« バタバタと過ぎる5日間 | トップページ | 自分の仕事を愛している人 »

日光

・某月某日

バタバタと犬の散歩に出かけて、コーチングのセッションをして、それから某所にて女性誌の取材。
取材そのものよりも終わった後の、出版業界の裏話などが面白かった。

雑誌の購読対象者と作っている編集の人たちは、欲しいものも違えば、生き方も全然違うというのが興味深い。
欲望と煽り立てる人々は、そこに対する欲望とは全く違う欲望を持っているでも、それでもそういうものが作れるのかぁ。

夕方からみぞれが降り始める。
夜は母の作ってくれたおでんをいただく。
なんだかうまく眠れず、Kindleで数冊本を購入してしまった。だからベッドにKindle持ち込んじゃダメだっていっているのに…。

・某月某日

久しぶりに静かなところに行きたくなって、北千住から特急で日光へ。
想定はしていたが、まぁ寒い。
東照宮にきたのは、小学校の移動教室以来だが、とにかくゴージャス、派手である。小学生のときも「ねむりねこってそんなに騒ぐほど?あんなに小さいの?」と感じたが、40歳過ぎても同じことを感じた。
その他の彫り物のほうがずっと迫力があって感動できた。
三猿は人をおちょくった表情が良かった。
私も仕事の場面で時折こんな表情しているんだろうな‥と思う。
途中雪が強く降り始め、旅館に撤退。

・某月某日

雪って光にあたるととても明るくて、それから降っているときに本当に静かなんだな‥と久しぶりに思い出す。
山の中の一人暮らしって、存外寂しくないかも。
多分たくさん人が周りにいるはずなのに一人のほうがずっと寂しいのじゃないかと思う。
窓の外には狐らしきものがすごい速さで横切って行く。

昨日行きそこねた二荒山神社。
縁結びが有名らしく、若い女性同士という観光客が多い。
中禅寺湖のほうにも回ろうかと思ったが、あちこち歩き回っていたら、まぁもう十分な時間となり、またまた特急に乗って帰路につく。

途中、踏切のところでトラックと接触したという話で1時間ほど列車が止まる。
平日の昼過ぎだから、特に急いでいる人もいないようで、それはそれはのんびりしていた。
特急の中の寝酒用に売店で買った、とちおとめの酎ハイはものすごく人工的なイチゴの匂いがして、アポロチョコを彷彿させた。
ま、たまにはこういうのもありかな。

・某月某日

6時起床。

ひたすら自宅でタスクを片付ける。そして大量の野菜を処理。
セロリのピクルス、ミネストローネ、さつまいもの塩煮、きんぴらごぼう、セロリの葉の佃煮、春菊と海苔のサラダ、ごぼうの梅煮などなど
途中、犬の散歩、図書館、コーチング、病院で外出。

このところ、なんだか時間が上手く使えていないなぁと思うことが多いので、今日は30分ごとに何をしていたかを書き込むお手製タイムシートで記録をとったところ、記録を取ることを意識しているのでタスクがじゃんじゃん片付いた。
ま、そんなもんである。













« バタバタと過ぎる5日間 | トップページ | 自分の仕事を愛している人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日光:

« バタバタと過ぎる5日間 | トップページ | 自分の仕事を愛している人 »