« 自分の仕事を愛している人 | トップページ | 読書灯 »

せんべろ@御徒町

御徒町でせんべろ(せんべろ=「1000円でべろべろに酔える」)しようという話になり、またもや昼呑み。
御徒町ってほとんど行ったことなかったが、朝からやっている居酒屋すごく多いし、確かにこりゃぁ治安が良い場所ではないね。
娘も御徒町店勤務の時、ほとほと参っていたがそれもよくわかる。

まずは。上野のせんべろで有名な店らしい「浜ちゃん」というお店からスタート。
昼からみんなじゃんじゃん呑んでいる。
二階もいっぱい。
魚介類が安くてボリュームがある。
おつまみも全体に美味しい、様々な種類の天ぷらが選べて、すごい量の大根おろしを出してくれる。
飲み物は極端に安くはないが、肴が安いという感じ。
お会計は2人で5000円代だった。
もちろん全然ベロベロにはなっていませんが、まぁこの2人の組み合わせで多分せんべろって無いんだよなぁ、そもそも。

二軒目に行きたい店は決まっているがそこは16時からなので、腹ごなしにお散歩。
谷中のあたりまで行ってみようかとぶらぶら歩いていたら、途中なんだかオシャレスポット発見。
あとで調べたら「上野桜木あたり」という場所だったらしい。

ここにヴァン・ショー(vin chaud)が売っていることを発見。
ヴァン・ショーというのはいわゆるホットワインにいろんなスパイスを入れたもので、冬にぴったりの飲み物。
で、早速これをいただく。おつまみは3種類選んで500円というもので、特色のあるお塩を楽しむものばかり、同じ敷地内のパン屋さんで売っていたオリーブの塩パンがこれまた美味しくて、ヴァン・ショーをお替わり。

すっかり堪能してしまい、こりゃ谷中散策したらとても次の店に間に合わない…ということで、霊園を抜けて日暮里駅へ。
駅まで来ると、電車で戻ると早く着きすぎるということになり、またまたてくてく歩いて上野まで戻る。
平地を歩くのは苦にならないタイプなので、今日もかなりの量を歩いた気がする。

最後は、上野でラムチョップが有名だという「ながおか屋」というお店に初挑戦。
2時間ワイン飲み放題というのがあって、セルフでワインを樽から出して呑むことができる。
お料理もお酒も安くて、値段に応じて料理もワインもハイレベルという感じはないけれど、お店の雰囲気も明るいし、サービスも気持ちよくて楽しいお店だった。


« 自分の仕事を愛している人 | トップページ | 読書灯 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 自分の仕事を愛している人 | トップページ | 読書灯 »