« 一番読まれた記事は今年も全くコーチングと関係なし… | トップページ | 正月三ヶ日 »

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

4時起床。

朝風呂しながら、Kindleで遊んでいて、うっかりポチッとしてしまったのが、「より少ない生き方 ものを手放して豊かになる」という本。
Webの紹介記事で見かけて図書館に予約をしようと思っていて、それっきりになっていたのだが、本当にうっかりという感じで買ってしまった。

そのままお風呂で読みはじめたら、紹介されている人物の中に1年間洋服を買わないと決めた人の話があった。

そうか、洋服を買い過ぎてしまう人もいるのか…、私の場合の「本」のようなものかしら?と考えていて、ふと思ったのだが、私も1年間本を買わない‥というのは、良いアイデアではないかしら?

積ん読になっている本もそれなら片付くのでは?
積読になっている本というのは、基本的に読むのに時間と気力を必要とする本ばかり、忙しいといつまでたっても当然積読のままだ。
このまま、これらの本がずっと本棚にいると思うと、悲しいし、そしてゾッとする。

とは言え、新聞は仕事の関係もあり止められないだろうし、年間定期購読の雑誌類もある。だから、新しい情報に飢えるということもない。
本当に飢えたらややこしいので、図書館利用は可能にしよう。(←この時点でかなり弱気)
そして、これは買いたいと思った本はリストにつけておこう。

こうすると、面白そうな本を見かけるたびに、「あー、買う?それとも図書館?」「著者は誰?どんな人?」「レビューの評価はどう?」などと、ドキドキして脳内がジャックされることも減るだろう。

もし1冊も買わなければ、例年の本代からから考えるにおそらく20万ぐらい節約できるのだから、そろそろ買い替えたいエルメスの手袋とかもありじゃない?

…と夢想。

とりあえず、やってみようと思い、自分のTwitter から、出版社をすべてアンフォローする。
最近は出版社のTweetに煽られて、ついつい買っちゃうことが多いので。

取引先との打ち合わせに出向き、さらにSkypeのセッションを終えて、今年の仕事納め。
リビングの雑巾がけしたり、お天気が良かったので寝具を全て洗濯して、犬とお散歩など。家仕事もそれなりに。

娘と出かけて、娘は仕事に必要な靴とワイシャツなどを買い、私はお正月用のお箸や何やらをあれこれ購入して、その後は2人でお茶。

自宅に戻り、自宅にあった洋梨と安い辛口の白ワイン(一本500円以下のやつね)で、サングリアを仕込んで見る。

娘と2人で晩御飯。
鶏の照り焼き(柚子皮をみじん切りにしてまぶしたら、一段グレード上がった)、きんぴらごぼう、ほうれん草のナムル、煮玉子、サニーレタスのかき玉スープ、白飯
冷蔵庫の残り物一掃という感じの献立。

本日のINPUTは、英語と数検(15分)、RSSリーダー(20分)をのぞいてすべて読書で、トータル1時間27分。
寝しなに少しずつ読んでいた「季節のうた」を読了。
ゆっくり時間の流れる丁寧な生活を綴ったこの本は読んでいてとても気持ちがよかった。













« 一番読まれた記事は今年も全くコーチングと関係なし… | トップページ | 正月三ヶ日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/64814670

この記事へのトラックバック一覧です: より少ない生き方 ものを手放して豊かになる:

« 一番読まれた記事は今年も全くコーチングと関係なし… | トップページ | 正月三ヶ日 »