« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

雑記

5時起床。
先週末から寝付きがあまりよくない。
まぁ、調子が悪いことも重なったりしたのだけれど、そんなわけでここ数日は久しぶりに睡眠導入剤のお世話になっている。
まぁ、不眠症のひどい時期があったので、この手の薬はとにかくためこんであるので便利だ。

昨日塩豚を茹でたので、残り汁を濾して、トマト、卵、チーズの雑炊を作る。
ついでに大根飴を追加で作っておく。

月末なので、請求書を作成して入金チェックして、口座から預金の振替をしてと朝のうちにバタバタ片付ける。
今月は固定資産税、年が明ければマンションのボーナス払い…と、入ってくる予定がじゃんじゃん見えてくることはないのに、出ていく予定ばかりが次々表れてくるんだからなぁ。

犬と早めにお散歩。
今日はThermosのタンブラーに温かい紅茶を詰めていく。
うむ。これだと寒いから…と早足で散歩する必要もないな。
次回は生姜の絞り汁と蜂蜜を少し入れておこう。
ますます温まるはず。

ガシガシ洗濯して、昨日に引き続き本棚の整理。
結局出す本は134冊となった。

TOEICの問題集は一度も使わないまま、新試験に切り替わるそうなのでそのままサヨナラ…。
英語で読む財務諸表の本も一度も開いておらず、スリップも挟まっている。
よく考えたら、財務諸表は数字見ればどれが何を表しているのか普通にわかるのに、なんでこんな本を買ったんだろう。
結構多かったのが、卒業論文で使用した労働法関連の一連の書籍やコメンタールなどなど、一時期院に行くことも考えたので多分取っておいたのだと思うが、これもすっきりオサラバ。
しかし、古くなった法律の本は引き取ってもらえるのだろうか?

図書館とKindle利用でだいぶ抑えているつもりだが、まだまだ甘い。
本を買うときは絶対1冊しか買わない!というルールを設定しよう。最近、神保町通いもおさまったので、そんなに難しくないような気もするのだが…。

昼過ぎから、コンタクトレンズを買いに行き、それから食材の買い物やら、公共料金の支払いなどを済ませて帰宅。
元夫は先日も金がない…と愚痴愚痴言っていたが、よく考えたら、私なんてローンがあるから金がないどころか借金がある上に、固定資産税とかもあるわけだよなぁ…、などと固定資産税の領収書を眺めながら考える。

夜はキーマカレーと、大豆と野菜をあれこれ入れたコンソメスープ、それから野菜のピクルス。

| コメント (0) | トラックバック (0)

日々のこと

6時半起床。晴天。
高かった熱も下がり、昨日はようやく耳鼻科に足を運ぶことができて、中耳炎の薬をもらってきた。
薬を飲んで症状が改善したわけではないのだが、お医者さんに行っておけば、まぁ、これ以上は悪くなることは無いだろうということで何となく気分的にホッとした。

3日間台所には最低限しか立てなかったので、とにかく炭水化物三昧。
それが全て体重に反映している。
この歳になると寝込んで痩せるのではなくて、太るのか…。

今朝はようやくまともに御飯を作る気力が湧いてきたので、お米を炊いて、イワシの丸干しを焼いて、漬けておいたセロリのピクルスを出し、納豆とオクラの味噌汁(+すりごま)をレシピを見て作ってみた。
味噌汁がかなりおいしくできて、感動する。

母親が、PLEATS PLEASEのオレンジ色のロングジャケットを貸してくれ…と言い出した。
それは1ヶ月ほど前に処分してあり、その旨話すと大変にむくれている。
3年ぐらい袖を通していないので処分したのだが、どうやらどこかに着ていくのにあてにしていたようで、だったら、「自分にくれればよかったのに…」ということらしい。
とにかく母親は物を捨てない人で、我が家で一番衣類を持っている。
そんなんだから、声など掛けたら、何でもとっておくので、声を掛けずに自分の服は処分するようにしている。

母は、実家に住んでいた時は、季節の変わり目に衣類をまとめてクリーニング屋さんに出しに行って、それきり次の季節が来るまで取りに行かないという傍若無人なことを繰り返していた。

現在の我が家のクリーニング屋さんはマンションに引き取りに来てくれ、仕上がったものを届けてくれるのでそういうわけにはいかず、いつも「持ってくるのが早すぎて仕舞う場所がない」とぶつぶつ言っている。
保管をお願いしたいのなら、白洋舎に持って行って保管料も払ってくれば預かってくれる…と言うと、前のクリーニング屋さんはそんなこと言わなかった…とのたまわる。

そういえば、子供の頃、その手のものを何度も引き取りに行かされて、クリーニング屋さんに散々嫌味を言われたものだ。(向こうとしては、言いたくなっても当たり前である)
当然、そんな引き取りになど行きたくないが、自分の制服が一緒に出ているのでしょうがなかった。
そのうち気がついて、自分の制服だけ別のクリーニング屋さんに出しに行くようになった。
親がだらしないと子供って色々な自衛策を思いつくものだ。

母親が肺がんになった後から、同居し始めたが、自分も親になって改めて母親を眺めると、この人は若い頃から本当に子供みたいな人だったのだ…とビックリすることがしょっちゅうある。
自分が子供ときは、どこの家もこうなのだろうと勝手に想像していたようだ。

犬とゆっくり散歩。
お天気は良いし、風はないしで気持ちが良い。
ヒメリンゴの実が真っ赤に色づいた。

午後から片付けスイッチが入って、本をバリバリと整理。
雑誌、文芸書、ハードカバー、新書、文庫…なんだかんだと100冊ぐらい出た。
しょっちゅう処分している気がするし、図書館とKindle利用で相当減ったはずなのだが…???と首を傾げる。

途中、別れた夫がパスポートを取りにやってきたので、使っていない彼名義の通帳などもまとめてもっていってもらう。
副業をスタートしたので、疲れた疲れた…とこぼしているが、まぁ先延ばし病のツケがまわってきたとしか思えないし、本当に金に困っているなら、実家に同居するなり、車を手放すなりまだまだやれる余地はあるはずなので、手を差し伸べる気にもなれないのだ。

そんなこんなで、昼ごはんのタイミングを失い、娘も帰ってこないようなので、晩ごはんは適当に残り物を食べて終了。

作り置きおかずということで、塩豚とセロリの葉っぱのふりかけだけ作っておく。

| コメント (0) | トラックバック (0)

英語の神様

かなり寒い朝。
前日、ウェビナーの会議に出ていて寝るのが遅かったため、7時起床。
日に日に落ちていく英語力。
とにかく言葉が出てこない…という状況から、さらに一歩進み、知っているはずの単語の意味が咄嗟に出てこないレベルに…。
さて、どうすっかね。

神様が登場して、「もう二度と英語使う仕事につくことはない」もしくは「また、いずれ英語を使う仕事につくことになる」と教えてくれたら、勉強するかどうか決断できるのだが。
いつもこのあたりが悩ましい。
自由業だから逃げきれることもできるはず‥と思ってはいるのだが。

雨が降り出す前に犬とお散歩。
今日は日中でも12度までしか気温が上がらないというかなり寒いお天気だそうだ。
公園の銀杏が全て黄色くなった。
そうか、こんなに寒くならないと紅葉って完成しないのね

| コメント (0) | トラックバック (0)

競輪祭@小倉

4:40起床。肌寒い朝。外はまだ昨夜からの雨が残っている様子。
体重がぐーんと上がっているのは、週末グルテン+アルコールをたっぷり摂取したのと、多分あまりたくさん寝ていないから。
睡眠時間が短い時は、体重を測ると必ず増えている。

週末の競輪祭@小倉は、神山も1位を取るし、武田は優勝。
武田・平原ラインの強さは、当面無敵ではないだろうか。
ラインで決まってしまって車券こそ取りそこねたけれど、いいレースで見応えがあり、いいもの観ちゃったな…という充実感。

脚力は眼を見張るものがある新田、深谷はそれぞれ決勝にも残れず、最終日も脚力が活かせなかった。
若いうちは脚力だけで上がってこれるのだが、まずレースのやり方うまくないと壁にぶち当たる。
年齢が上がれば脚力は落ちるのだが、自分が最もパフォーマンスが出るレース展開に持ち込めるだけの知恵がつくと、神山のような素晴らしい選手が長いことSSにとどまれるのだと思う。

上位クラスの競輪を観ていると、いつも自分の仕事のやり方にたくさんのヒントをもらうことができる。
そのうえ、明日も頑張ろう!とエネルギーももらえたりする。
とは言え、そろそろ師走に差し掛かるので、年末の競輪グランプリまで競輪はお休み。
できるだけ、家の中を片付けて、気持ちの良い新年のスタートを切ろうと思う。

週末は出張やら競輪やらで家をあけていたので、冷蔵庫の中身が空っぽ。
三合お米を炊いて、冷蔵庫に余っているじゃがいもとベーコンを炒め、常備してあるこんにゃくをきんぴらにして、何とかそれらしいお弁当を作る。
冷凍食品を使わずに有り合わせでなんとかなるようになってきたのだから、我ながら大した進歩ではないかと自画自賛する。(誰も褒めてくれないから)

喉の痛みは取れてきたが、今度は喉の乾燥が引き起こしている感じの咳がやってきた。
大根アメ+龍角散のど飴+マスクで徐々には良くなっている感じはある。

THERMOSのパッキンがダメになってきたのか、横に倒すと少しずつ水漏れをするようになってきて、そろそろ買い換えかしら?と考えていたら、どうやらパッキンだけ別売りであることが判明。
Amazonで検索したら、蓋そのもの部分まるごと替えることができることがわかったので、早速注文。
こういうのを出してくれるメーカーって本当に有り難いし、ファンになってしまう。

社内のミーティングがひたすら続き、最後は業者さんとの打ち合わせ。
仕事帰りにあまりに何もないので、少しだけ食材を買い出ししておく。
なぜなら今日はポイント3倍日…。

…って後で気づいたら、昨日は祭日だったため、今日は月曜日ではなくて火曜日!
月曜日じゃなきゃポイント3倍にならないじゃん!
だったら、帰りがけに何も買い物しなくてよかったなぁ…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

防げ!パラサイト・シングル

前日の呑みは、ほとんど影響せず目覚めすっきり。
良かった。キンミヤ焼酎呑まなくて…。

本日の宅配野菜

かぶ
長芋
春菊
白菜
ほうれんそう
サニーレタス
四葉きゅうり

うわぁ。葉物4つ…に私の苦手な長芋である。
蕪は立派な葉っぱがついていたので、新鮮なうちに桜えびを混ぜてふりかけを作る。

1日あれこれ、家事をしようと思っていたが、どうやら娘が休みの様子。
一緒にお昼ごはん+お茶に出かける。
相変わらず、頭の中は仕事のことでイッパイらしく、ひたすら職場の話をしている。
ま、楽しそうで何よりだ。
私は相変わらず、一人暮らしを何度も促す。
放っておけば、間違いなくパラサイト・シングルなこの娘を何とか独り立ちさせるのが私の今の野望なのだ。
3月末までには何とか決着させたい。

あちこちの店舗にわりと短期間で異動になる娘の職場では、転居の前には会社に連絡しなくてはいけないそうで、職場の上司と話した際に「母親に追い出されそうで、転居するかもしれません」と告げたら、親子関係に何か問題があるのか?と言われたそうだ

男女問わず子供は独り立ちさせるべき…というのは、もしかして世の中では少数派なのだろうか?
よそはどうか知らないが、私は娘が小さい時と同じぐらい可愛くてたまらないし、職場から帰ってきたり、自宅でぼんやりしたりしているのを見るたびにハグしたい情動にかられるぐらいだが(怒られるのでしないけど…)、それでもやっぱり独り立ちさせるほうが大事でしょう。

合間合間に仕事を片付けるが、あちこちの顧問先がちょっと一段落したので、わりとゆるゆる。

溜まっている日経新聞を読み終えて、「井田真木子 著作撰集 第2集」を読む。
第1集もすばらしかったが、こちらもゾクゾクするほどのっけから面白い。
取り上げる題材そのものがもちろん面白いというのもあるのだが、この人の文体にある緊張感と冷静さ、でもどこかにこの人はとても信頼のおける人だというのがわかる。
だから、題材とされる登場人物たちもこの作家を信頼し、自分でも気づかないものを開陳してしまうのだと思う。

夜は、夜は白菜鍋、ブロッコリーの茎の糠漬け、長芋を焼いて粉チーズ+青のり(私が長芋食べられないので、とにかく娘に食べさせようとチーズをじゃかじゃか投入)、それから蕪のお味噌汁。

| コメント (0) | トラックバック (0)

奈良屋@草津温泉

・某月某日

コーチング、コーチング、コーチングという日で、最後が取引先の打ち上げ。
美味しい焼き鳥屋さんで、お値段も手頃だった。

・某月某日

娘と草津温泉。
上野からの特急「草津」はレトロな感じでとてもキュート。
特急で駅弁をいただき、バスで紅葉を眺め、硫黄の香りと情緒たっぷりの草津温泉到着。
湯畑に素直に感動。
喫茶店大好きなノンノン(一人娘24歳、チェーン系カフェ勤務)のリクエストで久しぶりに喫茶店なるものに入り、温かい紅茶をいただき、本日のお宿奈良屋へ。

温泉は草津最古の湯というだけあって、かなりレトロ調。
すごいのは頑固な手荒れがいきなり治ったこと。
草津のお湯効能凄すぎ?
食事はお食事処ではあるが、個室なので落ち着いて食事ができるし、料理も多すぎずちょうど良かった。

・某月某日

色々と外のお湯を回ろうと思ったが、朝のうちに旅館の温泉に入って、食事をしたら、二人ともすごく眠くなってしまい、懇懇と11時のチェックアウトまで眠る。
娘は普段からシフト勤務で寝不足気味だし、私は温泉の強さにやられてしまったようで、2人で熟睡。
帰りはお土産物屋さんを冷やかし、神社に寄って帰路に着く。

娘は来月から店長昇格が決まったらしいので、お祝いに旅行代を奢れとうるさい。
「割り勘でいいから、どっか温泉行こうよ〜」と言い出したのは娘なので、あっさり却下。
お祝いは別枠で。

・某月某日

地方出張。
仕事に責任をもって取組むかどうかというのは、正規雇用とか非正規雇用とか雇用形態の問題ではなくて、単純に責任感のある人とない人との違いなんだよねぇ…とここでも思う。

顧問先が用意してくれたすごく微妙なホテルに泊まる。
最近は設備が新しい、ものすごく狭いビジネスホテルに泊まることが多いのだが、ここは地方+地方の中心部でもないので、そんなものはない。
昔は結婚式や宴会もやっていたようだが、今はおそらくそのような需要はないし、観光客も全くこない場所である。オートロックももちろんない。
これだけ需要のない場所だから建て直しもできないだろう。
その分…というわけではないだが、部屋がとても広い。
アメリカ出張でよく泊まったヒルトンレベルの広さがある。そして、その広さが天井の低さと相まって、猛烈に寂しい感じである。

・某月某日

大宮競輪。これで関東の競輪場も一箇所を残して全て制覇。
5レースやって4レース当たって、負け越しているというのだから、買い方そのものを見なおさないと。
ここのモツ串は、かなりレベル高い。
焼きおにぎりが冷凍じゃなくて、手作りなところも素晴らしい。
大きさがマチマチなところも良い感じだ。

夜はマンションの修繕委員会。
いくつかの業者に見積をお願いしたが、どの業者も難しいマンションですねぇ…と言う話だそうだ。微妙なところが凝っているからなぁ。

| コメント (0) | トラックバック (0)

日々のこと

がっちり筋肉痛の朝。
本日は合間合間に電話会議とSkypeコーチングのため、基本自宅仕事。

筋肉痛がひどいので、今日はランニングはお休みで、ヨガを30分ほど。
全体に筋肉がついたのか、自分の身体を支えるのがちょっと楽になったような気がする。

公園は昨日の雨でびしょびしょに濡れているので、犬とちょっとだけ午後からお散歩。
短い時間でも外に出ると大分機嫌が良くなる。

今日は先延ばしにしたくなるような面倒な仕事ばかりを片付けていたので、片付いたタスクの数は決して多くないが、重たいものが片付いたので気分は随分と楽になった。

晩ごはんは残り物が多かったので、それにプラスして、白菜大量消費手羽元ほろほろ煮スープを作る。
先日大豆を煮た汁を冷凍してとっておいたので、それをベースに使って、さらに昨日期限の切れたベーコンがあったので、こちらも投入。

ダブルで昨日、母が作ったクリームシチューが残っている。
子供の頃から、某大手メーカーのルーを使ったクリームシチューが苦手だとあれほど言っているのに、なぜわざわざ買ってきて作るのか…(涙)
好きで全部食べてくれるのならいいのだが、案の定残っている。やれやれ

| コメント (0) | トラックバック (0)

山修行:石老山

あいにくの曇り空だが、本日は石老山で登山修行のため、早起きしておにぎりを握る。

地元駅で、ホリデー快速富士山1号(河口湖行)の指定席混雑状況を聞いたら、残りは3席しかありませんというので慌てて購入。
ところが、新宿駅でこの電車を見つけたら、自由席がらがら。
どうも始発の新宿だったら、まったく問題なかったようで、うーん…こういうのは経験してみないとわからないことだ。

目的地までは、「調理場という戦場―「コート・ドール」斉須政雄の仕事論」を読む。
以前から読みたいな…と思っていたのだが、先日図書館で見つけて借りてきた。
これがまた面白い本で、美味しいものの話はほとんど出てこないのだが、フランスでの修行時代にどんな人に巡りあって、異文化のなかでどのぐらい切磋琢磨されてきて、何をつかんだか…という話がたくさん出てくる。

目的地に着く前から既に雨。
いきなり温泉直行か?と思ったが、弱雨なので決行。

歩くときは小幅でとか、段差を登るときはなるべく足の高さを上げないで済むようにやや回り道でも低いところから回ること(これで疲れがたまらない)、階段を登るときは斜めに登るとか、色々と指導を受けたおかげでなんだかあまり疲れを感じずに山頂まで登ることができた。
雨ということで、人に会うことがほとんどなく自分のペースの速度で歩けるというのも多分疲れない原因だったと思う。

筑波山、高尾山に比べると、全然舗装されておらず、思いっきり山!って感じで、自分がレベルアップしたようでかなり満足。
マイナスイオンに満ちあふれていてとても気持ち良い。

…が、帰りの下りがかなり大変で、これはもう手を使いまくってなんとか降りてきた。
これ、本当に初心者向けなの?という箇所も多く、また雨が降っているので滑るため、ものすごく集中力を使って気を使う。
周囲を見回す余裕などなし。
もはや仕事である。

そして師匠は、「あれ、こんなに大変だったかな?」などと言いながら、時折、周囲の写真などを撮っている。

(師匠曰く、このコースはいつも初心者の山入門として連れて行くコースとのこと。
ただ、後で気がついたのは、集中して登ったり降りたりしない場所は師匠と言えども、当然写真を撮る余裕など全く無し。
だから、師匠の登山記の写真にはそんなの出てこない…、
→で、写真はゆるやかな道ばかりとなり 
→やっぱり初心者にはここだな…となる。
→ で、山に行く、あれ結構初心者には大変だな、こんなだったかな? でも、その部分の写真はない
→…ということではないかと…)

もう後半はビールのことしか考えていない…感じ。
「いったいビールにたどり着くのは、後どのぐらいなんだ…」ばかり。

ちなみに本日のメンバーは、20代に勤めていたベンチャー時代の先輩方。
下山後は、相模湖温泉うるりにて、のんびりと温泉+ビール。

ちなみに本日の石老山コースは、ハイキングって書いてあるけれど、素人の私から見ると完全に「登山」で、まともな靴その他色々と装備必要だと思われる。
いわゆるハイキング気分で行くと危険なのでは?
ご興味のある方はご注意を。

この度しみじみ思ったが、登山というのは素人ほどある程度装備はちゃんとしたものが必要かも。
別に高価なものでなくて良いと思うだが、ちゃんと登山用のものが必要。
上級者なら何かしらの知恵で乗りきれるのかもしれませんが、素人にはそういうのができないので。



| コメント (0) | トラックバック (0)

野菜ばっかり

前日のはしご酒でひどい二日酔い。
ビール、焼酎、カクテル、ウィスキーのちゃんぽん、そりゃそうだ。
自業自得。
しかし、体重はまた下がっていて、46.4kg。
グルテンフリー効果なのかな?イマイチわからない。

まぁ、二日酔いで午前中は完全にダウン。
午後からのろのろと動き出して、犬と散歩。散歩中からポツポツと雨が降り始めてきた。
明日の山はどうなるかなぁ。

図書館で借りてきた「「外食の裏側」を見抜くプロの全スキル、教えます。」を読了。
久しぶりにブログ用に書評(っぽいもの?)を書く。

和風ロール白菜:白菜の芯の部分をそぎ切りにして丸める…というのだが、これ全然きれいにできない。ひどく不格好。味はすばらしかったのだけれど。要練習?

水菜の胡麻和え海苔っとサラダ:これはやや定番になりつつあるメニュー。

里芋の煮ころがし:あまり里芋自体が好きではないし、皮を剥くのが面倒くさいのだが、宅配セットで届いてしまったのと、母が好きなので煮ころがしを…。
まぁこうやってちゃんと作ると美味しいけどね。
きっと里芋があまり美味しいと思わない人がわりといるのは、冷凍の里芋を食べているケースが多いのかも。

その他は、玉ねぎの味噌汁、カボチャのぬか漬け、椎茸の甘辛煮、ネギの柚子胡椒サラダ という晩ごはん。
とにかく野菜ばかりになってしまうなぁ。
ま、20代の娘が不満に思うのもわかる。



| コメント (0) | トラックバック (0)

はしご酒

5時起床。
秋晴れのお天気。
あすけんダイエットで目標値として設定していた46.7kg達成。
できれば45kg台となり、47kgまでバッファがもてるとベストだと思っているのだが、このアプリではこれ以上体重を下げてはダメですから、体重を維持を目指せと言ってくる。
まぁ、どっちにしてもこの体重だって、維持できるかも微妙なんだけどね。

犬とたっぷりお散歩して、洗濯して、衣替え。合間合間に仕事をしている。
本日は夕方の打ち合わせまで、外出の予定がないので、タイマーを20分に設定して、家事⇔仕事というのを繰り返している。
座ってばかりいると腰に負担がかかるがこれだといい感じ。

ランニング1.1km

本日の作り置き:
「焼きねぎのゆずこしょうドレッシングサラダ」(1週間楽しめる 熟成サラダより)
「しいたけの甘辛煮」(オレシピ - 俺のレシピはお前のレシピ-

夜は、地元にて友人と呑み。
錦糸町駅周辺の呼びこみが激化していて、鬱陶しくてしょうがない。
あのエリアは鬱陶しいから行かない…なんて人が増えてきてもおかしくないような気がするなぁ。
最近はお店の店員さんじゃなくて、呼び込み専門の人がいるようで、この人たちはインセンティブ制なのか非常にしつこい。
避けるにはあらかじめお店を決めてから行くしかないのかな…。
なんだかお店にとっては本末転倒のような気がする。

焼酎中心の居酒屋から始まり、バーに行って、また居酒屋行ってというハシゴっぷり。

| コメント (0) | トラックバック (0)

家仕事好き

4:30起床。
本日もミーティングが立て込んでいるため、お弁当持参。
グルテンフリー中だから‥というのもある。
最も近いランチの場所は、グルテンたっぷりメニューなのだ。
オフィスで温かいものを飲みたいので、水筒を持参しようかと思ったのだが、水筒のパッキンが緩んできているようで、どうも買い替えが必要そう。

通勤時には、図書館で借りた「臆病者のための億万長者入門」を読む。
著者の橘玲氏のファンで、12月は講演会も予約しているので、その予習として。
昨年読んだ「お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015 知的人生設計のすすめ」は、2014年に読んだ本ベスト5 に入れたほどお気に入りである。

本日のミーティングは6本。
進んでいるプロジェクトあれば、停滞しているプロジェクトもあり、トータルすると一進一退か。

自分が中心になるミーティングばかり6本というのは、本当にきつくて、帰宅後はジャンクフードになりがち。
グルテンフリーということが結構な歯止めになっていて、この日は納豆ごはんで終了。

届いている野菜をどうやって使おうかなぁと考えていて、ふと、干し野菜と干物作りたいなぁ…と気がむらむらとわいてきた。
秋刀魚のシーズンだからなぁ。でも秋刀魚って開くの難しいかしら?とネットを検索していたら、みんな頭をガッツリ切り落として作っている。
まぁ、確かに頭を食べるわけじゃないので、それでいいのか。
なんか俄然ハードルが下がった気がする。

Amazonを回遊して、良さそうなネットも見つけたのでポチッとね。
すっかり家仕事好きになってしまった今日このごろ。若い頃からこういう嗜好だったら、人生も随分と変わっただろうと思う。どちらが良いかはともかくとして…。

寝しなに、「欧米に寝たきり老人はいない - 自分で決める人生最後の医療」を読了。
色々と書き留めておきたいことが多いので、久しぶりに本のブログを書こうと思うが、気力持つかなぁ。





| コメント (0) | トラックバック (0)

自宅のユニフォーム

4時半起床。秋晴れのお天気。
本日は、Skypeコーチングが中心のため、自宅で仕事と家事。

本日の宅配野菜:
    里いも
    京菜
    小松菜
    ムキねぎ(長ねぎ)
    白菜
    かぼちゃ
    きゅうり

2週間ぶりに瞑想再開。
なんだか気ぜわしくてどうにも取り組めなかった。
そろそろ平常運転に戻していこう。

犬とたっぷりお散歩してから、久しぶりに公園を1周走る。
10月中旬に体調を崩して以来、有酸素運動から随分と遠ざかっていたのだが、こちらもそろそろ再開。

この秋、初めて着物を着る。やっぱり着物は落ち着く。何より腰が楽である。
着物に割烹着というのは、自宅のユニフォームで、割烹着を着ると家事へのモチベーションが上がる。

タイマーを15分にセットして、15分PCに向かったら、15分家事をする…というのを繰り返す。
どちらもかなりやりたいことが溜まっているので、考えこむと手がつけられなくなるので、とにかく15分だけ…考え、かたっぱしから片付けていく。

「反知性主義: アメリカが生んだ「熱病」の正体 」を読了。
メモしておきたい部分が多くて、Media Markerにガシガシ引用登録。
これに結構な時間が取られた。

それにしても、日本で使われている「反知性主義」という言葉と、この森本あんり氏が述べているアメリカの「反知性主義」という言葉には大きな隔たりがあるようだ。
さて、終わってトクヴィルを読むか、ホフスタッターに走るかが悩みどころ。
どちらもすでに書棚には積んであるのだが。

図書館に出かけて、予約の本を引き取り、お料理関連の本を何冊か借りてくる。
そのままバスで駅前に向かい、100円ショップで保存食用の瓶をいくつか購入。

本日の晩ごはん:小松菜とウィンナーのチャーハン、冬瓜とエビのスープ、大豆とこんにゃくの甘辛煮、味噌豆腐。

| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »