« 世界史の教養と年表作り | トップページ | 血圧で見る身体と気分のつながり »

ビジネス書まとめ読み

【某月某日】

6時起床。しばらく雨で行けなかったので、本日はたっぷり犬とお散歩。
すっかり満足したのか、その後は私が仕事をしていてもまったく寄ってこないで私のベッドで爆睡。

提案書作成と仕事の参考資料の読み込み、合間にお惣菜作り。
本日はミネストローネ、煮玉子、胡瓜とトマトのキムチあえ、紫蘇にんにく醤油、お弁当用の塩ジャケほぐしなど。

仕事の関係で「ブルー・オーシャン戦略」を読み返し、さらに「アントレプレナーの教科書」を読む。
「ブルー・オーシャン戦略」は出版されてすぐに読んだ。
私がベンチャー・キャピタルに勤めていた時期だ。
今読み返しているのは、新たに出された新装版。
最近、MBAなどで取り上げられるタイプのビジネス書から離れているので、これはこれでどちらも面白く読めている。

夕方は地元の友人と浅草で、最近お気に入りの居酒屋へ。
待ち合わせにはちゃんと時間前に到着したのだが、待ち合わせ場所を改札近辺のどの辺りというのをちゃんと決めておらず、なかなか逢えずで、携帯を忘れた私に落ち度があるという結論になり、私がご馳走するはめに…。

二軒目は地元の行きつけのバーでバーボンを。
店長さんは、お引越しして彼女と同棲をスタートしたらしい。

私は一緒に住むのがそもそもかなりのハードルなので、一緒に住む気力がわけば、もう結婚でもいいような気がする。
話を聞いている限り、彼女も彼女の両親も同棲より結婚を望んでいるようだ。
男性というのは同棲はしたいが、結婚はしたくない‥というのが多いようだが、なんでなんだろう?
私だったら、結婚したくないなら同棲もしたくないが…。


【某月某日】

自宅で仕事して、期日前投票と図書館行ってという地味な1日。

空がとてもきれいで、近所のじゃぶじゃぶ池はお子さん連れの家族が多くて、子供の笑う声と水音が交じり合ってとっても気持がいい。
今日は空がかなり夏っぽい。
梅雨明けもそろそろかしら?

本日は15分ごとにタイマーで区切って、PCを使ってする仕事→家事もしくは身体を動かす作業→本や資料を読むという3つでタスクを片付けてみた。なかなかいい感じで片付いた。

Doit.imでその日のスケジュールまで管理をすることができることに気づいた。
これをしておくと振り返りのレビューが楽になるのだが、スケジュールの一覧性がなくて、フランクリン・プランナーとの二重登録をどうするか…というのがある。微妙にGoogleカレンダーやOutlookでスケジュール共有している顧問先もあって、わりとこのあたりが面倒くさい。

図書館からの帰り道に夕方の公園に立ち寄って、しばし読書。

母が三重から帰ってきて、一緒に晩御飯。
どうやら三重は元同僚との旅行だったようで、伊勢神宮を中心にとても楽しかったようだ。
旅行は好きそうだけれど、全てにおいて段取りを組むということをしない人だから、なかなか行けないようで、今回みたいに誰かがセットしてくれると喜んで出かける。
母はお天気やら身体の調子の愚痴も言わないし、文句も少ない上に、いつも機嫌の良い人で誘う人も誘いやすいのだろうなと思う。なんだかんだと話題の豊富な人でもあるしね。

本が話題になっているAmy CuddyのYour Body Language Shapes Who You Are のTEDを観る。面白かった。
本も気になるが、その前に読みたい本が山ほどあるので保留。


【某月某日】

4時起きして仕事の準備から始まって、ひたすら顧問先でミーティングをして、オフィスを出たのは20時近く。
顧問先のメンバー を誘って、さくっと駅前でビールを呑んで帰る。
とてもではないが、これだけ頭使うと気力体力が奪われて、御飯などまともに作って食べる気にはならない。

あちこちの顧問先で育成の一環として、若手にビジネス書を読んでもらい、それをもとにビジネスプランを書かせたり、プレゼンさせたり、ブログを書かせたりと色々やっている。
選んでくるビジネス書は本人たちに任せているが、聞かれればどんな分野を読みたいか、これまで読んだ本の中で印象に残っているものはどんなものか、普段どのぐらい読書をするか、などを聞いて、それほどハードルが高くなく、かといって易しすぎてモチベーションを落とさないような本を選んでアドバイスすることも多い。

読んだ後のアクションを見ると、何かを掴んだ人はその後も継続して本を読むようになるが、仕事の指示で読んだだけで出してきた成果物にもあまり工夫か含まれていない人は、たいていそれで終わる。
同じ時間をかけて本を読んでも、随分と得るものに差がでるものだな…と思う。

当たり前だが成果物にどのぐらい良い物が詰まっているかを見るには、私もその本を読まなくてはならなくて、本人たちは1人1冊だが良いのだが、私は時には5冊ぐらい読まなくちゃならないので、結構キツイ。
まぁ、一度読んだ本がほとんどだし、読書習慣がある程度あるタイプなんで、それほどハードルは高くないのだが、まぁ重なるとやっぱりそれなりに大変。

それでも読み返すと、やっぱり新たに考えさせることや気がつくことが多くて、足腰を鍛えるのには役立つと思う。









« 世界史の教養と年表作り | トップページ | 血圧で見る身体と気分のつながり »

コメント

瞑想の方法や時間について

先日NHKで、瞑想(マインドフルネス)がもたらす脳や精神への効果についての特集を見ました。
このブログでもちょくちょく書かれている瞑想の方法や時間・瞑想する時間帯(朝夕どちらかとか)について教えていただきたいです。
過去に書かれた記事やおすすめの本などありましたらご案内いただけないでしょうか。

GTDは多方面で書かれているものがあり取り入れ易いのですが、瞑想については具体的な方法がわかりません。
宗教の関わっていないものでお願いします。
欲張ってすいません。

投稿: 記事更新楽しみにしています。 | 2016年8月23日 (火) 18時58分

コメントありがとうございました。
今は、マインドフルネスブームであちこちで取り上げられていますね。
以前に書いたものですが、以下の様な記事をコーチングのサイトのほうに掲載しています。
「瞑想でQuality of Lifeを向上してみる」
http://www.yoshikoo.com/archives/1234

今はさらにアプリなどを使ったりしていますので、またそのあたりも書いていこうかと思います。

投稿: yoshikoo | 2016年8月24日 (水) 04時56分

ありがとうございます。
早速過去の記事を読みました。yoshikooさん視点の解説と感想を読んで、ぜひ習慣にしたいと思いました。
いろいろと試してみます。

投稿: | 2016年8月24日 (水) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/64098668

この記事へのトラックバック一覧です: ビジネス書まとめ読み:

« 世界史の教養と年表作り | トップページ | 血圧で見る身体と気分のつながり »