« 晩酌 | トップページ | 思いっきりだらだら »

人に教えたくないお店

5時過ぎ起床。
今日は久しぶりに暑くなりそうだ。

6時に犬とお散歩に出るともう強い日差し。
久しぶりの真っ青な空がきもちいい。
このところ雨が続いたせいか洗い上がりのような緑がとてもきれいに見える。

お散歩中に出会ったおじいさんと少し立ち話をして、別れ際に「わんちゃんを大事にしてあげてくださいね」と言われて、なんだかその言葉がものすごく染み込んでちょっと涙ぐみそうになる。

先日、朝のラッシュ時の横須賀線でギャーギャーと泣いている赤ちゃんを抱っこしているお母さんがいて、ラッシュアワーだから、半径1メートルの人たちには相当にうるさい。
これがまたかなり声量がある赤ちゃんなのだ。
周囲の人の苛立ちオーラがものすごい勢いで立ち上ってくる感じ。
私の目の前に座っている男性は、せっかく座れたのに、これじゃまったく意味がない…というようなことをブツブツと言い始めた。
しかし正直、その気持ちがわかるぐらい、うるさいのだ。
ニコニコと見守るにはかなりの忍耐力がいる。
子どもを育てことがある私でこれなんだから、そういうことに無縁の人には、まったく同情心を持てないだろうと思う。

そもそもラッシュアワーというのは、かなりみんな不快感が高く、我慢している状況だから、臨界点に達するのも早く、誰かがその母親に怒鳴りだしたりしないか、ヒヤヒヤした。
何事もなく降りて行かれて、ホッとした。

自分が幸せな状態であれば人に親切にしたり、人を優しい目でみたりすることはそう難しくないけれど、自分のコンディションが悪いときに、他人を気づかうことは本当に難しい。
一人一人がストレスの少ない状態でないと、全員が幸せになるってできないんだよな‥としみじみ思う。
世の中をよくしようと思うなら、まず自分を大切にしてゆっくりさせてあげて、それから身近な人を大事にする、それが回り回って親切な人が増えて、幸せが広がるのではないかと思う。
そういえば、マザーテレサもそんなこと言ってたな…。

朝食は、昨日炊いた白米と卵がたくさんあったので、卵と青ネギたっぷりの炒飯。味覇とコチュジャンで味付けしたら、お肉なしでもなんとかなった。
御飯を先に溶いた卵と調味料に混ぜちゃうとパラパラ炒飯にしやすい。

自宅で仕事をしていたら、昼食の時間がほとんどなくなってしまって、慌ててマルちゃん正麺を作って食べて、家を飛び出し顧問先へ。
今日は久しぶりに日差しが強い。

打ち合わせを終えて、エクセシオールでアイスティを飲みながら仕事。

夜は亀戸の居酒屋。
初めて行ったお店。地元とは言え、この路地の存在は知らなかったし、知っていてもなかなか入りにくいお店だ。
お店を始めて25年ぐらい経つのだとか。
メニューはなくて、お一人でお店を切り盛りするご主人が全てその日の材料に併せて見繕って出してくれる。
お世辞にもきれいな店はない。
久しぶりにトイレも和式だ。

でも、お料理は素晴らしい。
前菜のような形で旬のお野菜を使ったおひたしがそれぞれに趣向を凝らされて、5種類ほど出てくる。
お刺身は鱧、タコ、白身のお刺身が五種類、東京ではあまり出てこない八角のお刺身。
久しぶりにいただいたがこんなに美味しい八角は初めて。
ゆでダコもびっくりするほど美味しい。
友人曰く、ゆでダコのような味の落ちやすいものが美味しいお店は間違いないのだとか。

お酒はご主人の出身地時である新潟の日本酒が取り揃えられていて、自分で冷蔵庫から出して呑むのが常連さんのマナーの様子。
確かにそうじゃないと手が回らない。
ということで、こちらも冷蔵庫から出して色々いただく。

焼き物は私は柳鰈を、友人は時鮭をいただくがどちらもすごく美味しい。
お魚そのものも美味しいのだけれど、焼き方もすごぶる上手なのだと思う。

カウンターでなんとなく見知らぬ人同士でお喋りしあうのも、亀戸ならでは。
錦糸町だとこのあたりちょっと違うのだ。
久しぶりに競馬談義なども楽しむ。

お酒は多分2人合わせて、10合いただき、あれだけゴージャスな分量のお刺身食べて、焼き物いただいて二人で11000円は安すぎる。
小さいお店で常連中心。友人には絶対グルメサイトやレビューサイトに書き込みしないように伝えておいた。
人に教えたくないお店の典型である。


« 晩酌 | トップページ | 思いっきりだらだら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩酌 | トップページ | 思いっきりだらだら »