« スモールタウン | トップページ | 晴れ間 »

White Day

4時半起床。瞑想30分。
久しぶりにちらりと青空の見える朝。
マンションの玄関に出た瞬間に沈丁花の香りがする。
あー、もう春だなぁ…と思い切り空気を吸い込んだ途端に、くしゃみが出て目が痒くなりだした。
春とともに花粉症もやってきたわけだ。

顧問先を訪問すると、今度はいきなり雨が降ってきた。
うーん、今日は晴れると思って、洗濯物干してきちゃったよ。
昼になるにつれて結構な降り方。

Webについてのミーティング、イベントについてのミーティング、来期の顧問契約についてのミーティングなどを経て、オフィスを出るととっぷりと日が暮れている。
もう1時間ぐらい早くオフィスを出る予定だったが、なんのかんのでこんな時間。

駅の構内はホワイトデー向けのきれいなお菓子があちこちに並べられていた。
そういえば、先日、「yoshikooだったらホワイトデーって何が欲しい?」と男友達に聞かれて、「ワイン」と即答したら、「まったく参考にならん…」と言われた。

でも、ワインって悪く無いと思うんだよなぁ。
何となくロマンチックでお洒落な感じがするし、それに普通に考えたら、それは二人で一緒に呑むものだからさ、じゃぁ、どこかで一緒に呑みましょう…という話になるじゃんね、
わかってないのは、君だよ…と私は思うのだ。
まぁ、一緒に飲みたくない相手なら、「ありがとう」とニコニコ受け取って、取っておいて悪くなるものじゃないから、とりあえず女性としてはワインそのものは嬉しいし…。
すごく美味しいワインなら、「あら、あの人、一考の余地ありかも…」ってなるかもしれない。

ま、どっちにしても友人の質問は、私にホワイトデーのプレゼントをくれる…という話ではないので、わかってくれなくてもいいんですけどね。

晩御飯をつくろうと思っていたが、買い物して帰ったら食事は20時過ぎるので、娘に電話をして釜飯のデリバリーを注文しておいてもらう。
釜飯を食べながら、なぜか上野の「多慶屋」のネタで盛り上がる。

本日の移動中は、Kindleで「タルト・タタンの夢」を読む。
町の小さなフランス料理の店を舞台にした小説なのだが、美味しい物の話がいっぱいで且つ全体にほのぼのとして暖かくてとても私好み。
この本は当たりだ。

ベッドで「アンナ・カレーニナ」を読み、眠くなったので灯りを消すが、さていざ眠ろうと思うとさっぱり眠れない。風邪で調子を崩してからこういうことが続き。ここ数日は睡眠薬を服用している。
どうも一端調子を崩すと、ぐずぐずと長引くのはやっぱり年齢なんだろうなぁ。






« スモールタウン | トップページ | 晴れ間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: White Day:

« スモールタウン | トップページ | 晴れ間 »