« 文化の違い | トップページ | 法事@鎌倉 »

オールスター@松戸競輪場

お盆の3日間は、がっちり松戸でオールスター競輪を堪能。
こんなに勝てないのも久しぶり‥というぐらい勝てなかった。

しょっちゅう競輪場にいるイメージがあるようで、(まぁ競輪しない人から見ると、競輪がまさか毎日開催されているとは知らないだろうから、そう見えるのもわかる気がする)
いったい、いくらつぎ込んでいるのか‥と、心配されることがある。

…が、実は全然大したことがない。

自分なりのルールとして、

・競輪場でしか買わない。(ネットで購入しない)

・一日上限3000円までしか買わない
(ただし、途中で勝ったものの再投資はOK。ようは、自分の財布から競輪車券は1日3000円しかお金を出さない)

・基本的には、目の前でレースが観戦できないときは買わない
(小倉のGⅠとかさすがになかなか行けないので、こういうときは他の競輪場で車券を買い、場内の大型モニタで楽しんだりしている。
テレビを持っていないから、競輪チャンネルとか観られないので、でもとにかく競輪場まで行かないと買わないので、これでだいぶ抑制される)

ま、こんな買い方だとたかがしれている。
実態、競輪場は見ているとこの程度の買い方のお爺さんたちが中心。

たまーにすごい人にも会うけれど、そういう人は滅多に見ない。
白川道とか伊集院静みたいな、買い方している人なんて殆ど見かけない。
引退した老人のささやかな娯楽という印象が強い遊びだ。

ま、そんなこんなで競輪の成績はさっぱりだったが、食事のほうは当たりが多くて楽しかった。

あまり期待せずに行った、柏のLe Couple のフレンチ。
サービスもお料理も真っ当だが、ロケーションの関係もあるのか、決してお値段が高くなくコストパフォーマンスがとても良かった。
この大きさのお店でホールにちゃんとしたサービスのデキる人をこれだけきちんと揃えているのはすごいと思う。
お店は地元に愛されている感じが満載で、ご家族のちょっとしたお祝いに使っている人が多いようだった。地元にこんなお店があるといいなぁ。

昼間は競輪場でハイボールとB級グルメのお店があれこれ出ていたので、いろいろ試す。
これはこれで美味しかったし、面白かった。
松戸競輪場は特観席のレストラン、オペレーションめちゃくちゃだわ、モニターないわで、色々見た競輪場のなかでもぶっちぎりでひどいから、こういうのがあると助かる。

お盆なので、まともなお魚揃えるの大変だろうに美味しかったのが、同じく柏のあさひ町スタンド 
日本酒、焼酎ともに色々と揃っているのも嬉しい。
14席しかない小さいお店だが、常連さんが多いのもよく分かる感じ。
お店のサービスも気持が良い。(ただ、2人で回している様子なので、お客さんが多いときは出てくるのは遅そう)
居酒屋でシンコ出してる店っていうのも珍しい。
本当にお魚中心のお店でその他のメニューが少ないのが駄目という人には厳しいかも。

この店、前は違う店でそこを居抜きで始めたのかな?という印象。
内装にお金がかかっていないし、なんとなく動線も悪いような。
一人で呑むのも楽しそうなお店。

お店の斜め前にかかっている看板 熟女パブ(スナック?)「昭和」の看板が気になって仕方なかった。
そして向かいの床屋の名前はなぜか「桃太郎」。柏はなかなかディープな町らしい。

決勝は、村上の男気に答えられなかった稲垣、新田を弾いた平原、岩津の優勝はちょっと納得いかないが、まぁこれが競輪だ‥と思えるレースだった。
弾ける山本リンダの競輪場における集客力は、すごかった。
まぁ、客層の年齢にドンピシャなのかな。

帰りは地元で焼酎飲んで反省会。
動画を見てのレース振り返りには、スマホでは画面が小さすぎて、iPad欲しいなぁ…などと考える。


« 文化の違い | トップページ | 法事@鎌倉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/64196881

この記事へのトラックバック一覧です: オールスター@松戸競輪場:

« 文化の違い | トップページ | 法事@鎌倉 »