« ノーマライゼーション | トップページ | 佐藤優『ビジネスパーソンのための新書読書術』 »

オクトーバーフェスト@芝公園

【某月某日】

バタバタと家事と仕事を片付けていたら、元夫からメッセンジャーが届いて、私が日本で一番美味しい焼きそばだと思っている焼きそば屋さんに誘われた。仕事はまだまだたっぷりあるが、普段から焼きそばが好きでたまらない私はこの誘惑には勝てず、ふらふらと出かけ、ビール、焼きそば、餃子などを堪能。

浅草はサンバカーニバル?か何かで人混みだった。
今のところに住んで10年以上経つのだが、どうやら我が家から浅草に行くのは、住吉から半蔵門線で押上から回ったほうが行きやすいらしい。ずっとJRで行っていて、全く気づかなかった…。

浅草から、東横線で横浜方面に移動。
先日から手首の調子がおかしいのが続いていて、そんなに痛くないのだが、あとあと面倒になるとな‥と思い、友人の紹介してくれた鍼灸院へ。
団地の一室のような場所で、看板らしい看板もないその鍼灸院。(ちなみに鍼灸院に行ったのは生まれて初めて)
これがもう、「お嫁さんにしてください」とお願いしたいぐらい素敵な先生で、お人柄と技術力がとにかくすごい。
先生曰く、鍼を打ち始めて45年‥って、私が生まれた時から・・・ってすごいなぁ。

ここは宣伝をおそらくほとんどしていないのだが、口コミで予約がいっぱい入っているようだ。
手首だけでなく、全身も診てくださって、背中の肌の色を見ただけで腸がよくないことなど、指摘されてかなりビビる。 そしてカーテン越しのおとなりの患者さんは、掌と足裏の多汗症のようだったのだが、これもすごく改善されて感動しており、その後にきた女性の患者さんはいきなり「あ、捻挫痛くなくなった…」とつぶやいていたり、友人も歩けないぐらいひどい腰の状態で鍼を打ってもらって、帰りはちゃんと帰れるようになると言っていたが、なんか恐ろしいぐらいである。

先生のお話がまた色々と面白かった。
指圧やマッサージとの違いとか、詰まった流れを元に戻すのが鍼なので、こういうのは治るけれど、こういうのは駄目、ただし症状は軽くなる・・・、なぜなら…とか、すごく勉強になった。
また、この全然垢抜けていない団地の一室ムードが、生家を思い出させて貧乏性の私には、ものすごく和むのである。
家から1時間以上かかるのだが、月1回ぐらい行っちゃおうかなぁといういうぐらい気に入ってしまった。

【某月某日】

トレッキングにお出かけする予定だったのだが、お天気がイマヒトツなのと、
同行予定の友人が仕事のトラブルでひょっとすると現場に行かないと収集できないかも…というので、都内で昼呑み。
たまたま、通りがかったらオクトーバフェストをやっていて、じゃぁちょっとビールでも…。

500mlの濃い味のビールなんてそうバカスカ飲めるものでもないね。
専門学校時代は、ビールが好きで好きでたまらなかった。
当時は、バブル弾ける前だから、若者はビールとかサワーは格好悪くて、バーボンかカクテルを飲まないと・・・みたいな空気が私の周りにはあったけれど、本音を言えばビールだけじゃぶじゃぶ呑めば全然満足だった。

でも、いつの間にかビールはどちらかと言えば苦手な部類になっていた。

そんなわけで、次は日本酒でしょう!ということになり、海鮮系のお店に移動。
日本酒の種類はそう多くないのだが、酒の肴が気が利いていて、ここはかなり満足度が高かった。まぁそんなにたくさん種類飲んでも、だんだんわからなくなっちゃうしね。

じゃ、最後はバーボンで。
ということで、いつものバーで終了。スタートが早いので20時には帰宅。

自宅に帰ったら、妹と姪たちがきていて、とても賑やか。
そんなに久しぶりでもないと思うのだが、妹はちょっと小ぶりのマツコ・デラックスみたいになっていて、ビックリした。
なんで子育てにも自転車通勤にも体力使う毎日でどんどん太るのかよくわからん。

【某月某日】

台風でお天気は荒れ模様。
顧問先でのミーティングは全部で7件。
しょうもないのから、実のあるもので色々。









« ノーマライゼーション | トップページ | 佐藤優『ビジネスパーソンのための新書読書術』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ノーマライゼーション | トップページ | 佐藤優『ビジネスパーソンのための新書読書術』 »