« おつかれ… | トップページ | ご近所ウォーキング »

最低1日1時間の読書

4時半起床。曇り空。
ホットミルクを飲んで、少し読書して、高速道路下の公園をWalk&Runで1.2kmほど。
ウォーキングだけの予定だったが、肌寒いぐらいだったので3分の2ぐらいは走った感じ。
紫陽花が大きくなり始め、もう立葵がきれいに咲いていた。
形がとても好きな朝顔も少し。

朝食は、たらこ・ブロッコリースプラウト、実山椒の塩漬けのパスタにもみ海苔を散らして。

いつもなら40分ぐらいで終わる午前中のメールの処理が手のかかるものが多くて、1時間掛けても終わらず、そして返信をしている途中から、そのメールに関する電話がどんどんかかってくるので、これまた結構かかる。
とは言え、メールでやり取りするよりは早いから助かるんだけどね。
2時間かかっても終わっていないというのは、私にしてはかなり珍しいケースだ。

洗濯して大雑把に片付けをして、それから翻訳物のレビュー。
思っていた以上にリライトする箇所が多そうだ。
見込みが甘かった。
海外の顧問先との電話会議に30分ほど参加したら、やけに疲れたので、犬との散歩に出かける。
曇り空でゆっくり歩いていても、気持ちがいい。

昼食は、納豆とオクラでネバネバ丼。
最近知ったのだが、オクラは湯がいてから食べる人が多いようだ。
私は基本的にオクラは生で食べるものだと思っていたので、自分が少数派なのかも?…と、ちょっと驚いた。
湯がくと青臭さがなくなってしまって、勿体無い気がしてしまうのだが…。

冷蔵庫の野菜の処理として、作り置き惣菜として、ほうれん草のラー油ナムル と甘くないピクルス(ミニトマト、キュウリ、蕪、新玉ねぎ)をつくる。

このところ、仕事以外の読書がかなり減っている。
これが続くと、ある日突然ストレスが溜まっていることに気づいて、何もかも嫌になったりするので、そういう発作を起こさないように、最低1日1時間は仕事に関係ない本を読もうと思う。

今日は図書館で借りてきた2冊。
「あなたの人生の意味」はどこかの書評に取り上げられていて、面白そうだったので予約で取り寄せた。
タイトルの通り、人生について考えさせられるタイプの本。
べストセラー「嫌われる勇気」の続編「幸せになる勇気」は、図書館の予約で多分かなり待たされたような気がする。
前作同様、対話形式なのでものすごく読みやすくてスラスラ読める。

晩御飯は、オイルサーディン丼。これものすごくカロリー高いのだけれど、時々どうしても食べたくなるのだ。
満足。







« おつかれ… | トップページ | ご近所ウォーキング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/65503226

この記事へのトラックバック一覧です: 最低1日1時間の読書:

« おつかれ… | トップページ | ご近所ウォーキング »