« 水新菜館@浅草橋 | トップページ | 坂の途中の家 »

お金と異性

4:20起床。
諸事情により、自宅に現金が200万以上置いてあり、なんというか家族みんなが落ち着かない。
100万円の束を見ることって、我が家では非日常なので、なんとなくみんなが気になる。

よくドラマや映画で、スーツケースを開いて、たくさんの札束を見せて相手に悪いことをさせるようお金で説得するなんていうのがある。
視聴者として見ていると、それっぽっちでなどと思うが、目の前の現金って結構すごいオーラみたいなのが出てくるものなのね。
仕事で100万とかもらっても振込だから、ふーん…って感じだったけれど。

もちろん、怖いのであっという間に銀行に預けてきて終了。
ローンの繰り上げ返済のほんの一部に回っただけで、気持ちょっと返済期間が短くなった程度である。

そういや、Kindleにツッコミっぱなしのお金の本があったなぁと思い、本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」を2巻とも続けて読む。
この人の本は非常に読みやすいので、あっという間に読める。
どうやってお金持ちになるか?というよりも、お金とどう向き合うか?というメンタル作りの本という感じでこれはこれで面白かった。

好きな仕事なら、お金持ちにならなくても幸せ。
好きな仕事でお金持ちならとっても幸せ。
嫌いな仕事でお金持ちになら、それは微妙(←私的には不幸)。
嫌いな仕事且つお金にもならない最悪。

というのは、なるほど…と思った点。

もう一つ、なるほど…と思ったのは、

自分のもっているお金に対する思いを知るのに、「あなたにとって、異性とはどういうもの?」という内容の質問が面白かった。
私なら、「一緒にいて悪いものでもないけれど、時々すごく面倒くさい。一緒にいて楽しく満たされる時もあるけれど、いないほうがスッキリするのに‥と思うことも多い」
うーん、まさにお金に関する私の思いに合致しているかも…(笑)

買い物と銀行以外は自宅でひたすら資料を読んで書きもの仕事。
大量の資料を読みこなさないとならないタイプの仕事。
昨年フォトリーディング勉強しておいて本当に良かったとしみじみ。

本日のINPUTは全部で、3時間10分。ほとんど読書。











« 水新菜館@浅草橋 | トップページ | 坂の途中の家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/65176886

この記事へのトラックバック一覧です: お金と異性:

« 水新菜館@浅草橋 | トップページ | 坂の途中の家 »