« 地元呑み | トップページ | 親子 »

人生のリセット?

4時起床。46.6kg。
本日は、自宅前の公園で江東区のお祭りが行われる予定になっているため、早起きして資料作りと犬の散歩を早々に済ませる。

このお祭りは年々規模が大きくなって、それにともなってものすごく音が大きくなっていたのだが、今年はスピーカーの設置方向を変えたようでいつになく静かだった。
そもそも周囲2kmもないような公園で、大音量でやるようなイベントでもなく、ましてやスピーカーをなぜ公園の内側ではなくて、住居エリアに向けるのか不思議だった。
運営が変わったのか、今年は本当に過ごしやすくて仕事が捗った。
子どもを含む人の声というのは大した雑音には感じないのだが、電子機器を通した音は本当に苦手。

思いのほか、自宅で仕事が進んだので、図書館に出かける。
予約の本を引き取りに行ったのだが、一冊返却するのを忘れており、それを返すまでは引き取れないため、図書館にある本を適当に読む。
すべての棚を順番に眺めていくと、ああ、自分はそういえば若い頃にこういうことに興味を持った時期があったな…とか、この分野はまったく読んだことがないな…と、色んなことが思い浮かぶ。

何かの発想や着想を得るのに本屋巡回を勧めるビジネス書は多いが、私はむしろ開架式図書館のほうが良いのではないかと思う。
新刊書もしくは長いこと定評のある本のどちらかしか、書店にはないが、図書館は一時のブームで終わってしまった本とか、ほとんど話題になっていない本とか雑多にあって、自分の中のいろんな部分が刺激されることが多いと思う。

何とか1週間に一回お弁当持参で、図書館にこもれる日を作りたいなぁと計画を練る。
実現したら、色んな意味で人生が変わりそうな気がするし、回りにあまり流されなくなるような気がするのだ。

夜はマンションの臨時総会で、ようやく大規模修繕工事が進められる可決が得られた。
修繕委員会を始めて、2年が経ち、中心メンバーの精力的な活動がなければとてもここまでは来られなかった。

当初、一時修繕金を各戸300万徴収という案が出され、さらには修繕内容は細かく提示されていないにもかかわらず、業者に全て任せることに賛同を‥というよくわからない話が、紛糾しそこから生まれた修繕委員会。

修繕委員会のおかげで、一時金徴収もマンションでの借り入れもなくなったし、修繕工事内容も明確になった。

夜はその中心メンバーで近所で打ち上げとなり出席者は40代〜80代、仕事はTVプロデューサー、小児科医、設計士、デザイナー、リフォーム会社経営者、+怪しげなフリーランサーの私で、普段の仕事ではまったくお会いできないような方々と愉しく呑むという貴重な機会となる。

30代は仕事が忙しくて地域活動は、まったくできなかったが、40代になってようやくそんな余裕も。

大規模修繕工事の関係で、ご近所の人と話す機会が増えたのは本当に嬉しいことだ。小さいマンションだからの良さが出たような気もする。
とは言え、自宅の真上の階、まったく同じ間取りのお部屋が6000万で売りに出されているという話を聞いて、6000万なら売っちゃうかもなぁ…と、チラリと考えてしまった。

残債ゼロにして、人生リセット?リセット好きな私にはたまらなく魅力的である。




« 地元呑み | トップページ | 親子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/63775385

この記事へのトラックバック一覧です: 人生のリセット?:

« 地元呑み | トップページ | 親子 »