« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

美人と酒を呑むとやっぱり美味しい話とか

・某月某日

7時起床。46.6kg。
血圧記録を取り忘れたが、測り始めてから、初めて120以下だった。
自宅で比較的ゆるゆると仕事と読書。
滞っていたブログのミリオネーゼにシリーズにようやく記事を追加「ミリオネーゼへの近道はこれ」
本日の晩御飯:キーマカレー、茹でとうもろこし、トマト(塩かけただけ)、エシャレット(お味噌つけて食べるだけ)、春雨と韮のスープ

・某月某日

5:10起床。47.1kg。
血圧132−77
日中は家事と仕事をあれこれ。このところコーチングの無料セッションのお申し込みが多いので、その対応と準備が中心。

夕方から、大好きな女友達と東銀座でフレンチ。友人に教えてもらった小さなビストロでワインを楽しむ。
彼女と呑むと、綺麗な女性のいるという理由で家呑みの数倍払ってでも酒を呑みたい男性たちの気持ちがわかる気がする。
だって、やっぱりそのほうが美味しいのだ。
味覚って不思議。
プレゼントということで、ヘチマで作った帯板、帯枕をいただく。
とっても涼しくて夏着物にピッタリらしい。
梅雨が明けたら早速ためしてみよう。

・某月某日

7時起床。47.1kg。血圧136−82。
梅雨の合間に犬とお散歩。
本日はコーチングが全部で5件。麹町と青山のオフィスでのセッションだったので、合間に国会図書館でランチ+ガリガリPC仕事。
セッションが1日5件というのは、私にとってはほぼ上限だと思う。
集中力が途切れずできたのは、前半のセッションでかなりうまく上昇気流が引き出せたので、モチベーションが上がり、さらに時間がうまく分散できたためだと思う。
でも、いつもこんなに上手くいくわけではないので、やっぱりMAXは1日3件にしておくのが無難だ。

・某月某日

5:30起床。47.1kg。血圧133−81
終日顧問先。
プライベートで悲しいとか、腹立たしいというよりもがっかりするようなメールがやってくる。
このまま返信するとあまり良くない感じなので、少し落ち着いてから返信しよう。
こういうのができるようになったのだから、私も大人になったんじゃないか…と思う。
通勤の行き帰りは「一万円起業」を読む。
寝しなに突然「1Q84」が読みたくなり、ハードカバーを本棚から出して再読を始める。











| コメント (0) | トラックバック (0)

スケジュールの把握、バスツアー、東京ステーションホテル、神楽坂など

・某月某日

5:30起床。47.3kg。
血圧143-75。

あれこれ仕事が増えてきて、スケジュール管理がなかなか難しくなってきた。
アポの入っているものは、Googleカレンダーで管理しているのだが、どうもPCでの管理だと、全体に詰まり感が見えにくい。
アポではないが、時間をかけて作業したり練ったりしなくてはならない場合の時間をブロックしないと、恐ろしいことが待ち受けていそうだ。

そんなわけで、フランクリン・プランナーに以前使用していたWeeklyもリフィルも追加することにした。Dayily+Weeklyで当面様子を見る。

・某月某日

5:00起床。
忙しいと言いつつ、友人とバスツアー。この日は千葉方面だったが、どうもイマヒトツ。
余分なコストをかけ過ぎで、肝心の部分の満足度が非常に低い。
こうしてみるとHISってやっぱりすごい会社なんだなぁということがわかる。
本命の顧客が、個人なのか、法人や団体なのかでこうまで違うのか・・・と。

・某月某日

6:00起床。46.7kg。
血圧134-79。

顧問先の仕事が急速に増えてきている。担当範囲が広がっているというのが正しい言い方かも。
社内のムードが盛りがっている時に、一気にやりたいとうのはもちろんこちらにもあるのだが、見込んでいたスタッフが突然取り上げられることが多くて、なんとかならんかね…と思う。

組織の中の人間なら、抗議するしストレスも溜まるのだが、顧問ってあくまで外なので、「困ったわねぇ」と思いつつ、あまりストレスが溜まらない。
組織との内側と外側で随分とものの見え方が違うのだ。私の場合。

・某月某日

5:00起床。47.2kg。
血圧115-67。

午前中は自宅でお仕事。
お昼からコーチングのセッション2件をこなして、友人と東京ステーションホテルで、まともなカクテル並みのお値段のするお茶をいただく。

このホテルが新しくなってからきたのは初めて。
以前の時は夕方ちょろっとバーに立ち寄り、電車を眺めながらお酒を数杯飲んだりしたものだが、確かロケーションと雰囲気のわりには安かったイメージがある。
今はどうなのかしら?

仕事のDinnerで神楽坂。
ちょっと隠れたところにあるお店で、1コースのみ。(多分6000円ぐらいかな)
京都のお料理で、器も美しいし、料理も美しい、少量のものをたくさんの種類出してくれて、女性に喜ばれそう。
お酒の値段も高くない。

1階はカウンターのみだったが、2階もあるそうだ。
初デートでこんなお店だったら、随分と男性の株は上がると思う。
帰り道が暗いので、手ぐらい自然に握れちゃうかもしれないよ。

意地悪なので、お店の名前は隠しておこう(笑)

だって私の男友だちは私が連れて行ったお店でばかり、デートするから、こっちが行き難くなっちゃうんですもの〜。

| コメント (0) | トラックバック (0)

オシャレ男子

6時起床。46.8kg。
血圧136−85。

出張中に滞っていたメールをまとめて返信。
と言っても、今はスマホがあるので急ぎのものは出張先で既に片付けておいた。色々と厄介な面もあるが、やっぱり仕事には便利なアイテムなのよね、スマホって。

犬とたっぷりお散歩。
出張中は夫に犬の散歩をお願いしていたが、どうも東京は雨だったようでほとんど行けなかった様子。
洗濯をして、顧問先のメルマガを編集して、少しだけCourseraで英語の勉強。
英語を大量に使う案件は後ろ倒しになったが、まったく使わないとそもそも付け焼き刃のボキャブラリーが恐ろしいスピードで頭から消えていくので、多少なりとも食い止めないと。

美容院に出かける。
私はとにかく男性のアクセサリーというのが生理的に駄目なタイプ。
そして若いオシャレ男子というのもかなり駄目。
つまり美容院というのは、ものすごく居心地が悪い場所である。
これはなぜか娘にも遺伝しており、いつも美容院の後はその話題になる。
美容院を替えるのは、非常に面倒だがそれでも女性スタッフしかいない美容院というのがあれば、多分私たち母娘はそっちを選ぶだろう。

美容院ではオシャレ男子が視界に入らないようにひたすらジョナサン・アイブの本を読む。
ジョナサン・アイブだってお洒落じゃん!と言われそうだが、年齢がある程度高ければアレルギーは出ないので、ジョニーはありなの。

そのまま食材の買い出しに行き、帰宅。

本日の晩御飯:手羽元+大根+ゆで卵の煮物、小松菜+人参のナムル、キャベツ+春雨の塩レモン炒め、ザーサイ、玉ねぎの味噌汁、土鍋御飯





| コメント (0) | トラックバック (0)

佐海屋@なんば

昨日に引き続き。またもや大阪で当たりのお店。

本当に大阪の飲食店レベル高過ぎ。

これまた偶然入ったお店。
ビルの一階にあって、特に凝った造りでもなく、外にあったメニューを見ても、まぁごく普通の居酒屋かな…と。

ダイニングステージ 佐海屋 (さかいや)というそのお店は難波の駅からすぐのところにあった。

入ってみたら、それなりに混んでいて、一人のお客さんも多い。
席はカウンターのみ。
うろ覚えだが、14席ぐらいだったような。

店内は年配の男性、中年の男性が厨房でお料理を作っておりオープンキッチン。
年配の男性の奥様なのかしら?という女性がホールをご担当。

うーん、この人数ではおそらく飲み物がやってくるのは遅いだろうと判断し、焼酎をボトルでまずはオーダー(結果的にこの読みは当たっていた)

周囲を見回すととにかく何をみても美味しそう。
そして量はたっぷり。
でもメニューのお値段は安い。

突き出しがいきなり美味しくて、ああ、これ当たりだわ!と。
串カツの盛り合わせ、出し巻き卵、地元のオススメの水ナスの浅漬けなど、をとりあえず大阪っぽいものをいただくのだが、どれもすごく美味しくて、そしてすごくボリュームがある。

あと3品ぐらいは頼みたかったが、どれも量が多くて、少しだけ追加して終了。
メニューを見るとランチのメニューも猛烈に安い。
ここほどコストパフォーマンスの良い店は滅多に見つけられないと思う。

ご主人がカウンターの中から常にお客様を目配りしているのもすごく良い。
お皿も大きくて見栄えがするのものが多いが、これって結構なコストになるし、そもそも洗うのも収納するのも大変だろうに…。

きっと根っからお客様を喜ばせてくれるお店なんだと思う。

忙しく過ぎてホールに手が回らないのが唯一の難点かなぁ。
あと、お酒にはこだわりのないお店みたいで、普通のものが普通に置いてある感じ。食がメイン。

ご興味ある人は、グルメサイトにたくさんコメントが出ているので、ぜひそちらを。

| コメント (0) | トラックバック (0)

巴うどん@天王寺

久しぶりの関西。
前々から以前の顧問先より、一度関西の事業所と話をしてみてくれ…と言われていたのを、半年ほど経ってようやく決行。
なぜなら今週は大阪でGⅠレース「高松宮記念杯」があるから。

ということで、久しぶりの大阪。

大阪の好きなところは、何と言っても、「食い物が旨い!」である。

目についた食べ物屋に普通に入って、普通に美味しいって、東京でもかなり幸運。
地方なら、まぁほとんどない…と言っても良いと思う。
東京なら、これまちがいなくグルメサイトの★3.5以上というのが普通なのがスゴイ。
関西の友人達に言わせれば、そんなの当たり前で、そうじゃなきゃ潰れるわ…ことらしい。

そういえば20年ぐらい前に一緒に仕事をしていた大阪出身の同僚男性が、東京はまともな味の店は事前に調べて予約しないとならないから、本当にデートとか面倒臭い…と言っていたが、確かに大阪なら飛び込んで入っても基本的にどこも(東京の平均の店よりも)美味しい気がする。

ということで、今回も一切下調べせず、飛び込み。

天王寺周辺で、ぶらぶらしていて発見したお店。
お店の名前を見ないで、メニューをみて、聞いたことのない魚の刺身があって、日本酒が充実していそうなので入っただけ。
店はまったくお金のかかっていない造りで、カウンターが4席ぐらい、あとは壁に向かって席が横並びで同じく4席ぐらい。そして壁中に日本酒のラベルが無造作に貼ってある。椅子はパイプ椅子を微妙にお洒落にしたようなたためるやつである。

「奥もありますよ」と奥を覗いたら、なんとそこにはビリヤード場…。(結構広い)
で、ちょこちょこっと小さなテーブルと椅子があり、うーん、これは…。きっと店員さんを呼ぶのにすごく大変だろう…と思ったので、カウンターへ。

お酒のメニューがないので、聞いてみると、レアなものばかりでたくさん入手できないから、メニューはない。好きなテイストを言ってくれれば何本か選んでくるので言ってくれ…、ちなみに値段は基本一杯500円〜700円で、大吟醸でも1000円まで…とのこと。

ではまず、爽やかなもの…ということで、冷蔵庫から3本ぐらい取り出して、あれこれ試飲させてくれてから、一杯を選ぶ。
この試飲制がすごく嬉しい。
どれも無茶苦茶美味しい。そして色々と説明してくれる。
聞けば、プロ向けの利き酒会の場所だったりとか、日本酒の漫画を書いてる漫画家さん達が常連だったりと、どうもすごいお店らしい。

名前を覚えていないのがとても残念だが、初めて食べたお刺身も2種類ほどあり、どうも近海でたまに取れる魚であまり市場に出回らないので、恐らく関東では見かけないでしょう‥とのことだった。
「生サバの刺し身」もあって、私は生で鯖を食べたのは初めて。「ま、よっぽど新鮮じゃないと出せませんから…」ってそりゃそうだよね。
これも日本酒によくあって美味しかった。

湯葉豆腐のお出汁もすごく美味しくて、おうどんのお出汁ですから…って言われて、うどんも出すのか…と思っていて、後でお店の看板に「巴うどん」って書いてあって、ビックリした。
うどん、ビリヤード、日本酒?????

「東京だと東京駅にもある、はせがわ酒店とか品揃えがいいですよ〜」という話になり、「そこの本店は自宅から徒歩10分ぐらいです…」などと、あれこれ日本酒ネタをカウンター越しに聞いていると、「これもう1杯取れないのでどうぞ」と二種類ぐらい出してもらい、多分これってお会計に入っていないのでは?と大盤振る舞い。
このあたりで一体どのぐらい呑んじゃっているのかよくわからなくなってきた。

すっかり堪能して、お店を出るときにお会計を聞いて、「安っ!」と思わず大きな声をだしてしまうぐらい、安かった。
これだけ色々呑ませてもらってこれかぁ…。
大阪スゴすぎ。

ちなみに天王寺というのは、「あべのハルカス」で話題のエリアなのだが、すぐ裏側がラブホテル街というのにちょっとビックリした。

| コメント (2) | トラックバック (0)

英語酒

5時起床。47.5kg。
血圧 126−81。

朝のうちにFacebookをチェックして、誕生日の友人には誕生日メッセージを送るようにしている。
自分がメッセージを受け取る立場でも、「誕生日おめでとう」とか「Happy Birthday!」だけだとコメントの返しようがなくて困るので、なるべく一言書き添えるようにしているが、長年逢っていない知人はなかなか書くことがなくて悩むことが多い。

やっぱり朝の瞑想をすると一日がうまく回ることを昨日実感したので、本日も。
以前は、タイマーを使っていたのだが、タイマーの音が結構うるさいのでイマヒトツだなぁと思っていたら、瞑想のためのiphone アプリ「Stop, Breathe & Think」を先月見つけて、それからはこれを使っている。
タイマーも静かな鐘を鳴らすタイプで良いし、いつどんな状態で瞑想したかも記録してくれる…なので、どのぐらいサボったかもすぐわかる。
で、ある程度やるとステッカーをくれるのもちょっと嬉しい。

その日のコンディションに合わせて、瞑想を選んでくれて瞑想を手伝うメッセージが流れるのだが、私はこれはかえって鬱陶しいので使っていない。
アプリ自体は英語なのだが、そう機能がたくさんあるわけではないので、難しいことはない。
コーチングのクライアントさんに紹介しても非常に好評で、これで瞑想がうまく習慣化できました!とおっしゃる方も多い。

本日は終日顧問先だったのだが、今日は久しぶりにミーティングが4件しかない上に全体にブレインストーミング的な軽いものが多かったので、随分楽だった。多少なりとも空き時間があったので、ようやくプレスリリースの原稿も仕上げることができたし、メールの整理やらもできた。こういう時間って大事なんだよなぁ…としみじみ思う。

いつもはぐったりしてオフィスを出るのだがこの日は比較的元気で、駅の本屋に立ち寄り、自分へのご褒美(←特に何かしたわけではないが)に夜、寝しなに読む小説を3冊購入。
小説を読むのが今もっとも疲れずリラックスできる時間かもしれない。
先日のまとめて数冊買ったが、まとめて一気読みしてしまい、睡眠時間を削ってしまい、休息にならなかったので、今回は1冊だけと当初思ったのだが、どうにも我慢できなかった。
6月もまだ残り3分の1もあるのに、既に本代は17000円を突破しており、自分の目標月額1万円を超えてしまうとどうやらそこでヤケクソになってしまうようで、かえって爆買いしていまうようだ。この目標設定そのものをそもそも止めようかなぁと逡巡する。

自宅で駅ビルの地下で買ったお弁当を食べ終えたところで、地元の友人からメールがあって、そこから地元呑み。
友人の友人であるニュージーランド人の男性も交えてワインをじゃぶじゃぶいただく。
なんか久しぶりに英語酒だったわ。
この男性、日本語を話すのはものすごく上手で、そんな言い回しも知っているんだ!と随分驚かされたが、どうも聞くのはそうでもないみたいで、そんなことあるんだなぁ…とちょっとビックリした。
奥様が日本人だそうで、つまり奥さんの話にあまり耳を傾けないのかしらねぇ…と、穿った見方もちらりと。

駅の改札口で別れるところで、ハグされて別れた。
そういえば、最近外人と会うこと少ないなぁ…ハグされたのなんて久しぶりだよ(別にハグ好きじゃないけどね)
このところ電話会議ばっかりだなぁ。そういえば。



| コメント (0) | トラックバック (0)

ニッチなお仕事

5時起床。47.8kg。
本日は久しぶりに完全アポなしDay。(本当に久しぶりだ)

白湯を飲みながらゆっくり前日の新聞を読んで、お米を研いでからメールの処理。
娘もお休みで自宅にいるので、お味噌汁を作って、焼き魚、ぬか漬け、土鍋御飯…満足な朝御飯。
食事が終わると同時に、宅配野菜がやってきた。

大根
キャベツ
小松菜
ニラ
ベビーリーフ
きゅうり
とうもろこし

曇り空の中、犬とのんびりお散歩。
薄い紫の桔梗の花、薄いピンクの夕顔、控えめな日本の花というのはやっぱり良いな…と思う。

帰って犬をお風呂に入れてから、久しぶりにきちんと瞑想。
このところバタバタしてサボり気味だったのだが、瞑想をさぼるとどうも1日バタバタするわりに、大した成果は出ないし、気分もしゃっきりしないので、急がば回れということで、やっぱり瞑想をする。
アプリを使って記録をしているので、どのぐらいサボっているのかがわかった。
サボっていた時期を振り返ると、さぼるとあまり良い結果にならないということが見えてきた。

本日中に片付けなくてはならない優先タスクを片付けてから、ブログに旧記事のまとめを載せる。
古い記事を振り返って、そのままアップできるというものはほどんどない。
時間が経てば、物の見方って随分と変わるんだなぁというのがよくわかる。
そのため、旧記事をアップする際には、だいたいの場合、今はこういう風に感じているという追記をつける形になっている。
今回の旧記事のまとめはこちら 

このところシステム開発に関連する仕事のオファーが多い。
基本的にはエンドユーザ側からの依頼で、開発ベンダーの選定からその後のプロジェクトマネジメントまでできる人がいない…、経営層と情報システム部門がうまくコミュニケーションが取れず双方にストレスがある…、プロジェクトが崩壊しそう…とか、まぁ、そういう感じで技術そのものの問題が持ち込まれるのではなく、コミュニケーションエラーの改善とか、チームマネジメントとか、チーム育成とか、そういう部分が私のところにやってくる。
で、そんなこんなでシステム開発に関係しそうな本をあれこれ読み返している。

大体この手の話は、呑んでいる席で「yoshikooってITなんだろう?うちの会社のシステム部門全然ダメでさ〜」という話から始まり、「じゃ、これとこれどうやっているか聞いてみたら?で、答えがこうだったらおそらく…」という話をする。

で、忘れた頃に電話がかかってきて、「なんかyoshikooの言うとおりだったみたい…。ご飯おごるから一度会社にきてよ」という話から、先方のシステム部門と会って、当然システム部門も言いたいことが山のようにあるわけで…「yoshikooさんうちの経営者IT分からなすぎですよ。何とか言ってやってくださいよ」ということでなんとなしに仕事になってしまう。

技術の話は経営陣よりはわかるが、エンジニアほどわからない。
そしてその部門の人たちよりは、経営者が何を言いたいのかがよく分かるという微妙なスキル(?)が、ブリッジ役にちょうど良く、しかも社員で雇わなくて良いし、ベンダーの人間でもない…ということが売りになっているものすごくニッチな仕事である。

で、改めて本など読んでみる。
ベーシックなことがほとんどなのだが、でも実際できていないよね…ということが多くて、よくまとまっているし、私のような微妙な立場の人間には結構現場で役立っている。

衣替え完了。ま、洋服も随分と減らしたし、少しずつやっていたので本日は30分ほどで片付いた。
大した作業ではないのだが、気分的にやっぱりすっきりする。

午後から、各顧問先の残タスクの洗い出しやら、スケジュールチェックなどをしているとあっという間に夕方で晩御飯。

本日の晩御飯:
茹でとうもろこし、レタス+ベビーリーフ+キュウリのサラダ アンチョビドレッシング、おぼろ豆腐+ニラ醤油、小松菜のおひたし、鶏肉の塩麹漬け焼き、ジャガイモ+玉ねぎの味噌汁、土鍋ご飯

ドレッシング作るの面倒くさくないですか?と先日聞かれたが、ドレッシングだけはなぜか若い頃から作るものと決めていて、面倒くさいと思ったことは多分ほどんどない。
市販のドレッシングは買ってきてすぐは美味しいのだが、開栓すると味がすぐ落ちるのと、途中で飽きてしまうこと、それから最後まできっちり使うのが難しくて、どうも手が出ない。







| コメント (0) | トラックバック (0)

マインドマップ/千住博/Designing Body

・某月某日 7:15起床。46.8kg。血圧139−78。

コーチング2件。顧問先訪問など。
調整すれば微妙に行けそうだった取手競輪。
しかしながら本日のレースで武田豊樹は失格となってしまうVTRを見て、当たり外れの問題ではなく、心情的にそれはちょっと観たくないような気もするので行かないで正解だったかも。

夜はマインドマップの2時間無料セミナーーを受ける。マインドマップとの出会いは2000年で、トニー・ブザンの本で知り、それから自己流でちょくちょく書いているのだが、このところマインドマップを書いていると、書き方を教えてくれ…とあちこちで言われるようになり、書き方のコツってなんかあるのかなぁ…とネットで探しているうちに、自宅から徒歩圏内でトレーニングをやっていることを知り、申し込んでみた。

2時間とは言え、教わってみるとやっぱり自己流では分かり難い部分がかなり見えてきて、改めてこのツールの良さもわかり、7月には有償の2日間コースにも申込むことにした。
公私ともに使えるし、道具立てもいらないし、そのくせパワフルなところが良い。

・某月某日 5:30起床。47.0kg。血圧128-76。

終日顧問先で打ち合わせなのだが、そのうちの3件は顧問先役員へのインタビューで、基本は役員の皆さんが喋ってくださるのを聞いて、分かり難い点とかもうちょっとクリアにしたい点をこちらが質問するという形式なので、いつもの自分主導のミーティングよりずっと楽である。

それにしても上層部の考えていることを、部下たちにそのまま理解してもらうというのは非常に難しいことなのだなぁ…としみじみ思う。
ストレートに話していても、どこかに伝言ゲームのように違うものが混じってしまうのはなぜなんだろうかね。

夜は、慶應MCCにて、日本画家・千住博氏の講演。
舞台に登場するなり、圧倒的な品の良さと男前ぶりにビックリした。誰が見ても「素敵〜」と黄色い声をあげたくなるような紳士である。

講演もほとんど原稿なしで進められ、途中氏の作品や世界の作品のスライドが挟まれていて、誰一人寝ることなく聴いていた様子。(慶應MCCは実は結構寝ている人も多いので、これはスゴイこと)
私はたまたまPC持参だったので、メモを相当取っていたが、話の流れはあるのだが、かなりあちこちに飛んでおり、振り返るとかなりまとめにくいのだが、聞いている際中はまったくそのことが気にならないのだからすごいと思う。

このところあちこちで色々なものを観ていて、揺さぶり感があるが好きかと言われば微妙とか、これは好きだ…と思うのだが、似たような感じのこれは好きじゃないのはなぜだろう?とか思っていたが、どうも私は「静寂」というものに物凄く惹きつけられるということが、氏の作品を観て、それから話を聞いてよくわかった。
ああ、なるほど。これは別にいわゆるアートに限らず、あらゆる場面で私の色んな好みに通じているのだなぁと思い当たることが多い。
集中力がある人が好きだというのも、集中している人の周囲はものすごく静寂だからなのだな…とか、競輪が好きなのもそこにある種の静寂感があるからなんだな…とかよくわかった。(競輪のどこが静かなんじゃ!と思う人は多いと思うが)

・某月某日 5:50起床。46.7kg。131−90。

お誘いをいただき「Designing Body 美しい義足を作る」という展示会を観に、東大駒場キャンパスへ。

これまでの義足というのは、いかにその外観を人間の足に近づけるか…という形で作られていて、色はいわゆる肌色で足の指やら似せて作られていたようだが、ここに展示されているものはどれも発想がまったく違うものだった。
これは代替え品ではない。

このデザイン展の説明に、「デザインしてきたのは、道具でしょうか、それとも身体でしょうか。」というか文章が添えられていたが、そのどちらでもないような私には気がした。

作ってきた義足がどのように変遷してきたかという展示を見ていると、進化するに連れてよりシンプルになり、恐らく使う人を考慮してだろう、ネジや細かい付属品が外から見えることがなくなってくる。
女性用の義足には、なんともいない女性らしさが漂い、子どもの義足は子どもの躍動感が感じられる。
それは「歩く」ことにも「走る」ことにも密接には機能としてつながらないかもしれないが、それを日々使う側から見れば、そこまで配慮されたデザインはとても重要な事だと思う。

展示会を後にして、下北沢で昼酒。
お惣菜も美味しいし、良心的なお値段の感じの良いお店だった。
プロジェクト管理の依頼がきているシステム開発案件について相談し、気をつけるポイントなど示唆に富んだアドバイスをいただく。
もちろん最後には「すいません。私の手に負えなくなったら、お力を借りに行くと思いますがよろしくお願いします」と先に謝っておく。
フリーランスといえば、何だか非常に独立しているようなイメージだが、結局諸先輩のご助言とご指導なしではまったく立ちいかないのである私の場合。

20150610_111914_3

| コメント (0) | トラックバック (0)

ベストセラーを楽しむ

5:50起床。46.9kg。
血圧132−75。 昨夜はドラマ「半沢直樹」の原作である「オレたち花のバブル組」を寝しなに読んでいたらハマってしまい、寝たのが23時過ぎになってしまった。
ベストセラーというのはやっぱり誰が読んでも面白い。
池井戸潤氏の本を読んだのは初めてなのだが、よくできているなぁ。人気があるのがよくわかる。

ドラマを見ていないのでよくわからないが、ドラマの視聴者はこれを見て、「銀行ってとんでもないなぁ」とか「銀行って社内政治ばかり横行していてお客を見ていなぁ」とか思ったのだろうか。
よくわからないが、ここに出てくる顧客無視の社内政治というのは、別段銀行だけの特殊な話でもないんだよなぁと思う。
自分の敵の足を引っ張りたいがために、会社にとって決してよくないことをやる…というようなのは、大企業だろうがベンチャーだろうがそこここで見かける。

取手でGⅢが行われているので、いそいそとお出かけ。
毎度のことなのだが、北千住での常磐線の乗り換えがどうもわからない。
千代田線直通のタイプとただのJR常磐線の位置が離れているのも混乱の原因のようである。
まぁ、取手競輪場は駅から歩いて行ける範囲なので、送迎バスに乗らなくてもなんとかなるので…と、のんびりお出かけ。

今日はGⅢのせいなのか、女性客も多い。
私は先日の取手で、まったく勝っていないのでここで連敗記録をストップしたいというのと、武田豊樹の走りっぷりがみたい…というのが本日の目的。

とりあえず、ものすごくオッズの低いものではあるが連敗記録はストップ。
そして期待を裏切らない武田の走り。
ふだんの練習もものすごい量をこなすらしいが、その裏側の努力量が自信をもたらして、且つ毎回きっちりと仕上げて実力をその場ではっきしてくるんだろうなぁと思う。才能だけの勝負強さじゃないんじゃないかと思うのだ。
そうか、私は仕事に関してストイックな人が好きなのだなぁとしみじみ思う。

ぶらぶら北千住を歩いて、海ごはん山ごはんというお店で焼酎をいただきながら、軽く晩御飯を食べて帰宅。
お店の人の感じもよいし、御飯も普通に美味しい、焼酎もそれなりにあってお値段も悪くない。
近所に欲しいタイプのお店だった。



| コメント (0) | トラックバック (0)

十人十色

6:30起床 46.8kg。血圧123−73。

娘は早番。昨日から泊まっていった夫はこれまた仕事で早朝から出かけて行き、母はNPOの仕事で寺巡りツアーの引率らしい。
昨日からの雨がまだ続いているので、犬の散歩にも行けず静かな週末。

やることはたくさんあるが、特に急ぎはないので、本日は20分単位で、家事→読書→書きもの→仕事というサイクルで回してみることにする。

「井田真木子 著作撰集」の「同性愛者たち」というノンフィクションを読んでいると、何度も普通って何なのかな?と考えさせられる。
同性愛者に囲まれて異常者扱いをされる異性愛者の著者のエピソードなどを読んでいると、「正しい」とか「異常」という言葉の曖昧さに足元がぐらぐらさせられる。

直接内容とは関係ないが、登場人物の1人の話に幼少期に「1人で静かに過ごしていたい」という小さな望みを持っていた男の子が、男の子は外で元気に遊ばないといけないという周囲の強い思い込みのために非常に居心地の悪い思いをしてた話が盛り込まれている。

私も同じようなことで、随分と嫌な思いをしたことを思い出した。
私と3歳年下の妹は対照的で、本ばかり読みたがる病弱な姉と、とにかく身体を動かすことが好きで活発で丈夫な妹…とハッキリそのキャラクターが分かれていたために、本ばかり読む→身体が弱くなる…という図式でよく両親にため息をつかれたものである。

どう考えても単なる好みの違いだと思うのだが、これがますます私を運動することを億劫にさせて、自分が身体を動かすことが嫌いだと思いこむようになった。
大人になってみれば、単純に周囲と比較されるのが嫌なのと、学校の体育というのはペースを自分で配分させてもらえず、色々と強制されるのが嫌だっただけで、別に身体を動かすのは嫌いではないことがわかった。
こんな理由で子供の頃に、自分はXXXXが苦手、XXXXXが嫌いと、そこから長いこと思い込んでしまうことって結構あるんだろうと思う。

先日から、学生時代の友人たちの間で、当時によく聴いた曲をYoutubeで探し出し送りつけるというのが流行っていて、朝からいきなり大江千里の「次十人十色」がやってきて、すっかり仕事をする気が失せる。
あれこれ聴きたくなってしまい、仕方なしに音楽をかけながらアイロンがけを始めとする家事を片付ける。
ああ、仕事溜まっているのになぁ。

本日の晩御飯:
グリーンリーフ、ミックスリーフ、水菜のとにかくグリーンのサラダ with 中華ドレッシング
豚キムチ
南瓜の和風サラダ
水菜と卵の中華スープ
人参ぬか漬け
土鍋御飯









| コメント (0) | トラックバック (0)

意味のない会議が懐かしい…今日このごろ

・某月某日

4:50起床。47.4kg。血圧124-71。
終日ミーティング(自分主導のミーティングばかり5件)。
へとへと過ぎて、晩御飯食べるのも面倒臭い。
でも、食事を抜くとかえって太るんだよなぁ。。。。。

・某月某日

5:00起床。46.0kg。血圧125-79。
久しぶりに雨で肌寒い1日。
放置しっぱなしになっていた401Kの管理手続きをようやく完了。
相談窓口の人がとても親切で、マンションローンとか事業の節税とか色々と相談に乗ってくれた。(先方もかなり暇だったご様子)
ローンの借り換えは、個人事業主だと厳しいかな…と思っていたが、いくつかやり方があるそうだ。
宅配野菜が届く。葉物が多くて悩ましい。

・某月某日

5時起床。47.0kg。血圧120-67。
目覚ましが壊れてしまってから、iPhoneのアラームを使用していたのだが、iPhoneを寝室に持ち込むとSNSがどうも気になってしまい、いわゆる寝っとをしてしまい、寝付きが悪くなるという変な習慣ができてしまった。
こりゃ、目覚まし時計必要だな…ということで、最近お気に入りのcreema というサイトで寝室と色合いの合うものを見つけて購入。
早速試してみたら、ものすごく深く眠れて満足。

ちなみにcreemaはハンドメイドのアクセサリーを始めとした色んなものを個人の作家が販売しているサイトで、私の好きなアシメントリーなピアスなどが色々あってちょくちょく見ている。

仕事が立て込んでいて、朝は1時間早く家を出て近所のフレッシュネスバーガーで、書物仕事。家でできれば良いのだが、母の仕事の電話で8時以降はうるさくてとても仕事にならないので。

立て続けに自分主導のミーティングを5件片付ける。社員の頃は、意味のない会議に呼ばれることが本当に嫌いだったが、こうしてみるとそういう会議が懐かしい。
自分主導の会議って、まったく息が抜けないので、1日1本ぐらいで十分だと思う。

ヘロヘロの身体を引きずって、丸の内にて慶應MCCの夕学50講にて、「資本主義の終焉と歴史の危機」という講義を聞く。
要素要素は非常に面白いトピックなのだが、全体のつながりが悪くて、咀嚼しにくい。
ふだんは大学で教えておられるようだが、そもそもそれほど経済について興味があるかも微妙な大学生にこれは辛いだろうなぁと想像する。

・某月某日

6時起床。46.7kg。血圧132−68。
雲行きが怪しいので、早めに犬とお散歩して、手洗いすべき洗濯物をちゃちゃっと片付ける。

コーチングのセッションを終えて、持病の定期健診で順天堂病院へ。
主治医の先生に、随分と長いこと(1年半ぐらい)発作が出ていないから薬を減らしてくださいとお願いして、以下の条件でしぶしぶ了承してもらう。

1. ストレスの多い生活をしない。
2.睡眠不足になるような生活をしない。
3.食事と運動を心がける。
4.調子が悪くなったら、まずは手持ちの在庫の薬を追加で服用し、必ず安静にして外に出ないこと。
5.発作を起こしたらすぐに病院に来ること。

1〜3は誰でも当たりまえのことだけれど、先生曰く風邪をひくとか、頭痛がするというようなことがあったら、1〜3のどれかがおかしいはずだから、すぐに生活を改善し、できれば薬も追加服用するようにとのことで、それ結構厳しいなぁ…という印象だった。

5.に関しては、発作が起きてすぐに病院に行っても別に解決するわけじゃないので…と、私が行かないので戒めだと思う。(次の定期検診で報告するだけのため)

帰り道に地元の本屋さんで文庫4冊+漫画1冊を購入。

夫の誕生日から遅れること数日。誕生日恒例の焼肉ということで、近所の名店「門」にて、美味しいお肉を堪能。

| コメント (0) | トラックバック (0)

お料理2年生への進級

4:50起床。46.6kg。血圧135−75。

夫の50歳の誕生日で、犬の13歳の誕生日。

6時前にランニングを2kmほど。帰宅して土鍋でお米を炊いて、蒸らしに入ったので、犬とお散歩。
7時を過ぎると、犬にはアスファルトの照り返しが厳しい様子。
ただし、7時前だと睡蓮の花がまだ開いておらずこれが残念。毎年おなじみの悩みだ。

Skypeでのコーチングを終えてから、ひたすら家事と仕事のタスクを片付ける。
昨日のうちに野菜はだいぶ使い切ったので、プレッシャーがだいぶ減った。

ちなみに昨日の晩御飯は、野菜たっぷりのミネストローネ、鳥手羽元と卵の煮物、キャベツとアンチョビのパスタ。野菜を使い切るにはスープかタジン鍋が一番だ。
昨日は珍しく母が家にいたので、献立がパスタになった。(通常、母親は21時過ぎに帰宅するので既に私はベッドの中にいることが多いため、我が家では食卓に麺類が並ぶことがほとんどない)

そういえば、一年前のこの日に別居はスタートしたのだった。(夫の誕生日にスタートというのも何だかね)
そこから1年ということは、今日からお料理2年生に進級(?)だ。
まだお魚をさばけるようには全然なっていないので、これは2年生の課題だな。
先日買った砥石でちょっとずつ包丁の研ぎ方もわかってきた感じ。
フライパン買い換えないとなぁ…柄がぐらぐら、テフロンは完全に剥がれきっている…、などまだまだ色々とあるが、ぼちぼちとね。

Kindle対応の技術書が、ポイントがつくことで50%オフで販売していたので、あれこれサンプルをダウンロード。
技術書は図説が多いので、ものすごく注意が必要。
案の定スクリーンショット系は、ほとんど潰れいてい中身が見えない。
技術関連の読み物はKindleで良いと思うのだが、いわゆる技術解説書はレファレンスもし難いし、書物に軍配があがることが多い。

走ったせいか今日はエネルギーの持続時間が長かった。

iPhoneに明日はスケジュールが7件あって、忙しいです…というようなメッセージが表示された。
こんな機能もあるのか…。
そう、忙しいんだよなぁ。わかっていますよ。そんなこと。







| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »