« 満福@大森海岸 | トップページ | 世界史の教養と年表作り »

男目線で見る女性のお洒落

【某月某日】

川崎競輪場2日目。
初日は、特観席どころかシアター席すら取れなかったので、今朝は8時過ぎに到着して整理券をもらう。
それでも整理券の番号は80番台以降。いったい1番の人って何時にきたのだろうか?
警備員さんがいうには、明日は最終日だからもっと早く人が集まるそうだ。20人集まるとそこから整理券配布となるらしい。

整理券をもらった後は、もう呑むしかないわけで、川崎界隈でだらだら呑んで、昼過ぎから競輪場でまただらだら呑むという流れ。
この日も最終のみ当たって終了。
で、終わってまた呑んで。


【某月某日】

川崎競輪最終日。特観席の整理券を7時過ぎにもらってから、ゆっくり朝食。
さすがにもう肝臓がアルコールを嫌がっている感じがする(笑)

お昼まで川崎駅界隈を散策。
川崎競輪場にきてから、なぜか突然、自分がもし男性だったらどんな女性とお付き合いしたいか…と考えるようになり、あたりの女性をキョロキョロ見回している。
これは多分、ご当地アイドルを見たせいだと思う。
ご当地アイドルは、こういっては何だが、どのクラスにもいるわりと目立つ感じの気の強そうな印象の子ばかりで、可愛いかどうかは好みによるかな?という微妙なラインだった。
学年で噂になるレベルの可愛い子というのは、もっと上のレベルの仕事をしているのかな?と。自分を顧みずに考えてみた。

さて、自分を男性だと考えて探してみると、こだわるのは清潔感と健やかな感じ。
だから、男性は若い女性が好きなんだな‥とあっさり納得。
もちろん、年齢が上がっていてもそういう人はいなくはないのだが、絶対数がなんとなく少なくなる。
それから太ると清潔感ってどうも減って見えるようだ。
年齢重ねると男女ともに太りやすいからなぁ…。
清潔感って本当に清潔に暮らしているかどうかと別で、かなり雰囲気なので案外難しいかも。

男性視点でみると、露出の多い女性もオッ!と思うのだが、お付き合いはね…、お手合わせぐらいはお願いしたいが‥という気分になる。
それからロングスカートもなんだかイマイチ、この時期だと帽子もかなり難しいアイテムだなぁ‥と。
女性から見ると垢抜けて美しくみえるセンスのよいシンプルな感じの女性も、男性目線でみると素気無く断られそうだし、なんだかお付き合いすると疲れそうに見える。

人並みもしくはそれ以上の顔立ち、清潔感、健康的、それなりに女子っぽい服装、ナチュラルメイク、お洒落すぎない、冷たく断らなそう、常識ありそう、話していて極端に馬鹿っぽくなさそう…という感じにまとまりそうだ。
そう考えるとTVのアナウンサーって、まさにこんな感じがするのだがどうだろうか?
実態としては、恐らくかなり頭が良くて、自分に自信があって、自己顕示欲も強いのだろうが、そういうのがうまーく隠されている気がするのだ。

でも、当然そんな人は普通に出会わないので、きっと男性のもっとも好みな女性というのは、容姿が多少自分好みじゃなくても、基本的に自分に対して愛想がよくて、自分のことが好きではないかと感じさせてくれて、自分の前でニコニコしてくれる人ということになるんだろうなぁ。

女性から見てなんであのこがそんなにモテるの?というタイプは大体そのタイプだな、そういえば。
女性から見て綺麗な人、素敵な人って、ちょっと男性から見ると垢抜け過ぎているような気がして、デートに誘うにも勇気がいりそう。

女性のお洒落ってこうして見ると、本当に女性自身のためにやっていて、好きな格好をしているんだな、ってよくわかる。
男性にモテたくておしゃれしているって、多分あんまりないんだよな。
ま、考えてみれば自分だってそうなわけだしね。

最終日はちょくちょく当たって、で、これまた最終レース当たって気分よく終了。
武田の二着は残念ではあるが、いいレースだったし、何より村上義弘の格好良さっていったら、その美学がもう鳥肌ものである。
まぁ、それでもやっぱり安定の浅井は強かったなぁ。


【某月某日】

6時起床。
犬とたっぷり散歩してからのスタート。今日は自宅で仕事と家事じゃ!と思っていたら、娘から戸籍謄本取ってきて〜という甘えたメールが。
仕方がないので、図書館に本の返却ついでに出張所に行って、戸籍謄本取得。
秋に仕事で研修旅行があって、アメリカに行くそうなのだが、パスポートが期限切れらしい。

戸籍謄本には最初の夫の名前も記載されているのか…。
娘はそういうのに熱心ではないのだが、ネットで血の繋がった父親も探せるわけだね。
でも、向こうは私が再婚した苗字を知らないから、ネットで探せないのか…ちょっと不公平かもね。

仕事で読まなきゃいけない本がいくつかあるので、フォトリーディング+マインドマップで。
仕事で読まなきゃいけない場合は、読んで忘れていい‥ということはないので、このやり方が1番良い。なんといっても早く目を通し終わるしね。












« 満福@大森海岸 | トップページ | 世界史の教養と年表作り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 満福@大森海岸 | トップページ | 世界史の教養と年表作り »