« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

晩御飯は作れません宣言発動

【某月某日】

4時起床。終日顧問先ミーティング6件。
確定申告と顧問先のあちこちの仕事急速に増えて、しばらく家族の晩御飯は作れません宣言発動(多分、3月半ばまでかな)


【某月某日】

5時起床。Skypeでのコーチング3件。月末の事務処理。
そして、あとは顧問先の企画関連、書きもの関連の仕事をひたすら片付ける。


【某月某日】

4時起床。顧問先訪問。
終わってひたすら、プロジェクト管理のためのタスク仕分けとスケジュール管理、関係者への連絡。


【某月某日】

5時起床。顧問先訪問ミーティング5件。
ミーティング続きで忙しいのだが、本音で話すメンバーとのミーティングは双方に得るものが多いから、やりがいもあるし、充実感がある。


【某月某日】

5時起床。
午前中にSkypeでコーチングと美容院。
日比谷図書館で仕事を片付けて、営業同行。終わって同行メンバーと軽く呑んで帰宅。
色々と面白いフェーズだな…と思うが、いやこれまた忙しくなっちゃうね…。

今週は仕事でバタバタで、毎日INPUTはだいたい2時間届かないぐらい…。早くこのバタバタ終わらないかなぁ。

そんなにバタバタしているのに、勢いでブログに新記事を書いちゃったりする。
「ダイバーシティへのモヤモヤ」  本を読んでて面白かったので、ついついね。











| コメント (0)

赤城温泉

【某月某日】

5時起床。午前中はひたすら書きもの仕事。
午後はコーチング三昧。

夜は地元の友人と地元で日本酒。
ふぐの唐揚げ、タラの芽の天ぷら、ホワイトアスパラガスのサラダなど。
どれも美味しかった。
珍しく、お店が暇だったようでサービスであれこれ日本酒出してもらって、かなり呑んでしまった。

INPUTは全部で1時間50分。

【某月某日】

6時起床。
今日から一人娘(25歳)と赤城温泉。

桐生駅に旅館から迎えに来てもらうとお願いしていたのに、なんだかさっぱり会えなくて、???とお電話したら、迎えにきてもらう場所は桐生駅ではなくて、赤城駅だった‥という始末。
赤城駅だったら、特急乗り換えなくてよかったのに…。

しかも桐生駅へ向かう乗り換えの際に、娘は特急にスマホ忘れてきてしまったり…ということも、現代っ子のわりにはスマホ忘れてきても「明日取りにいけばまぁいいでしょう」…と、あまりパニクってないのがすごい。
でも、そんなトンチンカンなドジのおかげで、わたらせ渓谷鐵道という可愛い電車に乗れたり、上毛電気鉄道というこれまた可愛くて自転車も載せてOKという電車にも乗れた。
日本にもこんな電車あるのね。アメリカでは見たことあるけれど…。
高校生の男子が自転車載せていて、うーん、市民の足なのね。

赤城駅に出向いたために、娘の携帯電話もそちら引き取ることができて、まぁ最終的には良かったのかも…。

お天気がとても良くて、あちこち歩いていてもとても気持が良かった。
お天気が良い旅行はその観光地の印象もとても良くなるものだ。

本日のお宿は、山屋蒼月という宿でお部屋に露天風呂がついているタイプにしたが、これが大当たりでとても良かった。

ゆっくり本でも読もうかと思い、いくつか持ってきたが、久しぶりに一緒にテレビを見るとそれはそれで楽しくて、結局テレビ三昧。
まぁ、自宅にテレビないから、こういうのもありでしょう。

【某月某日】

旅館の中には、いくつかの離れとお庭があって、朝のうちに娘と散策。
桜の時期もいいだろうなぁ。
きれいに整備されている。
食事も美味しいし、施設も素晴らしいが、サービスはごく普通。

こういうところに地方の人手不足を感じる。いい人が集まらないのだろうなぁと思う。
黒川などはそのあたり、アジア圏の人材を早くから使ってうまく育てる仕組みができている気がする。
もう周辺の人材だけでは難しくなる日も近いだろうな。

娘が観光好きではないというので、選んだのが今回の赤城温泉だったのだが、色々と電車に乗ったり、見慣れないものをみたりするのは、昨日のウロウロでも楽しそうな様子。

娘も「言われてみれば好きかも」と言い出し、単純に観光スケジュールがあまり忙しかったり、そのためのプランニングを自分でするのが面倒なだけな気がする…ということに気づいたようだ。

周辺地図を見ていて、大間々散策でもしようということに決定。
旅館の方に赤城駅まで車で送っていただき、そこから、あちこち歩き回る。
名物らしき焼きまんじゅうは、見た目ボリュームがあるが中が軽くて、そう重たくない。
店員さんは全くやる気なし。
商店街も完全に寂れていて、物悲しい感じだ。

唯一少しでもやる気があるらしいのが、日本一醤油の岡直三郎商店
ここでお土産に購入した花パンに娘ははまり、私はここで購入した醤油味のお煎餅がとっても美味しくて驚かされた。

商店街はイマイチだったが、お天気が良くて、娘と「これはひどい!」と言いながら歩くのも楽しかったし、高津戸峡遊歩道の散策はとても素晴らしかった。
はねたき橋はシンプルで美しく、高津戸橋の赤は、真っ青な空にとてもよく映え、水の流れも澄んでいてとても美しかった。
紅葉の時期には人も多いそうだが、この時期はまったく人もおらず、静かで母娘で自然を堪能。

自然の癒し力はすごいね…と言いながら、電車で帰宅。
楽しい旅だった。








| コメント (2) | トラックバック (0)

サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠

【某月某日】

4時起床。
体重が48kg台後半に…。
競輪泊まりコースだとどうしても炭水化物中心になるので…。
しかも取手競輪場は、アルコール禁止だからますます炭水化物になる。

昨日はかなり寒かったけれど、今日は温かい。
終日顧問先。
花粉症が原因ではないか、と思われる頭痛が夕方からひどくなる。
オフィスを出るとかなりの雨が降っていて、折り畳み傘を使う。
ところが、頭痛のせいで、かなりぼんやりしており、この傘をどこかに置いてきてしまったのか、落としてしまったのか地元の駅に着いたら手元にない。

地元の駅はそれほど雨がひどくなかったが、それでも濡れて歩くことになり、自宅に帰ったら頭痛と悪寒。
慌ててごはんを温めて、キムチと食べてそのまま就寝。


【某月某日】

6時起床。
体重が47.4kgまで戻ってまずは一安心。

自宅仕事の1日。
と言っても、空っぽの冷蔵庫を満たすための買い物とか、犬の散歩とかそれなりに外に出る用事もある。
風の冷たい一日だった。

調べ物、書きものの繰り返し。
前日からの調子の悪さを持ち越しているが、昨日の晩、花粉症の薬をのんでおいたのが良かったのか、それほど体調が悪くもなく、頭も回る。

タイマーで時間を区切って、じゃかじゃか仕事を仕事を仕上げ、合間に本を読んでインプット。

朝目が覚めたときに、1日1時間ヨガに費やせるぐらいゆとりのある生活が理想だわ〜と思ったので、早速フランクリン・プランナーにメモをしておく。
今日はとてもそんなゆとりはなかったが、とりあえず瞑想と合わせて1時間程度できたので、いいほうだろう。
理想には少しつづ近づけばいい。

夕方までにいい感じで、2時間半インプットできのたので、これは御飯を作りながらTEDを聞いて、合間に本を読めば3時間半行きそうだ!と思ったが、娘が早めに帰宅して、私が台所仕事をしている横で、職場の話を語り始め、 インプットはできないし、手伝いはしないし…ということで、結局インプットは、全部で2時間42分。

まぁ、でも、娘が帰ってこなかったら、体調もあまりよくないので、多分かなり適当な御飯で済ませて寝ちゃったと思うのが、娘のおかげでちゃんとあれこれ食べられたし、何しろ一緒に食べるのは楽しいから、これはこれで結果オーライである。

3時間半のINPUTは、ヒアリングを入れないとなかなかキツイなぁと思う今日このごろ。
本日も全部のうち35分はヒアリング。
ヒアリングしながら、洗濯物干して畳んで、あちこち片付けって感じ。


【某月某日】

3時50分起床。
手帳を見るとおそらくこの日は終日自宅で仕事をしていたのではないかと思うが、書いている現在がこの日付の1週間後なのでよくわからない。

INPUTは全部で2時間37分。
積読になっていた「サイロ・エフェクト」を読み始める。
あ、これ、今ちょっと考えていたことにまさにピッタリ。
「データ分析」「組織における情報共有」というのはちょっとあちこちの顧問先で気になっているテーマだ。
こういう偶然が面白いなぁと思う。自分の本棚なのに。


【某月某日】

4時起床。あすけんアプリのおかげなのか、体重が久しぶりに46kg台に。
終日顧問先。

終わって東銀座でピザとワイン。
お洒落なお店で食事をするの、だいぶ久しぶりな気がするなぁ。
作る御飯は和食ばかりなので、外の御飯はこんな風に自分では、作れないものがうれしい。

INPUTは全部で、1時間16分










日本選手権@取手競輪場

【某月某日】

4時起床。
全体的に生産性の高いミーティングが多くて、わりと満足。

帰りに顧問先のメンバーと駅前で呑んで帰宅。
仕事の話というよりも、これまた折り返し後の人生で何やるか?みたいな話。こういう話で酒飲むとそれはそれでうまい。変な愚痴よりずっといい。
翌日の朝1で電話会議(しかも英語)があったので、二日酔いはまずいと思って、この日はウィスキーで通す。カロリーも低いからね。

【某月某日】

6時起床。電話会議を終えて、顧問先訪問。
終了後は自宅でひたすら書きもの仕事と犬のお散歩。

すっごく風が強くて犬が飛ばされそうな感じだった。公園内もだいぶ枝が折れて落ちていた。
でも、気温は高くて2月の半ばだというのに20度まで都内はあった様子。

生理前に入ったらしく、昨晩から気分の乱高下が激しいわ、朝から食欲がすごいわで、ホルモンにぶんぶん振り回されている。
夕方から移動して、取手に向かう。
日本選手権に明日から参戦だ〜。

【某月某日】

5時起床。
G1レースのため、6時半から並んで特別観覧席の整理券を受け取る。
取手のG1開催というのは初めてらしいが、思いのほか並んでいないなぁ。
今回は地元の武田豊樹が優勝候補なのに。

取手は今ではどちらかというと珍しいアルコール禁止の競輪場。
おかげでひたすらレースに集中するが、この日の私の戦績はさっぱり。

終わって、鬱憤をはらすかのようにガンガン日本酒。

【某月某日】

5時起床。
前日同様、早朝から整理券取得
さすがに今日は決勝戦なので、それなりに人がいる。

遠征して全部負けるというのは悲しすぎるので、途中からワイドに切り替えて当たりにいった。
おかげでこの日のトータル的には、トントンまで持ち込めた。

優勝は平原。
武田に勝ちを譲るのでは?という噂も出ていたが、G1決勝でさすがにそれはないだろうと思ったが、やっぱりその通り。
2着は武田。
本当に良いラインだと思う。
この南関東ラインに勝てるのは近畿ぐらいだろうな。

新田は出るには距離が長過ぎた。
でも、平原じゃなかったら抜けなかっただろうな。
好きな選手ではないが、単純な脚力だと新田と深谷はやっぱりすごい。

単純に脚力で勝負がつかないところが、競輪の醍醐味。このあたりが競馬より奥が深くて面白い。

近畿ラインは分断され、浅井はまた知らない間に4位まできていて、相変わらずスーッと出てきて恐ろしい。
神山拓弥はまぁまだ若い。
とりあえず諸橋がちゃっかり入賞しなかったのがワタシ的には嬉しい。

やっぱりG1は見応えあって面白かった。

楽しい一方で花粉症の症状が出始めた〜。
やれやれしばらくすっきりしないのね。











| コメント (0) | トラックバック (0)

お弁当作り

【某月某日】

4時起床。
いつもより1時間早く顧問先を訪問し、午後は代休でセミナー受講。

…の予定だったが、急遽セッション希望が入り、セミナーをお休みしてコーチングへ。
自宅に戻って溜まりに溜まっているお仕事を粛々と片付け。

昨日の日本酒が効いたのか、体重が48kg台にのってしまったので、慌ててカロリー調整。
日本酒って美味しいけれど、本当にカロリー高いのよね。
そう思って、最近はもっぱら焼酎なのだが、その分、今日は日本酒だーって決めると大変なことになってしまう。

ようやくお雛様も飾れて気分も落ち着いた。


【某月某日】

4時起床。
朝からひたすら書きもの仕事。

体重はなんとか47kg台に戻せたのでまずは安心。

このところ、お昼ごはんは自宅だと洗い物の手間を考えて面倒になり、単品でパスタとか丼ものになってしまうので、今日は在宅仕事だけれど朝のうちにお弁当を作る。
朝ごはんをつくる時に一緒に作ってしまうので、このほうが効率的かもしれない。

夜は適当に作り置き惣菜を食べようと思っていたら、バレンタイデーだというのに用事のない娘(25歳)が帰ってきて、晩御飯をつくる羽目に、珍しく中華にしたら、目新しいのかとても喜んで食べていた。
まぁ、そうやって食べてくれると嬉しいけれどね。


【某月某日】

引き続き書きもの仕事中心。
今日も自宅だけれどお弁当作り。
4時から起きて、ひたすら仕事で書いたり調べたりしているとやっぱりかなり疲れるので、そりゃぁお昼ごはんをちゃんと作ろうなんて気はなくなるよなぁ‥と。
朝のエネルギーの高いうちにお弁当を作っておいて正解だわ。

途中に電話会議が2回入り、Skypeのコーチングがあり、対面のコーチングがあり、1日終了。
久しぶりにINPUTは3時間半越えた。
これは家事の際に、英語のヒアリングをしてそれを含めたので、全部机に向かうなり、椅子に座るなりして3時間半というのはちょっと今の私の仕事のペースだと難しそうだ。
















| コメント (0) | トラックバック (0)

三浦アルプス

朝から三浦アルプス。

ルートは新逗子駅から二子山に行き、そこから東逗子駅に出て帰宅。

新逗子からのルートは当初すごく平坦であったため、なんだか単なるウォーキングだわ〜…、と途中でバリバリ氷を割って音を楽しんだりしたり、余裕で進む。

林道終点から、二子山に向かうところが、かなりすごくて、これはもう道がないし道を間違えたに違いない‥と戻りかけたら、年配のベテラン男性登山者に「その道であってますよ」と教えてもらい、案内していただく。
途中の小さな川(沢?)を横切ったりするのはわかったのだが、ここで道がない‥と思った箇所の頭上を見上げるとロープが、どうやらこのロープに全く気づかなかったのが失敗だったようだ。
このロープにつかまって沢の上のほうの岩を登らなくてはならなかったのね…。

どうやら、このルート、お話をうかがうと案内板が今まで散策したトレッキングコースに比較すると少ないのだ。

ここ登るんですか?
これが道なんですか?
というのが結構あって、この後どんどんこういうのが続く。
多分このベテランの方に会えなかったら間違いなく挫折していた。
ここからの登りがきつく、さらに道を案内してくださる方は途中途中のロープも全く使わずヒョイヒョイ行かれるので、ペースについていくのが大変。

ようやく分岐点に出られて、その方は「じゃぁ、私はこっちなので‥」と軽やかにスーッといなくなられた。これまた、そのあっさり具合がすごく格好良かった。
ここから東逗子駅に向かう道は、それなりに山っぽい道だった。東逗子からきていたら、覚悟ができてた気もするが新逗子から来ると突然の道の変わりように不安になったというわけだ。

まぁ、そんなこんなで3時間ぐらい遊んだわけで、3時間でもこんなに充実…というのがトレッキングの楽しいところ。
終わって、新逗子駅にはそそる食べ物屋がないのがわかり、では自宅方面に帰宅ということで、昼呑みできるところ…と、新橋で下りる。

この時点でお腹ぺこぺこすぎるので、とりあえずラーメン、餃子、ビールで腹を満たしてから、じっくり呑み屋を探し、有楽町のガードしたで貝をつまみに日本酒を。

ここは24時間やっているので、以前からちょくちょく利用。
じっくり反省会を終えてこの日は終了。それにしても、寒い一日だった〜。

明日はもちろん筋肉痛間違いなしだな。
そして、あすけん女史にはまた怒られる。あすけんは運動たくさんしたから、食べても怒らない‥というのがなくて、運動は運動、食事は食事というようだ。
34点。

| コメント (0) | トラックバック (0)

あすけん再開

【某月某日】

4時起床。
仕事が立て込んでいて、珍しく本当にかなり忙しい(涙)

雪の振る日に限って、あちこち外出。
最後の打ち合わせが早めに終わったので、寒いこともありまたまた焼酎お湯割り居酒屋コース。
適当に入ったわりには、まともな店だった。

メニューでお値段高めかな?と思ったら、盛りがいいのでコストパフォーマンスのいい店だった。
調べないで偶然入った店がいい店だと嬉しい。

それにしても、今週は1日のぞいてほとんど全部呑んでいるぞ。


【某月某日】

4時起床。
雨も雪も止んだけれど、寒いのに変わりなく。

あー、もう忙しい。そればっかり。
早く処分しないとまずい白菜があったので、白菜と塩昆布と雑魚でナムルを作り置き。

夜は友人宅でホーム・パーティでワイン。呑んでばっかり、仕事ばっかりという感じの1週間だった。


【某月某日】

4時15分起床。
ひたすらお出かけの時間まで仕事と家事を片付ける。
昼呑みからスタート予定だったが、タスク多すぎてとてもムリなので夕方からに変更してもらった。

先日のホーム・パーティで「あすけん」のことを思い出して、再度アプリをスマホにインストール。
無料会員だとあまりに広告が鬱陶しくて、これだと続かないなぁ‥と思ったので、有償会員に。

あすけんを止めたら、太ったというわけでもないのだが、意識的に何を食べるかを考えたり、身体を動かすことを考えたりというのが如実に減っているのは確か。
ダイエットのためというよりも健康管理の意味で再開。

でも、夜は四川料理を食べに行って、ビール呑んで、紹興酒呑んで、さんざんあれこれ食べたので、いきなり健康度33点であすけん女史はお怒りモードである。






| コメント (0) | トラックバック (0)

FY17 プランニングミーティング

【某月某日】

4時起床。朝からどうも頭がクラクラして調子が悪い。風邪ひいたかも。
顧問先にて終日お仕事。

予定にはなかったのだが、夕方から顧問先の方と品川駅前で焼酎を楽しむ。
人生100年時代の仕事の仕方について、あれこれお話をうかがう。
そういえば、「ライフ・シフト」って予約待ちどうなったんだろう?とチェックしてみたら、170人待ちだった…。
こちらも先が長いなぁ…。

INPUTは全部で20分。
電車の行き帰りに何もできないとこうなるなぁ。
数検アプリは、毎朝ちょっとずつやってようやく7級(小学5年生レベル)が終わりそう。
難しくないのだが、まるっきり忘れていたり、ケアレスミスがあったりで、それなりに時間がかかる。
ケアレスミスをなくすことをもっと学習面で訓練を徹底していたら、偏差値とかって多分結構違ったのだろうなと今になってわかる。
予習復習よりむしろ落ち着いて取り組むほうが私には大事だった気がする。


【某月某日】

6時起床。
昨晩は焼酎お湯割りを4杯しか呑んでいないはずなのだが、なぜか二日酔い。

食事をあまりしないで呑むと、どうも二日酔いになりやすい気がする。
でも食べる量が多いと、消化器官が活発に動くのかどうも酔っぱらいやすくなる私は、呑んでいるときはあまり食べたくないのだよなぁ‥。

顧問先の来年度についてのプランニングミーティングで、チームメンバーと終日オフサイトでディスカッションし、最後は歓迎会兼懇親会で、行きつけになりつつある浅草橋の居酒屋。
今期の振り返り、うまくいっていること、うまくいっていないこと、その中でマーケティング部門としては何をするべきか、何がしたいか、という活発なディスカッションで面白かった。
昨年は中堅社員がメンバーで、今年は入社5年未満ということで発想や会社に対する見方がまた随分違っていて面白いな‥と思った。どっちがいいということではなくてね。

風の強い寒い一日だった。

INPUTはゼロ。
こういう日も珍しい。


【某月某日】

6時起床。自宅で仕事を片付ける。

プランニングの仕事が溜まっているので、色鉛筆とカラーペンを駆使してマインドマップを描きまくる。
どちらのプロジェクトもかなり費用対効果の高い結果が出せそうでワクワクしてきた。
ってまだ単なるプランだけど。
ターゲット設定もよくできているなぁと思う。

途中、作りおき惣菜で、胡瓜のピリ辛ラー油和え、こんにゃくきんぴら、白菜と豚肉の薄切りの煮物など作る。

ようやく、「仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則・完全版」の本の感想を公開。
本の感想はとっても時間がかかるが、その分効果も大きい。
でも、どうやったらもっと早く書けるようになるかなぁ。
1分間メモ使って考えてみよう。

途中、ノンノン(一人娘25歳)が帰宅して、いつもの通りワーワー職場の話をして、その後に温泉に行くか!という話になって温泉探し。
以前は週末が休みなくて、誰とも予定が合わないから…という理由で一緒に行っていたが、今はオフィス街の店に勤務していて、週末が休み。
でも、お金の心配がないし気を使わなくていいから…ということで、同行するのは私になるらしい。
まぁ、と言っても、割り勘だからね。
「お誕生日祝いに交通費出してあげる〜」って、往復5000円も掛かりませんけどね。

INPUTは全部で1時間21分。漫画も入っているからね。

うん?今始めて知ったけれど、西村しのぶの「ライン」って、あれで完結だったのか…。
どうりで次の巻出ないわけだ。
西村しのぶの漫画の次がでないのはあまりにデフォルトなので、完結したとは思っていなかった。
っていうか、わかりにくいよ、終わり方。






| コメント (0) | トラックバック (0)

カマンベールチーズ鍋

変な風に二度寝をしてしまって、6時半起床。
おかげで一日ずっと頭がボーっとして、何度か昼寝もしてしまった。

家事やらこまかい仕事を片付ける調整の一日。
「考える人 2017年 02 月号」を読了。

日本語についての考察が多かった今回の号もとてもおもしろかった。
特に印象に残っているのは、以下の記事

・”今どきの若い者”はことば遣いにうるさすぎる 飯間浩明
・死にたいと思ったときに 小島慶子
・「もう一歩前へ」出ない 武田砂鉄
・詩という「毒を撒く 上野勇治
・ホモ・サピエンスと言葉 ユヴァル・ノア・ハラリ
・風流人をさがして 「中村俊郎」 千葉望
・いまヒマラヤに登ること 石川直樹
・対談 梯久美子 中島京子 「書かれることの痛み 『死の棘』の妻、島尾ミホをめぐって」
・手段と目的 是枝裕和

対談を読んだら、「死の棘」読み返して、「狂うひと」読みたくなったが、死の棘って無茶苦茶重たくて暗い印象があって、悩む。

映画監督の是枝裕和氏は、今や全く映画を見ない私には無縁の人なのだが、この「考える人」の連載を読むようになって、その文章と感受性にとても惹かれるようになった。
雑誌はこういう出会いが面白いのだ。

続いて、「愛着障害 子ども時代を引きずる人々」も読了。

赤羽雄二氏のセミナーでこの本の紹介があり、それをきっかけに読んでみた。
全ての人格形成の問題を母親との関係に結びつけ過ぎているような気もややするのだが、たしかに小さな子供の頃に特定の大切な人としっかりとした関係が結べなかったことから、その後の人間関係で大事な相手との距離感がつかめなくなるというのはわかる気がする。
私自身もかなり心当たりがある部分が多かったので、興味深く読めた。

うまく愛着関係が築けなかったから、もうその先人生真っ暗ということはなくて、こういう形で回復できるんですよという話も出てていて、これまた心当たりが多かった。
全体にとても読みやすい本だったので、この手のことに興味のある人にはお薦め。

晩御飯は3人揃ったので、白菜鍋にカマンベールチーズと芽キャベツとプチトマトを入れて、ネットで話題のカマンベールチーズ鍋というのをやってみたが、美味しくて好評だった。
最後のリゾットは娘がチーズたっぷり+ベーコンで仕上げてくれて、これもまた濃厚で美味しかった。
白菜よりキャベツのほうがあうかもしれない。次回はそちらで。
カマンベールは2つ投入しても良い気がする。

寝しなにクッツェーの「恥辱」読み始める。
タイトルも怖いのだが、文章もなんだか怖くて、最後まで読めるか微妙。まだ別に怖い場面が出てきたわけじゃないのだけれど、これから嫌なことが起こりそうな感じ…というか、空気が怖い。
こんなタイトルでハッピーエンドはないだろうし…。

本日のINPUTは、ほとんど読書で1時間30分。













| コメント (0) | トラックバック (0)

日本民藝館&ルヴェ・ソン・ヴェール 駒場 

【某月某日】

4時起床。
午前中に自宅であれこれ家事と仕事を片付ける。

午後からは肺がん検診で飯田橋。
その後に表参道に出かけて修理した靴の引取。
またもや食器屋さんで和食器を買ってしまう…。
その後に対面コーチングが1件、Skypeコーチングが1件。

自宅に買ってあったセロリをそろそろ使わないとまずいので、セロリの葉っぱを振りかけにし、茎の部分はピクルスに。

INPUTは全部で2時間42分。

【某月某日】

行きたいなと思って、すっと行けていなかった日本民藝館にお出かけ。

民藝館に行く前に駒場東大の構内でランチ。
ルヴェ・ソン・ヴェール 駒場  というビストロフレンチはのんびりした雰囲気の気持ちのいいレストランだった。

土曜日ということで、地元の人たちらしき方々がのんびりゆっくりランチを楽しんでいる。
光の入り方が気持がいい。サービスの人たちが素人っぽいのがまた逆に良い気もする。
久しぶりにロゼのワインを飲んだり、滅多にいただかない甘いものをいただいたりする。

駒場東大を抜けて、お目当ての日本民藝館。
道中の民家もさすが目黒区。
お金のかかったお家が多くて、見ていて楽しい。
民藝館の建物は、木がふんだん使われていて明る過ぎず暗すぎずで、しっとりと落ち着いている。
玄関先の梅もちょうど盛りを迎えていた。
館内はすごく混んでいるわけではないが、それなりにわさわさと人がいて思い思いに好きな作品の前でゆっくり鑑賞している人が多い。

棟方志功、芹沢銈介は定番ではあるがやっぱり好き。
明るい力強さってわかりやすくていいなって素直に思う。
バーナード・リーチの作品は以前から好きで、今回の目当てはこれ。
ミュージアムショップには、厚ぼったいガラスの器が素敵で思わず手が出そうになる。でも、一番危ないのはバーナード・リーチに関する本だった。
この手の本はなかなか書店においていないから、そんな本が出版されているのそもそも知らなかった〜。
昨年だったら、まとめて5冊ぐらい買っちゃっていただろうなぁ。

駒場野公園を通って、お天気も良いのでぶらぶらしながら松涛を抜け、渋谷に出る。
文化村のショップに、きれいな有田焼に小皿があってものすごくそそられる。
民藝館の厚ぼったい器も悪くないが、どうも私は茶色っぽいお皿というのがあまり好きではないようだ。
なんというかやや押し付けがましい温かみがあるというのかしら…。

渋谷は相変わらずすごい人で、通勤時間でもないのに、なんでこんなに人が乗ってるの〜という電車に乗って、浅草橋へ向かう。

いつもの居酒屋で美味しいお刺身と焼酎飲んでこの日は終了。
いい一日だった〜。












| コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »