« 旅行嫌い | トップページ | オクトーバーフェスト@芝公園 »

ノーマライゼーション

【某月某日】

久しぶりに出勤前のドトールで、日経新聞のスクラップ。
いつもは温かい飲み物しかとらないのだけれど、今朝の暑さは本当にすごいので汗を引かせるためにアイスのロイヤルミルクティーを。

ミーティングやら客先同行やらを終えて帰宅。
疲れたので、御飯を作る気力はなし。
帰宅が18時過ぎると原則としてちゃんとした御飯は作らないというのが慣例化している。
朝のうちにお櫃に入れておいたご飯で、納豆ご飯にして終了。
お櫃にいれておくと、ご飯がおいしくなるのでレンジで温める必要がないところが嬉しい。


【某月某日】

公園の中でいつも一番最後に咲く百日紅の木が今年もピンクの花を咲かせはじめた。
まだ暑いけれど、きっともう残暑なんだなぁと思う。

健康診断と乳がん検査で、徒歩3分の検査専門の施設に行く。
近所に、こんな施設があったとは知らなかった。スタッフは最後の問診のお医者様以外はすべて女性のようだ。

明るくてきれいな施設。働いている人も笑顔の人が多くて気持ちよかった。
私が行く医療関係の施設というのは、どうも全員不機嫌、もしくは全員機嫌が良いと両極端な気がする。これは私の周囲だけなのだろうか?

最後の問診では、年配の男性のお医者様が私の持病について、まったく心配することはない。
薬だけちゃんと飲んでいればOKだ。
原因ははっきりとは解明されていない。
でも大丈夫…という話から始まり、そこから精神病を抱える人の起こす最近の一連の事件、ノーマライゼーションという考えは身体障害者だけでなく、どうも精神障害者にも適用されその結果長期入院をさせないという流れがあったようだ。

「こんな夜更けにバナナかよ」を読んで、ノーマライゼーションの概要的なものは知っていたが、そこと精神障害者の取り扱いについては知らなかったので、興味深かった。
と、興味を持って聞いていると、興に乗ってきたのか先生は次から次へと話を繰り出し、最先端のがん治療から、養生訓のようなものまでご披露していただいた。
お話は面白いので私はよいのだが、私一人にこんなに時間がかかっていいのかしら?と途中不安に。
あまりにお話してくださるので、なんだかコーチングのセッションのような気がしてきてしまった(笑)

自宅に戻りひたすら翻訳レビューの仕事。

途中、お昼寝。どうも夏場は昼寝が必要になる。
南の島に行くといつもたっぷりお昼寝するけれど、お昼寝と暑さはいったいどういう関係なんだろう。
寒さより暑さのほうが人間は疲れるのだろうか。

GTDの週次レビューは今日もたっぷり1時間半ぐらいかかった。

・家計簿
・郵便物の仕分け
・翌週のスケジュールの確認
・翌週のアクションアイテムの確認とそのスケジューリング
・その週いただいた名刺の整理
・Inboxに入っているものの振り分け

まぁ、これだけやればそのぐらい掛かってもしょうがないか。
最近、身についてきたのは、一ヶ月のフォルダにその日に使うメモやら印刷物やらを放り込むこと。(なんて名前だっけな、このやり方。思い出せない)

1日〜31日までのファイルを用意し、3日の日に提出する書類を入れたり、15日に使用する地図のプリントアウトを入れたり、というようなものである。
同じように月ごとの12ヶ月のファイルもある。これも翌月以降に必要な書類やメモなどを同じように保管しておく。

これを週次レビューでチェックしたり、前日プランニングを立てる際にチェックする。
私は紙類をすぐになくす、もしくはどこにしまったかを忘れるのでこのやり方だと、どこかにいってしまった紙を探す時間がまったくなくなったのがとても有難い。
仕事面も助かるが、家事とか役所関係は紙モノが多いので、非常にありがたい。これは続きそうな気がする。

夜は、やや不思議なメンバーで、亀戸の小料理屋さんで食事。
なぜか昔の少年漫画、少女漫画で大いに盛り上がる。楽しい晩だった。
ここ1、2年は、自分より若い人と呑む機会が増えたなぁと思う。








« 旅行嫌い | トップページ | オクトーバーフェスト@芝公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 旅行嫌い | トップページ | オクトーバーフェスト@芝公園 »