« マネタイズ | トップページ | 魂の退社 »

神の値段

4時過ぎに目が覚めるが、お酒が残っていて起きる気になれず、ゴロゴロ。
曇りという予報なので、しばらくしたら犬と出かけようと思っていたら、雨が降ってきちゃった。
すまん。

朝食は、緊急用に買ってあったファミリーマートの冷凍炊き込みご飯と、冷蔵庫の残り野菜をまとめてコンソメスープ(ズッキーニ、インゲン、ミニトマト、玉ねぎ、人参、ハム)、蕪のぬか漬け。

朝からあちこちと仕事の電話で、全部合わせると相当な時間のような気がする。
メールだと伝えきれないことって結構あるんだよなぁ。

パクチーのフォーを食べて、お買い物に出かける。
錦糸町の駅に着いたら、お財布を忘れたことに気がついた…なにやってるんだかね。
お金は持っていないのだが、とりあえず丸井に新しくオープンしたスーパー「ジャパン・ミート」をふらふらと巡回。

お店の名前通り、お肉は安い。
…と言っても、全体にオープン記念価格ということで安くなっているようなので、通常価格がどの程度になるのかはよくわからない。
お肉の種類はかなり多い品揃え。

お野菜は高くはないが、モノは駅ビルの地下のほうがやっぱり全然いいので、ここで野菜を買うことはなさそうな感じ。
お魚は駅ビルには新鮮さは落ちるが、価格的には安いし、ウォールマートよりはずっといい。
でもまぁ、魚寅も隣りにあるから、まぁここじゃなくてもね。

日本酒と焼酎の品揃えは、錦糸町のスーパーの中では群を抜いてよくてこれはありがたい。
調味料やパスタ類は、値段も悪くないし、それなりに充実。

サランラップとかトイレットペーパー的なものがこのスーパーにはなくて、本当に食品のみなので、ここは別の場所に行かなくてはならないのがやや面倒かな。

自宅で犬と遊んで、お散歩に行けなかったお詫びに?歯磨きガムをあげる。
二人〔?)でベッドにゴロゴロしたりして、遊ぶ。

急遽、コーチングを受けたいという話がきたので、いつもの会議室は取れず、席の間があるところ…ということで、都心のホテルのラウンジでセッション。
相変わらずここはヘッドハンターが面談の場所に使っているようで、あちこちでそのような人々を見かける。

なんかこのところ、家事が多くてちょっと疲れ気味。
真面目に御飯作ったりし過ぎなのか、嫌になりそうなので少し手を抜こうかと思う。
もっと本とか読みたいしなぁ。

晩御飯は、日本酒と 梅みそ豚しゃぶ、ぬか漬け(蕪、人参)、ピーマンの旨塩あえ、小松菜のおひたし。

仕込んでおいた豚肩ロース角切り煮込み まで作ると食べ切れなさそうだったので、ここでいったん終了。翌朝へ。

図書館で借りてきた「神の値段」を読了。
現代アートのギャラリーで起きた殺人事件の謎解きの小説だが、ミステリーがさほど好きでもないわたしにとっても楽しく読めた。
まぁ、現代アートの世界というのがそもそも題材として好きだというのもあるけれどね。
ページをめくる手止められずあっという間に読了。
面白かった〜。




« マネタイズ | トップページ | 魂の退社 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6876/65635219

この記事へのトラックバック一覧です: 神の値段:

« マネタイズ | トップページ | 魂の退社 »