリのショートブーツを結構な金額で全面改修したのだが、さすがに表面のストレッチ素材の布部分がもうボロボロで、プライベートはともかく取引先はね…という状態。
ということで、いつもの表参道のお店で新しいショートブーツを購入。
時期的にもうだいぶ品薄だったが、とりあえず及第点のものを見つける。
パンツスーツの時に、ショートブーツがないともはや寒くて耐えられないので、ホッとした。
自宅にはプライベートで履いているムートンのショートブーツがあるのだが、こちらも4年ぐらい履いていてかなりボロボロなのと、そもそも買ってみたらデザイン的に私の服と合わなかったので、あまり気に入らず犬の散歩にのみ履いている状態。
こちらをきっぱりと処分。

靴屋さんの斜め前のFLYING TIGERにて、安い北欧雑貨を眺め、自宅の整理用にちょっとしたグッズを2000円ほど購入。
これでずいぶんとスッキリした。

途中の電車で、橘玲の「貧乏はお金持ち」を読了。
著者とは考えていることが似ているようでとても面白かった。
ブログでも取り上げて紹介したい本なのだが、全体にマニュアルに近い作りになっているので、なかなか紹介し難い。

夜は珍しく母が早く帰ってきて二人で晩御飯。
銀座和光で素敵な腕時計を買ったということで、ウキウキしていた。
そう、買い物ってウキウキするよねぇ。







| コメント (0) | トラックバック (0)

やってらんないわよ!

5時半起床。
気温は暖かめ。
鎌倉の家に咲いていた紅梅を切って、自宅に母が持ってきてくれた。
お雛様の脇に活けてあり、とても清潔な香りを漂わせている。

本日は一日自宅でお仕事&Skypeでのコーチングが2件。

週末は静岡出張と鎌倉訪問だったので、本日Getting Things Doneの週次レビュー。
週次レビューが定着してきて、だいぶ積み残しが減ってきた。
今週手を付けたいのが、ピケティの動画(まだ観られるのかな?)、青色申告、それから行けたら近所のプールに行きたいなぁ。
疲れた〜という感じになるぐらい、身体を動かしたいのだ。

犬とたっぷりとお散歩。

このところヨガはずっと寝室でやっていたが、今日は誰もいないのでリビングで陽射しを浴びながら。
温かいと身体がいつもよりずーっと伸びるので、ものすごく上達したような気分になる。

週末に留守をしていたので、宅配の野菜がたっぷりと残っており、本日慌てて調理。

・鶏ムネ肉とキャベツの回鍋肉風炒め
・セロリサラダ(マヨネーズ+ポン酢+粉々鰹節まぜ)
・白菜と肉団子の煮物
・キャベツの味噌汁
・セロリ、ニンジンのぬか漬

セロリは宅配野菜だと、いわゆるスーパーで売っている一本が株になって5本ぐらいやってくる。
しかも葉っぱ付き。
根本の株の部分をぬか漬にしたら、とっても美味しかった。
有機野菜なので、どんな野菜も皮ごと使えてぬか漬にすることができるので、ゴミがとても少なくなるのはありがたい。ニンジンも皮付きのほうが美味しいし。

今日も合間合間で読書。

7年前のブログ記事を改訂してUPした。
今読むとなんだか、イタイ感じすらある。
仕事に集中することにずいぶんと自分なりに言い訳みたいなものを必要としていたのだろうし、モチベーションをかき集めていたのだろうなぁと思う。
そうでも思わないと、やってらんないわよ!という感じが伝わってくる。













| コメント (0) | トラックバック (0)

別の場所

金曜日から浜松出張。
昼まで暖かったのだが、夜になる突然ひどく冷えて強風。全国的なものだったようだ。
顧問先の手配してくれたホテルがひどく寒くて、びっくりした。エアコンをつけて眠るしかない寝具の薄さで、そのせいか2時間ほどしか眠れず。

翌日午前中の仕事はなんとかこなせたが、途中から偏頭痛がひどくなり、出先で発作など起こすとややこしいことになるので、少し早めに切り上げて帰宅。
睡眠薬を持参するべきだったなぁ。失敗。

翌日曜日は、鎌倉の祖母の家に。
祖母の他界から数年を経て、家を取り壊すことになった。
今日はそのお別れ会ということで、従姉妹たちも集まり、皆で食事。
庭の紅梅が最も見頃にあたったようで、本当に美しかった。

私は初孫ということもあったし、母親が育児放棄気味のところがあったので、ものすごくしょっちゅう長期間鎌倉に預けられていることが多かった。
小さいうちにいわゆる無償の愛みたいなものを与えてくれたのは、この祖母だったこともあり、おじいちゃん、おばあちゃん子である。

そんなこともあり、長谷の家は思い出深いのだが、逆に行く度に祖母がそこにはいないことと、家の中が少しずつ変わっていくことがどうにもつらくて、ほとんど足を運ばなくなっていた。
行かないのもなんだか薄情な気がして、気を重くしていた部分もある。
なくなるのは寂しいが、なくなるとそういう意味でちょっと気分が軽くなる気もする。
結局のところ、祖母のいないそこはわたしにとっては、別の場所なのだ。

| コメント (0)

顧問という働き方

5時半起床。
今日も昨日に引き続きとても暖かい。
朝から終日顧問先のため、犬の散歩は本日は中止。
顧問先に缶詰の日は、4時に起きて連れて行く方向にしないとなぁ。

来客と打ち合わせであっという間に夕方。
顧問という働き方の一番のメリットは、組織に対する不満というのが堪らないことだろうと思う。
内側にいると、ぶっちぎれてしまうようなことが、顧問という外と中の間のようなところにいると、冷静に「まぁ、どこの会社もいいとこも悪いところもあるよね」などと達観できるのだ。

終了後はコーチング。

駅ビル周辺はバレンタイのチョコレートを買う女性たちで賑わっていた。
どの人もたくさんまとめて買っているんだから、いわゆる義理チョコなのだと思う。
明日の客先訪問に買っていこうかと思ったが、そう親しいところでもないので、まぁ、いいかな…と通り過ぎる。

21時帰宅。

| コメント (0) | トラックバック (0)

まともなごはん

7時起床。
野菜の宅配で起こされる。

里いも
大根
キャベツ
菜花
白菜
寒ちぢみほうれんそう
トマト
キタアカリ
玉ねぎ
伊予柑
----------

午前中は仕事と読書を中心に片付ける。

お昼に犬と散歩。今日は暖かくてまるで春のような陽気。
でも、これに安心して風邪をひくことも多いので、気をつけないと。
まだこの冬は一度も風邪をひいていないので、このまま乗り切れるとすごく自信がつくと思うのだ。

図書館に出かけて、予約の本を引き取る。
その場で目を通すと、どうも思っていたものとだいぶ違っていて、引き取った4冊のうち3冊はその場で返却。
こういう日もある。

先日、大量にポトフを作ったら、娘から「こんなに何日もポトフ食べるの?」と聞かれたが、あっさりと翌日の朝には全部なくなっていた。
母と娘が食べ尽くしてくれたらしい。

野菜たっぷりのスープというのは、良い手だな…。
疲れて帰ってくると、あれこれ作ってあっても食べる気力がないことって結構ある。
スープなら温めれば良いだけだし、何より温かいものは気持ちにも身体にもやさしく感じる。
なんとか娘にまともなご飯を食べさせたい!という私の希望にぴったり合うのだ。

よし、これからはスープだ!と図書館であれこれお料理本を見るが、どうもピンとくるものが少ない。
地道にネットでレシピを集めるほうが良さそうだ。

夜は、母と二人で晩御飯。白菜鍋、セロリのピクルス、菜の花の胡麻和え。









| コメント (0) | トラックバック (0)

夜遊び@赤羽橋

6時起床。
何となく気分がしゃっきりしないので、朝1番で少しヨガをしてみる。
身体の節々を意識してうーんと伸ばす、そして緩める。それだけでずいぶんと気持ちが良くなる。
…わかっているんだけれど、いつもヨガを始める前にちょっと億劫だな…と感じるのはなぜなのかしら?
毎日やれば確実に心身に良いって本当に本当にわかっているんだけれどなぁ。

不調を引き起こす大きな原因の1つにネットへの接続というのがある。
ネットに接続してあれこれ情報収集をしているとどうにも疲れる。
ということで、本日からPCに向かうのは1回につき15分とすることにして、「Limit 15分」という付箋をiMacに貼った。
ネットに接続していなくても15分。
1日何回PC触っても良いが、1回は15分で、その後最低15分は空けるということにした。
続けられるかしら?とすでに初日の本日から疑問だが、ちょっとやってみようと思う。

犬の散歩に出かけたら、お散歩中の保育園の子どもたちにたくさん会う。
娘の小さい時を思い出して、嬉しくなる。
でももうあのチビノンノンには会えないのだなぁ。
当時のノンノンには、私も夫も腹わたよじれるぐらい楽しませてもらったし、おかげで笑い皺も無茶苦茶増えた。
まぁ、十分かな。
大きくなった今も面白いしね。

本日は顧問先の仕事の下調べやら企画やらをひたすら自宅でまとめる。
微妙に今までやっていたが業界とずれているので結構な量の勉強が必要。
まぁ、それが面白いのだけれど.
途中電話会議。
2月に入ったら英語の勉強を…、なんて思っていたら、あちこち忙しくて1月よりもさらに勉強していない状況に。
そんなわけで、結構苦しい電話会議だった。
こうなると後でフォローのメールを書かないとならなくなり、仕事が思い切り増えるので、やっぱり真面目に勉強して仕事減らさなくては。
結局こういう実践が一番の英語勉強のモチベーションになる。

夕方からは、友人と赤羽橋でお鮨。
虫干しも兼ねて白い紬で出かける。
いただきもののこの紬はちょっと裄が短く、長襦袢の袖がどうも出すぎてしまうので、慌てて安全ピンで内側から止める。

友人が仕事の関係で1時間ほど遅れてやってきたので、その間にお酒は調整してゆっくり飲んでいたのだが、冬場のお魚はやっぱり美味しくて、どうもずいぶんとおつまみのお刺身を食べてしまったみたい。
特に蒸し鮑美味しかったなぁ。
生でいただくよりも蒸したほうが香りもよくなり美味しいというのも面白い。

お鮨はサヨリと鯖が本日は秀逸。
どうも私は量を食べると、消化に血が回りすぎて酔いが回りやすくなるみたい。
最近、たくさん食べる機会がないので、忘れていた。

友人ととりとめのないお喋りを楽しみ、二軒目はBar 510に久しぶりに。
スタートが遅かったこともあったのと、食べ過ぎて酔いが回っていたのでタクシーで帰宅。
こういうのもずいぶん久しぶり〜。











| コメント (0) | トラックバック (0)

白湯

5時半起床。
友人の勧めで、このところ、朝一番は白湯を飲んでいるのだが、これがすごくお通じに良いらしくて、その効果に驚いている。
どうも私は一回あたりの食事の分量が微妙に少ないらしく、普通に自宅で食事をしているとお通じがない日が続くのだが、白湯を飲むとこれで何とかなるようで、ちょっと感動。

ちなみに野菜をたっぷり食べてお通じを促そうというのは、私の実証実験ではボールいっぱいの温野菜(←生野菜ではだめ)ぐらい食べないと翌朝に結果を求めるのは無理。結構大変だと思う。

コーチングのブログに、旧記事を改訂したものを2件UPする。
あとは新記事を1本UPすれば今週のブログについてのタスクは完了。

編集の方から、連載第一回目は「まぁ、こんなもんでしょ」という微妙なApprovalをいただき、2回めの原稿を書くようにとの指示メールがやってくる。とりあえずちょっとホッとする。

午前中は対面コーチング。
終わって、コーチ仲間とランチとお茶。

以前から頼まれている官公庁がらみのプロジェクトをどう進めるかの打ち合わせ…などなどを終えて、買い物をし、自宅でポトフを煮込みながら、Skypeコーチング。

終わって犬とたっぷりと散歩。
本日も平和。



| コメント (0) | トラックバック (0)

仮想敵国

7時起床。
昨晩からどうも気持ちがふさぐ。
こういうのはちょっと久しぶり。
特に何があったわけでもないので、生理前後でホルモンバランスの問題なのかな、と片付けることにする。
そのせいか朝から猛烈に甘いいただきものの輸入チョコレートなどを口にしてしまう。

簡単に朝御飯を食べて、ベッドに再度潜り込み、寂しいような悲しいようななんとも言えない小さい波のようなものが繰り返し寄せては引きというのがあって、そのうち布団の温かさに取り込まれて40分ほど寝たみたい。

特に急ぎですべきこともないので、今日はあんまり自分を責めないように急かさないようにゆっくり過ごそう、と思う。
だらりとするとそれはそれで後に引きずるので、とりあえず15分起きにタイマーをかける。

本当はヨガをしたり身体を動かすと良いというのはわかっているのだが、こんなに気分の低い時に当然そんな前向きなことをするのはハードルが高いので、とりあえず読書と紅茶で、最低限やらなきゃいけないことを間に入れて少しずつ片付けよう。

チクセントミハイの「楽しみの社会学」はやっぱり手元に置いて何度も参照したい本なので、Amazonに注文をかける。すでにUsed版しか手に入らない。
以前は必ず新刊にこだわっていたが、最近は誰かが手にした本が手元にやってくることも楽しくなった。
その前の持ち主は少なくともそのまま捨てることはせずに次の人に回そうと思ったのだ…と思うと、ほんのりやわらかい気持ちになる。

本日も15分単位であれこれ本を読む。
15分というのが私にとっては一番良い集中時間のようだ。
30分だと本によっては気がそれてしまうことがある。

「4日で使える 実践! 超ビジュアルシンキング」はどうも私には思考法として合わないようで、途中で止めることにする。かえって物事が複雑に見えてしまい、整理し難い。

「なぜ昇進するのはいつもあなたではないのか」は、どこかの書評で読んで図書館で取り寄せた本だと思うが、こちらも途中で止めることにした。
退屈して半分程度までしか読めなかった。
タイトルは原題のI wish I'd known that earlier in my careerが適切。
副題として「もっと早く知っておきた社内政治の技術」がつけられている。
知らなかったことで引き起こしているキャリアの問題がかなり具体性のある事例をあげて説明されているのだが、この説明がイマヒトツ面白くないのと、で、どうすればよいのよ?というアドバイスがどうにもね…という感じ。
具体的アドバイスはコーチング受けましょうねってことなのかな。(アメリカのエグゼクティブ・コーチの書いた本である)

社内政治そのものはコーチングにうってつけのテーマだとは思う。
本当に人によって状況が違うので、研修などで一括でコツを教えるようなことができないしね。
私のところでも、男性クライアントはこのテーマが結構多い。

妹が姪っ子二人とやってきて、みんなでお茶をのむ。
このぐらいにはだいぶ気分も回復。

夜は、マンションの修繕委員会.
もともと大規模修繕委員会を請け負う前提の会社があまりに対応がひどいので、始まった委員会である。
そこにこの会社がやってきて再度プレゼンをするがまったく改善されておらず、こりゃやっぱり他と話すしかないね…と全員合意という流れでまとまり、これはこれで良かったかも。
時には仮想敵国みたいなのって必要なんだよね。













| コメント (0)

健康診断とお雛様

6時起床。
本日は快晴。

すっかり忘れていたが、本日は区の健康診断の予約を入れていた。
バタバタと朝の日課をこなして、慌てて9時過ぎに家を出る。
まずは子宮頸がん検診。
こちらは予約をしてあったのであまり待たされず。
いつも行く婦人科なので、気分的にも楽。
ついでにピルももらってくる。
むちゃくちゃ繁盛しているという噂のこの病院。
子宮頸がんは実際にかかって手術も受けたので、あちこちで検査をしたが、ここの検査設備はダントツにすごかった。
設備が良いというのも評判の高さにつながっているんだろうなぁ。

次が、健康診断と乳がん検診で、別の病院に移動。
こちらは無茶苦茶に待たされた。
初めての病院で流れもよくわからず、設備も全体に古くて暗い感じんなのが余計疲れさせられる。
とは言え、全体にスタッフの方たちは感じが良かった。
最近どこも医療関係者のコミュニケーションスキルが昔に比べて上がっている気がする。
研修とかやっているのかしら?

乳がん検診なので、当然マンモグラフィがあるのだが、支度を全部してから、「この病院は女性検査技師がいませんがかまいませんか?」と聞かれる。
病院スタッフが男性なのは私は気にならないが、気にする人だったら、洋服脱ぐ前に言ってよ…と思うんだろうなぁ。

そんなこんなで全部終わったら、お昼過ぎ。
検査嫌いの私がよく頑張った!ということで、自分へのご褒美。
行きつけの蕎麦屋で、つけ鴨荒挽き蕎麦+生ビール。
行きつけと言っても今年来たのは初めて。
ここ数年いつも混雑しているのでなかなか時間が合わないのだ。あれこれ近況の話などをして、さくっと出る。どうも蕎麦にキレがなくなったような気がするのだよな、前回もそういえばそう感じた。

帰宅して、犬とのんびり散歩。白い梅も少しずつ開いてきた。

頼んでおいた檜のベンチボックスが届いた。
冷蔵庫に入れない野菜を入れておくのに、北側のベランダに置こうと購入したのだが、届いてみると思っていたよりもずっと木が白くてきれいなのと、檜の香りがとても良いのでとりあえずリビングに置くことにした。
早速じゃがいもやら、玉ねぎやら収納。

タイマーを使って、15分置きに読書と晩御飯作り。
鶏もも肉の味噌焼き、里芋のサラダ、セロリ葉+じゃこのふりかけ、キャベツ+ニンジン+玉ねぎの浅漬け、塩豆腐、土鍋ご飯

お雛様を飾る。
長いことまったく知らなかったのだが、今年はふと気になり、調べてみた。

「お雛様っていつから飾るものなの?」

節分後の日の良い日に飾るものなのだそうだ。
ということで、大安の本日飾る。
週末に何かそれにあうようなお花を買ってこよう。

こういうのって時間に余裕がないと本当にできないよなぁ…としみじみ思うのだ。







| トラックバック (0)

神様のいじわる

2時起床。
毎度のことなのだが、新しいプロジェクトが始まると思うとワクワクしてよく眠れない。
次から次へと色んなアイデアが湧いてくるのだ。
諦めて起床。

2時間ほど仕事をして、また眠る。
今週唯一朝から外出して仕事だというのに、本日は雪が降るかもというぐらい寒い。神様のいじわる。

顧問先の初出社。
やること、やれることがたくさんありそうで、楽しい。
結構な人数がいる社内なのだが、全体にギスギスしていない、社内政治みたいなのが少ないのだと思う。
それ自体は良いことだと思うのだが、逆にいうとビジネスに精通した人が少なく、与えられた仕事を淡々とこなす人が多いのかもしれない。

自宅の駅に着いたら、19時過ぎ。
頭をフル回転して連投でミーティングをしたせいか、さすがに疲れて御飯を作る気にならず、御飯はコンビニのジャンクフード。
朝から夕方まで外で仕事をしたら、私にはとても家事などできないなぁなどと改めて思う。
共働き、子育て、手を抜かない家事…なんてとても無理。
今も昔も。
やろうともやりたいとも思わない。

夢をかなえるゾウのシリーズ3冊目、目にする書評がどこも猛烈に評判が良いのでついついKindleで購入してしまい、疲れているというのに、ベッドで読了。
ハズレのない面白さ、ホロリとさせる場面も多く、いつもの通り確かに面白かったが、いわゆる自己啓発本としては、★3つかな。





| コメント (0) | トラックバック (0)

じゃが玉セット

6時起床。

宅配野菜は、今週から一番小さい野菜セット+じゃがいも、玉ねぎ、果物のセットに変更してみた。
果物って重たいのでついつい買い物で避けてしまいがちだが、不規則な生活の娘に食べさせたい。
玉ねぎとじゃがいもは常備してあっても良いかな…と思うので。(通常の野菜セットに入ってこないことが多い)

<本日の宅配野菜>

里いも
ニンジン
キャベツ
グリーンセロリ
葉ねぎ
ほうれんそう
島いんげん
男爵
玉ねぎ
ふじ(りんご)

朝はSkypeでコーチング2件。
海外在住のクライアントさん。
平日午前中の予定がずいぶんとフレキシブルになったので、スケジューリングがずいぶんと楽になった。

あれ?もう11時と思うが、よく考えたらいつもより起床時間が遅いからだね。朝の1時間ってやっぱり貴重だ。
今日はお天気も良くて比較的暖か。
明日は雪になるらしい。

ということで、今日は犬の散歩をたっぷり目に。
娘が自宅にいたので、久しぶりに一緒に、温かい缶のココアなどを飲みながら歩く。

図書館に予約の本を取りに出かける。
今借りている本の数を考えると、規定数をオーバーしてしまうのでは?と思ったが、今は20冊まで借りられるそうで難なくクリア。

帰りがけに、行きつけのイタリアンにより、先日忘れたコートの共布のベルトを受け取りに行く。きっとここにあるのでは?と思ったら、案の定。
ベルトがないとどうにもパリっとしないコートなので、とても助かった。

結構、面倒な調べ物の仕事があって、その後はそちらに集中。
このところ、集中力が上がっているのか、予定よりずいぶんと早く終えることができた。
やっぱり初動は早いほうが問題が大きくならなくて済みそうだ。

今日は娘が自宅にいるというので、朝のうちから献立を練っていたのだが、18時には寝たいから晩御飯は食べないとあっさり却下。
ついでに母親も会食があるそうで、食事はささっと冷蔵庫の残り物でささっと済ませる。

昨日は、就寝時間が遅めだったので早目にベッドへ。





| コメント (0) | トラックバック (0)

Tharros@渋谷

5時半起床。
昨夜は寝しなに日本茶を飲んでしまったせいか、どうもよく眠れず。
朝方の夢に亡くなった鎌倉の祖父が出てきた。
ずいぶんと久しぶりに会えて嬉しかった。
元気そうでよかった…と思うが、もう死んじゃっているんだから、元気そうというのも変か?
でも、そう思うんだよな、祖父の夢を見るといつも。

本日は自宅で仕事、合間にSkypeでのコーチングと家事。
外はきれいな青空で今日はいつもに比較するととても暖かだ。
あちこちの梅の木の蕾が膨らみ始めて、紅梅の木はうっすらとピンクの煙がかかったように見える。

ニコニコ動画に上がっているピケティの動画の一番短いものを観る。
質問内容がピケティの本の内容から考えるとかなりずれているものが多い。
日本は資産格差よりも賃金格差が気になる人のほうがずっと多いようだ。

昨日に引き続き、本日もタイマーを使って本をあれこれ回し読み。

「フードトラップ」は図書館の返却期限にとても間に合いそうにない。
これは購入することに決めた。これだけ丁寧に取材されて且つ猛烈に面白い骨太のノンフィクションなら、著者に敬意を払うという意味でも買いたくなってしまった。
Kindle版が出ていて、昨日チェックしたら書籍版より少し安い程度だったのが、本日チェックしたら1000円近く安くなっていたので即効クリック。

夜は友人と渋谷で南イタリア・サルデーニャ島料理という「Tharros」というお店で食事。
初めて行ったお店なのだが、大当たりだった。
武骨で温かみのある食事、気さくなお店の作りと明るい雰囲気、行き届いたでもやり過ぎではないサービス。
なんといっても働いている人たちが楽しそうなのがいいなぁ。

カラスミというのはサルデーニャ島にもあるのか…というのを初めて知った。
カラスミのパスタというのは、日本人がカラスミを食べるので試しに作ったら美味しかった…というようなものかと思っていたら、そんなことはなくて向こうでは普通にあるお料理だそうだ。
次回はぜひこれを試してみたい。

彼と会ったのは3年ぶりぐらいで、結構久しぶり。
私には珍しい年下の男友達である。
コーチングの研修で知り合って、なんかこのクラスのノリと運営の仕方ってちょっと面倒臭いなぁとお互い感じていたのが、目が合った瞬間にわかり、一緒にランチをしているうちに話が合うことがわかって、それからのお付き合いであり、もう結構長い。
あんまり私は人と本の話や哲学や宗教の話とかしないのだが、彼とはその手の関心のエリアに近いものがあり、結構多岐に渡って色んな話をする。
仕事も順調そうだし、春には待望の第一子誕生予定ということで幸せオーラ満載。
楽しい時間だった。









| コメント (0) | トラックバック (0)

15分間読書

6時起床。
このところ、完全に仕事OFFという日がなかったので、本日はOFFにしようと決意。
今日は家事と読書に勤しもう。

冬晴れのお天気の中、犬とお散歩。
派遣先の仕事が終わったので、いつもの散歩時間より1時間後にずらす。
おかげで突き刺さるような寒さがだいぶ和らいでいる。

昨年秋から、短めのボブというヘアスタイルにしているのだが、これがどうにも面倒になってきた。
前回そのような話を美容院に伝えて、はねないという長さにしてもらったのだが、いえいえ、ますますはねるようになりました…ということで、元のショートカットに戻す。
担当美容師には、「せっかく数年ぶりに女らしい感じになったのに〜」と嘆かれるが、女らしさよりも始末のし易さが今の私には大事。
また新しい仕事もいくつか始まるし。
髪が短くなると、なんだかずいぶんと気分がキッパリサッパリとしてくる。

美容院のあとは、お気に入りのイタリアンでランチを…と目論んでいたが、そういえば今日は定休日。
ということは、蕎麦屋も定休日だな….。
さてどうしようかな…と歩いていて、結局明治通り沿いの親子丼屋さんに入る。
卵も鶏肉も味付けも美味しいのだが、多分、前にラーメン屋だったところを居抜きにして使っているようで、なんだか椅子がやたらに高かったり、そのくせ妙に机が低かったり、どうにも食べ難い。
その内装のおかげでリピートするかどうか微妙。
なんだかもったいない話だ。

そのまま、亀戸の佐野みそまで歩き、お味噌を二種類購入。
ここで以前から気になっている鰹節削りの鉋を発見。魚柄仁之助さんの本を読んでいると欲しくてたまらなくなるのだよね、これが。
以前から日本橋の木屋などで見てはいるのだが、そもそも削るための鰹節を三越前まで買いに行くのが面倒では?と考えていたが、佐野みそにこちらもちゃんと置いてあった。
うーん、それなら…と考えながらお店を後にする。

時間があるので亀戸アトレをぐるっと流す。
ホットウイスキーに最適な取っ手のついたガラスの器が値段が下がっており気になるが、家で呑みだしたら、きりがないので止めておく。
ユニクロで何か暖かパンツでもほしいなぁと思ったのだが、お店のラインナップはすでに春仕様。
そんなこんなで特に欲しいものもなく、食材売り場であれこれ晩御飯の買い物をして帰る。

読書→家事→読書→家事…というのをタイマーをセットして、15分おきに試してみる。
本はその都度違う本を読む。
山積みにしていた図書館の本はどうも視界の端にいると気になってしょうがない。
いっそ全部並行で読んでみたら…と思ったのだ。
やってみたら、これがかなり集中力が上がって面白かった。

「あの本早く読みたいな〜」と思いつつ、でも、もっと優先で読まない本があるしな〜と、本を読んでいるのって結構私にはストレスみたい。

夜は、アクアパッツア、ちぢみほうれん草のソテー、きのこパン粉焼、白菜とベーコンのスープなど。
冷蔵庫を一掃。時間に余裕があれば、家事って楽しいんだよなぁとしみじみ思う。















| コメント (0)

昼酒

6時起床。
朝のうちにバタバタと原稿を書いて、ようやく編集者の方に送ることができた。
しかし、モノを書くことを仕事にしたら、寿命が縮まる気がするぐらい大変だ。

家事、瞑想、英語の勉強、犬の散歩などを終えて、幼友達と近所で昼酒。
今日も外は晴れているが、風がとても冷たい。
ということでホットウィスキーからスタートして、そこから3軒はしご酒して、最後はワインでしめる。

久しぶりにクラッシックのコンサートに行こうよ…という話になり、あれこれチケットを検索。
そういえば、昔二人でジョージ・ウィンストンのコンサートに行った。
オーケストラが良いというのだが、どうも面白そうなものを探すのが難しい。そして相変わらずチケットはものすごく高い。
このチケットの値段が下がらないと、クラッシックコンサートの普及はなかなかおぼつかないよなぁ。

ヘパリーゼのおかげで本日も元気に呑めた。
ネットで10本まとめ買いをしておいた。Amazonだとかなり安く手に入る。コンビニにある清涼飲料水バージョンはどうも効き目が薄い気がするし、かといって常に薬局が近くにあるとは限らないので、こうしておくととっても安心。
アルコール分解が早くなるのか、眠りも浅くないのが助かる。

まぁ、とは言えお酒はほどほどにしないとね。

| コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »