« お弁当作り | トップページ | サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠 »

日本選手権@取手競輪場

【某月某日】

4時起床。
全体的に生産性の高いミーティングが多くて、わりと満足。

帰りに顧問先のメンバーと駅前で呑んで帰宅。
仕事の話というよりも、これまた折り返し後の人生で何やるか?みたいな話。こういう話で酒飲むとそれはそれでうまい。変な愚痴よりずっといい。
翌日の朝1で電話会議(しかも英語)があったので、二日酔いはまずいと思って、この日はウィスキーで通す。カロリーも低いからね。

【某月某日】

6時起床。電話会議を終えて、顧問先訪問。
終了後は自宅でひたすら書きもの仕事と犬のお散歩。

すっごく風が強くて犬が飛ばされそうな感じだった。公園内もだいぶ枝が折れて落ちていた。
でも、気温は高くて2月の半ばだというのに20度まで都内はあった様子。

生理前に入ったらしく、昨晩から気分の乱高下が激しいわ、朝から食欲がすごいわで、ホルモンにぶんぶん振り回されている。
夕方から移動して、取手に向かう。
日本選手権に明日から参戦だ〜。

【某月某日】

5時起床。
G1レースのため、6時半から並んで特別観覧席の整理券を受け取る。
取手のG1開催というのは初めてらしいが、思いのほか並んでいないなぁ。
今回は地元の武田豊樹が優勝候補なのに。

取手は今ではどちらかというと珍しいアルコール禁止の競輪場。
おかげでひたすらレースに集中するが、この日の私の戦績はさっぱり。

終わって、鬱憤をはらすかのようにガンガン日本酒。

【某月某日】

5時起床。
前日同様、早朝から整理券取得
さすがに今日は決勝戦なので、それなりに人がいる。

遠征して全部負けるというのは悲しすぎるので、途中からワイドに切り替えて当たりにいった。
おかげでこの日のトータル的には、トントンまで持ち込めた。

優勝は平原。
武田に勝ちを譲るのでは?という噂も出ていたが、G1決勝でさすがにそれはないだろうと思ったが、やっぱりその通り。
2着は武田。
本当に良いラインだと思う。
この南関東ラインに勝てるのは近畿ぐらいだろうな。

新田は出るには距離が長過ぎた。
でも、平原じゃなかったら抜けなかっただろうな。
好きな選手ではないが、単純な脚力だと新田と深谷はやっぱりすごい。

単純に脚力で勝負がつかないところが、競輪の醍醐味。このあたりが競馬より奥が深くて面白い。

近畿ラインは分断され、浅井はまた知らない間に4位まできていて、相変わらずスーッと出てきて恐ろしい。
神山拓弥はまぁまだ若い。
とりあえず諸橋がちゃっかり入賞しなかったのがワタシ的には嬉しい。

やっぱりG1は見応えあって面白かった。

楽しい一方で花粉症の症状が出始めた〜。
やれやれしばらくすっきりしないのね。












« お弁当作り | トップページ | サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/65021172

この記事へのトラックバック一覧です: 日本選手権@取手競輪場:

« お弁当作り | トップページ | サイロ・エフェクト 高度専門化社会の罠 »