« 心底楽しい読書とは | トップページ | Twitterのつぶやき »

飲み食いとINPUT

【某月某日】

5:20起床。

早朝から、電話会議、Skypeコーチングを終えて、プールに出かけて美容院。
お気に入りのイタリアンでランチして、今週も(?)よく働いたご褒美として、グラスワインの白と赤を一杯つづ。

インプットはトータル3時間。といっても趣味の読書だけ。
プールに行ったご褒美に、ブックオフで100円の文庫を購入して読了。
読み終わって、Media Markerに登録するところで気がついたが、どうもこの文庫、定価で購入して、評価は★1で手放した様子。
それをまた100円で購入したとは…。今回読んだ評価は★2.5ぐらいかな。

図書館で借りてきた「英国一家、日本を食べる」は、声を立てて笑ってしまうほど面白い。
出版当時話題になっていたのは知っていたが、他に読む本がたくさんあって手が出せなかった。
亜紀書房の本は、当たりが多い気がする。


【某月某日】

4:20起床。
トータルINPUTは、全部で50分。
なんでこんなにINPUTが少ないかというと、午前中はがっちり家事を片付けて、午後はたっぷりINPUT、そして夕方から最近お気に入りのビストロでフランス料理とワインという予定だったのが、昼から呑もうよ…という話に変更になり。
午後のINPUTがなくってしまったから。

昼からトルコレストランで、アルコール度数45度もあるラクというお酒をちびちび呑みながら、トルコ料理をいただく。
アルコール度数の高いお酒を、あまり薄めずにちびちび呑むというのは私の好きな呑み方のひとつ。

ま、そんなわけで昼からそんなの呑んで、その後にまたたっぷりワイン呑んでますから、INPUTなんて無理無理という日になってしまったわけだ。


【某月某日】

7時過ぎ起床。
まぁ、あれだけ呑めば二日酔いにもなるね…ということで、仕事の資料を作る予定は取りやめにして、つくりおき惣菜作り。

塩豚、鶏ハム、さつまいものきんぴら、かぼちゃの煮物、白菜のごま酢あえ、キャベツの梅マヨサラダ、ねぎ塩だれ…など。

ノンノン(25歳、一人娘)と呑みに行こう…という話だったのだが、ものぐさ娘は、着替えて化粧するのが億劫になったらしく、私がわざわざ化粧したのに、自宅でドミノ・ピザを取ろうと言い出して、ジャンクなご飯となる。

INPUTは1時間半。
週次レビューにかなり時間を取られてしまったため。
内訳は、英語10分と後は読書。












« 心底楽しい読書とは | トップページ | Twitterのつぶやき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/64522077

この記事へのトラックバック一覧です: 飲み食いとINPUT:

« 心底楽しい読書とは | トップページ | Twitterのつぶやき »