« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

わたしのウチには、なんにもない。

朝一番でまとめて、仕事のメールを返信。
とにかく初動を早くしないと、後ろのメンバーのタスクが遅れてしまう。
そういや、外資勤めの時に「とにかくボールを次に渡せ」とよく言われたなぁ。
ミーティングで詰め寄られるのは必ず「ボールを握っている人」だから、言われなくても怖くてすぐ次に回す…というより投げ返す癖がついていた。

犬と長目の散歩に出かけ、洗濯をして、図書館に予約の本を引き取りに。
図書館で借りた「わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります」を読んで、かなり著者と私は似ている部分があるかも…と。
私も散らかった、狭い空間には収納できないほどモノの多い家に暮らし、友人を呼ぶことなどありえない‥という感じだった。

著者は何とか片付けようと頑張るが、私は早々に諦らめ高校時代からコツコツと貯金し、絶対一人暮らししようと決めていた。
後にこの貯金がシングルマザーで娘と2人で暮らし始める軍資金となった。

私は自分でそれほど捨て魔だと思っていないが、著者が持っていて私が持っていない、ダイニングテーブルのセット、電気ポット、炊飯器、、ソファ、テレビ(ひょっとして、配偶者も含むべきか?)を考えると、それなりに持たない人なのかもしれないなぁ。

本は随分と減らしたので、私としては決して多くないつもりだが、ひょっとすると未だ多い方なのかもしれない。この点は比較対象がよくわからない。
とりあえず、この本を読んでますます捨てモードになってきたのは間違いない。

昼過ぎから顧問先訪問で、これまた図書館で借りてきた「脳科学は人格を変えられるか?」を読み始める。悪くないが、引き込まれるというほどでもない。50ページ読んでこの調子だったら終わりにしようと思う。

本日は、ユーザのためのイベントで、それに伴うメディア取材の立会とか運営の見守りなど。
会の懇親会はグルテンばかりで一口も食べず、ビールも呑まず、なんとかグルテンフリー生活5日目を終了。
社内のメンバーと会の中でも、その後もあれこれ話が聞けて、どんなことを考えているかよくわかったので、当初の想定とは違った意味でよい機会となった。







| コメント (0) | トラックバック (0)

グルテンフリー

秋晴れのお天気。
昨日に引き続き、かなり朝は冷え込んでいる。

お昼から顧問先に訪問。2件のミーティングをこなして終了。

こちらの顧問先近くにモンベルのショップがあることを知り、ちょっと寄り道を。
速乾性のインナーと帽子とそれから帽子を止めるクリップみたいなものが欲しくて…。
行ってみて初めて知ったのだが、モンベル商品というのはどうもあちこち目につく場所にロゴが入っていて、あまりブランドロゴ好きでない私にはやや微妙…。

おかげで散財しなくて済んだとも言える。
ま、何はともあれ、このあたりは最低週二回は訪れるので、この場所にお店があるのは便利である。

そんなこんなでランチの時間が15時となってしまった。
先日からグルテンフリーを始めて、本日で3日目。
外食は、和食中心にしていれば大体問題ないのだが、この時間はランチタイムから外れているので、定食を出してくれるところが少ない。
目につくのは、パスタ、うどん、そば、サンドイッチというところ。どれもグルテンである。
困ったな、このまま帰るかな…と思ったところで、8品目野菜と10穀米のビビンバを発見し、事なきを得る。
やれやれ。

晩ごはんは、鶏肉を使った回鍋肉、豆もやし+ハム+きゅうりのナムル、ほうれん草と雑魚のサラダ、さつまいもの甘煮、大根の味噌汁、白米。

20時にはベッドに入り、図書館で借りてきた「欧米に寝たきり老人はいない - 自分で決める人生最後の医療」を読む。
この国では、どうやら苦しまずに死なせてもらうには、病院には近寄らず、自分が知らない内に救急車にのせられてしまった時のために、どのぐらい有効かは心もとないが、こういう治療はやめてくれ‥というのをきちんと書き起こし、娘にいい含めておかないとダメなようだ。



| コメント (0) | トラックバック (0)

AIの衝撃

・某月某日

東京の西側にて、お気に入りのレストランにてフレンチを堪能。
コストパフォーマンスがとても良いのは、やっぱり辺鄙な場所だからだろうなぁ。

いつも思うのだが、美容院とか飲食店に土地代を払う(=支払料金に土地代のコストがかなり含まれている)というのは、客の立場からするとものすごくもったいない気がする。

・某月某日

朝から競輪。
本日はレディースDayということで、通常1000円の特観席が無料。
ところどこから、ゆうえんちの観覧車が観える、秋晴れの空の下の色とりどりの観覧車、それから9色の選手たちのユニフォームのコントラストが美しい。

勝ち越して気持よく終了したので、本日はその後に地元に帰ってから日本酒+串揚げを堪能。

・某月某日

2件ミーティングが潰れたはずなのだが、その分他のミーティングが延びた+議題が重たい…ということで、かなり頭を使って疲れた1日。
部門の成果を測るKPIがそれでは利益向上に全くつながらないと思うのだが、では何をKPIに持ってくるかが悩ましい。
従業員の貢献度と部門の成果を1つのKPIで測るというのに無理があるような気もするのだが。
しばらく頭の中に置いておいて、時々取り出して考えておこう。
するっと良いアイデアが浮かぶことがある。

帰りに駅周辺で、チームメンバーとタイ料理を食べて帰宅。電車の中で、急に偏頭痛がやってきて途中下車してタクシー帰宅となった。
サエない1日。

・某月某日

5時半起床。朝のうちは風が強くて少し寒い。
しばらく、無風状態だった顧問先にそれなりの額の投資が入り、マーケティング面を刷新し、営業体制も再構築するという話が出てきて、突然猛烈に忙しくなってきた。
コーチングもこのところ、セッションの申込みが多い。これは多分、Twitterで何人かのワーキングマザーにRetweet されたり、フォローされたりすることが増えてきたからではないかなぁ…と推測している。
もともと忙しい顧問先も、ますます忙しく、これが法人なら、追い風がきた…と言うところかもしれないが、こちとら個人事業主。
経営者として嬉しいことではあるが、労働者でもあるので嬉しいとばかりも言ってられなかったりする。そして当たり散らす上司も部下もいない…という。

・某月某日

夕方から、慶應MCCにて「AIの衝撃」という講演を聞いてくる。
AI(人工知能)が現実的に今の段階ではどのぐらいのところまで進んでいて、今の課題は何なのか…というのがよくわかった。
現段階ではあまり大したことはできてきないのが正直な感想で、今後仕事がどんどん無くなっていく…ということばかりメディアでは取り上げられているが、自動運転を含め、それが現実になるまでには当分先になりそうである。
そもそもその研究に膨大なお金が使われているので、人のほうが圧倒的に安く利便性もある分野にそのような投資がくることは多分随分とあとになるだろう。
嫌な話ではあるが、そう考えると多分軍事利用が真っ先に投資に見合うだろうと思う。

こういうのを一くさり語れたりすると、それだけで何となく仕事ができそうな人と見えたりすることもあるようなので、まぁ時間があれば、たまにはこういう情報収集も良いものだ。
それに講演内容そのものも面白かった。
「やるべきこと」ではないが、「やったほうが良いこと」だね、こういうのは。

| コメント (0) | トラックバック (0)

good lookingというビジネススキル

6時半起床。
引き続き、偏頭痛でロキソニン服用。ああ、レルパックス欲しい…。

頭痛がいつひどくなるかわからないので、朝のうちに延ばし延ばしになっていたWeb連載の原稿を改訂して送る。
この仕事は楽しくはあるのだが、ひどく疲れる。
自分のブログに気ままに書き散らすのはなんとも思わないのだが、企業のやっているメディア媒体にモノを書いて、しかも原稿料をいただくというプレッシャーはきつい。
そういえば、自分で配信していた有料メルマガだって、その手のプレッシャーで続けられなかったことを思い出した。気が小さすぎるのか…。

外は雨が降ったりやんだりだし、体調もよろしくないので終日自宅で過ごす。
寝てばかりいると体力が落ちるので、洗濯したり、アイロンがけしたり、それからアイロン台をスタンディングデスクに見立てて、あまり頭を使わなくても片付けられそうな仕事を片付ける。

合間合間に「反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体」を読む。アメリカでのキリスト教の広がり方と「反知性主義」というのがどのように生まれてきたか…というのが非常にわかりやすい。
一見、難しそうだが面白さに引きこまれて、あっという間に残り3分の1となった。

同じく図書館で取り寄せた「美貌格差: 生まれつき不平等の経済学」をざざーっと読む。
こちらは文字も大きく非常に読みやすくてあっという間に読める。
どこかのビジネス系のサイトで取り上げられていて(多分、出版社から考えるに東洋経済オンラインだと思うが、記憶が定かではない)、面白そうで一応取り寄せたのだが、サイトで取り上げられていた以上に、面白いポイントはなく、図書館で良かった‥という本である。

ようは美醜によって、稼ぎは変わるのか?という話で、男性のほうが実は美醜による経済格差は大きいという話とか、女性のほうが「美」の基準がマチマチで測りにくいとか、そもそもその稼ぎの差は「美」だけとい言い切れるのか…とか、取り立てて目新しい話はなくて、普段からそうだろうなぁと思っていることが多い。

私は、特に男性については日頃から「good lookingというのは1つのビジネススキルである」と思っているので、まぁそうだろうという感じ。
尚、女性の場合は、ビジネスに相応しいと思われるgood lookingと、good looking故に信頼されない外見というのがあるので、一概には言えないと思っている。

勢いがついて、そのままKindleで何冊か読む。

晩ごはんは母が作ってくれて、ご飯を食べながら、いったい沢木耕太郎の新聞連載は、このままどうなってしまうのだろうか?とか、井田真木子のノンフィクションの力強さとか、もっぱら本の話と、母親の運営しているNPOの話などを聴きながら、地域ボランティアの理想と現状の話などをする。





| コメント (0) | トラックバック (0)

動物みたいな1日

どうも先日の風邪から、体調の悪さを引きずっているようで、本日は絶不調で終日何もせず臥せる。

昨日は終日顧問先の仕事をしていたが、午後から偏頭痛がやってきて、時間が経つにつれて、どんどん痛みがひどくなってきた。今朝に至ってはもうほぼほぼ起きられないぐらい痛い。
吐き気までいかないのがせめてもの慰め。

急ぎで片付けたい仕事はいくつかあるのだが、とりあえずアポはないのでひたすら寝る。
これだけ眠れるんだから、やっぱり調子悪いんだなぁ…などとぼんやり考える。

とにかく体調が悪ければ、お腹が空かない限りは食事もせずひたすら寝るというのをしていると、なんだか自分が森にでも暮らす怪我をした動物にでもなったような気がしてくる。

時々、目を覚まして、図書館から借りてきた「反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体 (新潮選書)」を読む。とても興味深い本だ。
でも、この手の本は読み終わると、これにまつわる読みたい本リストがバーっと出来上がってしまい、大変なことになってしまいそうな気がする。

あんまり横になっていると、腰が痛くなるので途中途中起きるが、これも家事やら何かをするには、ちょっと頭痛がひどすぎて無理。
ということで、生産性0の1日である。



| コメント (0) | トラックバック (0)

典型的な在宅勤務の1日

4時起床。
朝のうちに家事と犬の散歩で、本日の目標消費カロリーを達成。
(ダイエットアプリ「あすけん」によれば、私は毎日215キロカロリー消費しないといけないらしい)

今朝は随分と気温が低いのか、長袖のTシャツにパーカーというので調度良い感じ。
公園の桜の木が少しずつ紅葉していくのを眺めるのが、最近の朝の散歩の楽しみ。

ニンジン
小松菜
チンゲンサイ
白菜
かぼちゃ
きゅうり
パプリカ

この日は、終日自宅で仕事。
細かい仕事をあれこれ片付けて、合間合間に家事をする。
作り置きとして、椎茸の甘辛煮、たたきキュウリの酢醤油漬け、青梗菜のめんつゆ生姜漬け、ゆでたまごのピクルスなど。

先日Amazonのセールで、洗濯物を干すピンチがたくさんついたハンガーを購入。
これが上の部分が今までのものに比べて長すぎて、フェイスタオルを折らずに干すと、床についてしまうことが判明。
うーん、今までいくつか買ってきたが、こんなこと起きたことなかったのでショックである。

我が家のマンションは一応デザイナーズということになっているせいか、基本洗濯物が外に見える干し方は禁止となっていて、
物干しも低い位置にあるので、これはちょっと辛い。
このハンガーそれ以外は使いやすいんだけれどなぁ。

図書館に寄り予約の本を引き取り、夕飯用に少しだけ買い物をして戻る。
朝のうちは肌寒かったが、お昼は陽射しが強くて7部袖のブラウスでもやや暑いぐらい。

途中、友人からメールがやってきて、夕方、犬の散歩に付き合ってというので、フレンチブル2匹のお散歩に付き合う。
私は男の子のほうのリード係となったが、まぁ体重が我が家の犬の3倍ぐらいあり、とにかく力が強い。
ちょっと小さい子やお年寄りには、リードは持たせられないかも。
そうか、犬の大きさによって、飼い主もある程度選ばれるんだなぁ…と。
で、これまた1時間お散歩。

この犬の散歩と図書館への往復で、本日の消費カロリーは800キロカロリー超え、食事も3食とも自宅なので、調整はいくらでもできて、健康度は久しぶりに80点超えとなる。

最近、以前にも増して自宅好きになっているのだが、さらに快適にするにはどんなことがあるかな?と、図書館から「大人のひとり暮らし~今より少しだけきちんと」という本を借りてみたが、これが内容が全然なく、ビックリした。
写真はきれいだけれど。
大人というより、子供に一人暮らしってこんなに素敵よ…というのを啓蒙したい雑誌の特集記事程度だった。良かった、図書館で…。

同じく図書館から「反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体」が回ってきたので、寝しなにパラパラとめくる。これは多分、買うことになりそうな気がするのだが、とりあえず図書館ものもから読んでみて買う必要がなければ、それはそれに越したことはないし、買うにしてもKindleで行けそうならKindleという手が選べる。
最近はこういう2段構え(?) で、本を買うかを決めることが多い。





| コメント (0) | トラックバック (0)

病み上がり

5;30起床。
病み上がりでふらふらであるが、まぁいざとなれば、タクシーで行き帰り移動しようと思い、顧問先へ。
さすがに犬の散歩は今日はお休みである。

とりあえず、6件のミーティングをこなして、行きも帰りも電車で移動することができた。
昔だったら、間違いなく往復タクシーである。
寒気と火照りが行ったり来たりで、まぁそれなりにきついが、仕事をして人に逢えばそれなりに気力が体力を引っ張るということもあって、一歩復調に近づいた気もする。

娘も急性腎盂炎からだいぶ体力が戻ってきた様子。

ダイエットアプリの記録を見ると、どうも10月は全体にアルコール量が多かったり、炭水化物が多かったりと不健康な日が全体に多い。
これは多分外食が多いのに起因していると思う。
暴飲暴食になると、身体に疲れも残り、どうしても翌日の運動も限られたものになりがち、それから自宅も荒れ気味になり、気分も疲れてくる。

そろそろ好循環にもどして行かないと…と改めて反省。

通勤時は、Kindleにて「速さは全てを解決する 『ゼロ秒思考』の仕事術」を読む。
マトリックスを使ってモノを考える練習について、なるほど…と思うが、これってなかなか心理的ハードルが高いなぁとも思う。
でもこれができるようになると、相当仕事で役に立つだろうなぁ。

就寝前は、先日チラリと立ち読みしてふらふらと買ってしまった「とっさのしぐさで本音を見抜く」を読む。
おもいっきりサンマーク出版らしい表紙で、この出版社らしく非常に読みやすい。
身体が発する表現をどう読み取るか…ということがテーマなのだが、普段対面コーチングで自分がやっていることをきちんと文章化されており、なるほどそういうことだったのか‥と思うことが多い。

電話やSkypeでのコーチングだとここまではやっぱりできない。
声だけのメッセージのほうが集中してわかりやすいというコーチも多いのだが、声だけだと、「何かおかしい」「言っていることと思っていることがおそらく違う」「言っていないことがある」ということあたりまではわかるのだが、どの部分がそれを引き起こしているのかが少なくとも私にはよくわからない。
対面だと相手のしぐさと表情で、具体的にこの部分がハードルなのだな…というところまでわかる。

どうしてそれがわかるのか?そのとき、コーチはどこを見てそう感じているか…というのがこの本を読むとよくわかる。





| コメント (0) | トラックバック (0)

生産性ゼロの日

6時半起床。

ようやく血圧がまともな高さに戻った。
外食が続くと塩分が多いのかどうも血圧が上がってしまうみたい。
とにかく降圧剤みたいなものは、面倒で避けたいので、まぁなんとか生活改善で下げたいものである。

お天気も良いので、犬と散歩に出かけるが、まだ風邪が抜けておらず、外出には早かったらしくヘロヘロになって帰宅。
そこからベッドに直行し、後は1日ぐずぐずと寝たり起きたり、生産性ゼロの日である。
何しろ頭痛がひどい。

Kindleを抱え込みあれこれ読み散らかす。
時々、これまた休みで、ちょっと前まで体調を崩していた娘が遊びにきては、ベッドでゴロゴロしてふざけては帰っていく。しかし、この子は3歳ぐらいの時からすっかり変わっていないような気がする。
まぁ、口を開けば仕事の話ばかりしている点が変わったといえば変わった点だろう。

以前から、一人暮らししたらどうか?と進めている。
まぁまず一人娘で甘ったれなのもあるが、それより何より毎日に満足しすぎていて、この子は放っておくと結婚しないんじゃないか…と心配だからである。

バツ2の私が結婚させたがるといのも変な話だが、結婚以前にまず恋愛しろ!と思っている。
何しろ本人がまったくそういう話に興味がないというか、面倒くさがりである。
そういう話が出ても、笑ってかわして終わっているようで、そんなんは困る。

そして、私が思うには、この子は満ち足りていて、ダメなんじゃないかと思うのだ。
ちょっと寂しいとか、心細いとか、人恋しいとかがないと、人は恋に落ちにくいような気がする。
もちろん、そういうのをふっとばすぐらい素敵な人が現れればいいのだろうが、まわりはなんというか色んな意味で薄味の男性ばかりなので、そういう劇的な感じはなさそうである。



| コメント (0) | トラックバック (0)

スクワットのはなし

5時半起床。
相変わらず風邪は抜けず、悪寒と頭痛。

とは言え、寝てばかりいると今度は起きるのが怠くなり、それはそれで調子を取戻すのに時間がかかるので、休み休みあれこれ片付ける。

まともに身体を動かすこともできないので、先日インターネットで見かけてから気になっていたスクワットを少しずつ始めてみる。

記事はこちら

ポッコリお腹を凹ませるなら腹筋より断然これ!

毎日スクワット15回でポッコリお腹はへこむのに知らない人が多いね

特にこの後半の記事のお尻を見ちゃうと、絶対スクワットやろう!という気になるのである。

まともにフォームを真似してスクワットをしてみようとすると5回ぐらいでかなりキツイ。
ま、徐々にやっていきましょう。

「職業としての小説家」を読了。
読みながら、何度かどこかで読んだような内容だな…と思うことが多かったが、後書きによればそもそも「考える人」と「MONKEY」の2冊に連載されてきたものらしい。
どっちも定期購読しているだから、気が付かない私もよっぽどだと思う…。

本日の作り置き:にんじんとセロリの塩麹バターきんぴら 
セロリが大量にまだ残っていたので、ネットのレシピを参考に作ってみた。
すりごまのおかげか、かなりやさしい感じにお味に仕上がった。

晩ごはんは、母が餃子を作って焼いてくれた。
娘の急性腎盂炎も治まってきたようで、珍しく母の作った晩ごはんを食べていた。

それにしても、一度体調を崩すと戻すのに時間がかかるようになったなぁ…としみじみ思う。
一晩眠れば治る!というのがなくなる。
ぐずぐずと後を引く。
まぁ、普段からまともな生活を心がけるしかない。
そうか、こうやって人は保守的な生活になっていくんだなぁ。





| コメント (0) | トラックバック (0)

都寿司@鳥越 and 富山再訪

・某月某日

終日顧問先でミーティング続き。
夕方からは、鳥越の都寿司にて、20代からのお付き合いのベンダー資格サイト仲間と転職祝い&離婚祝いを。
完全予約のこのお店は、相変わらずとても美味しい。
旬の魚介や松茸の素材の味を活かした手の混み過ぎないお料理が続き、最後がお寿司という流れである。
翌日、朝6時半の飛行機に乗らなくてはならないので、本日はお酒を抑え気味で。

・某月某日

3時に起きて、タクシーで押上駅まで。
5時の始発で羽田空港に向かう。
7時半には富山に到着してしまう、本日の納骨は11時からなのでものすごく時間が余ってしまう。
でも、次の便は10時半富山着である。
もうちょっと間の便があるほうがビジネスマンにとっても良いと思うのだがどうだろうか?

飛行機嫌いの私としては、新幹線で行きたかったが、調べてみたらANAマイルが結構あって予算の関係で選択の余地なし。
空港で義母(亡くなった父の再婚相手)と合流し、叔父と従姉妹に迎えにきてもらって、叔父宅でしばしくつろぐ。
お寺での納骨で、ここのお寺にきたのは子供の時以来、父が亡くなって8年ぐらい経っており、父もここのお墓に納骨されているのだが、一度も訪れたことなし。
どうも、私は墓に死者がいるとは思えないのだ。

できれば死んだら、全部なくなってほしいと思っているが、本来の仏教から言えば、悟りを開かないかぎりどこかで生まれ変わってしまっているわけだし(つまり墓にはいない)、もし仮に天国にいっているのだとしたら、天国はすごく幸せな場所だろうから子孫が墓参りにこなくても別に悲しく思ったりしないだろうと思うのだ(どっちにしても墓にはいない)

いつの間にか、墓は立て直されていて大きく立派なものになっていた。
富山の墓というのは、亡くなった人の名前や年齢、命日は墓石や墓碑のようなものに彫らないようだ。
そしてその代わりに(?)その墓を誰がいつ建立したのか‥というのが彫られている。
これは地方の特色なのか?はたまた曹洞宗の特徴なのか?

子供の頃にやってくる富山は、基本正月。
外に出るのは寒いし、雪だし、もっぱら従姉妹たちとドンジャラやったり、正月料理を食べたりでほとんど観光などをしていない。
そもそも観光を楽しむ年頃でもなかった。
遊ぶのは近所の城址公園と総曲輪ぐらいが、せいぜいだ。

小学生の時に、両親は離婚したのでその後富山に来ることは、法事ぐらいでほとんど無し。
ということで、富山についてはほとんど何も知らない。
そんな私を叔父と従姉妹が、ドライブと買い出しということで、呉羽山公園の展望台、新湊大橋、新湊きっときと市場に連れて行ってくれた。
新湊は、祖父と祖母が最初に家を構えた場所でもあるそうだ。(その後城址公園近くの諏訪川原に転居)

こうして色々と車で走ってみると、富山というのはきれいな街だなと思う。
確か持ち家率が非常に高い県だという話が聞いたことがあるが、持ち家も奇をてらわず、華美にならない和風の家がゆったり並んでいて、道路が広く全体に風景が静かだ。

その後従姉妹と、日帰り温泉ということで車で家から10分ぐらいのところに出かけ、帰って宴会。
事前にお金を包んでくるのは、ダメ!と叔父から言われていたので、事前に叔父の好きな米焼酎と麦焼酎を送っておいた。

叔父、叔母、従姉妹と市場で仕入れた新鮮な海鮮をいただき、本来なら日本酒だろうが、糖尿の叔父に合わせてこの日は焼酎を楽しむ。
昆布締めは子供の頃からよく食べているし、父は自宅でよくヒラメの昆布締めを作ってくれたが、この日は白えびの昆布締めというのを初めていただいた。
通常の昆布でなくて、おぼろ昆布でしめてあって、これがとても美味しかった。

話題は思い出話から、近況から、今後想像される相続にまつわるゴタゴタなどあれこれ…。
話は尽きないが3時起床の身で、明日も間違いなく酒宴があるので、このあたりで寝ないと持病の発作を起こしかねないということで、24時に撤収。

| コメント (0)

仕事だけ熱心では、大人の女にはなれん!

昨夜は逢坂みえこの漫画をKindleで大人買いして読みまくってしまい、眠りについたのは23時過ぎ。
ということで、今朝は5時半起床。

筑波山トレッキングの後遺症でまだまだバリバリに筋肉痛である。
同じく筑波山での日本酒と濃い味の食事が続いた後遺症で、血圧高いし、体重は自分の決めている規定のラインを超えているわ…で、いやもう今週も外食多いのでどうしようかしら?という感じである。

本日は対面コーチングが青山で3件。
その後に美容院。

明後日早朝から富山で、できればPCを持って行きたくないなぁ…と目論んでいるのだが、このままだと持っていかざる得ないかな…というぐらい、仕事が溜まっている。

本日の晩ごはん:けんちん汁みたいな味噌汁、鶏ハム、小松菜のナムル、卵焼き、人参とカリフラワーのぬか漬け、土鍋御飯、セロリ葉と雑魚のふりかけ
(あまりもの片付け御飯…)

晩ごはん終了後、娘が帰ってきて久しぶりにあれこれお喋り。
先日、あまりの家事のやらなさ…と、本人の部屋の汚さでガツン!と叱ったので、それ以来口を聞いていなかったのだが、まぁちょっとは反省したかもしれない。
本人も薄々言われるだろうとは思っていたと思うし…。

体力仕事だし、シフト勤務だし、店は人出不足だし…というのがわかるので、入社1年目は黙って甘やかしていたが、2年目になってもそんなだらしなさ、無計画さだと将来的には本人も困るし、ということで。
仕事熱心なのは良いと思うのだが、仕事だけ熱心では、大人の女にはなれん!ということで。









| コメント (0)

あすけんダイエット

4:50起床。
目が覚めてすぐに、あ、生理前期間に入ったな‥と感じる身体の重さ。細胞の1つ1つに水分みたいなものが含まれて重くなったような気がする。
ここから生理が始まるまでは、あまり頭もよく動かないのでしばらくゆっくりモード。

先日から始めた「あすけんダイエット」というIPhoneアプリで食生活と運動記録をつけているが、これによれば概ねカロリーコントロールも痩せるために必要な運動量も到達しているようだが、まったく体重には反映されてこない。
まぁ、まだ1週間経ってないしね。

一方、食事の記録を取るようにしたら、ジャンクフードを食べる率が格段に下がり、これがどうやら血圧に反映しているようで、血圧がゆるゆると下がり始めた。
上が110台の血圧なんて、随分と久しぶりだと思う。

朝から終日顧問先。ミーティング5件。





| コメント (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »