« 逃避癖 | トップページ | 満福@大森海岸 »

箱根仙石原湖尻自然探勝歩

4時起床。
バタバタと犬と散歩をして、箱根湯本に向かう。
新宿線から小田急線に乗ってなら、きっとガラガラに空いているだろうという予測はあっさり裏切られ、普段の都心に向かう通勤電車ほどではないが、それなりに混雑。学生さんが多いのね。
知らなかった。
幸い座れることができたので、ひたすらKindle三昧。

本日は箱根仙石原湖尻自然探勝歩というところへ、山の師匠とハイキングである。
師匠は、ご自宅のマンションで毎月歩く会というのの幹事をされているそうで、その下見へのお付き合い。

桃源台からのウォーキングで、ほとんど起伏もないので年配の方の歩く会には丁度良さそうに思うのだが、師匠曰く見所がないらしい…。
なかなか幹事も大変そうだ。

まぁそんな感じなので、道中はあれこれ山歩きについて教わりながら充分歩けるぐらい道はゆるい。
よく山登りのペースは、おしゃべりできるぐらいの速度で…と本には書いてあるが、私のように体力ないとそんなの山ではとてもムリ‥ということが多い。
薄曇りで木漏れ陽がちょうどよい、あちこちでホタルブクロの花が咲いている。途中川の流れる音も気持ちが良い。

終わって道路にでると日差しを遮るものはないし、アスファルトの照り返しもあってやっぱり暑くて、そこから日帰り温泉の勘太郎の湯 へ。
外観があまり綺麗ではないので、特に期待せず汗が流せれば…ぐらいでの気分で入ってみたら、お湯がまろやかでとってもいい。
あっという間にツルツルになる。
これにはかなり感動。
地元の人も楽しまれていて、彼女たちいわく安いし泉質もいいから、地元の人もよく来るのだそうだ。

終わって、中華の予定だったのだが、ここがなんと定休日で入れず。
昼から呑める店というとほとんど選択肢がなくて、しょうがなく地元で有名な蕎麦屋というのに行ったら、観光地の有名蕎麦屋に典型的なイマイチな接客とメニューと美味しくも不味くもない蕎麦屋であった。
(ネットのレビューはなぜか高いけれど、東京であんな蕎麦屋だったら潰れるだろう…と私は思う)

とは言え、ビールにありつければ機嫌もコロリとよくなり、呑兵衛な師匠が日本酒を呑もうと言い出すので、それなりの量のお銚子を空けて、挙句にロマンスカーで呑みなおそう‥などという話になり、箱根湯本の駅でツマミとお酒を買ってロマンスカーで二次会(?)。

聞けば師匠は、毎晩晩酌で17時から飲み始め、18時に奥様が晩御飯を出してくれるという生活らしい。
晩酌はビールに始まり、ワインか日本酒に行き、最後はウィスキーだとか、そりゃぁ60代後半でも酒に強いわけだ。

本日もヤマレコの使い方とか、道具の選び方とか色々とご指導を受けて大変勉強になる。
とりあえずソロで金時山行ってみようかしら…と考え中。


« 逃避癖 | トップページ | 満福@大森海岸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 逃避癖 | トップページ | 満福@大森海岸 »